Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

12« 2016 / 01 »02
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

世界の終わりの7日間 / ベン・H・ウィンタース 

私にとってのテニスはもはや壊滅状態だが、人類を滅亡させるかもしれない脅威は複数存在する。
人類を凌ぐ人工知能の暴走、核戦争、生物工学によるパンデミックやナノテクノロジー兵器「スマート・ポイズン」、小惑星や彗星の衝突…
人類滅亡は、実は非常に人気のある(今のところは)架空の大イベントだ。古くは旧約聖書による大洪水にはじまり、(解釈は曖昧だが)ノストラダムスの大予言、最近ではマヤ暦の終わりとともに世界は終焉をむかえるといわれてきた。
earth_3130078b.jpg

本書、『世界の終わりの七日間』 は地球に小惑星が衝突することが確定しているという世界の一人の刑事を描いた三部作の最終巻である。2011GV1、通称マイアの直径は推定6.5キロメートル。地球が砕け散ってしまうことはないしろ、人類はほぼ絶滅すると言われている。
「地上最後の刑事」では、隕石衝突まで残すところ3ヶ月というとこで終わり、続く『カウントダウン・シティ』 はあと77日というところから始まった。
お気づきだろうが、ゆっくりゆっくりゆっくりゆっくりゆっくり、じっくりじっくりじっくりじっくり描かれるのだ。じっくりコトコト煮込んだスープよりトロトロしてるんだから。

今をときめくセンテンス・スプリングの前の前あたりの号のミステリーレビューでは、池上冬樹氏に絶賛され、先日の読書会でも「感動した!」という感想を聞いたばかりなので、大変言い難いのだが、、、、
私には今ひとつだったかな…
ちなみに、この号のミステリレビューでは『ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 』は凡作とこき下ろされていたが、私はそっちのほうが何倍も面白かった。

とにかく、「マイアまだ衝突せんのかい?!」という気持ちが先に経ってしまった。
だって一番最初の「地上最後の刑事」を私が読んだのはおよそ2年前のことだが、なんとまだ物語上では三ヶ月も経っていないのだ…
それに、混沌とした世界とか、残された時間をどう生きるべきかはもう前の二作品で散々描いてるやん…
ま、残すところ数日なので、表立ったパニックは既に収まり前2作とはテイストも違うのだけど、特段の感動もなかったな。
world of trouble



なぜにこんなにやさぐれているのかというと、
フェデラーがジョコビッチに負けたからですよ!

でも、でも、3セット目のフェデラーの頑張りには感動したわ。
この本なんか比べ物にならないくらい感動したわ。

しかし、またまたビッチ優勝なのね…
あ〜〜〜〜〜〜〜
テニスがつまらない〜〜〜〜〜〜〜!!!

お願いだから、ナダルさん復活してくださ〜〜〜い。






世界の終わりの七日間 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ベン H ウィンタース (著), 上野 元美 (翻訳)
出版社: 早川書房 (2015/12/8)

Kindle版 
世界の終わりの七日間








地上最後の刑事 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ベン H ウィンタース (著), 上野 元美 (翻訳)
出版社: 早川書房 (2013/12/6)


Kindle版
地上最後の刑事






カウントダウン・シティ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)


ベン H ウィンタース (著), 上野 元美 (翻訳)
出版社: 早川書房 (2014/11/7)


Kindle版
カウントダウン・シティ


関連記事

category: クライム・警察・探偵・リーガル

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2016/01/28 Thu. 20:05 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

飲み過ぎた 

白熱の全豪オープン。
やっぱり、ジョコだったか〜〜〜〜
トップハーフのセミファイナルはジョコフェデで、これが事実上の決勝になるのかな?


さて、今日はお料理教室!
こんなメニューだったのよん。

サーモンとクリームチーズのテリーヌ
P1261564.jpg 

 バーニャカウダ
 
P1261547.jpg 

 アヒージョ2種 エビとマッシュルーム、牡蠣
P1261562.jpg 

P1261560.jpg 

 プロシュート入りミートボール
1453801233395.jpg 
 
パンナコッタ
 
P1261576.jpg 
 
レモンがハートの形!
 
