Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

「ゴッドウルフの行方」スペンサー読書会! 

一部に絶大な人気を誇るスペンサー・シリーズ。
書評家の北上次郎さん曰く、
「スペンサー・シリーズを読まない奴とは友達になれない」とか(笑)

その読書会に参加してきた!
課題本はシリーズ第一弾の「ゴッドウルフの行方」
このシリーズはなんと39作品もあるらしい…

OI000072.jpg 

平均点は、5.9点(10点満点)!

最高点は8点
最低点は4点

まぁ、こんなものかな?
15名の参加者中、男性は2名。男性の比率が高ければもう少し得点は高くなったのかな?と思いきや、最高点をつけたのは女性で、最低点をつけたのは男性だった!

いつもながら、横メンの動向は読めないです…


それはさておき、良かった点は、、、
*スペンサーいい人(逮捕されたら、絶対に彼に電話したい!)
*マッチョで素敵、ボクシングシーンがカッコいい
*料理ができて自立している男性像はこの時代にしてみれば斬新
*作る料理が美味しそう
*会話が洒脱で軽妙
*他のハードボイルドに比べると健全
*ボストンの街の描写が素敵
*女性の描きかたが良い
*犯人が死なず、生け捕りになったのが良い
*ストーリーが凝ってないので読みやすい(多少読み飛ばしても問題ない)
*学生生活やファッションなど、70年代の空気感が感じられてよかった

マーロウが読者にモテるのはよくわかるのだ。でもスペンサーのような”いい人”は大抵女受けしないものなのだと思っていたから、女性受けしていたのに驚いた。

マッチョで、ボクシングができて、料理ができて、面倒見がよく、フェミニストで女性にモテモテ、それがスペンサー。ふーーーーーーん((((;´・ω・`)))
でも、フィクションの世界では、多少欠点や癖がある方が逆に魅力的じゃない?
もっと言えば、「やせ我慢」とか「妙なこだわり」とか「変人っぷり」が、探偵の醍醐味じゃない?
そう思うのは私だけ???

それに、マックを6個も食べたり、毎日ダンキンドーナツ食べてビール飲んでるくせに、脂肪がないってありえないですから(キッパリ)!
若いならともかく中年なんだし。

と、「デブ活」分を落としたい私は思うのだ…


それに、これはもう「男性版ハーレクイン」以外の何ものでもないではないか。
スペンサーという人物像は、容姿も含め何もかもがパーカー自身の理想だったのだろうなぁ(笑)
と思っていたら、、、、
Robert_B_Parker_at_Manchester_Library.jpg 



若い頃は痩せていた!!!
OI000087.jpg 
↑Doraさん所有の1973年の本のパーカー

別人なんですけど…w( ̄o ̄)w
最大のオチは、パーカーの使用前、使用後の変化かも(苦笑)


マイナス要因は、、、
*内容がない
*「ゴッドウルフ写本」がタイトルなのにストーリーに全く関係なさすぎる
*ミステリとしてなってない
*登場人物が無駄に多すぎる。もっと絞って突っ込んで描写すべき
*人が死にすぎる
*母娘どんぶりは節操がない
*テリイが嫌い
*軽佻浮薄さが否めない(C調)
*いたずらにウィットを弄んでいる感がある
*スタイルはあるが、Way of Lifeがない
*菊池光さんの良さが発揮できてない


訳に関して言えば、確かに光さん的にはスペンサーは「やや軟派すぎる」という声も多数。
会話の妙についても、それを洒落ていると感じるか、おしゃべりで軽いと感じるか。
少しシリーズも下りスーザンが出てくるようになると、会話のキャッチボールが可能になるので「洒脱さ」も感じられるようになると思う(が、同時にウザさも増す)

スペンサーは完璧すぎると前述したが、「母娘どんぶり」はどうなのよ?というご意見も(失礼!)完璧どころか、女好きで節操なさすぎというのだ。
ある男性参加者は「据え膳」だし…と消えるような声でつぶやいていたが、私もそう思うなぁ(笑)
しかし、それもこれもスーザンが登場するまで。

