Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

07« 2011 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

トム・ロブ ・スミス 来日! 

『チャイルド44』のトム・ロブ・スミスが来日しますよ~!
なんでもレオ・デミドフ三部作の完結編『エージェント6 』のプロモーションだとか。

9月6日に丸善丸の内店で、トーク&サイン会があると知って、早速予約してしまった。
丸善の担当者の方曰く、本は9月1日に発売予定なのだけれ
z「多分大丈夫だと思うけど、予定なので確実なのは2日ですね」だって。
遅れないことを祈ります。頑張れ!新潮社。

9月6日火曜日 PM19:00から
定員は100名
要整理券ですが、電話予約ができます。

昨日の段階ではまだ大丈夫な感じでした。

詳しくは、丸善さんのHPでどうぞ。
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-maruzen_marunouchi.html#event

      tomrobsmith-independent.jpg
                         Photo by Independent

Independentの書評もなかなか。

残念ながら著者に会えないという方も、完結編『エージェント6』楽しみですね。





チャイルド44 上巻 (新潮文庫)チャイルド44 上巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス
商品詳細を見る


チャイルド44 下巻 (新潮文庫)チャイルド44 下巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス
商品詳細を見る


ロシアの連続猟奇殺人鬼チカチーロを題材にした迫力の冒険ミステリー。
スターリン体制下のソビエトでは、社会主義社会には連続殺人というものは存在しないことになっていた!
実際に何十人もの子供が殺害されているという事実があったとしても。
物語の上で重要な意味を持ち、のっけから極限状態の凄みの果てにあるかのようなプロローグは、誰かも言っていたようにこれ自体が短編として通用するほど。
ソビエトという国の真実にうならされる。これで処女作なんだもんなぁ!

グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)
(2009/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る


グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)
(2009/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る

未読の方は是非図書館ででも。
もう予約待ちしなくても借りられるのではないかな?


いつもありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: 雑記 - janre: 本・雑誌

tag: トム・ロブ  スミス    チャイルド44  丸善  サイン会 
2011/08/29 Mon. 16:33 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

今日からUSオープン! 

今日深夜からUSオープンテニスが始まるーーー!

N.Y.は目下、ハリケーン アイリーンが熱帯暴風雨化して大変な状態らしいけど、
USオープンのセンターコートには屋根がないのだけど…

ナダルは、調子はどうなのだろうか。
ウィンブルドンで痛めた足首は、その後やけどした指は、もう治ったのかな?

始まっちゃうのが怖いような、楽しみのような。


ところで、ナダルはアルマーニ・ジーンズのモデルをやってるけど、メイシーズでサイン会があったそうだ。
いいなぁ うらやましい!

     nadal-armani_jeans.jpg

しかし、ナダルとアルマーニってイメージどうなのよ?と思ってたけど、
カッコイイじゃん!!!
前のヤツより修正少なめ?
関連記事

category: テニス

tag: テニス 
2011/08/29 Mon. 08:03 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

アンダー・ザ・ドーム / S・キング 

キングの新刊、でったーーーーー!!!
ヤットメヨタヨ

ところで、「著者あとがき」でキングはこう言っているのだ。「アクセルをフロアまで踏みっぱなしにする長編を書くのが、わたしの目標だった」と。
もともとこの人は、自ら認める登場人物のやたらと多い長編が特徴だけど、本書も、上下巻併せて1396ページ。しかも二段組みなのである。キング作品中、三番目に長い小説なのだそうだ。(長い作品ベスト10はこちら参照
でも、このボリュームもなんのそので、本当に最後までアクセルベタ踏みの面白さ。ブレーキなどキングの辞書にはない。
二日で一気読みしてしまった〜。
お風呂には当然のごとく持ち込み、ジムへも持参。車で信号待ちのちょっとの間も本を開きたい衝動にかられた。



さて、さて、前置きが長くなったが、物語の筋に移ろう。
舞台は、アメリカ、メイン州の小さな田舎町チェスターズミルである。スポーツソックスの形をした人口わずか2000人のこの町はハロウィンを控えたある日、突如として現れたドームによって囲い込まれ、外界と完全に遮断される。
その瞬間、ドームの境界線を飛んでいた鳥たちや飛行機、地上を走行していた車はこの障壁に激突し大破し、境界線上にいたウッドチャックや灌木、不幸にして境界線上にあった自宅の庭で草むしりをしていた女性の手首は、ギロチンが降りてきたかのようにすっぱりと切断された。
ドームの上空は、およそ1万メートル、地下にいたっては見当すらつかない。無色透明のこの障壁は、ごくごくわずかな水や空気、電波は通すものの、弾丸もミサイルによってでさえ破壊不可能。電気、ガス、水道といったインフラも遮断されてしまった。ドームの正体は一体何なのか。なんのためにそれは出現したのか?