P1261541.jpg 

 しかし、お昼からちと飲み過ぎてしまった… 
ワインは白かスパークリングだと思ってたけど、赤も美味しいよね。
 
P1261571.jpg 

この日の我が家の夕食は、
いただいて帰ったアヒージョの残りのオイルでつくったペペロンチーノでした。



関連記事

category: 料理

2016/01/26 Tue. 21:58 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

美しき廃墟 / ジェス・ウォルター 

ナダルが初戦敗退してしまったので、全豪オープンテニスはフェデラーを応援している(´・ω・`)
ドルゴ、ディミ、ゴフィンと若手を楽々と退けて、調子はすごく良さそう。
惚れ惚れするほど優雅で美しいテニスをみせている。
次はやや苦手なベルディヒ、そしてたぶんジョコとタフドローが続くけど、そこを凌げれば優勝の可能性もあるかな?
あ〜あ、、、
悲しきナダラーなのだった (T_T)


「美しい」つながりというわけではないが、ジェス・ウォルターの美しき廃墟を読んでみた。
2012年の全米ベストセラーであり、年末の「ヨコミス」では1位にあげている人も。
私も以前から気になってはいたのだが、如何せん、岩波さんなので電子版がないのよ…

仕方なく紙の本を買って読んだのだが、これがその不便さを忘れさせる素敵な物語だった!
昨年、B級のジャンル小説を多く読んでしまったせいか、余計に「読書というものの素晴らしさ」を再認識した気がするな。今年はもう少し低俗なジャンル小説の類を減らさなくては…

Cinque Terre

さて、物語は1962年、イタリア北西部のチンクエテッレの近くの鄙びた漁港、ポルト・ヴェルゴーニャに、一人のアメリカ人女優がやってくるところから始まる。
パスクアーレ青年のペンショーネがあるポルト・ヴェルゴーニャは、切り立った崖に十二軒ほどの褪せた民家と荒れ果てた礼拝堂がぎゅっと身を寄せ合った村だ。近隣の村の者からは「娼婦の割れ目」などというあまり好ましくない愛称で呼ばれていた。
件の女優の名はディー・モーレイといい、ローマで撮影中の映画『クレオパトラ』に出演しているという。彼女は確かに美しいが、かのリズ・テイラーのような絶世の美女というわけではない。鋭すぎる印象と柔らかすぎる印象とが混在となった顔立ちなのだ。だが、彼女が真っ直ぐにパスクアーレの方を向いたとき、彼は何かを得て、生涯にわたってその瞬間を抱えていくことになるのだった。
一方、時代は下って舞台は現代のアメリカへ移る。ハリウッドの大手スタジオの大物プロデューサー、マイケル・ディーンのもとに、杖をついたイタリア人が訪ねてくる。それは、老人となったパスクアーレだった。あれから50年を経た今、彼はディーンの力を借りて、あの女優を探しだそうとしていたのだ…

Film-Elizabeth-Taylor-bei-Dreharbeiten-zu-dem-Film-Cleopatra-.jpg

これだけだと、パスクアーレとこの女優の50年の時を経た恋の物語だと思われるだろう。映画や小説に慣れすぎた人にとっては平凡でありふれたものだと。でも、これが全く違う。

次に語られるのは、その場に居合わせた大物プロデューサーのアシスタント、クレアの物語と、クレアに映画を売り込みにやってきた青年シェインの物語なのだ。また毎年ポルト・ヴェルゴーニャを訪れていた「書けない作家」アルヴィスや、シェインによる作中作も差し挟まれる。複雑で、いささか挑戦的な趣向といっていい。
「自分の物語はまだ始まらない!」と焦るクレアやシェイン、毎年ポルト・ヴェルゴーニャを訪れる書けない作家による作中作、映画「クレオパトラ」の舞台裏で駆け出しの大部屋女優ディーの身に起きたことと、その後の彼女が選んだ道、ポルト・ヴェルゴーニャを出た後のパスクアーレ等々…まるでモザイクが組み合わさるような形で、物語は展開していくのだ。

それぞれの物語をここで語るつもりはないが、肝心なのは、それらが組み合わさることで素晴らしい効果をもたらすことだ。
そして、それらは、パスクアーレがあの瞬間にディーの顔を見て気付かされたことーー様々な美しい眺めは、組み合わせることで生まれるものなのだ。ならば人にだって同じことがいえるのではないだろうかーまさにこの種のことを追体験させてくれる。

酸いも甘いも雑多に事が起こるからこそ、人生は意味を持つ。
そして翻って、自分自身の物語を考えさせてくれる。自分自身の物語として思い出すまでは、「美しき廃墟」に捨て置かれているだろうし、また永遠に捨て置かれてしまうものもあるだろう。

本書で、私が一番印象に残ったのは、作家アルヴィスがディーことデボラに言ったこの言葉だった。
「我々が手にいれられるのは、自分で語る物語だけなんだ。何をしようと、どんな決断を下そうと、強かろうと弱かろうと、動機や歴史や性格ー我々の信じていることーが何であれ、そのどれもが現実(リアル)じゃない。むしろ、すべてが我々の語る物語の一部なんだ。でも、つまるところ、それがまさに我々の物語なのさ。」

いろいろな解釈ができるセリフだが、さて、あなたはどう感じるだろうか。




美しき廃墟

ジェス・ウォルター (著), 児玉 晃二 (翻訳)
出版社: 岩波書店 (2015/5/20)