そもそもストーリーに意味がないゆえ、「単なるスペンサーの自己紹介本」になってしまっているのも残念なところ。以前にも書いたが、相棒の黒人ホークも恋人のスーザンもいないせいで、必要とされる構成要素が不足しているのだ。

この本から得た教訓は、「シリーズものは必ずしも最初から読む必要はない」ということだろうか(笑)


他方で、70年代はこれが新鮮だったのかもしれないなとも思う。今の我々はフィクション慣れしてスレているし、小説やドラマにはその時々の流行というものがある。流行に左右されることのない名作もあるにはあるが、この手のものには、読むにふさわしい「時期」や「旬」が存在すると思うのだ。

これを読んで憤慨しているスペンサー・ファンのあなた。でも、あなたは、スペンサーの「旬」に、完璧な「時期」に読んだからこそ、魅了されたのではないだろうか?
もちろん年齢を重ね改めて読むことで、その評価は良くも悪くも変化しうるが、若い頃魅了され憧れたものは、生涯を通してのお気に入りとなることが多い。
70年代に学生生活を送っていた人がもう一度読む人と、今のこの時代にはじめて読む人とでは温度差があって当然だ。

ちなみに、このシリーズは初読が4名、残りはなんらかの形で読んだことがあるという人だった。
さすがに全制覇しているというツワモノはいなかったけれど(笑)
シリーズ中では、「レイチェル・ウォレスを捜せ」「失投 」を推す人多し。

ネオ・ハードボイルドとしてどうかはさておき、私個人としては「初秋」 「晩秋」のセットはなかなかだった。スペンサーの売りはマッチョの具現とフェニニズムだが、それ以外の要素が加わることで深みがでていると思う。

ところで、「C調」という言葉を私は今日の今日まで知らなかった。
サザン世代ど真ん中なはずですのに… 
ひとつお勉強になりましたですよ、ハイ。

    


  

category: 読書会

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 早川書房  読書会  文庫 
2017/05/16 Tue. 00:29 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

「アラスカ戦線」読書会! 

久しぶりに読書会に参加してきた。思えば去年の10月以来・・・
ご無沙汰で〜す!

課題本は、マイスナーの「アラスカ戦線」で、参加人数は12名。
顔ぶれもちょっとフレッシュで楽しかった。
なかには数年ぶりの方も。。。

まずは、皆でカンパ〜イ!!!
OI001304.jpg 
ちょっと写真が赤いんですが、どうも設定を間違えて撮ったらしい・・・

ということで、読書会スタート!
※ 以下、ネタバレあります。









平均点は、6.96点!(10点満点中)
最高点は10点で、最低点は5点。


男性陣受けする小説なのなぁと思いきや、最低点をつけたのはお二人とも男性・・・
それぞれのマイナス要因は、
*人間対人間のしびれるマンハントを期待したのに、それがなかった。
*爆撃機や戦艦の名前がありえない(ミリタリー愛好家としては許せないレベル)

それぞれ、譲れないポイントがあるようで・・・
特にミリタリー好きの方には、突っ込みどころ満載だったようだ。


そして、評価が最も割れたのが、物語におけるアナトラちゃんの存在!
これは、男女でバキっと割れた。
男性陣に大人気だったアナトラ(健気で美乳だもんなぁ…)だけど、女性陣からはちょっと微妙。
アナトラが入ることで、物語が引っ掻き回され悪影響を受けたという声もあった。

非難が集中したのは、「日高がアナトラを妊娠させた」こと。日高は、使命、使命いう割にはやることはやってる(笑)ほんと、いつの間に妊娠させのよ?アラトナは若いし、今の時代なら淫行間違いなしだわよ・・・
だが、極限状態におかれればおかれるほど、本能的に生物は子孫を残そうとするものらしい。和歌山のイルカの追い込み漁では、追い込まれたイルカたちがいっせいに生殖行為をするのだそうだ。そういえば、人口爆発が起きているのも、オマーンや南スーダンなど危険地帯だ。
というわけなので、どうか日高大尉を許してあげてください。

この本の極限など「女王陛下のユリシーズ号に比べればゆるいわ!という意見もあったが、日高の本能のスイッチが入る程度には極限だったということで。。。。
横浜読書会は下ネタが不得意で、しかも女性比率が高いので、割と気まずい感じ(笑)

