Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

11« 2014 / 12 »01
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

デビルズ・ピーク / デオン・マイヤー 

皆さま、どのような年の瀬をお過ごしでしょうか?
私は、大納会も、美容院も、大掃除も、買い物も珍しく全て済ませたので、読書スピードもアップ。
捗る。捗る。

  20141231015.jpg
今年最後の本は、横浜読書会を通じていただいた『デビルズ・ピーク』である。

うぉ〜〜〜〜デオン・マイヤーですよ!

集英社クリエイティブさま、有り難うございます!
600ページを超えるボリュームなので、さすがに一日で読むのは難しいかなと思ってたら、なんと読めてしまった。

deonmayer.jpgデオン・マイヤーは世界でも指折りのミステリ作家だと言われている。
見た目はちょっとワイルドなおっちゃん。

少し前までは、「南アフリカのコナリー」とも言われていたが、
はっきり言って最近冴えない御本家よりも断然上(だと思う)

本書もマルティン・ベック賞を受賞していたりと評価も高い。

ただ、日本ではいささかツイてなくて、日本初登場の『流血のサファリ』 は、
版元が倒産の憂き目に…。その続編ともいえるレマーシリーズの『追跡者たち』はハヤカワから刊行されたものの、なぜかデオン・メイヤーに変更されてしまう…。
しかも、前者はおそらくは倒産間際という版元の社内状況のために、後者はハヤカワであるがために、翻訳のクオリティがあまりよろしくない。
かねてから、もったいないなぁ!と思っていた。

なので、集英社文庫から出てくれてとても嬉しい!超ウレシイ!
しかもデオン・マイヤーに戻ってるぅ。
デオン・マイヤーは警察小説やハードボイルドにウルサイ人にこそ読んでもらいたい。
う〜〜〜ん、いつか機会があったら読書会もやりたいなぁ…。

SouthAfricaWesternCape.jpg舞台は灼熱の南アフリカ、西ケープ州。物語はマイヤーお得意の三人の人間の群像劇から始まる。
アルコール依存症の警部補ベニー・グリーセル。
愛した女の忘れ形見の息子を強盗に殺されたコーサ族の男トベラ・ムパイフェリ。
牧師に自分の罪を告白する娼婦クリスティーナ。
彼らは三人三様に苦しみを抱えている。

ベニーは腕の立つ刑事だが、南アの犯罪者と警察官がおかれた現状に打ちのめされ、酒に溺れている。南アにはたかが携帯や20ランドにも満たない指輪欲しさに老女を殴り殺すような輩が掃いて捨てるほどいる。正しいことを信じて日々、必死に働けば働くほど期待を裏切られるのだ。しかも黒人優遇策の影響もあって、白人のベニーは40歳だというのに警部補どまり。飲酒癖はエスカレートし、「6ヶ月かけてお酒か家族かを選んで」と、ついに妻から最終宣告を突きつけられる。家を追い出されてしまう。

トベラもグリーセル同様「物事は正せる」ということを信じていたが、裏切られ失望していた。もはや、南アの司法制度を信じることはできなかった。何の罪もない息子が無惨に殺されたというのに、その裁判ではこともあろうかトベラの経歴にばかり焦点が当てられた。トベラはロシアや旧東ドイツで専門訓練を受けた"民族の槍という組織の兵士だったからだ。その上愚かな警察は容疑者の逃亡を許してしまったのだ。こんな馬鹿げたことを受け入れるわけにはいかなかった。あまつさえ、死刑制度は廃止されたというのに、裁かれることもなくのうのうと暮らし、また犯罪に手を染める者もいる。犠牲者を見捨てる仕組みの国では、誰かが断固たる態度をとらなくてはいけないのではないか?誰かが「もうここまでだ」と言わなければならないのではないか?
息子を殺した容疑者を追うなかで、トベラは「赤ん坊をレイプした男」に出くわす。アフリカではエイズは清らかで汚れの亡い赤ん坊と交わることでエイズが治ると信じている者があるのだ。彼の中で「やるべきこと」が繋がっていった。それが"アルテミス"と呼ばれる殺人者誕生の瞬間だった…。

