Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

We Need to Talk About Kevin 少年は残酷な弓を射る / Lionel Shriver 

オレンジ賞を受賞し映画化もされた話題作である。
日本でも『少年は残酷な弓を射る 上として刊行されている。
当初、この日本語版を購入する気だったのだが、旅行中読むためにコンパクトさを優先させた。辞書機能もあることだし、たまにはKindleも使ってやらねば。
それに何より、Kindleだと9$!なのだ!!!

http://www.weneedtotalkaboutkevin.co.uk
WeNeedtoTalkAboutKevin.jpgさて、これは特に女性にとって母親にとって、悪夢のような物語である。

切りたくても切れない縁の最たるものは親子関係、就中、母子の関係だろう。
子供は親を選んで生まれてくることはできないが、それは母親とて同様である。
世の常識とモラルにおいて、母性というものは人間生来の”本能”であるとされている。

母親はたとえどんな子供であっても愛するものであるし、またそうしなければならないともされている。それは神聖で不可侵なものだ。
でも、それができなかったら?... 著者はストレートにそれを問う。

物語は全編、エヴァから夫フランクリンげ宛てた手紙という形式で、エヴァの一人称で語られる。
手紙にはエヴァとフランクリンの息子、ケヴィンについて書かれている。ケヴィンを身ごもり、産み育て、成長したケヴィンがあの事件を起こしたことまでを。なぜエヴァが夫にむけて手紙を書いているのかについても、次第に明らかになっていく。

旅行情報誌の会社を経営するキャリアウーマンだったエヴァは、唐突に愛する夫フランクリンの子供が欲しいと思う。それまで子供を持つ事など考えもせず、自由を謳歌していたのに。晴れて妊娠するが、妊娠中からすでに後悔しはじめる。思えば、エヴァはこれから起こる災いを感じ取っていたのかもしれない。
難産の末、ケヴィンは生まれるが、なせか母親なら自然に湧き出るはずの愛情がわいてくることはなかった。赤ん坊のケヴィンもエヴァを嫌っているように感じてしまう。
ケヴィンは疳が強く手がかかる子供だった。ベビーシッターもすぐに逃げ出すため、エヴァは仕事も半ば諦めざるを得なかった。エヴァを困らせることに力を注いでいるかようなケヴィンを嫌悪し、悪意ささえ感じ取る。
成長につれケヴィンの邪悪さは顕著になって、偶然で片付けることのできない事故が立て続けに起こる。エヴァは全てケヴィンの仕業だと思い込み、夫フランクリンはそんなエヴァを非難する。ケヴィンが邪悪さを見せるのはエヴァの前だけだった。フランクリンの前では理想の息子を演じており、お気に入りの息子だったのだ。フランクリンにとってケヴィンは母親に理解されない可哀想な息子だった。ケヴィンをめぐり、やがて夫婦関係にも亀裂が生じ始める。
そして、ついにあの木曜日が訪れる。ケヴィンが16歳をむかえる3日前。ケヴィンが全て計算ずくで周到に用意した、エヴァから全てを奪い去ることになる事件を起こした日が…。

責任能力を問われない少年が重大事件を起こした時、世間は親を、特に母親を責める。裁判においては必ずその育成環境が着目され、それが少年を犯罪に至らせたのだと思いたがる。だが、本当に母親のせい、環境のせいだけが原因なのか。
物語は全編エヴァの視点から描かれているので、ケヴィンからみる事実はまた異なっているのだろう。しかし、エヴァの立場に立つ限りにおいて、彼女になすすべがあったのか、私にはわからなかった。
邦題は、この木曜日の出来事を表すものだ。確かに少年は残酷な弓を射た。しかし、誰より”残酷な弓を射た”のは神ではなかったか。もし神がいるとするならば。ケヴィンは災厄だった。エヴァにとっても、大勢の被害者にとっても社会にとっても。何よりケヴィン自身にとって。
ただ、確かだと言えるのは、エヴァはケヴィンを愛することこそできなかったが、エヴァとケヴィンはどんなことがあろうとも母親と息子であり、手紙を書いている今この時、それを受け入れているということだけだ。


            
 We Need to Talk About Kevin       少年は残酷な弓を射る 上 ・

category: 洋書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  映画化 
2012/09/18 Tue. 16:52 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

Before I Go To Sleep / S J Watson 

先日Kindoleで購入した洋書。これ、すごいです!

