Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

10« 2015 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

ナイスヴィル 〜影が消える町 / カーステン・ストラウド 

昨年は「ピルグリム三部作」今年は「パインズ 三部作」がよかったが、来シーズンはコレ!「ナイスヴィル3部作」ではないだろうか。
最近はなんでもかんでも三部作で、読書会でも「三部作多すぎ!」という声も聞かれるほどだ。
確かに多いが、でも私は割と長い物語が好きだったりする。長い分、起伏も奥行きも持っているし味わいも深い。
ラーメンのようなスピーディーな一品料理が好きか、ゆっくり出てくるコース料理が好きか、そこは好みの差だろうが、本書はたとえラーメン一筋であっても、ホラーが好きならば絶対に読まなくては!
niceville_sign.jpg
20151130012 20

舞台はアメリカ南部の田舎町、ナイスヴィル。この町は、その名のとおり「美しい町」になっていたはずだった。重くのしかかるタルーラ岸壁の影に作られていなければ。
その岸壁の奥にはクレーターシンクと呼ばれる巨大な湖があり、一旦そこに落ちたものは二度と出てくることはないと言われている。先住民族が忌み嫌う場所だ。

物語は、10歳のレイニー・ティーグ少年が忽然と姿を消すところから始まる。レイニーは、この町の"創立4家族"のひとつティーグ家の養子だ。
レイニーの母親のシルヴィアの通報により、警察は速やかに対応し、全州規模での捜索が開始される。初期の段階でこれほど大規模に捜索されたのは、この町の行方不明者が全米平均の5倍にものぼるからだ。
警察の調べによれば、レイニー少年は下校途中、骨董店のショーウィンドウを覗き込んでいたところ、唐突に姿を消していた。ウィンドウ越しに見ていたのは古い金縁の鏡で、創立4家族であるコットン家にあったものらしい。
やがてレイニーは絶対にありえない場所で発見されるが、昏睡状態に陥る。そして彼の両親も相次いで謎の死を遂げ、続けざまに裕福なコットン家の女主人デリアもが行方不明になってしまうのだった。

物語は、レイニー少年の生還と"創立4家族”の人々の死と失踪の謎を中心として展開していくのだが、一筋縄ではいかない。妻子を虐待していた男のどす黒い思惑や、元警官らによる銀行強盗など、一見群像的な別々の物語が複雑に絡み合っていくのだ。そして、ナイスヴィルの町に巣食う”邪悪なもの”に飲み込まれていく。

この不可解な事件を担当するのが、主人公となるニック・カヴァノーである。元特殊部隊という経歴のニックは、キャリアを投げ打ち、創立4家族であるウォーカー家の娘ケイトと結婚してこの町に落ち着いた。ケイトはニックの決定を喜んだが、内心、特殊部隊時代の任務の暗い影を感じてもいる。
一連の不穏な出来事は、大昔にこの町で起きたことに起因していると思われた。そして、それは明らかに"創立4家族”を憎んでいた。ケイトの実家であるウォーカー家もそのひとつなのだ…
果たしてナイスヴィルの町に何が起ころうとしているのか?

carstenstoroud.jpg

あまりにも潔い章ごとの切り替えに最初はとまどう方もいるかもしれない。しかし、上巻の半ばまでいくと、もう中断することができなくなるのだ。
南北戦争時代にまで遡る旧家にまつわる後ろ暗い秘密と、現在の町で巻き起こる悪意による暴走。それらがどう繋がっていくのか「知りたい」という気持ちが抑えられなくなる、久々の一気読み徹夜本。

ところで、本書の著者ストラウドはフィクションとノンフィクション両方で質の高い作品を生み出している作家だが、本作は彼の初のホラー小説なのだそうだ。
ノンフィクションでも高い評価を得ているだけあって、対象との距離が絶妙。ホラーということで、比較されがちなキングとはこの点が決定的に違う。
キングは前のめり気味に執拗に畳み掛けるように描いていくが、ストラウドは身を少し引いて描いている感じ。神視点というか、そこにはある種の冷静さが伺える。ただ、それが良い効果を生んでいるのも事実で、ワシントンポストのレビューは、「ヒエロムニス・ボスの絵画を連想させる」と表現しているそうだが、読み手としてもまさにそういうなんとも表現しがたい気分にさせられる。人間というものの「滑稽さ」を冷静に眺めている自分に気づくのだ。

