Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

無限の書 / G・ウィロー・ウィルソン 

Kindle版でも2800円もするので購入に躊躇した(*゚ェ゚*)

打ち身で足が腫れているので慰めも必要。
どこでぶつけたのかは覚えていないが、こんなに痛い時でも涙がでないドライアイって辛いなぁと思ったことは覚えている(笑)ドライアイ、辛いわ…
今では痛みが下に降りてきて歩くと足首のあたりが痛む。週末でなんとか治したいなぁ。

それにしても、Kindleには単行本も文庫もないので、Kindle版はもう少し値引きしてくれてもいいのに…

本書は一言でいうと、サイバーパンク版のアラビアンナイト。
といっても、よくある肉体的機械との結合的なモノではなく、思考的サイバーとでもいうべきか。
しかし、物語は素直で楽しく十分な慰めになる。

舞台は中東の架空の国。
ペルシャ湾岸のイスラム教の戒律が厳しい世界だ。
主人公は、そんなイスラム圏の砂漠に囲まれた専制都市”シティ"に生きるハッカーの若者アリフ。

アリフというのはハンドルネームで、英語でいうアルファベットのAに該当する。
父親は資産家だが、母はインド人の第二夫人だ。純粋なアラブ人ですらない彼に明るい将来はないが、ハッカーとしてはネット上で評価されている。料金さえ払ってくれれば、誰であろうと彼のプロテクションを受けられる。

油田の恩恵で銀メッキのメルセデスを乗り回す王子がいる一方で、水道設備すらない地区が混在しているこの国では、あらゆるブログ、チャット、フォーラム上で不平不満や困窮の言葉が検閲されているのだ。
数年前からその規制と検閲は異様なほどに強化され、<ハンド>と呼ばれて恐れられるようになった。

アリフは、貴族の令嬢インティサルと隠れて付き合ってたが、彼女に突然別れを告げられる。彼女は釣り合いのとれる家柄の男との結婚が決まったのだ。
失望したアリフは、彼女特有のパターンを認識するプログラムを開発してしまう。それをブロックさせれば、一切、インティサルがネット上でアリフを探すことのできぬようになるのだ。

そんな時、アリフは突然、<ハンド>にハッキングされる。
自分の追われる身となったアリフは、幼馴染のダイナを通じてインティサルからある本を受け取る。「千一日物語ーアルフ・イェオム」と金の文字で冠されたその古い写本は、幽精(ジン)によって語られたものだったのだ。
そして<ハンド>は、その人間が本来知るべきでない知識が隠されているという写本を狙っていた。
追っ手から逃れるため、アリフとダイナは異世界へ足を踏み入れるのだが…

tumblr_n94e2aZNQ31sy9gheo1_500.jpg 


本書は、2013年の「世界幻想文学大賞」を受賞しているというが、それには「アラブの春」が大いに関連しているのだろう。
アラブ世界に波及した現政権に対する抗議・デモ活動の発端は、ネットだったという。この物語でも、主人公のアリフはそれらの活動家たちをプロテクトするハッカーだし、アリフ自身も体制側の<ハンド>に狩られる身となる。

abu-dhabi.jpg 

また、アラブ世界といえば、アラビアン・ナイト、ランプの精などの幽精(ジン)だが、その「人ならざるもの」が微妙にネット社会とリンクしている。
別次元にいるジンたちは、通常人間には見えないということになっているのだが、主人公アリフもまた、アラビア語のAという記号に隠れ「見えざるもの」として活動しているというのも面白い。原題は、「見えざるものアリフ (Arif the Unseen)」なのだそうだ。

ジンや彼らの世界に関していえば、ブライアン・グリーンの「隠れていた宇宙 」の多元宇宙論を思い出したりもした。三次元の世界で進化をしてきた我々は、それより高次元のものを見ることはおろか、イメージすることもできない。
物語の中で、老師様が「人の心はなんらかの形で存在するものしか想像することはできない」と言っているがまさにそれだ。我々が見ることのできない次元に神もジンたちも生きているのかもしれない。

アラビアン・ナイト的な素敵さあり、多元宇宙的な広がりもあり、政治観、宗教観も織り交ぜてあってある。善悪がはっきりしているエンタメでありながら、そう単純でもない。なかなか有意義でイケてる小説だと思う。

 


 

category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: SF  中東  イスラム  単行本   
2017/05/27 Sat. 21:31 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン/ ピーター・トライアス 