他方、娼婦のクリスティーナは、牧師に「自分がなぜ娼婦になったのか」を話はじめていた。そして、「どのような罪を犯したのか」を…。

 Rand 仕事に疲れきり、家庭が崩壊した刑事というのは、もはや警察小説定番の主人公といっていい。疲れた身体を引きずるように陰惨な事件と対峙し、どこかタガのはずれた犯人を追いつめるというのは、既にパターンにもなっている。これを踏襲すればそこそこの警察小説に仕上がるし、ちょっと気のきいた社会問題に絡めておけば傑作になることだってある。とても便利なパターンではある。

だが、デオン・マイヤーにはそんなものは必要はない。本書の主人公ベニー・グリーセルもよくいるタイプの刑事には違いないのだが、マイヤーの手にかかれば、やはりひと味もふた味も違うものに仕上がる。

訳者も言及しているが、三人の物語が一つに収斂していく様は悪魔がもっている三つ又の槍のようでもあり、タイトルの「Devil」にも通じている。そして、ベニー、グリーセル、クリスティーナの三人は、いずれもそれぞれの理由で神を信じられなくなっている。
刑事であるベニーとアルテミスたるトベラの繋がりは、大方の予想通り。犯人は最初から明かされているわけだが、これにクリスティーナがどう絡んでいくのかは読みどころの一つだろう。これは読んでのお楽しみ。
また、アルテミスの武器が槍(アセガイ)であるというのも象徴的だ。象徴的ではあるが、しかし演出の行き過ぎ感がないというのもいいと思う。
原題も同じく『Devil's Peak』だが、読み様によっては『Devil Speak』ともとることができると訳者は指摘する。彼らにとっての悪魔とは何か、神とは何かがテーマになっているともいえる。そしてただ単に悲惨で救いのない物語に終わらせないのが、デオン・マイヤーの素晴らしいところだと思う。




デビルズ・ピーク (集英社文庫)


デオン マイヤー (著), 大久保 寛 (翻訳)
集英社 (2014/11/20)





ということで、
今年も一年お付き合いいただき、有り難うございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
関連記事

category: クライム・警察・探偵・リーガル

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  警察小説  南アフリカ  社会派 
2014/12/31 Wed. 01:37 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

2312 太陽系動乱 / キム・スタンリー・ロビンソン 

ふぉッ、ふぉッ、ふぉッ!
なんか妙な笑いがでちゃうわ〜〜〜

夫、インフルでダウン…
なので私は一人で粛々と大掃除をし、合間に病院に連れて行き、オットの分の年賀状を刷り(←今頃???)買い物も済ませた。
ようやくのことで一段落し、我が唯一の含み損の株をみてみると、
暴騰してるぅ〜〜〜〜!!!
購入単価は約590円だというのに、買ってすぐに連続S安のナイアガラが続き、気がつくと370円にまで下がってしまっていた。この時点で長期覚悟の塩漬けの決定…。
さすがに年内は無理だろうと思っていたけど、なんとなんと土壇場で復活した!もちろん今度は利確しましたとも。
その反動なのか誰かさんのインフルがうつったのか、なんか熱があるんだけど、そんなことはどうでもいいや。
損切りしなくてよかったぁ〜〜〜!



2312 太陽系動乱〈上〉 (創元SF文庫)
2312 太陽系動乱〈下〉 (創元SF文庫)

キム・スタンリー・ロビンスン (著), 金子 浩 (翻訳)
東京創元社 (2014/9/20)





さて、本書は「あたぽん」のビブリオバトル頂上決戦で名古屋読書会の方が紹介してくださった本。(あ、「あたぽん」というのは、今年の秋に行われた熱海でポン!という名の名古屋、横浜、千葉読書会の合同合宿のことです)
舞台ではその方は既に泥酔状態だったため、どんな話なのかはさっぱりだったけど、ずっと読みたいと思っていた。いただいた本も含め積読本は何冊も溜まっているけど、これは年内になんとか間に合ったな。
タイトルからわかる通り、未来が舞台のバリバリのSF。著者はネビュラ賞などの常連さんで、本書で3度目のネビュラ賞を獲得している。