というか、わたしは日高大尉は結構な家柄なのに三十路で独身という設定だったため、あっち?疑惑を抱いており逆に安心したかも(笑)それはそれでアリだし別にいいんだけども。。。
ついこのあいだ引退した某俳優さんも、お薬系が潔白なのならば、別に何も気にする必要はないのに。開き直っちゃえばいいのに。

その他のアラトナ関係への不満は、彼女の父親と兄が日本兵をいともたやすく殺してしまったことも挙げられた。


もうひとつ見解が割れた点は、スタートがトロいこと。
最近の小説は、映画やドラマの影響を受けてか、まず最初にドカーンと打ち上げて読者の目を奪っておいて始まるケースが多い。スピード感もあるのが当然。だが、本書は古い本ゆえに、ゆるゆるっと始まる。私は、それがかえって新鮮でよかったりもしたのだが、これは好みの問題だろうか。


ところで、今回の読書会にはかつて新入社員として「アラスカ戦線」の編集に携わったという方も!
長い人気を誇り、最近新訳版もでたばかりだが、当時の装丁がこれ。
KIMG0185.jpg 
なんでも、本当はもっとカッコよく、手製の斧で熊に立ち向かう日本兵をフラゼッタ風にしたかったそう。
うん、ちょっと「南極物語」風ではあるかも(笑)
フラゼッタ風ってなに?という方はこちらをどうぞ。


話はそれたが、その他の感想としては、、、
*著者の日本人への造詣が深い
*「声に出して読みたい」ほど文章力が素晴らしい
*陰湿さがなく、さわやか
*日高、アランのそれぞれが人間として成長していくところがよかった
*日本、アメリカどちらも平等に描いているところがいい

*日本人の名前が変
*軍記ものとしては弱い
*アラスカの極限状態で、ろくな装備もなく生きていけるはずがない(リアリティがない)
*ラストが綺麗事すぎる(どちらか死ねや)
*本当なら日高はカリフォルニアの収容所に送られるはず
*地理がわからないので、地図を載せてほしかった

刀自本などの日本人の変わった苗字については、もとはもっと妙ちきりんなものだったのを、翻訳家の松沢氏が適当な名に変えたとのことだった。
また、アランが日高をエスキモーだと思うあたり面白かったとも。ま、日高のいうように、私たちも日本人もモンゴロイド。皆、「平たい顔族」だということか。

映像化については、実は石原裕次郎が映画化権を持っていたのだそうだ。
石原プロっぽいといえばそうだけど、アラスカ・ロケができるほどの資金が集まらなかったのだろうか。
日高もアランも作中では30歳を少し超えるくらい。その年齢の俳優さんで日高ができそうな人っているのかな?
個人的には無理に映像化などしないで、そっとしておいたほうがよい気がするなぁ。。。

というわけで、おしまい。


  

category: 読書会

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/02/21 Tue. 16:13 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

キムチ鍋de ハードボイルド読書会&忘年会! 

この読書会のために、「アウトロー」をせっせと読んだけど、、、、

やっぱり、ほぼ飲み会!!!(笑)
わたくしは、アルコール節制中・・・
OI000638.jpg 


珍しく赤
OI000630.jpg 


珍しいイノシシのチョリソー!
超おいしい〜〜〜ワインに合う〜〜〜〜
OI000641.jpg 


乾杯で適度に喉が潤ったところで、お鍋登場!
って、、、
写真のはもう散々食べてしまったものだけど・・・
OI000640.jpg 

気心の知れたメンバーと、飲んで食べておいしい〜〜楽しい〜〜


さらにお肉追加
OI000642.jpg 

したところで、日本酒へ変更
Tさんご推奨の菊水
OI000647.jpg 
飲み過ぎ危険



  

危険といえば、「アウトロー」のジャック・リーチャー。
彼のいくとこ、いくとこ、危険が待っている・・・

はっ、このキャラどっかで・・・
と思ったら、ちょっとグレイマンとかぶる???