私は最初、本書が三部作の一作目だとは知らずに読んだので、「え??こんな終わり方?」と思ってしまったのだが、これが三部作の序章にすぎないとなれば、期待値が違ってくるというもの。
奇抜でシュールな視点で聖邪を見つめたヒエロムニス・ボスの絵は今なお謎に包まれてたままだが、ストラウドはナイスヴィルをどう料理していくのか。
本作だけで、かなり伏線を張り巡らせ、大風呂敷を広げてしまった感もあるが、とにかくはやく続きが読みたいものである。

と思ったら、12月8日に第2部がでるというじゃないの!!!
Kindle化を待てるかが問題だわ…


ナイスヴィル  影が消える町(上)
ナイスヴィル  影が消える町 (下)
カーステン・ストラウド (著), 山中 朝晶 (翻訳)
出版社: 早川書房 (2015/9/17)

Kindle版
ナイスヴィル 影が消える町 (上)
ナイスヴィル  影が消える町 (下)




ナイスヴィル2 忍び寄る闇 (上)
ナイスヴィル2 忍び寄る闇 (下)

カーステン・ストラウド (著), 山中 朝晶 (翻訳)
出版社: 早川書房 (2015/12/8)





関連記事

category: ノワール・ホラー・サスペンス

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 早川書房  文庫  ホラー  三部作 
2015/11/30 Mon. 16:50 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

アフタヌーンティー@シャングリ・ラ 

モネ展の後は、、、
ば、ば〜〜〜ん
PB211087.jpg

シャングリ・ラホテル東京の「ザ・ロビーラウンジ」にやってきた。

一歩踏み入れた途端に、ホテルオリジナルのルームフレングランスがむわ〜〜〜ん
エレベーターもキラキラシャンデリアで、いかにも香港資本!!!
PB211066.jpg


ゴハンよりもスイーツ派という甘党の妹ちゃんのリクエストで、アフタヌーンティーなのだ。
血中の糖と脂が気になるが、妹とは久しぶりだし付き合った。

お茶はしたことあるけど、ここのアフタヌーンティーは初めて。
窓際のいいお席にしてくれたけど、アマン同様、眺めはちょっと残念かな。
ただ、さすがに紅茶の種類は多い。なんと25種類以上もあった。

私は、まずはアールグレイで。
フレーバーティーが好きなのです。

モダンなしつらえのホテルが多い中、正統派のテーブルセッティング。
PB211069.jpg
PB211071.jpg

お茶を飲んでいると三段トレイ登場!
PB211078.jpg



サンドウィッチは4種類。
奥の黄色いのは、サフランのパンらしい。
このサフランの具はカニのサラダで、シュー生地みたいなパンの具は、ターキーだったかな。
黒パンのサンドイッチは、イチジクとチーズが挟んであった。
これが好きな組み合わせで、美味しかった!ケーキはいらないから、このイチジクのサンドイッチをもう一個食べたかったなぁ。
PB211079.jpg



スコーンは上品なお菓子系
プレーン、チョコレート、モンブラン風
PB211075.jpg



ああ、これは…
見るだけで血中糖度が飽和状態に(笑)
PB211077.jpg



といいつつ、割ってみると中はアプリコットのムース
ガツンと甘いのかと思いきや、意外にも爽やか!
チョコのほうは、ベリーの下はカスタードで、こちらは遠慮させていただいた。
PB211085.jpg