記憶喪失の女性が主人公のサイコロジカルスリラーなのだけど、最初はどーせ『悪魔に食われろ青尾蠅』 (とかディカプリオの『シャッターアイランド』的なオチだろうと思ってた。ところが、ところが、完全に裏切られるのだ。もちろんいい意味で。

驚くべきことに、本書はS.J.Watsonの処女作なのだとか。
彼は小説の書き方をFaber Academyで学び、聴覚スペシャリストとしての病院勤務の傍らにこの本を書き上げたという。
小説を書く時間を作るためにパートタイムに降格したとさえいうのだから、気合が入っている。でも、世界30カ国以上で刊行され、その上映画にもなるのだからこれ以上の成功もないだろう。
彼の元同僚は「彼は実は仕事してなかったんだ(笑)」などと冗談まじりに言っているらしいが(笑)

やっぱりミステリは 海外ミステリ>>>超えられない壁>>>日本のミステリという気がするな。


さて、さて、肝心のストーリーはというと…
主人公のクリスティーンは、ある朝自分が見知らぬ男性の横で目覚めたことに気づく。老いさえ感じさせるその男性の指には、古びたマリッジリングが.はまっていた。
酔っぱらって、既婚者と過ちを冒してしまったのだろうか?戸惑うクリスティーンだったが、彼女には一切の記憶がなかったのだ。部屋は見覚えがなく、ここはどこなのかすらもわからない。そればかりか、自分が誰であるかさえもわからなかった。
パニックになったクリスティーンは、バスルームに駆け込むが、鏡にもう若くはない中年の女性の顔が。
自分はまだ20代のはずなのに、鏡に映る自分の手にも顔にもシワが刻まれていた。だが、鏡の中の中年女は間違いなく自分だ。
隣で寝ていた男性は、自分は彼女の夫ベンだと名乗り、彼女に状況を説明する。彼女は47歳であり、29歳の時に事故で負った頭部の怪我のせいで、記憶に障害を持っているのだという。そのせいで、彼女の記憶は一日しか持たず、一晩眠ってしまうと、記憶は綺麗にリセットされてしまうというのだった。
夫のベンは、毎朝クリスティーンにとっては見知らぬ男性となるため、おそらく、その説明は毎日繰り返されてきたのだろう。ベンは彼女に認識させるためにバスルームの鏡に彼女と自分の写真をコラージュのように貼り、説明を容易にするためにスクラップブックまで用意していた。
ある日、ベンが仕事に出かけた後、一人の医者が彼女に接近してきた。ナッシュと名乗るその神経医は、彼女に日記をつけるようアドバイスをする。アドバイスを受け入れた彼女は、ベンには内緒で、自分の日記の前のエントリを読むことでこれまでに判明したことを理解し始めるのだった。ただ、彼女は、一晩眠ってしまえば日記の存在すらも忘れてしまうので、ナッシュ医師は彼女に日記の存在を思い出させるよう毎日電話をかけ続けた。
朝起きて日記をみると、自分の筆跡で「ベンを信用しないで」と書かれている。でも、ナッシュ医師によれば長く精神病院に入院していた自分を毎日見舞い、献身的に愛し、自宅に連れ帰ったのはベンその人だった…。
しかし、なぜ、自分は、日記の存在やナッシュ医師に会っていることをベンに隠そうとするのだろう?クリスティーンにはわからない。しかし、そうしたほうがいいという気がするのはどうしてなのだろうか…?

そうこうしているうちに、彼女は、ごくわずかながらも過去起こったかもしれない出来事がヴィジョンのように頭に浮かぶようになる。
自分は妊娠していた?子供がいたはず...。学生時代、まだ20代の頃、屋根の上にあがって親友と花火を観ていた...赤毛の女性の姿が…
これらは記憶なのだろうか?それとも、記憶ではなく彼女の妄想なのだろうか?
だが、確かにクリスティーンには子供も親友も存在していたという確信があった...。

いわゆる「信用できない語り手」というやつである。
そもそも語り手のクリスティーン自体混乱しているのだが、ベン、ナッシュ医師すらも信用できないのだ。その不確かさがこの小説の良さでもある。

ミステリーやスリラーにおいて、記憶喪失というのはいわば使い古された感のあるアイテムだが、この結末はお見事。
サイコスリラーでありながら、謎解きも同時に楽しめる傑作だと思う。そのどちらかだけという秀作ならばこの世に星の数ほども存在するが、そのどちらのレベルもこれほど高いものはそうないのではないか。
明かされてみれば、実はところどころに伏線は存在しており、鋭い人ならばもしかして真相にたどりつける、かな…?
私にはわからなかった。

充分起こりうる「恐怖」として感じるとともに、記憶とは人間のアイデンティティにとってどれほど重要なものであるのかということを改めて感じさせた。

ところで、リドリー・スコットの制作会社が映画化の権利を獲得したらしい。
映画化にあたって名前が挙がっているのはケイト・ウインスレット 、 ケイト・ブランシェット と、アンジェリーナ・ジョリーなのだとか。
確か『チャイルド44』をはじめとするレオ・デミトフ三部作もスコットが映画権を獲得してるけれど、本当に目の付けどころがいいというか。スリラーのいいとこ独り占め?
映画も楽しみだ。



                                       



日本のアマゾンで扱ってるのはUK版。私が持ってるのは右のcomのUS版。
装丁とか各国色々で面白いよね。

これがお仏蘭西版で、すぅえくしー。
before i go to sleep ca


こっちがドイツ。この蜂?の意味はよくわからんです。

     before i go to sleep ge

category: 洋書

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  洋書  初心者  スリラー  記憶喪失  映画化 
2011/10/04 Tue. 13:00 [edit]   TB: 0 | CM: 4

go page top