あと2年で平成が終わり新しい元号に変わるらしい。
日本も変わるが、米国も劇的に変わりそう。トランプ次期大統領が何か発言するたびに、為替も株価も大きく動く。ほんと迷惑極まりない。
しかも主な発信手段はツィートで、内容のほとんどが「攻撃、挑発、自慢」だというから、始末が悪い。やるなら、自慢だけにしておいて・・・
アメリカが長らく座っていた世界の覇権国家の椅子から滑り落ちようとしているのは火を見るより明らか。これからの世界がどう変わっていくのかは誰にもわからない。

20150612-0386959.jpg 


さて、本書の舞台は「高い城の男」同様、第二次世界大戦で日独の枢軸国側が勝利した世界である。
アメリカ西海岸は日本の軍部によって統治され、「日本合衆国」となった。
主人公の石村紅功(ベン)は、帝国陸軍でゲームを検閲する任についている。
ある時、ベンは上官の六浦賀将軍から特殊な手段で電話を受ける。連絡係の体内に埋め込まれた”肉電話”だった。憲兵や特高に探知できない唯一の手段だ。将軍は、彼の娘のクレアが死んだため、自分に代わって葬式をあげてほしいという。
当の六浦賀将軍は少し前から所在がわからなくなっていた。その翌日、ベンの元に特別高等警察の槻野昭子がやってくる。
六浦賀将軍は、特高が調査中のあるゲームに関与している疑いがあった。そのゲームとは、「アメリカ合衆国」略してUSA。アメリカが戦争に勝った架空の世界を舞台とした反日的なゲームで、今やUSJ全体で人気を博しているという。
時を同じくして、ロスのアーケードではUSJゲームのハイ・ジャックが起こる。あらゆるモニターに、様々なバージョンのこの反逆的ゲームが流されたのだ。
ベンと昭子は手がかりを追って、"電卓バレー"へと向かうのだが・・・



本書の売り文句は、"21世紀の「高い城の男」"
フィリップ・K・ディックの「高い城の男」のオマージュというのだが、何もかもが違う。
SF小説というより、ラノベじゃないかなぁ?

第二次世界大戦で枢軸国が勝ったという設定は、「高い城の男」から、科学技術や義体などは「攻殻機動隊」、日本皇国の特高や憲兵、身内をも密告するという恐怖支配はスターリンの大粛清時代かはたまたオーウェルの「一九八四年」かと、ごった煮感が拭えない。
豪華な素材を手当たり次第取り入れてはみたものの、全く美味しくはならなかったという感じ…
若い読者層は、こういうのが好みなのだろうか?

ストーリー自体についても語る必要は感じないが、昭子のキャラは少しは魅力を持たせるべきだった気がする。
また、天皇を現人神として崇拝し、国家の精神的中枢とする「大日本帝國」そのままの日本が、アメリカの西海岸を「日本合衆国」として統治するというのは、私にはちょっと理解しがたかった。合衆国とは、独立した自治権を持った州が連携し治める国家だと認識していたのだが…。帝国主義とは相容れない。
それに、特高の昭子が、上官の将軍からの電話に「こんにちは、将軍」などといって出るかなぁ?特高フランクすぎ(笑)
かたや、軍人たちは集会で「血固め」の儀式とかやっちゃってるし(苦笑)

等々、瑣末なことはさておき、この物語の中の日本は、現代の我々日本人から見れば驚くほどに残酷で、乱暴で、滑稽で、全くもって支離滅裂だ。
だが、立場が違えば見方も違ってくる。自分がこうだと思っていても、他人からはそう思われないことも多々有る。韓国系の著者からみれば十分にそうなのかも・・・


  

category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/01/12 Thu. 19:42 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

高い塔の男 / フィリップ・K・ディック 

元旦にNHKでウィーンのニューイヤーコンサートを中継していた。
今年、この晴れ舞台を振るのはグスタボ・ドゥダメル。
私の友人が大ファンの指揮者だ。というわけで、彼女も大枚をはたいてウィーンに行き、その席に座っていたらしい。
帰国後、どうだったか聞いてみると、「全般的にまあまあ」だったらしいが、「美しく青きドナウ」が始まった途端、会場から失笑が漏れたという。
彼らしく、はっちゃけてパッション溢れる「美しき青きドナウ」だったのかも…。
隣の席のオジサンにどうしてなのか聞くと「所詮彼(グスタボ)は西洋人じゃないからね〜」と言ったという。(※グスタボはベネズエラ出身)

ちょうどこの本を読んでいた私。
「日本人もそうだけど、ドイツ人はそういうところ、あるよね〜」と相槌を打ったのだが、即「いえ、いえ、ドナウはウィーンの曲よ?」と返されてしまった。そうだったっけ…?

