Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

02« 2017 / 03 »03
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ティツィアーノとヴェネツィア派展に行ってきた! 

ちょこっとさぼっておりましたが、、、
生きております。。。


そしてそして、東京は桜の開花宣言!🌸
ということで、開催期日の迫っているティツィアーノとヴェネツィア派展に行ってきた!

OI001366.jpg 

OI001365.jpg 
東京の満開予想は4月1日〜2日で、ちょうど週末。
上野近辺もすごい人になりそう。


とはいえ、寒い日が続いていて、上野の🌸もまだまだ咲き始めたばかり。
OI001376.jpg 



さてさて、わたしのなかでは、ティツィアーノといえば、
ウフィッツィ美術館所蔵の「ウルビーノのビーナス」
Venere di Urbino 
このエロさ、この肌、この髪、この赤の使い方!

しかし、残念ながら今回は来日ならず・・・
もう一回、観たかったなぁ!

さて、この特別展示では、ローマ、フィレンツェと並んで、ルネサンス美術の中心地として輝かしい発展を遂げてきたヴェネツィア派の絵画と、ヴェネツィア美術界のみならずヨーロッパにまで広く影響を与えたティツィアーノの作品を時系列的に観ることができる。

今回の音声ガイドのナビゲーターは別所哲也さん。

見所はやはり、初期の代表作「フローラ」と、日本初公開の「ダナエ」だろうか。
flora.jpg 

花の女神「フローラ」はティツィアーノが25歳の作品で彼の出世作。
純白の衣装は実はこの時代流行っていた下着で、しかも片方の乳房はむき出し。他方でフローラの顔は聖女のような純真で、純白の下着は花嫁衣装のようにもみえなくもない。よくみると結婚を意味する指輪もはめている・・・
フローラのなかには聖と俗が混在している。
先日放映されたNHKの日曜美術館では、これはヴェネツィアの高級娼館のポスター的なものだったのでは?と言っていたが、真相はいかに?


続いては「ダナエ」
 Danae 
この絵もティツィアーノらしく、エロさ全開。それでいて下品ではない。

「フローラ」で一躍セレブたちの人気画家となったティツィアーノだが、当時セレブたちは特にヌード画を欲しがったという。当時は宗教の厳しい戒めに縛られていたため、画家は神話にかこつけなければヌード画は描けなかった。神話にでてくる人やら神やらは、たいがい裸族だから。
裸族といえば、最近友人がそうだと知ってちょっと驚いてしまった・・・

それはさておき、ティツィアーノという人は、こうしたニーズを的確にこたえる能力に長けていたのだと思う。
セレブなクライアントは、実は宗教画や神の絵がほしいのではなく、寝室に飾り、ときおり、密かに仲間うちに自慢できる絵を欲しがっていたのだ。

この絵は、枢機卿アレッサンドロ・ファルネーゼが「ウルビーノのビーナス」よりもさらに官能的な絵が欲しいというオファーにこたえたものだという。
裸で横たわっていたヴィーナスよりもダナエのポーズはさらに扇情的。
ティツィアーノの長男は聖職についたいたため、この絵は長男が安定的な収入を得られるようにとの賄賂的な意味合いもあったのだという。
この絵を見た枢機卿の使者は、節句し「聖職者をも堕落させる・・・」と言ったとか(笑)

ギリシャ神話のダナエをモチーフにした絵は、様々な画家によって数多く描かれている。アルゴス王の娘ダナエは自分の子供が父親を殺すという神託を受けたため、父である王に塔に幽閉されていたが、黄金の雨に姿を変えたオリンポスの神ゼウスによって男児を身ごもってしまうというシーンだ。
ティツィアーノの絵では、黄金の雨は降り注ぐ金貨として描かれている。ダナエの顔は、枢機卿の愛人のものであり、金貨は「お金で繋がる男女の関係」を暗示しているとも言われている。


ガイダンスによれば、ミケランジェロやダ・ヴィンチなど、物を見て写生することこそが大事というフィレンツェ派と、ティツィアーノを中心とする色彩の豊かさと美しさを大事するヴェネツィア派は、ライバル心を持ちお互いを意識しあっていたという。
(ダナエは他に2点だるがプラド所有の後年のダナエ)をみたミケランジェロは、「ティツィアーノの色彩も様式も気に入ったが、ヴェネツィアの画家は最初にデッサンを学ばないのは残念だ」と言ったという。

ダナエのすぐそばには、ティントレットの「レダと白鳥」が。
ティントレットの作品は、構図や配色がよりダイナミックになっている。
Leda and the Swan 
ティントレットはティツィアーノに弟子入りをしたが、その才能に恐れをなしたティツィアーノに3日で追い出されてしまったという逸話があるそうだ。


かのヴァザーリをして、「天は彼にただひたすらその才と幸福のみを与えられた」と言わしめたティツィアーノ。
その言葉の通りに長命で、その豊かな色彩と幾重にも絵の具を塗り重ねて作る質感、繊細で素早い独特の油彩画法は、ローマ皇帝カール5世や教皇パウルス3世等々、時の権力者に愛された。

Portrait of Pope Paul III 

category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/03/25 Sat. 16:34 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

アカデミー賞受賞式2017 

ジムから帰ってテレビをつけると、ちょうどWowowで「アカデミー賞授賞式」を中継していた。
今年の授賞式は、かなり大統領を意識していた。

そして、最後の最後で大失態が!!!