人々はパニックに陥るが、この機に乗じて町を完全に自分のものにしようと考えていた男がいた。中古車ディーラーにして、第二町政委員のジム・レニー 通称ビッグ・ジムだ。ドーム出現以前からこの町の有力者であった彼は、自らの立場を利用して警察を支配下におさめ、恐怖政治をはじめる。
一方、町を出て行き損なった元陸軍兵士のバービーは、古巣のコックス大佐に連絡し、異常事態に対処しようとする。大佐の計らいにより軍に復帰したバービーは、大統領からチェスターズミルの司令官に任命されるが、外界と遮断された街にいるビッグ・ジムにとっては、もはや大統領など怖くない。
もはやこの町は、ビッグ・ジムの手に落ち、アメリカの法律も秩序も良心すらも手出しできなくなっていたのだ。
その頃、町の天才少年、"スケアクロウ”・ジョーは、ドームを発生させていると思われる謎の箱を発見するのだが…


ドームによって閉鎖空間となったチェスターズミルは、ビッグ・ジム一派の悪意によって、日を追うごとに悲惨な状況となっていく。まさに「どこもかしこも血の海だ」なのだ。ビッグ・ジムに対抗するのは、バービーとその仲間たちである。
キング作品の例にもれず、本書も登場人物が多く、これらの群像劇は読み応えがある。が、彼らのそれぞれの物語は、次第に一つに収斂されていく。
物語の核となるのは、単純ともいえる善と悪の闘い。どちらが善でどちらが悪かはいうまでもないだろう。
独裁者とは、こうして閉ざされた混乱の世界に乗じて生まれるものかもしれないなぁ思う。チェスターズミルと北朝鮮やアフリカの独裁国のどれほどの違いがあるのだろう?そして、それはグローバル化によって小さくなった世界全体にも言えることなのではないか。「閉ざされている」という点では、地球だってそうである。
ドームの存在によって、チェスターズミルは短期間に秩序を失い、金星なみに生存が劣悪な環境に変わるが、ドームで起こった出来事は、地球がこれからたどるかもしれない出来事の縮刷版なのかもしれない。
そして、破滅にむかって突き進んでいく中であってさえ人間は歪み合うんでしまう。

ミルグラム実験でも明らかなように、人には確かに残酷の萌芽がある。(※ミルグラム実験については、こちらの記事もご参考までにどうぞ)
極端に閉鎖的な環境におかれたとき、人は意図せずして「残酷」になれる。悪いものはより一層悪く、そうでないものもそれなりに。
先ほどロンドンで起きた暴動に乗じ略奪行為に及んだ若者たちも、平常時には一応「普通」と表現してもよい若者たちだったかもしれない。げに恐ろしきは人間なりだ。

しかし、キングは、さらなる「恐怖」を用意しているのだ。それは、ドームの存在理由にある。
ドーム下で起こっているのは、人間同士による諍いで、確かに地獄絵図である。だが、それよりもゾクっとさせられるのは、観察を楽しんでいる者の存在だ。牧師のパイパーは、牧師でありながら密かに神を「そこにいないお方」として認識していたが、それは神と呼んでさしつかえないかもしれない。だが、その神は、人間のことを愛しいるわけでもないし、慈愛に満ちた目で見守っているわけでもない。「どうしてこんな酷いことをするの?!」という少女の叫びに、牧師は答えることができない。
他方で、あの希代の悪人ビッグ・ジムは、クリスチャンだったりするのだ。但し、教えは都合のよいようにカスタマイズされてはいるが。
このキングの宗教観は、なかなかシニカルで、面白い。

こんなにぶっ飛ばしてきて、ラストはどうするのだろう?と思っていたが、これがまた巧いのだ。


アンダー・ザ・ドーム 上アンダー・ザ・ドーム 上
(2011/04/28)
スティーヴン・キング

商品詳細を見る


アンダー・ザ・ドーム 下アンダー・ザ・ドーム 下
(2011/04/28)
スティーヴン・キング

商品詳細を見る


上下巻併せてなんと約6,000円!!!( ̄ω ̄;)
関連記事

category: ノワール・ホラー・サスペンス

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: スティーブン  キング    長編  閉鎖  恐怖 
2011/08/26 Fri. 14:30 [edit]   TB: 0 | CM: 5

go page top

すばらしい人間部品産業 / A・キンブレル 

さて、『すばらしい人間部品産業』とう本なのだが、タイトルの『すばらしい』は、かのハクスリーの
『すばらしい新世界』と同じ意味を持っている。
ハクスリーの描いた世界は、ユートピアではなくディストピア。両者の「すばらしい」という形容詞は文字通りの群を抜いて優れているとか好ましいという意味ではない。つまり、皮肉。
本書の内容も、ハクスリー描いた新世界に少しにているかも。