2312 01昨日だったか、ビートたけしの番組に17年間火星で暮らしていた!というキャプテン・Kという人が出ていたが、作品中の24世紀、人類はその生活範囲を太陽系にまで拡大している。
2014年の今現在も地球は人口爆発や環境破壊を引き起こしているが、近未来、人類はそれらの問題に対処すべく宇宙へと飛び出したのだ。長寿化技術とテラフォーミング技術の進歩によって、まずは火星、続いて水星、木星、土星への入植がすすんだ。大量に移民した人々は、わずか二世代で複数言語共同へと融合を遂げ、地球や他の星とは異なる独自の政治体として確立していった。
スペーサーと呼ばれる彼らが豊かな生活を満喫する一方で、地球は相変わらず100億人という人口に苦しみそのうちの30億人は日々の食料にさえ事欠き、段ボールで寝起きするという悲惨な生活を強いられている。革新的技術を享受し、発展を続けているスペーサーたちと地球人との間には深刻な政治的対立が生じていた。
そんな時、水星の大物政治家アレックスが急死する。アレックスは、水星木星土星の連合で、地球との関係改善のための"モンドラゴン協約”のリーダーでもあった。
惑星間警察の捜査官ジュネットと土星連盟の外交官ワーラムはアレックスの孫娘スワンを訪問する。アレックスは191歳だった。長寿化が進んだ時代にあっても高齢だ。彼らが訪問したのは、そんなアレックスが孫娘のスワンに何か遺言のようなものを残していないかを尋ねるためだった。
果たしてスワンはアレックスの遺言を見つける。スワンはキューブと呼ばれるAIを頭に埋め込んでいたが、アレックスはキューブに殊の外注意を払っていた。アレックスはスワンに封筒を木星の衛生イオのワンという人物に届けてほしいと残していた。
イオに赴き、地球を経て戻ってきたスワンは、水星の周囲を周回する移動都市ターミネーターで、土星連合の大使ワーラムとともに隕石の衝突に巻き込まれてしまう。
スワンとワーラムは辛くも命をとりとめるが、ターミネーターは壊滅状態。しかもそれはキューブによる偶然を装ったテロと疑われたのだった…!

これね、「あたぽん」のビブリオでは、
水星のテロというアクシデントに絡む一種の推理小説で、そのサイドストーリーとして女っぽい人と男っぽい人がムフムフなるというものと聞いていたのだが、なんとその通りなのである。
女っぽい人、男っぽい人というのは、ご想像の通りの両性具有。未来では特にスペーサーと呼ばれる人々はその多くが、長寿化とともに両性化の処置を受けている。
なので、アレックスの孫娘スワンもワーラムも両方持ってる。しかし、ロマンスかというとこれがかなり微妙。スワンはまぁ中国系のすらっとした美形らしいが、ワーラムはヒキガエルのような容姿だし、少々お下品なお話をすれば、「2つの鍵に2つの鍵穴」なんだもん…。ロマンチックを感じるのは難しい。
おまけにスワンもワーラムも共に100歳を超えており、お互い生物的に父親と母親の両方の経験さえある…。
kim stanley robinsonだが、本書の良さは、なんといっても太陽系に人類が生息範囲を伸ばしているという設定と現在の科学技術と齟齬ないそのディテールにあると思う。
まず中国が率先して太陽系に入植するかもしれないというのは、今から想像してもリアリティたっぷりだし、人々は長寿化処置を行うだろう。地球が今と相も変わらず人口過剰と環境破壊に苦しんでいるというのも想像にかたくない。
キューブ(AI)を埋め込んだ精密なロボットと、あれやこれや人口的な処置を施した人間の違いとは、一体何なのかも考えさせられた。
本書には、スワンやワーラムのストーリーのなかに「リスト」や「抜粋」と題された章が差し挟まれるという面白い構成になっている。「リスト」や「抜粋」は、作品内世界の数多の文献を引用することで、作品内で使用されている技術や歴史を解説するという役割を担っている。
これは解説者の方が指摘されているように、物語部分と説明部分を全く分けてしまうことで、SFの弱点である「説明的でありすぎて物語に入り込めない」という弱点を克服していると思う。
当初は、唐突に物語のなかにテラフォーミングやモザイク雌雄体というような言葉がでてきて、一切の説明がないのに戸惑ったが、展開が変わるタイミングである程度まとめて捕捉されるので、だんだんと深く理解できる仕組みになっているのだ。面白い試みだと思う。
設定やディテールもさることながら描写も素晴らしいので、読み終えれば太陽系を旅した気になれるのも魅力。