オオトリの作品賞のプレゼンテーターとして登場したのは、
かつてのボニーとクライドこと、フェイ・ダナウェイとウォーレン・ビィティの二人。
fayedunawaybonyclyde.jpg 
フェイ、綺麗すぎるんですけど・・・!!!

だた、、、、往年の大スターもさすがにお年寄り感が・・・
fayedunawayan72.jpg 

アカデミー賞は、司会者もプレゼンテーターさえも、その封筒を開封するまで結果がわからないのだが、封筒を開けたウォーレンが、「あれ?」という顔をする。
待ちきれずフェイが「作品賞は、ラ・ラ・ランド!」と発表して、喜びに沸く「ラ・ラ・ランド」チーム。
監督、プロデューサーが感謝の言葉を述べ終わったところで、ステージ上が騒然となった。

oscars2017.jpg 

実は、、、
作品賞は「ムーンライト」だった。。。

会場も中継をみていた視聴者も「ウォーレン、やらかしちゃった!?」と思っただろうが、これはスタッフのミス。
ウォーレンに渡された封筒は、その一つ前の主演女優賞受賞者が書かれている封筒で、「ラ・ラ・ランド エマ・ストーン」と書かれていたために戸惑っていたのだった。どうしたものかとフェイに見せたら、彼女が発表しちゃったというわけ。
主演女優賞のプレゼンテーターのディカプリオから回収したものを、スタッフがそのままウォーレンに手渡してしまっていたらしい。
その時の絵面は、まるでダ・ヴィンチの最後の晩餐さながら。。。。

ここですかさずトランプから嫌味のツィートのひとつも来れば、
「全部、トランプが悪い!」ということで片付いたのに(*゚ェ゚*)



それはさておき、恒例のファション・チェック!
まずは、今年の主役といっても過言ではないエマ・ストーン
emmastone_givency.png 
写真映えはイマイチだけど、豪華な刺繍とレースで、
動くとフリンジが揺れてきらめく素敵なドレス。
ジバンシィのものらしいです。
大振りのピアスもドレスにぴったりだった。
相変わらず原色の人もいたけれど、今年はこういう中間色でレースと刺繍が多かったなぁ・・・


ニコール・キッドマンも中間色
nicolekidman_Armani.png 
着る人を選ぶアルマーニ。


原色派のレスリー・マン
大人しめの色味が多かったので目立ってた!
LeslieMannZac Posen 
鮮やかで豪華なタフタのドレスは、
プロジェクト・ランウェイの審査員もしているザック・ポーゼンのドレスだそう。


安定のヴァレンチノ・レッドのドレスは、
「エージェント・シールド」などでもおなじみのルース・ネッガ
ruthnegga_valentino1.png 



「Empire 成功の代償」のクッキー・ライオン役などをしているタラジ・P・ヘンソン
TarajiP_Henson.png 
ヘアスタイルからジュエリー、サンダルまでトータルでカッコイイ!
ファッションは、奇をてらわないのが一番というお手本かも。
一見、黒にみえるけど実は濃紺のベルベットで、アルベルタ・フェレッティらしいです。


ブラック・ドレスで素敵だったのは、
一昨年、主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン
brielarson OscardelaRenta 
中継ではほとんど上半身しか映らなかったけど、裾が特徴。
ウェディングドレスでも有名なオスカー・デ・ラ・レンタ。

category: 雑談その他

thread: 映画関連ネタ - janre: 映画

2017/02/28 Tue. 10:34 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

伊勢に行ってきた!〜その3 伊勢神宮内宮と神馬のお尻 

さて、お腹もいっぱいになったし、伊勢神宮内宮へ、いざ!
内宮は、皇室の祖神である天照大御神が祀られている日本で一番格式の高い神社なんだとか。

しかも、開運上昇のパワースポット!!!
OI001276.jpg 

OI001299.jpg 

五十鈴川にかかる宇治橋を渡って、まずは正宮へ。
正宮は外宮同様、撮影はNG


6iuh5mH5fSiMQqk1487383308_1487383331.png 

この日は珍しく人出が少なかったので、全く並ぶこともなく、正宮、荒祭宮、子安神社、風日祈宮の全て参拝することができた。

ここにくるまでは、「とにかく金運、何がなんでも金運、10億当たりますように!」
「それと、身体もガタがきているので、それも治してください!」とお願いしようと思っていたけど、、、、
鳥居をくぐったら、ふと、今もそれなりに幸せだし、感謝の気持ちを表すことで十分なのでは・・・という気持ちになった。

もしかして、浄化された???(笑)

出雲大社でも思ったけど、俗物の塊のような自分が清められた気分に。
こういうところがパワースポットたる所以なのかな?