現代は、利潤と効率の時代だといわれる。血液、臓器、胎児、卵子、精子、人間の身体さえもパーツ化されて、それを”部品”として売り買いするばかりか、代理母として、その生殖機能までを売買されているのをご存知だろうか。パーツはさらに細かく分断され、はては遺伝子にまで商品化は及んでいるともいう。
自分のパーツを「売る」のは、その殆どが経済的に貧しい人々である。彼らにとって臓器を売って得る金額は、一生涯に稼ぐ金額よりも大きいのだ。
自分の店を持つ資金を得るために腎臓を売ったインド人男性は、「この値段なら片目か片腕を売ってもいいです」と答え、またある女性は、「私には売るものがそれしかなかった。自分の腎臓に感謝しています」と語る。
臓器移植ビジネスの問題は、第三国のみならず、日本でも人ごとではなくなってきており、先だって、やくざの組長とドナーが偽の養子縁組をして臓器売買を行ったというニュースは記憶に新しい。
近い将来、貧しい日本人が富める中国人のために腎臓を売る日がきたりして…

生殖ビジネスには、常に優生学がつきまとう。
現在の技術を用いれば、受精卵の段階で、男女の区別はもちろん、その子がダウン症か、深刻な遺伝病を持っていないかということがわかる。そのため、「異常」があると診断された場合は、堕胎するという選択肢もできてしまった。
治療法のない死に至る重篤な遺伝病のみならず、IQや身長が低いということでも「異常」と捉え、その子が生まれるのを望まないという人々もいるというのだ。なかには、肥満遺伝子を持つ子供を中絶するという夫婦までおり、子供をまるで返品のきく品物のように考えている人もいる。
誰しも、自分の子供には健康で、知能が高く、容姿にも秀でてほしい。しかし、どこまでこだわる必要があるのか。何が「異常」で何かそうでないか、この線引きは非常に難しい。
何より生殖ビジネスは儲かる。
世の中には子供を持つために、金銭に糸目をつけないという人も多いからだ。そこには強力な経済的な制約が生じる。
貧しい女性は再生不可能な卵子を搾取され、他人の子供のために腹を貸す。そしてせっかく妊娠しても、遺伝子検査によって依頼者夫婦の希望にそぐわない結果がでたり、依頼者夫婦の気が変わると、中絶を余儀なくされる。
代理母はある種「人間オーブン」にしか過ぎず、彼女に芽生え始めた赤ちゃんへの母性は無視される。代理母ブローカーは、出産後の面倒な裁判を避けるために、裁判費用が捻出できない貧しい女性を狙ってスカウトするという。
このままもっと突き進めば、まさに『すばらしい新世界』だ。
この新世界では、人は単なる動く機械にしかすぎない。もはや自然妊娠によって生まれる人間はなくなり、無菌シャーレの中で受精し、遺伝子検査の結果如何では、この世に誕生することもない。現実はSFに近づきつつある。そしてそのSFの新世界は悪夢でしかない。

また、興味深いところでは、パルテノジェネシス(無性生殖)にも少し触れられていた。
無性生殖は、1944年にドイツで報告例が見られるという。母親は首尾一貫して男性と交渉を持った事はないと主張し、検査もそれを裏付けていたにもかかわらず、母親と全く同じ指紋、血液型、身体的特徴を持つ女児を出産したとのだという。第二次世界大戦中のことであり、医師は爆撃のショックにより、彼女の子宮内の体細胞に何らかの刺激が加わって、無性生殖を引き起こしたのではと考えたらしい。
19世紀の研究者は、パルテノジェネシス技術に夢中になり、それは、今日のクローン化技術の第一歩となった。「もはや生殖に男性は不要」という見出し目にしたのも、記憶に新しい。
96年、ウィルムットは、成体の羊の乳腺から取り出した細胞の核を、未受精卵に移植したものを代理母に着床させ、仔羊を誕生させることに成功した。
ただ、羊のドリーの例にもれず、クローン化の影には数えきれないほどの失敗が隠されている。そして、ドリーが急速な老化を原因とした症状で死んだのもまた事実だ。
人間は動く機械なのだ、といいつつも、その仕組みはまだ完全にはわかっていないし、生命の誕生についてはまだ謎に包まれている。これは、原子力をコントロールできないのに、原発をばんばん建設してしまった状況と少々似ている。