皆様、よい年の瀬をお過ごしくださいませ。
  


関連記事

category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: ネビュラ  SF  太陽系   
2014/12/29 Mon. 19:02 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

波の音が消えるまで / 沢木耕太郎 

クリスマスも終わってしまった。

もういくつ寝るとお正月…
換気扇の掃除がまだなのだけど、終わるんだろうか?

それにあと二営業日で大納会…
塩漬け中の4564はなんとかなるんだろうか?

・・・厳しそうだな。

Lisboa Macau

さて、沢木耕太郎といえばノンフィクションだが、本書は長篇小説。なんと初のエンタメのだという。
実は私は初・沢木耕太郎なのである。学生時代のBFが沢木耕太郎の大ファンだったのだが、ぶっちゃけその人の趣味はかな〜り微妙だったので、手をつけなかったというわけ。
しかし、読んでみるとこれがなかなか良い。
なにか身につまされるものがあるのだわ・・・。

baccarat.jpg物語は香港返還の前日1997年6月30日のマカオから始まる。28歳の航平は、1年に及ぶバリでのサーフィン生活に見切りをつけ、日本に帰国しようとしていた。
香港を経由するチケットだったこともあり、2〜3日香港で美味しい中華でも堪能して帰国するつもりだった。
しかしその日は香港にとって特別な日だったのだ。
イギリス領最後の日とあってホテルはどこも満室。少し足を延ばしマカオまでいけば、ずっと安く泊まれるだろうということでマカオにやってきたのだった。
そこで航平はバカラに取り憑かれてしまう。
もっと言えば、バカラに淫してしまったのだ。
航平は元々、ギャンブルは好きではなかった。以前助手をしていた大御所カメラマンの”巨匠”は博打好きで、「博打の基本は見ることにある。だから航平は博打は強いはずだ」と言っていたものだった。だが、当時の航平には博打の面白さがよくわからなかった。なのにバカラの波に飲まれていく。
バカラの掛け方はごく単純だ。客はバンカーかプレイヤーのどちらかにチップを賭ける。勝敗は配られる二枚もしくは三枚のカードの合計数で決まる。十の位除いた一の位の数が大きい方が勝ちだ。マカオではバンカーを庄、プレイヤーを閒(間の元字)と呼ぶ。
庄と閒、庄が連続で三回続くこともあれば、その逆もある。勝負の結果はあたかも波のようだ。観察することで航平は流れを掴むのに成功する。しかし、そのせっかくのチップを白髪の男に横取りされてしまう。それが劉さんとの出会いだった。そして、劉さんとの出会いによって航平はさらなる深みに誘われていく。
バカラの台は緑の海のようであり、そこには人生の極北があった…。

