Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

眠る狼 / グレン・エリック・ハミルトン  

先日の「ゴッドウルフ読書会」で、面白かったよね〜!と一部盛り上がった作品。
GW前半(デブ活中)に読んだこの小説は、エドガー処女長編賞こそ逃したものの、アンソニー賞、マカヴィティ賞、ストランド・マガジン批評家賞最優秀新人賞の三つの新人賞に輝いた。

いわゆる一人称語りの硬派モノであるが、健全すぎるスペンサーとは違って、主人公バン・ショウは影のある謎多き一匹狼。原題は「Past Crime」なのに、どうして「眠る狼」にしたのかと思ったが、一匹狼からきているのかな?

glen-erik-hamilton-on-the-ferry-to-bainbridge-island.jpg 

陸軍レンジャー隊員のバン・ショウは、祖父のドノから、「家に帰ってきてほしい。できることなら」という手紙を受け取る。頑迷固陋な祖父らしからぬ気弱な言葉に、不安を覚えたバンは、負傷治療中のこともあり休暇をとって10年ぶりにシアトルへ戻ることにする。
祖父のドノは、重罪犯が送られるマクニール島で服役したこともある筋金入りのプロの泥棒だ。シングルマザーの母を幼くして亡くしたバンは、そんな祖父に犯罪のイロハを仕込まれ、ともに様々な窃盗に手を染め育った。しかし彼は18歳になったときに、突如として故郷を捨てて陸軍入る。以来、一度たりともシアトルへ戻ることはなかった。
祖父の家に到着したバンは、頭部を撃たれ、瀕死の重傷の祖父を発見する。
祖父は誰に撃たれたのか、なぜ、撃たれなければならなかったのか…
バンはかつての祖父の仕事仲間に協力を仰ぐが…

San-Juan-Islands.jpg 


物語も現在と過去の謎を織り交ぜた複雑なつくり。現在の「俺」と過去の少年時代の「僕」の語りがいい。
あらすじから予想される以上の盛り上がりと広がりがあるので、これだけ判断するのはかなりもったいない。

いわゆるインタビュー小説(主人公がいろいろ聞きまわることで謎が解明するというスタイル)だが、「ザ・定型」ではない。「過去」が混ぜこまれ、伏線の張り方も洗練されている。
アクション、ハイテク戦、カーチェイスとてんこ盛りな派手さながら、全体的にはウェットで内省的な雰囲気が強く漂う。この静けさと派手さのバランスも好みだった。
訳者の方も指摘されているとおり、雨が多いシアトルの光景もこの雰囲気づくりに貢献していると思う。
シアトルとボストンで違う街だし、小説の毛色も異なるが、デニス・ルヘインが好きな方は、この雰囲気もお好きなのではないだろうか。
そういえば、ルヘイン原作の「夜に生きる」は5月20日から公開だ。

これから梅雨に向かうが、いっそその雰囲気に浸りたいという方にもおすすめ。雨を陰鬱だと嫌っても梅雨はなくなりはしない。

著者のグレン・エリック・ハミルトンは本書がデビュー作らしいが、「ゴッドウルフの行方 」と比べると、時の流れを意識してしまう。

ところで、このバン・ショウを主人公にした物語は、3冊目の出版をこの夏に控えているそうだ。
彼にはまだまだ「ある」のだから、著者としてはそれをいかさない手はない。決してサザエさん化はしてほしくないけども(笑)

次が読みたいと思う小説が出版されないことは多々ある。フランク・ティリエの新刊なんて首を長くしすぎて伸びきってしまったわ(笑)
そこそこは売れてほしいなぁ…

    

category: 未分類

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  早川書房  文庫 
2017/05/17 Wed. 17:27 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

なりすましアマゾン 

偽アマゾンからメールがきた(笑)

ぱっと見、support@amazon.co.jp からとなっているけど、
詳細ヘッダーをみると実は<amaiyozno@jcom.home.ne.jp>から。

なんじゃそりゃ。


↓ こんな内容で、パスワードを入力させるようになっています。
  

2017124 1 


皆様もお気をつけくださいませ。


春樹さんの新刊の初版が50万部だとか。
すっごい!
しかし、いまそれどころではなく・・・

だって、ナダルがまだ残ってるんだもん

明日はクォーターファイナル
勝てますように・・・

モンちゃんと仲良すぎwww
201712401.png 

フェデラー勝ったし、もしフェデナダ決勝になったら、チケットはすんごいプレミアムがつきそう・・・
現地観戦の人、いいなぁ。


category: 未分類

2017/01/24 Tue. 18:52 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

初詣 

なんとな〜く毎年観てしまう紅白歌合戦。
今年は、大竹しのぶが超歌ウマなのに驚いた〜!!!
ほんのり昭和の香りのするバンドの復活なんかも興味を引いたけど、往年の輝きはもうなくなってしまっていたかな。
一番印象に残ったのは、大竹しのぶの迫力と宇多田ヒカルの潤んだ声だったかも。。。


さて、我が家の初詣は年明けの瞬間の24時に、「一陽来復」のお札をペッタンチョ!と貼って、拝んでから出かける。

ここ数年はずっと、成田山の横浜別院 → 伊勢山皇大神宮へ参拝というコース。

OI000847.jpg 
成田山の横浜別院は、坂の上というか、崖の上に建っており、横浜のシンボル、ランドマークタワーものぞめる。

2014年の台風18号の影響で、この崖が崩れて一部が倒壊してしまったが、翌年に新本堂が完成した。
ただ、ここへ至る道はまだ工事中で、鉄パイプが組まれていた。

OI000843.jpg 

途中からはエレベーターがあるが、そこまでたどり着くには急で長い階段を登らなければならない。
坂の街横浜では、足腰が命!