お口なおしの小皿。
ここでお茶をジャスミン緑茶にかえたが、このお茶が美味しかった!
PB211082.jpg



そうこうしているうちに、マシュマロやフルーツがやってきた。
PB211080.jpg



これね、何かと思えばチョコフォンデュ!
私はスコーン1個とムースで既にギブアップしていたが、妹ちゃんによれば美味しかったらしい。
PB211084.jpg

甘党のすごさを思い知ったわ…




関連記事

category: 横浜&東京レストラン

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: アフタヌーンティー  ホテル  シャングリ・ラ 
2015/11/29 Sun. 14:16 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

特捜部Q 吊るされた少女 / ユッシ・エーズラ・オールスン 

「特捜部Q」のシリーズももう6作目!
まだこの「特捜部Q」のシリーズを手にしたことのない人にとっては、過去の5作品を読むのはかなり億劫だと思う。しかもどれも割とボリューミー。
でも、このシリーズは、読まなくてはもったいないくらい面白いのだ。

5作品全部読むのは嫌だというに方は、私なら、1作目の『檻の中の女』3作目の『Pからのメッセージ』『カルテ番号64』の3作品をオススメするかな。






「特捜部Q」というのはデンマークはコペンハーゲン警察内に政治家の肝いりで新設された、いわゆるコールド・ケースを扱う部署だ。
といえば聞こえはいいが、オフィスはビルの地下で、予算のほとんどを殺人課にもっていかれてしまう窓際部署。
そのQを率いているのが、あまりやる気のない刑事、カール・マークなのである。カールの他に"刑事"はおらず、雑用係として雇われているアサドと、他の部署から厄介払いされてきたゴスメイクの事務職員のローセのみ (ローセは第2作の『キジ殺し』から登場)
最近になって、バイトのゴートン青年が加わった。
大抵は、ローセが案件をみつけてきて、焚きつけられたカールは最初イヤイヤながら捜査する。だが、ローセの脅しや、意外にも優秀な助手であるアサドのアシストによって、カール自身も事件の真相解明にのめり込んでいく。
本シリーズの面白さは、事件が内包している「社会問題」と、カール、アサド、ローセといった”濃い”面々が織りなす「ユーモア」にあると思う。
趣向は毎回異なるし、著者は「コレ!」という確固たるテーマを持って書いているので、訴求力もあって、飽きることはない。それに何より、暗くて陰惨一辺倒の北欧ミステリのなかにあって、笑わせてくれるのが良い。特にアサドの「駱駝ネタ」はもはや定番。


特捜部Q―吊された少女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ユッシ エーズラ・オールスン (著), 吉田奈保子(訳)
出版社: 早川書房 (2015/11/6)


Kindle版 特捜部Q―吊された少女―



さて、今回のコトの始まりは、定年間際の刑事ハーバーザードがQに電話をしてきたことだった。彼は、17年前にボーンホルム島で起きた少女の轢き逃げ事件に異様に執着しており、定年を明日に控え、Qに捜査を依頼してきたのだ。車に轢かれ跳ね飛ばされた少女が木に逆さに吊り下げされたまま絶命したという凄惨な事件だったが、地元警察の捜査の結果、事故だと断定されていた。少女の名はアルバーテ。輝くばかりの美しい少女だった。
カールは忙しさを理由にハーバーザードの依頼を拒否するのだが、なんと彼は自身の退官式の最中、自殺してしまう。そして、自殺の直前にQには「Qは最後の希望だった。もう駄目だ。」というメールが送られてきていた。
ローセから責められ、カールはメンバーとともに事件の舞台となったボーンホルム島へと赴く。
そこで目にしたのは、ハーバーザードが残したアルバーテ事件の膨大な資料だった。そしてなぜかハーバーザードの息子までもが自殺と遂げてしまう。
なぜハーバーザードとその息子は自殺したのか?
ハーバーザードはなぜ17年前の少女の事故死にそれほど拘泥していたのか?