とはいえ、グレイマンよりヘマは少ない。
今流行りの「わたし、失敗しないので」系だったりする。


で、結局ジャック・リーチャーは誰がふさわしいか問題については、、、
トムは小柄すぎるけど、まぁ頑張ってるしあれはあれで「別物」として良いのではないかと。


海外ドラマ「パーソン オブ インタレスト」のスーツの男なんてどうかというご意見も。
ジム・カヴィーゼルなら、190cmくらいはありそうね。
と思ったら、彼でも188cmらしいです。
James_Caviezel3.jpg 

ただ、この人にはこ汚いイメージないのよねぇ・・・?
リーチャーは、移動は長距離バスだし、服は基本着捨てだし・・・
パーソン・オブ・インタレストのイメージが強くて、007ばりのいいスーツを着て、フィンチの潤沢な資金を使ってるほうが似合ってるかも(笑)

その他には、ジャック・リーチャーシリーズの敵は小物すぎるという声も。
確かにゼックはいいキャラだけど小物だった。
でも、あまり強大すぎると後ろ盾も何もない個人では太刀打ちできないからなぁ・・・

しかし、なるべくお金のかからない放浪生活をしているとはいえ、
リーチャーはお金はどうしているのかな???
だって、クレジットカードも、免許も住所も何も持ってないのに。
実はオフショアに、莫大な資産があったりして???
・・・・ということはありえなさそう。

放浪生活の理由といいお金といい、謎すぎる・・・



〆は、お餅で。
お餅とキムチって合う〜〜〜〜!
OI000646.jpg 



デザートはNちゃんの手作りチーズケーキ
甘さがちょうどよくて、濃厚おいしい〜
OI000649.jpg 
あと、クリスマスシュトーレンと黒糖くるみは撮り忘れ〜・・・


毎回ついつい時間がたつのをわすれてしまって、、、
お昼からはじめたのに、気がつけばもう日もどっぷり。

帰りはもうこんなに暗くなってしまった!
OI000651.jpg 

皆様、今日も、楽しい時間をありがとうございました〜〜
来年もどうぞよろしく〜〜〜〜!!!


  

category: 読書会

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 読書会  文庫  映画化 
2016/12/11 Sun. 10:13 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

「熊と踊れ」読書会  

先日は、久々の横浜翻訳ミステリー読書会に参加してきた。
課題本は、北欧の犯罪小説「熊と踊れ」

  OI000132.jpg

OI000134.jpg 

横浜読書会のメンバー向きではないな、と予想していた通り、やはり評判は芳しくなく、、、
針の筵に座らされているようでございました・・・(苦笑)


それでも、全体の平均得点は5.9点だったらしい。
ネガティブオーラ全開のあの雰囲気では言えないですよ。
わたしの今年のベスト10に入ってるなんて!!!
(でも「このミス」とかにも入ってくるんじゃないかなぁと思うけどなぁ…ボソボソ)

聞くところによると、事前のツィッターでも悪評の嵐だったそうだ。
確かに、前作のようなエンタメ性もないし、パズラーには厳しいかも。


26人と参加者も多かったので、4グループに分けてのグループワーク。
私たちのグループ内の平均点は6点だった。

まずは、ネガティブな意見から
*犯罪小説としても家族小説としても中途半端で、立ち位置がよくわからない
*謎がまったくないので、読むモチベーションが皆無
*安易に展開が想像できるので読むのが苦痛だった

*レオが銀行強盗をやる理由が不明
*レオが父親に拘泥する理由が不明
*中二病みたいなレオに、全く共感できなかった
*三兄弟のキャラの書き分けができてない (描写力がない)
*兄弟、兄弟とやたらウザい (兄弟なんかどうでもいい)

*作中でよく使われていた表現の「過剰な暴力」という言葉がピンとこない

OI000167.jpg 
お土産ありがとうございました〜!


