Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

文春トークライブ、橘玲氏「幸福の正体」講演に行ってきた! 

文春トークライブなるものに行ってきた。 講演されるのは作家の橘玲氏。 橘氏は、「マネーロンダリング 」「タックスへイヴン」などの小説でも有名だが、「言ってはいけない 残酷すぎる真実」という新書が新書大賞を受賞したことでも知られる。

 「文藝春秋SPECIAL 2017年夏号 脳と心の正体」で幸福についての特集をし、また、「幸福の資本論」という本を出したということで、これをテーマに講演されることが決まったという。

  FW82d4r9Fo3iI3j1499439531_1499439631.png

この橘氏、極めてプライバシーに敏感とのことでもちろん写真撮影はNG
これほどの人気作家ながら、講演自体も「キャラに合わない」とのことで、人生で5度目。この日は2年ぶりとのことだった。

YHp08E_4t9jU9_s1499439842_1499439865.png 

会場は、文藝春秋西館の地下ホール。
だいたい100人くらい?入るのだろうか。入場料は5,000円!だというのに直前になるとほぼ満席。
やっぱり人気作家ですよね… 実は私は5,000円に少し躊躇したけども、、、
会場には若い方も多かった。

IMG_1259-2.jpg 

初めてみた橘氏は、少々露悪的ともいえるその文章からは想像できないほどソフトな印象で、ロマンスグレーのおしゃれでイケてるオジサマという感じ。銀座とかでもモテそう(笑)
人前で話すのは「自分のキャラに合わない」とおっしゃる通り、体育会系でプレゼンバリバリというタイプとは真逆のタイプとお見受けした。

講演自体は、上述の「文藝春秋SPECIAL 2017年夏号 脳と心の正体」「幸福の資本論」とは異なる内容で、「生き物としての人間」の見地からの幸福を取りあげたものだった。

会場の写真のほうの壇上にあるのは、経済学でいうところの「限界効用逓減のグラフ」
縦軸は充足度で、横軸はお金だ。これによると、お金がある程度のところまでいくと、充足度はほぼ横ばいになる。だいたいアメリカでは7万ドル、日本では800万くらいの年収(1人あたり)から上は、幸福度はそれほど変わらないらしい。

なぜお金なのかといえば、それは「餓え」に直結しているからだ。お金がなければ、食料は得られない。近年の飽食からは想像できないが、人類はその誕生以来のほとんどの時代「餓え」とたたかってきたため、私たちのDNAには「餓え」に対する無意識のアラートが設定されているという。「餓え」は人間にとって根源的恐怖であり、その「餓え」を回避する手段がお金なのだ。

ただ、その「餓え」だけ回避すればいいというわけではなくて、人間にとっての幸福の条件は、
1)お金、2) 健康問題、3) 人間関係、の3つに分けられる。
1)と2)は、生命に関わる重大問題だが、3)がなぜ重要かというと、そもそもが人間は徹底的に社会化された動物であるからだ。
その昔、人類は群れで行動し狩りを行っていたが、その群れから排除されることは、即「生命の危機」を意味していた。だから、それが満たされないと、他二つの同様に、ガンガンに「生命危機」のアラートが鳴り響く。

ま、当たり前といえば当たり前の話で、例えば今、大騒ぎしている女優?のM居一代さんなどはその最たる例だ。ご本人曰く、株とビジネスで儲けて100億!の資産をお持ちだということだし、身体も健康そうにみえるが、全く幸福そうには見えない。というか、不幸のどん底なあまり我を失っている感がある…

また、昨今社会問題化している「いじめ」問題も人間関係の欠乏に根ざしたものだ。「餓え」同様、他者との関係性の重要性も人間のDNAに組み込まれている。そのため、「小学校、中学校時代の友人関係なんて、長い人生でみればなんてことないよ。」と、どれほど正論を言って聞かせても、子供たちにとっては何の解決にもならないという。本能のアラートが消えるわけではないからだ。

「餓え」の危機にある貧しさがなくなった昨今では、いじめ問題に限らず、人間関係の難しさが最も重視すべき事項となっている。
その煩わしさゆえ、家族という親密な人間関係を中心に据えて、他の人間関係はその時々の状況で選択可能なものにするという、ニューリッチ的というかノマド的ライフスタイルを送る人も増えているのだとか。
若者の間で流行ってるフリー参加型のフットサルなどもそうだし、私がたまに参加する「読書会」などもその最たる例だ。その場に限っての関係で、それ以外では全く繋がりをもたない。
それは極端な例としても、よくランチだなんだと一緒に出かける友人の中にも、話題はファッションや旅行といった特定のことだけで、踏み込んだ付き合いはしない人もいる。それも選択的人間関係というやつだろう。