一方、ロンドンでは、若く美しいワンダが、スウェーデンの新興宗教に帰依するためにスウェーデンに向かおうとしていた。ワンダは、教団を率いているアトゥの選ばれし女だと固く信じていたのだ。だが、教団ナンバーツーでずっとアトゥを支えてきたピルヨはアトゥにワンダを近づけまいとする。アトゥの子供を産むのは、自分しかありえない…

島にとどまり、捜査をはじめたカールたちは、紆余曲折しつつも、ついにアバーテが当時夢中になっていたという男にたどり着くのだが…





この展開は先が読めそう…と思われるだろうか。ところが、これがそうでもない。
しかし正直言って、本筋の事件には (個人的には)それほど魅力を感じなかった。新興宗教というテーマは割とありきたりだし、女の恐ろしさは十二分に味わえるものの、これまでの作品に比べると、若干凡庸な感じも否めないかな…

他方で、シリーズを通しての謎、第1作目「檻の中の女」で起こった「アマー島の事件」には大きな進展がみられ、「アサドの素性」についても大きなヒントが与えられている。
ただ、オールスンは本シリーズを10作は書くといっているらしいから、それらの謎が完全に明らかになるのはまだ先になるのだろう。

カールとアサドが出会ってからすでに7年。共に事件を解決してきた二人の間には、今や固い信頼関係ができあがっている。カールはアサドのことを「唯一、あてにできる人間だ」と思っているし、冗談とはいえ、もしも引退したら一緒に「シリアンカフェ」をやろうとまで言い出すほどだ。
それに、なんといっても今回二人はひとつのベッドで一緒に眠ったほどの仲になってしまった!(といってもそういう意味ではないけど 笑)
今回二人はかつてない危機に陥り、アサドはカールのために自らを犠牲する。このシーンは本作のクライマックスといっていいだろうし、あんなことをやられたら、もはやアサドが何者であってもカールには関係ないのかもしれないなぁとさえ思う。
もしかして、アサドの良からぬ素性が明らかになった時、カールも一緒に警察を辞めたりなんかして…?
カール、アサド、ローセの三人の今後を占う意味では、読んで損はないかも。


関連記事

category: クライム・警察・探偵・リーガル

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2015/11/27 Fri. 15:40 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

モネ展に行ってきた! 

話はさかのぼるが、以前から行きたかった「モネ展」に行ってきた。

特別出展のド・ベリオ医師のコレクション「印象、日の出」の展示はすでに終了していたが、パリ16区のマルモッタン・モネ美術館所蔵の選りすぐりのコレクションを観ることができる。これは日本で観ることのできる「究極のモネ展」らしい。

朝9時過ぎの東京都美術館
東海道線が「上野東京ライン」になったおかげで、横浜から上野まで乗り換えなしで行けるようになったのだ。
その電車で、比較的空いている開館直後を狙って行ったというわけ。
PB211045.jpg
 

モネのスタートは風刺画家(カリカチュア)だったらしい。
有名人の特徴をデフォルメして描いたりするアレだ。このカリカチュアの売り上げは結構なお金になったらしく、そのお金で若き日のモネはパリへ出てきたそうだ。
モネの絵は、圧倒的に風景画が多いものの、次男ミシェルをはじめとする家族の肖像画も残している。カリカチュアの名残なのか、それらの肖像画は、その人物がふとした瞬間に見せるその人物特有の表情が描かれている。(ように見える)
例えば、織田裕二だったら(古い!)口角を下げて笑うところなどかな。この例えが適切かは甚だ疑問ではあるが…。
でも、いずれにしても、女性はあまり嬉しくはないだろうな…

モネ自身の作品のほかに、彼が収集した美術品も展示されていた。ドラクロワや、ウジェーヌ・ブーダンの水彩画、ルノワールやカミーユ・ピサロら印象派の作品、ロダンの彫刻などだ。今では一財産どころか、大富豪になれそう…
生涯にわたる友人だったルノワールの手によるモネ本人と彼の妻の絵も観られる。