OI001298.jpg 


ご神木
OI001281.jpg 

皆が触るのでテカテカ
OI001282.jpg 

勾玉池には錦鯉
OI001288.jpg 


そして、御厩に白馬ちゃん発見!
OI001278.jpg 


びっくりさせないよう、遠くからズームして、、、
美尻のドアップ!
OI001279.jpg 
おしっぽ、ふっさ〜〜〜


こっちを向いてくれないかな〜と思っていたら、
向いてくれましたよ。ハロー!
OI001284.jpg 

横顔もかわいい!
OI001285.jpg 


そして、なんとなんと厩から出てきてくれたではないですか!
さすが、神様のお馬さま。神々しい・・・
OI001287.jpg 

ということで、これにて終了。
浄化?もされたし、馬もみたし、海老もうどんもコロッケも食べた。
大満喫の伊勢の旅でした。

ただ、スケジュールはハードすぎた!!!
もうくったくた。
次は志摩の高級宿にでも何泊かして、もっとのんびりしたいです。。。。

category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 神社  パワースポット  旅行 
2017/02/20 Mon. 00:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

伊勢に行ってきた!〜その2 猿田彦神社とおかげ横丁 

伊勢に戻ってきて、次は猿田彦神社へ。

OI001296.jpg 
猿田彦大神は、「みちひらき」の神様。
これから何かをはじめようとしている人や、人生の岐路に立っている人に道を切り開いていく力を与えてくれるという。


神社内には、猿田彦大神の奥さんの天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祀る佐瑠女神社もある。
天宇受売命は、「芸能」の神様。
古事記では、天照大御神が、弟の須佐之王(すさのうのみこと)の乱暴な振る舞いに悲しみ、天岩戸に引きこもった際、その岩戸の前で踊り(ストリップ!)を踊り、岩戸を開けさせたのが、天宇受売命だという。芸能の神様だけあって、芸能人もよくお参りしているのだとか。
OI001268.jpg 


猿田彦神社の境内中央には、方位石があり、、、
OI001267.jpg 
「金運」、「仕事運」、「家庭運」、「人気運」など、それぞれ決められた方位の文字に手のひらを当てて祈願すると願いがかなうと言われている。

猿田彦神社のフェイスブックに、それぞれの願いの石の触り方が紹介されている。
一応、わたしも全部やっておいたわ(笑)



猿田彦神社から伊勢神宮(内宮)は歩いても15分くらいなので、ブラブラ。
その途中には有名な「おかげ横丁」がある。
OI001273.jpg 


赤福本店!
OI001272.jpg 
いつも混んでいて長蛇の列ができるそうだけど、この日はそれほどでもなかったかも。
というか、余裕で買えそうなかんじもした(笑)
わたしはツアー参加だったので、添乗員さんが皆の分とまとめて購入しておいてくれた。
4月には白い赤福も限定販売されるんだとか!


銀行も景観を損なわない作りでおしゃれ。
OI001271.jpg 

OI001292.jpg 


名物の松坂牛コロッケも食べた。
OI001274.jpg 


そして、、、謎のスヌーピーコラボ!
OI001275.jpg 
なぜにスヌーピー????
と思っていたら、江戸時代、お伊勢参りがしたくともできない人にかわって、犬にお金をもたせて代わりに行ってもらうことがあったのだそう。
昔のお伊勢参りは、とにかくお金も時間もかかった。江戸からだと軽く70万〜80万くらいはかかったというから、庶民にはそう気軽にというわけにはいかなかったのだろうなぁ。。。
犬の首輪にお賽銭や餌代の袋を結びつけ、それに「お伊勢参り」と書いておけば、旅人が犬を連れて行ってくれたのだという。
それでキティさんではなく、スヌーピーさんが働いているわけですな。


一応、猫もいましたけど、、、、お昼休憩中????
OI001293.jpg 


猫はお腹いっぱいらしいけど、わたしはお昼、まだなんです・・・
ここの名物は、「伊勢うどん」と「手こね寿司」らしい。

「伊勢うどん」は柔らか〜〜い極太のフワフワなうどん。月見や天婦羅などもある。
うどんそのものは温かいけど、おつゆが張ってあるのではなく、たまり醤油のような色のタレがかかっている。混ぜると真っ黒になるのでビビるけど、味は濃くはない。
OI001291.jpg 