他にも話は、人類の「接近と回避」の戦略にも及んだが、面白かったのは、「意識は無意識にアクセスできない」ということだった。
これは言い換えると、意思の力で本能をコントロールすることはできないということである。たいていのダイエットが上手くいかないのは、そもそも飢餓に対して組み込まれている本能に、意識の力で逆らおうとするからだ。
なるほどね〜〜〜

また、差別というものがなくならないのもそれで説明可能だ。
人類は、生き残るために、不潔なもの、不浄なもの、未知なものを回避する戦略をとってきた。腐ったものや毒キノコを口にしようものなら、即、生命の危険に直面するからだ。我々が「生理的嫌悪感」を感じるものを回避するのはDNAの戦略でそれこそが「差別」の根源となっているため、これを根絶するのは難しい。

橘氏は、「意識で無意識を制御する」ことがどれほど難しいことかを説明するのに、バンダイナムコのVRアクティビティ「高所恐怖SHOW」を体験した時のことを挙げていた。
これは、あらかじめここはただの床だということを体験者にわからせた上で、ヴァーチャルリアリティで再現した高所を歩かせ、猫をとって帰ってくるというものなのだが、「絶対安全だと頭でわかってはいても、その恐怖は抑えられるものではない」そうだ。



「いや、その本能を意識の力で変えられるのが、人間が動物と違うところなのだ!」というあなた。
このアトラクションは7月14日から期間限定で体験できるみたいなのでチャレンジしてみては???


    


  

今なお北九州を襲っている豪雨災害がはやく終息しますように…
被害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げます。


category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/07/08 Sat. 20:15 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

冬のニュージーランドに行ってきた! その6〜ちょっとだけオークランド&お土産編 

クライストチャーチからオークランドに移動し、一泊してすぐ翌朝の便で帰国。
残念ながらオークランドの滞在時間はすごく短い…

他の日は全てお天気に恵まれたが、ここではいまひとつ。
スカイタワーもガスっていたので、タワーにも登らず港のほうへ行くのもやめにした。
IMG_0823.jpg 


ホテルはオークランドの中心部のメルキュール
スーパーにもスタバにも歩いていける立地が取り柄。
IMG_1135.jpg 


テカポに比べるとオークランドは大都会すぎて、その落差には笑ってしまうほど(笑)
といっても人口は150万くらい。
明るくて星は全く見えないし、ブランド・ストリートもあり、超高級車もブンブン走っている。

スタバだってある。
IMG_1155.jpg 
コーヒーはだいたい日本と同じくらいのお値段。
日本では高いけど、物価の高い海外では安く感じてしまう…
スカイタワーは、クイーンズ・ストリートのスタバあたりから見ると、最も大きくみえる。

IMG_0819.jpg 

IMG_0821.jpg 

NZは概して物価が高いが、オークランドの家賃は特に高いそうで、最低の部屋でも18〜20万くらいはするという。昔は、若い人たちは一軒の家や、何部屋かあるアパートを複数でシェアしていたらしいが、家賃高騰のため、ワンルームをシェアせざるを得なくなり、プライベート空間が全く持てないことが社会問題になっているそうだ。


クイーンズ・ストリート沿いにあるNew World Metro
IMG_1154.jpg 
チェーン店のスーパーマーケット。
15パーセントの消費税も全て内税表示なので、買い物はしやすい。

よく海外は物価が高いというと、「そんなことないよ!」という方がいらっしゃるのだが、実際、先進国で日本より物価が安いところはほとんどない気がする
テカポでも、このオークランドのNew World Metroでも、卵は1パック8〜9ドルくらいだし、農業大国なのに生鮮食品も乳製品さえも安くない。原発がないので電気代も高い。その分、収入もそれなりなのだろうけど。
持ち込み禁制のキューピー・マヨネーズはここでは高級品。8ドルくらいするそうだ。


バラ撒き土産ならスーパーで十分。もちろんオークランドのスーパーはカードも使える。
New World Metroは夜10時までだが、24時間営業のスーパーも歩いていける。


