Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

灰色の密命、宿命の地 〜1919年三部作 / ロバート・ゴダード 

ゴダードの"スパイ小説"と銘打たれた「1919年三部作」
「謀略の都」を読んだ後、一気に行こうと思っていたので、第三弾が発売されるのを待っていたのだ。

  

      

で、読み終えたのだが、なんと言っていいのやら…
二日で一気に4冊読めるくらいなので、面白くないわけではない。

けれども、これはやはり「スパイ小説」というよりも、「カッコいいマックスの物語」というほうがふさわしい。

私は嫌いではないが、読書会なんてやろうものならボロクソだろうなぁ…(笑)
こんな長い小説は絶対に課題本に選ばれることはないので安泰だけども。


スペンサーも出来過ぎ感満載だが、マックスも同じ。
でも、女性受けするのは間違いなくマックス。
よほどのマニアでもないかぎり、恋人に夢中の中年の私立探偵より、28歳のカッコイイ英国貴族でパイロットのマックスのほうがいいに決まっていると思う。特に小説の主人公としてみるならば。


そのマックスの何が問題かといえば、、、、
とにかく、強運すぎるのだ(笑)

主人公なので、簡単に殺されたり半身不随になったりすると、ストーリーに支障をきたすのはわかってはいるのだけど、それにしてもラッキーすぎる…
「宿命の地」あたりになると、慣れてしまい逆に安定感さえあった(笑)


でも、なんだかんだ、私はゴダードファンなので、、、
ま、こういうのもアリかな・・・?

完結編といいつつ、完結していなくても許す。

それに、ゴダードでなければ、
いまどき電子版のない本など絶対に買いません。

関連記事

category: ミステリ/エンタメ(海外)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 文庫  英国 
2017/05/23 Tue. 15:56 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top