sawakikoutarou.jpg「果ての果てまでいった人にはどんな風景が見えるのか?」著者はそう思ってこの物語を書いたという。この感覚、すごくよくわかる。
昔よく、高層ビルから飛び降りる瞬間に見える景色はどんなものだろうかと空想した。自殺願望があったわけではない。単なる好奇心だ。見られないものほど見てみらいし、手に入らないものほど欲しくなる。もちろん実際にはそんなことはできないし、やらない。だが、その景色はおそらく他の一切のものとは全く違うものなんだろうと思う。
そういったあまり健全とはいえない好奇心のある人には、とても面白い小説だと思う。
王子製紙の御曹司がマカオのバカラに嵌って、会社の金を使い込んだ挙げ句実刑判決を受けたのは、まだ記憶に新しい。ギャンブル依存症という病気のせいだということで片付けてしまうこともできるが、もしかしてこの種の不健全な欲望もあったのではないかと考えてしまう。
なんといっても、バカラとはイタリア語でゼロを意味する言葉であるという。バカラという博打ではゼロ以上に悪い数はないというのも不思議な説得力を持っている。

「バカラをやっていると、なんだか自分の心を覗き込んでいるみたいな気がするんです。」
バカラの師となった劉さんに航平はこう言うのだが、確かに偶然が支配する賭け事にはこういう側面がある。あの時どうして自分は賭けることができなかったのか?なぜ流されて賭けてしまったのか?
ゆえにバカラの絶対の必勝法を模索するということは、人生の必勝法を探すことに他ならない。
劉さんが航平に残した「波の音が消えるまで」というのは、一体どういうことなのか?航平はバカラの必勝法を見つけることができるのか…。
自分の人生では決して見ることのできない果てを、本書で航平になりきることで少しだけ覗き込めたような気もする。本当の自分ならば、劉さんのように最後まで勝ってしまうかもしれない。だが、もしもそうしてしまったならばそれからの人生は意味を失い砂を噛むようなものになるのだろう。

ラストも好きだ。あのバージンロードの歩みで、航平の人生はモドリ目をむかえるのだろうか。
ただ、航平は少し恵まれすぎじゃないかという気はするけれども…。

最近また国内作家のエンタメもぼちぼち読み始めたけど、実力のある作家のものはやっぱりいいですね〜




波の音が消えるまで 上巻
波の音が消えるまで 下巻

沢木 耕太郎 (著)
新潮社 (2014/11/18)









今年はひときわ寒いせいか、トシのせいなのか肌も乾燥しまくり。
これ、いいですよ。香りも好き。


ハウスオブローゼボディクリーム(越冬クリーム)

価格:¥ 1,296




関連記事

category: ミステリ/エンタメ(国内)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2014/12/26 Fri. 22:09 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

メリクリ!from 横浜 

2014122401.jpgはっっ・・・・!!!!!!
気づけばもうクリスマスじゃないの。

なんだかバタバタとしてブログの更新も久しぶり。

今朝、今年はケーキどこで予約したの?と家人に聞かれ、すっかりさっぱり忘れてたことを思い出す。
そうか、そういえば
もこみちも鶏の丸焼きを作ってた。


そんなこんなでお買い物に街へ
ついでにみなとみらいに寄ってみた。

クイーズモールに飾ってあるツリーは雪がたくさんでなんか寒そう。

アナ雪の影響かな?





2014122403.jpgそう思ってツリーを撮っていたら、女性の集団がカメラやスマホをなぜか壁に向けてる。





あ〜ツリーより
福山雅治か







2014122402.jpg
それはそうと、ランドマークプラザのツリーは今年はこんな感じ。

言っちゃなんですが、
ちょっと
しょぼくないですか???

写真はそれほどでもないけど、
肉眼だとかなーり寂しげ
というか安そう

そういえば、ランドマークも人出は少ないもんなぁ。
一昔前はデートコースだったのに。

ホテルの稼働率とかどうなんだろうか?
カジノとかできればまた盛り返すこともできるんだろうけど、
カジノ法案とかどうなったんでしょうかね?




みなとみらいはなんだか寒そうで安そうだったけど、

横浜市営バスがやたらと張り切ってた!

後部座席はもっとすごかったのよ。
若い運転手さんだったけど彼の趣味なのか彼のカノジョの趣味なのか
はたまた市営バスの方針なのか…
2014122405.jpg

ということで、
メリー・クリスマス!