さて前置きは長くなったが、本書「高い城の男」は、第二次世界大戦でドイツと日本が勝戦国となった世界を描いたIFもののSFだ。名作なので、ご存知の方や既読の方も多いだろう。
昨年、「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」という本が話題になっていたが、なんでも「21世紀の『高い城の男』」との呼び声が高いのだという。(そういう触れ込みらしい)
私は出席できないのだが、今度の読書会の課題本にもなっているみたいだし、読んでおいても損はないだろう。ちょっと装丁は心配だが。(ガンダムやエヴァ臭くないといいけども。。。)
ともあれ、どうせ読むならついでにと、先に再読してみるかと思い読んでみたのだ。

そしたら、やっぱりええすなぁ。。。。
まず、訳が格調高い!
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をはじめ、ディック作品を手がけている朝倉久志氏の訳がいいのだ。ものすごく久しぶりに読んだのだが、その語彙力、その響き、本当に惚れ惚れ。
なんでもこれのドラマもあるみたいだが、この物語を堪能したいのであれば、絶対に本で読むべきだと思う。ドラマや映画には予算も時間もキャストにも限界があるが、想像力にはそれはないのだから。

この方とか菊池光氏などが訳された本を安易に新訳改定とかしないでほしいなぁ…
それにね、春樹さん、これはいいから(笑)確かにこの不思議感は春樹作品に通じるものもあるが、やっぱりディック作品にあの「僕やらネズミ」の春樹さん的ニュアンスは似合わない。

philip_k_dick.jpg 

言わずもがなで、中身もいい。
第二次世界大戦で日独の枢軸国が勝利し、世界はドイツと日本の二大国家が支配している。アメリカ西海岸は日本の占領下にあり、サンフランシスコの白人たちは、日本人に媚びへつらい生きている。
物語は、一見群像劇のような形をとって、それぞれに展開される。
太平洋岸通商代表の高官、田上信輔は、プラスチック技術を携えてはるばるスウェーデンからやってくるバイネス氏を迎えようとしていた。数年来日本はドイツ第三帝国から合成化学の技術援助を得ようと努めてきたがかなわず、優位にたつ第三帝国は貿易面で優位に立ち、テクノロジー面に至っては10年の差をつけリードしているのだ。
だが、バイネス氏は見かけ通りの人物ではないかもしれないと田上は睨んでいた・・・

他方、アメリカ民芸品の古美術商チルドンも悩んでいた。彼の取り扱い商品に偽物があったことがわかったのだ。
指摘したのは、ユダヤ系アメリカ人の工員、フランク・フリンクだ。フリンクの元雇い主は、業者を通してチルドンの店に偽物をおろしていたのだ。彼は同僚と独立を目論み、自分たちの元雇い主から金をせしめようとして、それに成功する。
これからは偽物ではなく、自分のオリジナルの作品を制作して売るために。成功すれば、元妻のジュリアナを取り戻せるかもしれないから・・・



一見、まとまりのない群像劇のようでありながら、様々なかたちで様々な「本物とまがい物」の問題が描かれる。ファンにはおなじみ、ディックのお気に入りのテーマだ。
また、登場人物たちは一様に「イナゴ身重く横たわる」という本に夢中になるのだが、この本は、連合軍が勝った世界を描いたものだ。つまり、物語のなかで、登場人物たちは虚構の世界に夢中になる。

そして、同じく全ての登場人物に共通するのが、易占い(易経)である。著者のディック自身もこれに凝っており、日常の行動方針として使っていたという。作中作の「イナゴ身重く横たわる」の作者も、易経によって作中の登場人物を動かしていた設定だったが、ディック自身もまたそれを用いて本書を書き上げたというのだ。ある意味において、易経こそが、本書の本当の作者であり、創造主なのかも。
だからなのかはわからないが、本書にはいわゆる「わざとらしさや作為性」がない。代わりにあるのは、哲学的なもの、もしくは形而上学的なもので、誰しもが時に思うその複雑性だ。