ワインも買った。このためプチプチとガムテとゴミ袋を持ってきた(*^_^*)
IMG_1161.jpg 
賞をたくさんとってるワイン。
NZのソーヴィニヨン・ブランは香りが華やかで美味しいのだ。日本で買うと4,000円くらい、レストランで飲めば1万円以上する。
赤も美味しいので、ピノ・ノワールも買えばよかった・・・


Cookie Timeというメーカーのクッキー。
下は、大判×9個入り。
IMG_1160.jpg 


チョコレートやお菓子はスーパーのほうが断然お得。運がよければセールもやっている。
キャドバリーの板チョコも2.99ドルだった!
IMG_1189.jpg 


Cookie Timeは、バラ撒きに便利な個別包装のミニサイズ×7個入りのものもあり。

IMG_1250.jpg 

IMG_1158.jpg 
↑真ん中のマヌカ・ハニーと手前のハチミツ2個は、テカポのお土産屋で買ったもの。ちゃんとしたマヌカ・ハニーはスーパーでは扱っていない。

このマヌカ・ハニー、急激に高騰しているらしい。
3年前にも来たという方によると、その時は90ドルだったのに、今回200ドル超えていて驚いたと言っていた(一番薬効成分があるやつのことね)
3年でほぼ3倍!!!

お土産にはできないお値段なので、、、、我が家用に一個だけ。
「お土産にはマヌカ・ハニーをお願いね❤️」などと気軽に言ってはイケマセンね。


バターは缶詰入りを買った。これもお土産屋さんオススメのもの。
(※缶詰とはいえ液体扱いになるので、機内持ち込みはNG)
IMG_1186.jpg 
これは12ドルくらいしたけど、普通のやつならスーパーで6ドルくらいで買える。
100均とかで売ってる保冷バッグを持ってきていたら、それで持って帰れたかも…

ニュージーは乳製品の持ち込みはNGだけど、バターもチーズも持って帰る分はOK。
機内ではカメラをしまいこんでいたため写真はないが、サービスされた機内食もワインもチーズもとても美味しかった。


本物のマヌカ・ハニーはお高いけど、それを使った美容グッズにはお手軽なものもアリ。
女友達のお土産にぴったり。
↓パック
IMG_1159.jpg 

↓リップクリーム
IMG_1188.jpg 

ところで、NZで使える現金はNZ$オンリー。
ホテルや空港、スーパーではカードも使えるが、南島の田舎では使えないお店もまだ多くあるし、手数料が加算されるところもあるそうだ。余裕をもって両替していったほうが無難かも。
長滞在者ならNZの銀行で両替という手もあるが、ホテルの両替は成田でやっていくよりも高くつく。
両替は、みず⚪︎や三井⚪︎友などのBK系より、成田空港がやっている両替(南ウイングH)が一番レートがよかった。

もし、両替したお金が余ったら、オークランド空港内の「Kiwi Discovery」というお店なら、日本円やカードと混ぜて使い切ることができる。日本円で出せば日本円でおつりももらえるのでありがたい。出国前のところと出国後の両方にお店があるけど、出国してからのお店ほうがちょっとお得だし品揃えもいい。
ということで、ご参考までに〜


さよならニュージーランド。またいつか!
IMG_0838.jpg 
ニュージーネタは、これでおしまい。

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/06/28 Wed. 13:48 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

冬のニュージーランドに行ってきた! その5〜食事編 

旅行で食事は重要な要素。でも、、、
ニュージーランドは美味しい!!!

そりゃお肉もブランド和牛には及ぶべくもないけが、オーガニックな感じがGood!
何を食べても美味しかった。
危険をおかして「どん兵衛」を持ち込む必要はナシ(笑)


まずは、テカポの「ペッパーズ・ブルー・フィールズ・リゾート」のディナーは、スープ、メイン(お肉)、デザートの3コース。

カボチャのスープ。
IMG_1001.jpg 
カボチャは旬なのか、クライストチャーチでも出てきた。

メインはNZビーフのステーキに巨大なベイクド・ポテトが添えられたものだったけど
クライスト・チャーチから来たというおじさんとおしゃべりしてて撮り忘れ・・・
サワークリームのかかった巨大なお芋は半分残してしまったが、ドイツよりも美味しかった。