素敵なイブをお過ごしくださいませ

   








関連記事

category: 横浜&東京レストラン

2014/12/24 Wed. 15:41 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

最貧困女子 / 鈴木大介 

久々の新書だ。今年はエンタメ一辺倒になってしまったが、たまには新書も読まなくてはね。
「知る」ための読書というのは、エンタメでは得られないものがある。あらゆることを体験するのが不可能な以上、狭い自分の世界や障壁を打ち破るのは、知識しかないのだから。
ただ、仕方ないのかもしれないけど、新書ってそのページ数の割に高いと思いませんか(笑)

選んだのはベストセラーにもなっている"最貧困女子"
この言葉の持つインパクトはどうだろう。内容もこの言葉に劣らずショッキングだった。
女性の貧困が問題になっているのは知っていた。ただ、こんな現実があるとは…。

著者によれば、貧乏と貧困は違うという。確かに"プア充"という言葉が示すように貧乏でも幸福な人は多くいる。低所得で生活はギリギリかもしれないが、それを工夫し家族や地元の友人らと助け合いながら、幸福に暮らしている人は多くいる。それにひきかえ、貧困とは家族・地域・友人などのあらゆる人間関係を失い、もう一歩も踏み出せないほど困窮している状態を指すのだという。
そして、前者が存在するがゆえに、後者は無理解と批判のターゲットになりやすい。世間は、同じ所得層でも文句をいわず、幸福に暮らしているのに、それができないのは本人の努力が足りないからだという目でみるからだ。
そんな貧困におちいっている女性のなかでさらに、”可視化されない”ほどの困窮を抱えている女性たちを"最貧困女子”と名付ける。
そして、この"最貧困女子”は売春や性風俗といったセックスワークの中にいるという。中というよりも底の底といったほうが的確だろう。

著者は、20名程度この"最貧困女子”への取材を行ったというが、尻尾を巻いて逃げ出してしまったという。彼女たちを取り巻く圧倒的な不自由と悲惨と壮絶さに耐えられなくなったのだ。
多分、読者に先入観を与えないよう慎重に言葉を選んで書いたのだとは思うが、私も読んでいてたまらくなくなった。もし、身近にこの種の人がいたら、助けてあげたいという感情云々のその前に逃げ出してしまうことだろう。正直とても耐えられそうにない。こういうとあなたは私のことを薄情だと非難するだろうか…。しかしそれくらいの衝撃だった。
彼女たちは一様にその生い立ちから不幸に囚われている。多かれ少なかれメンタルも病んでいる。そればかりか、軽度の知的障碍も持ち合わせていることも多いという。何も与えられず育ち、適切な教育も受けられず、友人もおらず、容姿にすら恵まれていない。そもそも努力するベースもないし、さらに悲劇的なことにその気もない。
著者曰く、「彼女たちは本当に、救いようがないほどに、面倒くさくて可愛げがないのだ」という。ゆえに、彼女たちの痛みは可視化されることはなく、むしろ糾弾の対象になってしまう。
最も救うべき対象であるにもかかわらず、皆が助けたくないと思ってしまうのだ。人は助けてくださいと声をはっすることができる人、助けたくなる見た目の人を優先してしまう。それが人間のごく自然な感情だろう。助けようと手を差し伸べた時、睨みかえし拒む人を「それでも」助けるのは難しい。
だが、ここに"最貧困女子”のリアルがあり、今の世の最悪の残酷さだと著者は訴える。

貧困は連鎖する。同様に”最貧困女子”の苦しみも連鎖する。最終章には著者が考える負の連鎖を断ち切るための策もしるしてある。万能な策ではないだろうが、やらないよりはマシかもしれない。
先にも触れたように私には彼女たちを受け入れる度量がない。けれども、せめて非難の感情を持つことのないようにしたいと思う。



最貧困女子 (幻冬舎新書)

鈴木大介(著)
幻冬舎 (2014/9/27)

Kindle版はこちら→ 最貧困女子





出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで

鈴木大介(著)
朝日新聞出版 (2010/03)






関連記事

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2014/12/14 Sun. 13:42 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

RSSリンクの表示

リンク