実際に犯罪を犯した加害者家族にインタビューして書いているせいか、少し遠慮がちに書いているきらいはあるかな。確かに「死刑囚」ほどのエグさもなければ、「三秒間の死角」のエンタメ性もない。
アンネリーがキノコ狩りを装って偵察にいき、ミスを犯した時点で、レオはアンネリーを殺すくらいであって欲しかったという声もあった。愚かなヤスペルを殺さなかったことも物足りなかったという。

でも、そうなると、、、レオ、完全にサイコパスやん・・・
レオたち兄弟には「人を殺すことは避けたい」という良心はある。レオたちの父、イヴァンは、暴力的なダメ親父だったが、一応の父親としての愛情もあったと思うのだ。実際、息子たちに手を挙げることもなかった。
ネグレクトされたり、性的虐待を受けた経験のあるジェフリー・ダーマーなんかよりは、全然マシ。イヴァンがレオに殴り方のトレーニングをしたのは、自分自身のメンツのためもあるだろうが、息子へ愛情を持っているからでもあると思う。
レオと同じような崩壊家庭に育った人は意外と多いのじゃないだろうか。彼らは理解も同情もされにくい。

逆に、その(完全な悪とは言い切れない)中途半端な立ち位置だったからこそ、救いがあった、という方もいた。Kさんのこの意見を聞いて、ちょっと私自身が救われたかも〜(笑)
フェリックスもヴィンセントも、自分がもう少しで人を殺めそうになることに腹を立て、心を痛める。
エンタメとしての過激性を求める人もいるだろうが、逆にそれに安心したという方もいるのだ。
私も最近は、過激な描写やエグさが売り物の物語が辛くなってきているので、最後のところで踏みとどまることができるといことに胸をなでおろしたクチ…

レオを残虐な殺人者として描くのであれば、イヴァンは幼いレオたち兄弟にも手をあげるような父親でなければならなかっただろうし、もっと決定的な何かを書かなければならない必要があっただろう。そこまで物語を作り込んでしまったら、当然、トゥンベリ氏は共著に名を連ねることもなかったとも思う。
まぁ、それはエンタメ性を求める読者には全く関係ない事情ではあるが。

兄弟の書き分けについては賛否両論。フェリックスとヴィンセントの区別がつかないし、どちらか一方だけでも良かったのでは?という意見も。また、ジャック・カーリーのシリーズの兄弟と比べると、書き方が甘いという方もいた。

レオの動機は私も謎だったし、イヴァンへの執着も、理解できないことはないが納得はしかねる。
グループ唯一の男子に一応は聞いてはみたが、ま、人それぞれなので・・・
「過剰な暴力」という表現についても、確かにちょっとニュアンスが違うかなぁという気がした。


その他の(数少ない)ポジティブ意見は、、、
後半のテンポがいい
*エンタメ性の背後に重厚なテーマがある (←エンタメ性なんてあったっけ???)
*ベタだが、ヴィンセントとレオが「愛してるよ」と言い合うところが好き
*加害者の家族の視点(トゥンベリ氏)というのが新鮮だった


だんだんトシをとり、見聞きすることも増えると、「蛙の子は蛙」という類のことは、ある種真実なのだということを実感するようになる。こういうと、大批判を浴びそうだけど・・・
親がダメで生育環境が悪くとも立派に育った人がいるのも事実だが、その影には、多くの「不幸を継承してしまった人」がいるのもまた事実。彼らは、レオ同様、理解も同情もされない。
限りなくノンフクションに近いフィクションというグレーポジションではあるけれど、私個人としては、それがゆえに逆に考えさせてしまう本だったかな。


ただ、やはりパズラーの方々には、壁投げ本だったみたいで・・・
上下巻で2,000円以上もしたのに、本当にスミマセン・・・

あ、あとカールストレムさんのグルメネタには、誰も乗ってくれなかったです…(涙)



続いて、皆で懇親会会場となっているスペインバルへ。

まずはカンパ〜イ!
OI000243.jpg 


ワインも飲み放題
OI000103.jpg 


なにせ、野菜がお高いので、
ビタミンCを補給して、、、
OI000010.jpg 
12月の鍋会までには安くなりますように!!!


OI000062.jpg 


ずっ〜っとカールストレムさんのトリュフのラビオリが頭に残っていたので、
別オーダーで、トリュフ入りオムライスを追加した。
OI000128.jpg 

しかも、カメさんにこの代金を立て替えてもらってるままだったりして・・・(笑) 
今度お支払いしますね〜〜 

 しかし、トリュフはいずこや?