おじさん作の「蓮の花」
IMG_1002.jpg 
発音よすぎて英語が聞き取れなくて…(汗)
単語も結構忘れちゃってた…



デザートは焼き林檎、クリームチーズのアイス添え
IMG_0463.jpg 
ワインも飲みたかったが、星空ツアーを控えていたので我慢。


朝食はブッフェ形式
普段朝はコーヒーだけ派だけど、せっかくなのでヨーグルトとフルーツを。
IMG_1004.jpg 


その次の日は少しボリューミーに。
緑のは100%キウイのジュース
IMG_0954.jpg 



ザ・ハーミテージホテルのThe Alpine Restaurantもブッフェ・スタイル。
IMG_1049.jpg 

山盛り(笑)
IMG_1047.jpg 


眺め抜群!
IMG_0592.jpg 



そうそう、テカポといえば、
湖のほとりの和食処の「Kohan Restaurant」が有名。
全く期待してなかったのだが、、、

これが予想に反し、超美味しかった!!!
IMG_1084.jpg 
ここは、絶対行くべき。
NZ産のサーモンもとても美味しかったし、お米は酢飯でなんと日本米!
中には厚焼き玉子とサーモンの角切りが隠れていて、わさびも粉わさびをといたものではなく、すりおろし。香りいい。

ありがちだが、このあたりでも昔は「いくら」は捨てていたそうだ。
モッタイナイ・・・




テカポからクライストチャーチまでの途中では、名物だというアイスクリームも食べた。
"Hokey Pokey"というキャラメルが入りが一番ポピュラー
IMG_0995.jpg 

せっかくだからと頼んでみたが、
私にはちょっと甘すぎた・・・
IMG_0998.jpg 
アイスにキャラメル、甘くないわけがないけど。




クライストチャーチでは、
英国風パブレストラン「Cranford Ale House」に行った。
MSIez0d4auXgonv1498012106_1498012140.png 
お酒はバーで買うのだが、生ビールは溢れるまで入れてくれるので、少し飲んでからじゃないと席まで運べない(笑)


↓ほとんどジュースなジンジャー・ビール
IMG_1128.jpg 


IMG_1129.jpg 


お魚のフライwith マッシュポテト
IMG_1131.jpg 
ホキというタラの仲間の白身魚。
ホキは、マックのフィレオフィッシュに使われている魚なのだとか。




そして、オークランドの「Daikoku Restaurant」
IMG_1153.jpg 
日本人観光客御用達の鉄板焼きのお店。
店内には日本人だけでなく外人さんもたくさんいた。

ここでは地ビールをば。
IMG_1140.jpg 
あっさり〜〜

IMG_1142.jpg 


ここの売りは、鉄板焼きのパフォーマンス。
N.Y.とかの「BENIBANA」スタイルの真似っ子だけど、それに比べるとやや控えめ。
IMG_1145.jpg 


コースのセッティング。
IMG_1137.jpg 
お肉の「たれ」は、ピーナッツバターのマレーシア?風と、大根おろしの和風。


お肉はもちろんNZビーフ。
IMG_1148.jpg 
これはこれで旨味が強く美味しいのだけど、
あまり焼くとかたくなるのでレアでお願い。

でも、ミディアムレアになるんだな、これが(笑)
IMG_1150.jpg 

IMG_1152.jpg 
NZ産のマッシュルームとズッキーニが一番美味しかった(笑)

これに、ご飯、お味噌汁、お漬物がつくのだけど、ここのご飯はインディカ米。
やっぱり「Kohan Restaurant」はエライ!
でも、なかなかでした。



そういえば、羊の国なのにラムちゃん食べてない〜!
IMG_0778.jpg 


category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/06/27 Tue. 16:14 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

冬のニュージーランドに行ってきた! 〜その4 クライストチャーチ編 

クライストチャーチは、2011年2月に起きたカンタベリー地震の被害が特に大きかった街だ。
その約一月後、日本でも東日本大震災が起こってしまった。

街には、未だその影響が感じられる。
日本人を含む185名がこのカンタベリー地震で亡くなったそうだ。
IMG_0986.jpg 
その犠牲者たちを悼む広場に置かれた白い椅子は、185人それぞれの個性を表しており、
全てデザインが異なる。


耐震基準を満たしてないため、取り壊しされるビルも多い。
IMG_0936.jpg 
クライストチャーチと、東日本大震災の被害のあった地域の1日も早い復興をお祈り申し上げます。