我々は、いつから自分たちの身体まで商品として扱いはじめるようになったのだろう?
著者はその萌芽を、ガリレオとアダム・スミスに見出す。ガリレオの大罪は、それまでの宗教の創世記的価値観をひっくり返し、「人間を動く機械」として見始めたということであり、スミスの罪は、今の暴走とまらぬ「市場原理主義」を生み出したことである。
この先は、もっと経済格差は広がり、中流階級は没落していくことだろう。一握りの超富裕層は、国をも凌ぐ富を持つようになる反面、大多数の人間は貧しさにあえぐようになるかもしれない。先行きは暗く、市場原理主義は既に限界にきているような気もする。
前世紀、科学は驚くほどの進歩を遂げた反面、研究者たちはモラルよりも自らの能力の証明を優先させたがった。そして、科学と経済は強力なタッグを組んで邁進した。本来そこには、倫理観や社会道徳がなければいけなかったのにもかかわらず、私たちは立ち止まって考えるということをしてこなかった。このまま放置すれば、必ず未来はディストピアになるだろうと著者は警告している。
今の時代、大学で哲学を専攻しても就職先を見つけるのに苦労するだけだろうが、逆に今のこんな時代こそ、一見役に立ちそうにない哲学や文学は必要なのじゃないかと改めて思ってしまう。
「国立大学に文学部なんて金の無駄だから、なくしてしまえ」と平然と言うエコノミストもいるが、金儲けだけに特化することが良いことだとは思えない。

どうすれば、この人間部品産業の暴走は食い止められるのだろうか?エホバのように極端に輸血をも禁止してしまうほかないのだろうか。
しかし、そうしなくても私たちは人間の身体、命の尊厳を取り戻せるのだと著者はいう。それは、無償供与と共感という考え方だ。
我々は一度立ち止まり、古きものの考え方に立ち返るべきなのかもしれない。命を目の前にした時、私たちが直感的に感じる「尊厳や畏怖の念」は、キリスト教やユダヤ教が伝統的に教える「目的に対する手段として人間を扱ってはいけない」という教えと符合するのだという。
宗教こそが世界を救うとは私は思わないし、宗教は時として災厄であるとさえ感じるが、こういった道徳については、確かに評価できると思う。ただ、著者は敬虔なクリスチャンなんだろうなぁ…。
人間を考えるときに、その肉体面のみを考えるのではなく、精神と肉体という二元論で捉えていくべきだという考え方にも共感できる。

本書は、前半かなりの部分を割いて、バイオテクノロジーと市場主義がもたらしたおぞましい人間部品産業の現実を明らかにするが、重要な部分はむしろ後半にあると思う。問題提起的な本の大概の例にならわず、具体的な施策まで明記しているのも評価できるだろう。
ただ、強欲資本主義=人間の欲望というものは手強い。もしも、この施策がアメリカで法案化されたとしても、人間部品産業の暴走は止まらないかもしれないな、などと思ってしまう。



すばらしい人間部品産業すばらしい人間部品産業
(2011/04/15)
アンドリュー・キンブレル

商品詳細を見る


関連記事

category: ポピュラーサイエンス

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 福岡伸一    すばらしい新世界  人間部品産業  ディストピア  臓器移植 
2011/08/22 Mon. 18:40 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

バカンスの終わり 

お盆休みを夫の母の実家で過ごしてきた。

今どき珍しいくらいの田舎なので、時間を持て余すにちがいない、などと思い(←失礼なやつ)スーツケースに本を詰めていったのですが、

     kako-rbVCAW0we8ilRnlZ_convert_20110819101731.jpg

しかし、これが、全然読めなかった!

持っていったのはこれらの本。
下の分厚い二冊はピンチョンの『逆光』
だいぶ前に、大枚はたいて買ったのに、本棚の肥やしになりつつある...
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


高い本ほど、オブジェ化する気がする…

Y隣堂のカバーがかかっているのが、ラーシュ・ケプレルの新作『契約』で、結局これしか読めなかった。
感想はまた後日書きますが、第一作目に比べると、ちょっとね…という感じ。

そして、読まない本のせいで…
なんと空港で荷物の追加料金もとられてもーた!!!

「逆光」の重さのせいだな。

  kako-zE44xVNoZQ1CCW2n.jpg 
     by 浜辺のカニさん

旅慣れてないので、化粧水なんかも詰め替えせずに瓶ごともっていったりしてるので、
本だけの問題じゃなかったかもだけど、国内線の荷物制限キビC

まぁ、でもよい休暇をすごさせていただきました。
田舎っていいですね。たまのことだからいいのか、都会っ子だからそう感じるのかは分からないけど、
リタイアして田舎暮らししたいという人がいるのも納得できる。

関連記事

category: 未分類

2011/08/19 Fri. 11:30 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

RSSリンクの表示

リンク