↓裏側からみた成田山横浜院
OI000852.jpg 


このすぐ近くにあるのが、関東のお伊勢様こと伊勢山皇大神宮

こちらも、毎年すごい人なので、境内への入場は規制がかかるほど。
ほろ酔い加減の人や、ビール片手の人までいて、押し合いへし合いなのも恒例(笑)
YbflK4BLJ3cNfhP1483433484_1483433563.png 

今年もどうか無事過ごせますように・・・

嫌な思いを引きずっていたけど、年が明けるとなんだかすっきり!
これも、参拝のおかげ?


OI000851.jpg 

箱根駅伝も臙脂のWは3位でホクホク
一年の良いスタートになりました( ^ω^ )

category: 未分類

thread: フォト日記 - janre: ブログ

2017/01/03 Tue. 19:15 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

あけましておめでとうございます! 

おめでとうございま〜す!
OI000853.jpg 


なんと、なんと、今年はかまぼこを除いてオール手作り!
主に先生がね…(*゚ェ゚*)
OI000572.jpg 
伊達巻きも田作りも嫌いだったけど、作ると美味しいのねぇ…
特に伊達巻き!



ということで、ニューイヤーにカンパ〜〜〜イ!!!
OI000858.jpg 

今年もよろしくお願いします。

皆様にとりまして素晴らしい年になりますように。。。

OI000847.jpg 



特別な日はハナビの限定ボトルでどうぞ!

日本酒は「桃川」でした。

category: 未分類

thread: フォト日記 - janre: ブログ

2017/01/01 Sun. 23:14 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

担々麺&しばらくお休みします。 

ついに食欲の秋到来!
って、私は年中食欲あるけれども・・・(*´v`)

先日のお料理教室は、、、本格担々麺!
P9301409.jpg
担々スープのベースは、長ネギ、ニンニク、ザーサイの微塵切りと豚ひき肉を炒めて、
甜麺醤、豆板醤、お酢、創味シャンタンで。
麺が茹で上がるタイミングで、芝麻醬(練りゴマ)を溶き入れて、盛り付けをして仕上げにラー油をかけたらできあがり。
ポイントは練りゴマをスープで少しづつのばしてから溶き入れること。
芝麻醬を入れてからスープを加熱しすぎると香りが飛んでしまうので要注意なんだそう。
芝麻醬を入れる前までを作り置きしてジップロックで冷凍保存しておいて、食べるときに、芝麻醬を入れて仕上げてもOK。


お次は、東南アジアの定番!空芯菜の炒め物
P9301399.jpg 
最近、スーパーでも空芯菜を見かけるようになった。
味付けはガーリックと塩のみ。空芯菜の代わりに青梗菜でも美味しい。


スペアリブの豆豉蒸し
P9301403.jpg 
これ、初めて食べたけど、超美味しかった!!!
豚のスペアリブを、微塵切りにしたニンニク、半分に切った豆豉、紹興酒、お醤油で味付けをして、片栗粉をまぶしてモミモミ。それを器ごと蒸し器で蒸して出来上がり。
スペアリブはお肉やさんにカットしてもらうといいそう。

豆豉は干からびた黒い納豆のような大豆発酵調味料。
最近はスーパーの中華食材コーナーで買えるみたい。
アマゾンでも売ってます。
     

  


ベトナム風揚げ春巻き
P9301398.jpg 
スイートチリで。

外側はライスペーパーなので、もっちり。
中の具材はエビ、豚ひき肉、春雨とにんじん、しいたけ、きくらげに卵を
ニョクマム(ナンプラー)コショウ、塩で味付けしてマゼマゼ。
P9301397.jpg



デザートは、
杏仁豆腐、エッグタルト、白木耳、フルーツ
P9301413.jpg 



この日大きな栗をいただいたので、
翌日さっそく甘露煮に。
OI000016.jpg 
ところが、ところが、栗を剥くのってすごく危険、、、
そういえば、昔栗ご飯を作ろうとざっくり指を切った記憶が、、、
栗ご飯って、あんなに大変だと思わなかった!
今回も渋皮がかなり残ってしまった…(笑)


参考にさせていただいたのは、クックパッドの人気レシピ。
Cpicon 私流♡栗の甘露煮 by ぷるベリー

煮汁ごとジップロックに入れて冷凍したので、お正月用の豪華な栗きんとんに変身予定。(予定は未定)

おっと、忘れるとこだった。
しばらくの間ブログお休みします。
寒暖の差が激しいので、風邪などひかれませんようお気をつけくださいまし。
それから台風ちゃんはもう来なくていいから!!!!

では、では〜

category: 未分類

2016/10/03 Mon. 17:46 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top