街のシンボルだったクライストチャーチ大聖堂も、この地震で崩壊してしまったため、現在は「仮設の大聖堂」がその役割を果たしている。

それが、カーボン・カセドラル(紙の大聖堂)
IMG_0933.jpg 
スマホ用の超広角で撮ってみた。
かなり歪んでいる(笑)



こちらは標準レンズ
IMG_0991.jpg 

この大聖堂を手がけたのは、日本人建築家の板茂(ばん しげる)氏
紙管を建築に用いることでつとに有名だ。
IMG_1162.jpg 


なかは光が差し込み明るくモダンな雰囲気。
IMG_0993.jpg 


IMG_0994.jpg 

IMG_0989.jpg 

この仮設大聖堂の耐久年数は50年らしいが、2017年現在まだ大聖堂復興の目処は立たないのだとか。問題はお金。どこがその費用負担するのかがクリアできないらしい。



お次はモナヴェイル(Mona Vale)庭園へ。
個人の邸宅だった英国風建物と庭園で、今はクライストチャーチ市議会が管理し、建物はレストラン&カフェとして開業している。
IMG_0964.jpg 

IMG_0969.jpg 

クライストチャーチは世界に名だたるガーデンシティ。
冬で庭園は少々寂しいが、遅咲きのバラや椿が咲いていた。
IMG_0959.jpg 

IMG_0980.jpg 

IMG_0394.jpg 

IMG_0399.jpg 


庭園内にはエイヴォン川が流れて、水鳥もいる。
IMG_0388.jpg 

IMG_0381.jpg 


キミ、顔怖いよ・・・
IMG_0382.jpg 

IMG_0386.jpg 

IMG_0384.jpg 


庭園内のシダ園
IMG_0400.jpg 

IMG_0402.jpg 

IMG_0405.jpg 



IMG_1182.jpg 
料金は寄付制
ゆっくりみたかったのだけど時間がなくて残念…


IMG_0798.jpg 


広くて広くてはぐれちゃうハグレー公園に隣接しており、ここにはお写真ポイントの巨木がある。

まず、ドデカ松の木ちゃん。
IMG_1180.jpg 
人気撮影スポットなので、人が写らないようにするのに苦労した(苦笑)

お隣の巨大ヒノキちゃん
IMG_0802-2.jpg 

次の日はオークランドに移動して翌朝帰国・・・
あっと言う間だ〜〜

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/06/26 Mon. 16:57 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

冬のニュージーランドに行ってきた! 番外編 

ここらで、ちょっと番外編。
旅支度などの話でも・・・

▪️防寒対策
日本と季節が逆なニュージーランド。南島は結構寒く氷点下の冷え込みになる。
防寒対策は万全にしていった。
オークランドは東京の冬と同じくらいなのでライトダウンでも大丈夫そうだったが、南島の冬はかなり寒い。星を見に夜出かけるのなら、北海道並みの準備をしておいたほうがいいかも。
寒い思いをして風邪などひいてしまったら元も子もない。それに、「現地調達すればいいや」といっても、ニュージーランドは物価が高いので敷居も高い。
予め、観光する場所の長期天気予報を調べておけば目安になる。

カイロも持って行こうと思ったが、この季節、もう100均にもドラッグストアにも売ってない・・・
そんな時便利なのが、アマゾンさん。これが役に立った。





▪️冬でも必須なもの
冬でも紫外線が強いので、帽子、サングラス、日焼け止めは持っていったほうがいいと思う。
ちなみに、ニュージーランドで売っている日焼けどめはSPF30まで。サングラスはハーミテージホテルでも30$くらいで売っていた。

日焼け止めはこれがオススメ。
  


また、山の天気は変わりやすいので、雨具も必須。
物価高なので、空港やお土産物屋で買うと高くつく(そもそも売ってなかった気がする)



▪️保険に入れない?
海外に行く際は、いつもネット申し込みの安い「海外旅行保険」に入っていく。
ところが、この保険には入れないことが判明。なぜなら「通院」しているから。
ドライアイで眼科にかかり、更年期でウイメンズクリニックにかかり、直前には足をひねって整形外科にもかかっている(モロッコのときはどこも悪くなかったのに…)
たいしたことはないが通院しているのは事実。嘘をついて加入しても保険は降りないだろし、外資の割高な保険になら入れるが、それもムカツく。
あれこれと探した結果、「たびほ」を見つけた。この保険は加入条件に「通院」の項目がないのだ。
この「たびほ」では、一般にリスクの低いとされる49歳までは割安になる。通院しまくりの私のほうが健康なオットより保険料が安かった(笑)