それとともに、ベネズエラ人指揮者に対する欧州人的見方ではないが、枢軸国、連合国いずれが勝とうとも、ユダヤと黒人の差別は変わらないんだなぁとも思う。

この歳になって読み直してみると、昔は感じなかったことも多く感じられる。
それはある種の諦観だったりもするのだが、バイネスが田上の苦しみに思いを巡らせ、心のなかでつぶやいた言葉はとりわけ沁み入った。
「たとえどの道を選ぼうと結果は同じだったとしても、我々は進んでいくしかない。
こうすればよかったという選択肢があったとしても、物には順序がある。
一歩一歩を選択していくしか結果を左右することはできない。」



 

category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/01/05 Thu. 20:29 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

ハリー・オーガスト、15回目の人生 / クレア・ノース 

今の記憶や知識を完全に持ったまま、もう一度子供時代から人生をやり直せるとしたら・・・
誰しも一度は空想し、望んだことだろう。
本書「ハリー・オーガスト、15回目の人生」は、そうした願望そのものの人生を生きる男の物語なのである。

Time-Tracking-Software.jpg 

本書の主人公、ハリー・オーガストは、1919年の冬、エジンバラ郊外の駅の公衆トイレで産み落とされる。その後は養父母に引き取られ、自分の実の父親の屋敷の使用人の息子として育つ。ある人生では幼くして投身自殺をとげ、またある人生ではほぼ天寿を全うした。
彼は、死んでも前の人生の記憶を全て持ったまま、また同じ年の同じ日に、同じ状況で生まれてくるという特別な能力の持ち主、"カーラチャクラ"だったのだ。
ハリーの他にもカーラチャクラは存在していた。彼らはクロノス・クラブという組織を結成し、「事の複雑さを口実に、傍観すべし」をモットーとていた。彼らは、同じ仲間を助けるとともに、時に残酷なやり方で、歴史や時間の流れを乱そうとするものを戒めてきた。
ハリーは、自らの「あり方」を解き明かそうとし、宗教、医学、生物学を次々と頼みとしてきたが、物理学を極めようとしていた人生で、同じカーラチャクラのヴィンセントと出会う。
しかし、ヴィンセントは、世界の終わりの元凶となろうとしていた。その手始めは、歴史の流れを守ろうとするクロノス・クラブを崩壊させることだった。そして、彼によって、まだ発明されるべきでないものが発明され、科学は加速的な進歩を遂げていた。その結果、世界は滅びようとしていた。
その終わりの日は、ヴィンセントが人生を繰り返す度に早まっている。
11回目の人生を終えようとしていたハリーは、クロノス・クラブからの伝言で、自分が彼を止めなくてはならないことを知る。
そこからハリーと、ヴィンセントの、世界の終わりを賭けた戦いが始めるのだが・・・

Kalacakra-Gold-Thanka-1024x720.jpg 

この小説のいいところは、単なるリプレイものではなく、スパイ小説的な展開へと大きく拡がっていくところにある。ハリーの個の問題だけでなく、ちんまりとしていないのだ。
こうしたことができるのも、死んでも前の記憶を一切合切持ったまま、同じ人生をスタートできるという発想ゆえ。生まれ変わりというと、即、仏教的な輪廻転生を思い浮かべてしまう私には、少々新鮮だった。

死んでもまた同じ人生がスタートする、全く同じであれば、それほど退屈なことはないが、上書きされ増えていく知識がある分、自分の対応も異なるし、他人の反応も違ってくる。全く同じということはない。ハリーの人生は、死や、何もできない幼少期を挟むことで一旦中断するものの、ある意味、延々と続いていく長い長い人生と捉えることもできる。

この本の後に、佐藤優氏の「大国の掟」を読んだのだが、彼は、その本のなかで、「現在起きていることは、過去に起きたことの反復現象だ」と言っていた。ただし、全く同じ形で反復されることはないそうだ。ここに歴史やインテリジェンスの面白さがある。
世界情勢の解き方とハリーの人生。全く異なるものなれど、ちょっと似ているかも…

と、話は逸れたが、ハリーの人生はそれぞれ異なるパワレル・ワールドなのだろうか、とか、じゃあ、1回目という起点はなぜ起こるのかなど、悶々としてしまうきらいもあるが、難しいことは考えずに単純に楽しむべし。


category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 文庫  角川  SF  英国 
2016/11/19 Sat. 12:45 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

人類再生戦線 / A・G・リドル 

連日メダルラッシュのリオ・オリンピック。
競泳の男子800m自由形リレーと体操では感動をもらった!
「(松田)丈志さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない!」とかドラマよりドラマなセリフや〜ん。しかも有言実行!
内村君なんて、団体では6種目フルでこなした上に、個人総合でも堂々の金だもんね。
チームメイト一人一人の頑張りがすごかった。
おめでとうございます。そしてありがとう!