    




category: 読書会

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  早川書房  読書会  文庫 
2016/11/06 Sun. 21:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

「拾った女」読書会 

昨夜は翻訳ミステリーシンジケートの「書評七福神」でも大絶賛されていたチャールズ・ウィルフォードの「拾った女」の読書会だったのです。


場所はいつものお店。
参加者は超常連さん中心の9名で、まずはカンパイ〜!
P9101682.jpg 

飲みながらダラダラ語りの読書会(笑)
P9101686.jpg 

食事は相変わらずイマイチ
P9101684.jpg 

アマゾンレビューでも、翻訳ミステリーシンジケートの「書評七福神」でも概して高評価な本書だが、
横浜読書会の平均点は10点満点で5.8点!

意外と見るべきか、はたまた想像以上に高評価とみるべきか・・・
いや、この間のキングの「ジョイランド」が6.1点だったからなぁ・・・
キングファンとしてはフクザツ。

ちなみに最高点は9点で、最低点は4点だった。



以下、ネタバレあります。
P9101689.jpg 


まず、これは"恋愛小説"なのか?
ハリーとヘレンの関係を、沢田研二の「時の過ぎゆくままに」ではないが「堕ちていくのも幸せだよと〜」(←古い!)的な”破滅の美学”に魅力を見いだせるかが一つ目のポイントだろうか。

ええ。私は全くそう思えませんでした(笑)
絶賛している書評家の方や今回評価の高かった人は、その"絶望"の闇に魅力を感じたのかもしれない。

いつも厳しい評価のM嬢が、カッコイイ!と思った箇所は、P38のはじめての夜のあるシーンなのだそうだ。(ちょっと意外・・・)
「俺は掛け値なしの人生の落伍者だ。それはどうでもいのか?」
「ええ。あたしにはすべてがどうでもいいんだから。」

もっとも評価が低かったうちの一人、Kさんは「将来のことを考えられない男がズルズルと堕ちていくだけの話」で、「全く感情移入できなかった」という。
私もハリーにもヘレンにも全然共感できなかったばかりか、「心地の悪さ」を感じてしまい、それが「不信感」を強めてしまった。最近のゴシップでいうと、高畑事件が不起訴になったことに感じたのとにてる。「ふうん。そうなんだ。でもな〜んかね・・・」的な。
兎にも角にも、全体的にハリーの感情がフラットすぎる気がするのだ。
二人は心中を決意し、結局ヘレン一人が死に、ハリーが生き残ってしまうのだが、破滅型の愛というのなら、ハリーのその時の絶望をもっと描いてほしかった。
そこがキッチリ描かれていたとしたら、もっと感想は違っていた、か、な???


もう一つの大きな争点は、ラストで明かされる「ジョーダンは黒人だった」という事実
白人の女をPick-upしたのは、黒人の男だったのだ。
ただ、1950年代ならば衝撃的なことだったのかもしれないが、21世紀の黒人大統領を経験している我々からすれば、そのインパクトもさしてない。
そもそも一体なぜ、今、このタイミングでこの小説が復活したのか?
ラストの2行は、今の読者にとってみれば効果的といえないばかりか、「蛇足じゃね?」という意見さえあった。


その他の主だった感想としては、、、
*ストーリー性がない。
*ノワールでもなく、クライムでもなく、ミステリーでさえなくどっちつかず。

*50年代のサンフランシスコの雰囲気が素敵。
「郵便配達は二度ベルを鳴らす」と似た雰囲気があってそこが良い。
*平坦な文章で普通の男と女が描かれているところが良い。

などがあがった。
そうか、「郵便配達〜」は映画しか知らずエロいイメージしかなかったけど、機会をみつけて読んでみよう。何年か前、翻訳者の田口俊樹氏が「今年の私の自信作」とおっしゃってもいた。

個人的には、この小説で一番良かったのは、装丁と邦題だったかな・・・
章題もよかったけど。





category: 読書会

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 文庫  読書会 
2016/09/11 Sun. 15:06 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top