手こね寿司は、酢飯にカツオのヅケが乗っかった丼。
OI001290.jpg 

どちらも捨てがたかったので、その二つが食べられるセットにした(笑)
さ、これでお腹も満たしたし、内宮を参拝しますよ。

つづく。。。

category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 神社  パワースポット  旅行 
2017/02/19 Sun. 17:07 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

伊勢に行ってきた!〜その1 外宮と石神さん 

「人生一度は伊勢詣で」
ということで、伊勢神宮に行ってきた!
OI001276.jpg 


新幹線も高速道路もなかった昔は時間もお金もかかったので、誰かが代表でいってくるとかといったこともあったらしい。それが今では、ありがたいことに伊勢詣での格安ツアーなんかもある。
私もそれに参加してきたのだ。
ただ、かなりハードスケジュールだけど・・・(笑)


伊勢は神様だらけ神社だらけ。なので、まわるのも大変。

朝も早くから伊勢神宮の外宮からスタート。
休日などは並ぶのも常なので、神宮会館でも職員の方が内宮の早朝参拝の案内をしてくれている。
参拝に一番便利な宿泊先はここなのじゃないかな?

一般にまず外宮からは回るのが習わしらしい。外宮、内宮どちらか一方ではなく、両方参拝したほうがいいのだそうだ。
外宮は食物、穀物を司る豊受大御神が祀られている。

参拝方法は「二拝二拍手一拝」で、鳥居の前では立ち止まり軽く一礼してからくぐるのが作法。

OI001200.jpg 

早朝は人が少なく清々しくはあるけど、なにせ2月なので手水が凍るように冷たい・・・
手水のやり方は他の神社と同じ。
右手でひしゃくを持って、水をすくい左手を清め、持ち替えて右手を清める。
次にまた持ち替えて左手に水をすくって口をすすぎ、左手をまた清め、次の方のためにひしゃくを垂直にして柄の部分を清める。

これ、モロッコで教わったイスラムの「ウドゥ」にちょっと似てるのよね・・・
ひしゃくはないけど、イスラムでも両手を清めて、口をすすぎ、両耳と足を清めるのだ。


正宮は撮影禁止。神様はフラッシュがお嫌いらしいとのことだが、フラッシュを焚かなくても撮影はNGです。
正宮は、個人的なお願いごとはせずに御礼をいう場とされているらしい。

個人的なお願いごとは、外宮では多賀宮や土宮で。
OI001198.jpg 



外宮から移動し次にやってきたのは、磯部・伊雑宮。別院とも言われている。
この日はいわゆる小春日和で、ここにくるころには暖かくなっていた。
というか、暑いくらいに気温があがった(笑)
kO4a3LK5Fr60FHS1487337108_1487337157.png 
倭姫命(やまとひめのみこと)が伊勢神宮へ奉納する供物(神饌)をとるところとしてふさわしいということで建立されたとのこと。
倭姫命(やまとひめのみこと)は、天照大御神を伊勢の地に祀った皇女で、天照大御神は、ご存知皇室の祖神。古事記の「天の岩戸の神隠れ」でも有名で、太陽を神格化した神様とされる。

エジプトにも太陽神がいるけど、イシスも女神だったりするよね。。。

OI001212.jpg 

御神田
OI001237.jpg 
いわば、天照大御神専用の田んぼ。
鳥居の向こうに立ってる棒が御神体のある場所らしい。



伊勢からバスで約40分。。。
やってきたのは、鳥羽市にある神明神社
OI001243.jpg 

鳥羽からの公共交通機関は、かもめバス鳥羽・国崎線で、「相差」という停留所下車。鳥羽からも40〜50分くらいかかるらしい。
このバス停からも駐車場からも、車の通れない道を10分くらいてくてく歩いていく。

OI001263.jpg 

ここの「石神さん」は、昔から地元の海女さんたちの間で、
「女性の願いを一つ叶えてくれる」神様として有名なんだとか。
OI001247.jpg 

ピンク色の祈願用紙が置いてあり、それに名前とお願い事を一つ書いて願い箱に入れ、祈願するシステム。

願い事はたくさんあれど、、、ブレませんよ、わたしは。(笑)
男性の方は、奥さんとかお母さんの願い事を代理でお願いするとよいそうです。。。


神社内には、「君が代」にでてくるアレもあった・・・!!!
OI001258.jpg 


石神さんへの道すがらには、小さな梅園や、漁師さんが営む民宿もちらほら
英虞湾が近いことから、牡蠣が激安!
悩んだけれど断念して青のりだけ購入した。
OI001264-2.jpg 

OI001265.jpg 


伊勢海老も食べた!
次はもっとのんびりな旅で、鳥羽に二泊くらいしたいな〜〜!!!
O910215-2.png 

つづく。。。



category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 神社  パワースポット  旅行 
2017/02/18 Sat. 19:14 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top