ところで、ニュースの度に、何度も何度も繰り返し放映される素晴らしいパフォーマンスの合間を縫って読んだのが、本書「人類再生戦線」なのだ。「第二進化」に続く、アトランティス・ジーン・シリーズの第二弾なのである。
・・・んだけど、その「第二進化」をすっかり丸っと忘れていたので、思い出すのに少し時間がかかってしまった。最近は九九すらもヤバイ私…(汗)


本書は、かのオカルト・ミステリ雑誌「ムー」の愛好家ならお馴染み、"人類は宇宙人によって創られた説"をベースにしたSFである。
↓こういうヤツね。

どうでもいい人にとってはどうでもいいだろうけど、私は結構この手のものが好き。
人間のDNAの97パーセントが地球外生物の遺伝子コードであるとか、古代の遺跡になぜか宇宙船らしき絵が描かれているとか聞くと、想像も膨らむというもの。だからこういう小説もわりと好きなのだ。
バカバカしいと切り捨てるのは簡単だが、それはもったいない。
この小説の作者のようにこの手のオタクというのが、結構細かく調査も行い、理論武装もしているので、それに乗っかって「ロマン」を感じるほうが楽しい。

さて、本書は「第二進化」の続編なので、前提として一作目を読んでいることが前提となるのだが、簡単にあらましを説明しておくと、主人公は遺伝子学者のケイトと、元CIAのデイヴィッドの二人。
デイヴィッドは巨大テロ組織イマリ・インターナショナルが地球の人口を大幅に減らそうとする「トバ計画」の情報を掴む。イマリは劇的に人口が減ることによるボトルネック効果で、人類に「第二の進化」をもたらそうと目論んでいた。
その計画の鍵となるのがケイトの研究で、そのためケイトはイマリに狙われていたのだ。彼女は危ういところをディヴィッドに助けられる。イマリの計画を阻止しようと二人はイマリの研究所に潜入するが、そこで「ベル」と呼ばれる装置を見つける。それは、人々に疫病を発生させる装置だったのだ…

本書「人類再生戦線」では、その疫病が世界中に広がり人類は絶滅の危機にある。しかし、中にはその疫病を生き残る人もいた。イマリはその疫病を息抜き進化を遂げることができた人間で、軍隊を作ろうとしていたのだ。イマリを率いるのはドリアンだったが、彼の中にはアトランティス人兵士のアレスが宿っていた…
各国は疫病を抑え込むための新薬オーキッドを開発したが、その効果は日増しに薄れる一方。疫病は変異し、死者は増加していく。疫病に耐性のあるケイトと、アトランティス人の”チューブ”によって蘇ったデイヴィッドは、対策を練るが、次第にケイトの心の中にアトランティス人科学者の記憶が蘇ってくるのだった…
plague.jpg 

とまぁ、、、、まぁあらすじだけなぞると、荒唐無稽…(笑)
しかし、笑ってばかりはいられないところも多々あるのだ。

人類は確かに、"ある時爆発的に"進化を遂げたのだ。脳が発達し、道具や言語を操るようになった。
そして、歴史を知る手立てとしては、言語、物語、遺物などがあるが、神話に関しては各文化に共通で、人間には"二人の始祖"が存在している。インドではマヌとヤマ、ゲルマンにはマンヌスとユミル、古代ローマ人にはロムルスとレムス、古代ヘブライ人にはカインとアベル…
他に共通するのは、大洪水の話と、壮大な戦いの末に悪の存在を倒すというものだという。
また、ペストや黒死病といった疫病がもたらした世界の見方も大変興味深かった。疫病の流行は、強大な帝国の終焉させ、蛮族の優勢をもたらしたというのだ。
単なるキワもの話ではなく、このような”事実”がうまく物語に取り入れられていて、知的好奇心を満足させてくれる。

さすがは個人出版からスタートして、今やアマゾンレビュー(米国)が4000を超える人気小説になっただけのことはあると思うわ。CBSによる映像化の話も進んでいるそうだ。

一旦フィニッシュした感もあるのだが、三作目も近日刊行予定なのだとか。
如何せん、すぐ忘れてしまうので、なるべく早くお願いします〜!




  


  

category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 早川書房  文庫  SF 
2016/08/11 Thu. 21:12 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top