でも、やはりジヴェルニーに落ち着いた後の絵が一番好きかも。
有名な「睡蓮」を描いたのもこの時期。モネは同じモチーフを何度も描くのが好きだったようで、いろいろな季節や時間の「睡蓮」を描いている。
ゴッホの絵は、観ていてこちらが辛くなってしまうが、モネの絵は穏やかな生活が見えてくるようで安心できる。自分で庭を設計し、草花を植えて池をつくり、それをまた絵画にしたのだ。スローライフ、いいなぁ…

モネの池 wiki より
Giverny_nympheas.jpg



最晩年は白内障の影響もあったというが、より荒いタッチの抽象画のような画風に変わっている。
ぱっと見、何が描かれているのかわからないほど。ああ、でも夏の強い日差しの日など、こういう風に見えることもあるかも?
もしかして、モネは思ってたよりもずっと革新的な画家だったのかもしれない。


音声ガイドの声は、田辺誠一画伯!
田辺画伯によるモネは、カルビーのカールおじさんに似てる…
20151122 01


美術館をでると、上着は必要ないほど暖かい。
というか、この日は特に気温が高くなんと20度超え。11月も半ばにしては暖かすぎ。
今年は暖冬?と思いきや…寒波は突然やってくる


正午の東京都美術館
QRXGXwSdIbntW_o1448282106_1448282172.png



上野のイチョウもちょうど見頃だった。
もう今週あたりで終わりかな。
PB211040.jpg



上野駅、公園改札のそばのシーズカフェでは、モネ展期間中「モネカフェ」がいただけます。
PB211058.jpg
PB211062.jpg
コースターももらえるよ。
関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 美術館  モネ 
2015/11/26 Thu. 14:48 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

横浜"極上”イタリアン 

祝日の靖国神社で爆弾騒ぎ…
さしたる被害はなかったようだが、日本国内でもテロは対岸の火事ではないな。
七五三のお参りにきていた親子も多かったと思うけど、何事もなくてよかった。


話は変わり、個人的には横浜は中華よりイタリアンが断然オススメ!
ということで、今回は元町・中華街の「SALONE 2007」をご紹介!

場所はマリンタワーのすぐそば、バーニーズニューヨークの地下にある。
みなとみらい線の駅からはすぐだが、出口を間違えて元町側に出てしまうと遠くなってしまうので要注意。
PB231096-2.jpg
PB231099-3.jpg



この日はグルメな友人とランチに伺った。
ちなみに、通常のランチは5,000円のコースのみ。

少し早めに着いたところで、電車の遅延で彼女は遅れるとのメールが…

写真はどうしようかなと思ってたら、隣の席で頻繁に写メ音がするので私も便乗させていただいた。だって、これは単焦点レンズの出番でしょ。しかも私のは音でないし。
腕の問題はあるが、文字通りの単焦点、対象物以外は綺麗にボケるのでプライバシーも問題あるまい。
でも、夜は遠慮したほうがよさそう…かな


いい子で待ってる間に、テーブルセッティングをパチリ。少し店内も薄暗い照明なのでシャッタースピードが遅くなってしまい、ちょっとブレる。
しかし、一向にうまくはならないな。

ランチョンは大理石!
サローネらしい重厚なセッテングだけど、ホワイトバランス間違えてるし!
PB231102.jpg
PB231107.jpg




ここでようやく友人が到着。
4番出口だからね、とメールで念押ししたのに元町側に出ちゃったらしい…
私同様、地図の読めない女だわ。

それはさておき、まずはアレですよ、アレ。
PB231110-2.jpg




泡で一息ついたら、お食事のスタート。
ここはほんの一口づつ、色々な味が楽しめる独特なコース構成なのだ。


定番の突き出し。
A5ランクのサーロインに、メークイン、トリュフ
おいひーーー
PB231113.jpg



前菜はイカのブレザオラ、柿とフォアグラ
グラッパで香りをつけた柿の甘さに、旨味が凝縮したイカ、アンチョビと竹炭がかすかに香る
生ハムメロンの味の組み合わせをもっともっと洗練させたイメージ
PB231115.jpg
PB231116.jpg