▪️薬とサプリメントの持ち込み
オセアニア方面は防疫上の観点から、薬や食品などの持ち込みがめちゃ厳しい。オーストラリアは有名だけど、ニュージランドも事情は同じ。
私は「処方薬」を持っていかねばならないし、結構ハードな旅程なのでアリナミンやら栄養ドリンクも必須だ。(サプリメントは食品扱いになる)

これらは入国カードの該当欄にチェックして、正直に「申告」しなければならない。申告しないで見つかると、その場で400$の罰金を課されることもあるという。

食品関係は、生物や種関係、卵を使ったもの系がダメらしい。カップ麺、マヨネーズはNGらしいが、禁制品の明確なリストはない。つまり現場のオフィサー次第。ダメだと判断されると没収される。でも、マカロンを液体だと言い張ったイタリアのオフィサーよりはマシなのかな?と思いたい。

また、新品ではないトレッキングシューズがスーツケースに入っている場合や、同じく新品ではないAGUなどブーツなどもチェックされる。「土」の持ち込みに神経を使っているご様子。ブーツは少し迷ったが私は持っていかなかった。

入国カードは機内で配布され、ニュージーランド航空は機内のタッチパネルで書き方を見ることができる。

心配だったのはウイメンズクリニックで出してもらっている「睡眠導入剤」のマイスリー。
更年期なので寝つきが悪いときだけ飲むようにしているのだが、なんとこれが向精神薬だという。そう聞くと怖くなるが、マイスリーは結構多くの医師が処方している薬だ。
調剤薬局の方が問い合わせてくれたのだが、マイスリーは自分が使う分くらいなら大丈夫とのこと。

英語の処方箋が必須だというので、主治医に頼んでみたが、「そんなのいらないよ。絶対大丈夫。これまで書いたことない」と言われて書いてもらえなかった。
持っていくのやめようかな?とも思ったが、もし眠れないと辛い。そこで「くすりのしおり」で、処方薬の英語版をプリントアウトして、日本語の処方箋とともに持っていった。

手荷物にするか迷ったが、機内で服用するものを除き、処方箋、英語説明文とともにジップロックにひとまとめにしてスーツケースに入れておいた。
スーツケースはランダムチェックされることもあるというが、もし開けられても、ジップロックにマジックで英語の薬剤名とprescriptionと書いてあれば確認も早いのではないかと思ったのだ。

入国に際しては、パスポートコントロール、その後入国カードをもとに検疫検査があり、そこを出てから機内預かりのスーツケースをピックする。(日本だと本人とスーツケース一緒に検疫)

入国カードには、any foods とmedicineにチェックを入れていたが、ビタミンサプリメントと、マイメデイスン、といったら予想通りスルー。どんな薬なの?処方薬?と聞かれたら答えようと思っていたが、聞かれなかったので余計なことは言わない(笑)

結果として主治医の言う通りだったが、絶対大丈夫とは言えないので、私としては無申告はオススメしない。

オークランド空港では国内線に乗り換えねばならななかったので、さっさと通してくれて助かった。

       

    

重いのにミネラルウォーターを持っていく人もいるみたいだが、ニュージーランドは水道水が飲める。というか、テカポの水道水なんかは「六甲の美味しい水」より美味しい。
500mlペットボトル飲料は3.5ドルから7、8ドルくらいするので、節約したい方は空のペットボトルを持参されるとよいかも。


▪️ネット環境
事前に調べたところホテルもWiFiは有料だったので、私たちは念のため成田でグローバルWiFiを借りていった。ニュージーランドは、4G LTEで、1日あたり1270円。1台を複数人で使用可能で、行きに成田で借りて帰りに返却するシステムだ。

・・・のだが、蓋を開けてみたらどこのホテルも無料!この時代だし、HPの情報が古かった?
しかし、テカポのホテルはコテージタイプ。フロント棟から少し離れている私たちの部屋はフリーは繋がらなかったので結果オーライだった。
ただ、ロビーにいけばいいだけの話だけど。

仕事で絶対繋がらないと困る!という方は借りていったほうがいいかもしれないが、正直、私自身はそれほど必要性は感じなかった。





 

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/06/24 Sat. 22:25 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top