魚のラグーのグラミーニャ、ビーツ、マジョラム、カボチャの種
コシのあるパスタにハーブとカボチャの種の食感が楽しい。
白いのはお皿の模様かと思いきや、カリフラワーのソースだった!
PB231119.jpg
PB231118.jpg




一口軍鶏肉、イチジク、アーモンド、チーズのジェラートのワンスプーン料理
一気に一口でいただきます!
う〜ん美味しい!自分では絶対思いつかない組み合わせ。
タイムとアーモンドの食感、温かい軍鶏と冷たいジェラートの組み合わせがなんとも…!
PB231123.jpg




ほうれん草が練りこまれた手打ちパスタ、スパッツレとグリーンピースの鴨のラグーソース
見た目、スパッツレとグリーンピースの区別がつかない。
スパッツレだと思って食べるとグリーンピースとか、味と食感の期待が裏切られる。
でも、美味しい〜!
量をもう少しだけいただきたかったな〜
PB231128.jpg
PB231126.jpg



上の写真では見えないけど、お皿の下にはこんな繊細なレースが。
器のしつらえも素敵なのだ。
PB231125.jpg



自家製のフォカッチャとパン
このフォカッチャがガーリックオイルが染み込ませてあって、美味しい。
美味しいものは、アブラと糖でできているというのは真実!
アブラと糖はデブの素でもあるけどね…
もう一つのほうのパンも美味しそうだったけど、食べそびれてしまった…
PB231129.jpg




鮮魚のソテー、アメリケーヌソースにパキーノ
PB231133.jpg
PB231131.jpg




お肉は仔羊のストゥファート
サフランのパン粉、茄子のピューレ、パセリとガーリックのサルサヴェルデソース
ミディアムレアの仔羊とエシャロット?、茄子とサルサヴェルデを一緒に食べると!!!
ラム好きの友人:「もう一切れ食べた〜い」
私:「あげませんから!」
PB231136.jpg
PB231137.jpg




スパゲッティ・ポモドーロはお腹の状態にあわせてオーダーできる。
ここまでがごく少量づつなので、このポモドーロでお腹の調整をするのだ。
オーダーの上限はないので、がっつり食べる男性も安心。
過去最高何gのオーダーがあったのか聞いてみればよかった!

私は80gで。(←食べ過ぎ?)
でも、ペロりといけてしまう。
PB231139.jpg
PB231141.jpg
これも、私が家で作るトマトソースと違ってプロの味!
聞けば、香味野菜を7時間炒めたものを使うのだそうだ。
7時間て…それ、ムリだから…



ドルチェはアップル・シュトゥルーデルとアールグレイのジェラート
和風にみえるけど、洋風。きな粉と黒蜜にみえるけど、シナモンと赤ワインソース(笑)
PB231143.jpg
PB231144.jpg



プティフールとエスプレッソ
PB231147.jpg
PB231150.jpg



食事が終わったところで、本日食べたメニューの綺麗なイラストが。
イラストをみてお食事を思い出してくださいというお店からのプレゼント。
でも、自分で再現することは絶対できないけど(笑)
このイラストとメニューはいただいて帰れる。
PB241157.jpg



美しいお料理と楽しい会話についつい時間を忘れ、気がつけば私たちは最後のお客に。
満席だった店内もすっかり人がいなくなっていた。
PB231152.jpg


大変、美味しゅうございました!

食に超超うるさい友人も、なんでも食べる私も大満足。
都内に比べると非常にコスパがよろしい!と言っていた。
ね、こんなお店のある横浜って、いい街でしょ?
イタリアンもいいでしょ?

しかし、ここも予約のとれない人気店
クリスマス近辺はすでに埋まっているのだとか。
そりゃ、そうだわね…

次回は、ディナーメニューがいただける第二土曜にまた是非!
当面は、血中の糖とアブラの濃度を下げなくては…
関連記事

category: 横浜&東京レストラン

thread: 写真ブログ - janre: ブログ

tag: 横浜  グルメ  イタリアン  写真 
2015/11/24 Tue. 16:57 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

RSSリンクの表示

リンク