関連記事

category: 文芸

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 映画化    岩波  イタリア 
2016/01/25 Mon. 17:43 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

最後の晩餐の暗号 / ハビエル・シエラ 

「あなたがたのうちの一人が、わたしを裏切ろうとしている。」
UCLYVJwU__5fkdD1453340389_1453340413.png
いや、このグループのゴタゴタのことじゃなくて、、、




これは、ヨハネによる福音書13章にあるイエスの言葉なのだ。
イエスが弟子たちにこの言葉を告げるこのシーンを描いたのが、ダ・ヴィンチの傑作「最後の晩餐」だと言われている。

この絵は、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にあるのだが、昨年の旅行では残念ながら見ることができなかった。ドォモからそれほど遠くない場所なのだが、見学時間にちょっとだけ間に合わなかったのだ。残念…
次は南を中心に回りたいと思ってるけど、ミラノも行きたいなぁ。

a cena secreta

さて、本書はこの「最後の晩餐」にレオナルドが託した謎に迫る歴史ミステリなのである。

物語の舞台は、悪名高いボルジア家出身の教皇、アレクサンデル6世の治世のミラノ。
1497年、ミラノ大公の若き妃が急死する。その頃、ローマにはミラノの「予言者」と名乗る匿名の者から、頻繁に手紙が届けられていた。「予言者」を名乗る者からの手紙には、どれも最後に謎の7行詩が添えられていた。
だが、大公妃急逝の直後に届いた手紙に、ローマは驚愕する。

これまでその手紙は、終始一貫、異端思想に傾倒してているミラノ大公が何やら不穏な計画を進めており、その阻止のため異端審問官をよこしてほしいと訴えていた。
問題の手紙には、大公妃亡くなったことで、ミラノ公はますます異端思想にのめり込むに違いないと書かれていたのだが、その手紙の日付は大公妃が亡くなる3日前のものだったのだ。
「予言者」とは誰なのか?かねてからミラノ大公の奔放さは懸念されていたが、もはや無視はできぬ事態判断し、アゴスティーノ神父がミラノに派遣されるのだった。

アゴスティーノ神父が逗留するサンタ・マリア・デッレ・グラッツェ修道院では、大公の命を受けたレオナルド・ダ・ヴィンチが「最後の晩餐」を完成させようとしていた。
まさに血肉を持った現実の人間がそこにいるかのような壁画にアゴスティーノは息を飲んだが、隻眼の修道院長秘書はそれを「悪魔の作品」と蔑む。この絵には聖書との相違点や、曖昧なほのめかしがあまりにも多すぎるのだ。

そんな時、忌まわしい事件が起きてしまう。折しも大公妃の葬儀の当日に、なにかとアゴスティーノの世話を焼いてくれた修道院司書アレッサンドロの遺体が発見されたのだ。遺体は首を吊られていた。
その司書は「最後の晩餐」のユダのモデルを引き受けていたのだ。まさにユダと同じような最期だ。
司書の死は自殺なのか、それとも…
そして、ダ・ヴィンチは「最期の晩餐」に何を託そうとしているのか…


ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、謎の多い絵画としても有名だ。
まず、この絵は、宗教画でありながら、イエスや使徒たちの頭上に光輪が描かれていない。これまでのキリスト教美術ではあり得ないことだ。
また、「最後の晩餐」のシーンを描いているにかかわらず、聖別をするためのパンも葡萄酒もない。そればかりか、聖杯すら描かれていないのだ。
これまでのキリスト教美術では、裏切り者のユダだけが孤立した構図れ描かれることが常であったのに、レオナルドの絵では他の弟子と同列に座している。おまけに聖ペテロはナイフを隠しもち、ヨハネは女性にしか見えない。何よりイエスとユダは同じ皿に手を伸ばそうとしており、この絵ではユダが裏切り者ではないようにさえ見えるのだ。


javier sierra
ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」も本書同様、「最期の晩餐」の謎をテーマにしたエンタメで、トム・ハンクス主演で映画化され、世界的に大ヒットした。
本書の裏表紙でも、"「ダ・ヴィンチ・コード」の知的スリルと、ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』の重厚さを持つ"と紹介されてもいる。
読んだ感じでは、ダン・ブラウンほどエンタメ寄りではないかな。その分、万人受けはしないかもしれない。例えば主人公が命を狙われつつ謎解きに挑むといったような趣向はなく、ごくごくストレートに絵画の謎に挑んでいるのだ。
かといって、エーコほどの格調高さとまではいかないかな?という感じも。
限りなく真実に近いかもしれない歴史ミステリというのが一番しっくりとくるだろうか。

著者ハビエル・シエラは3年の月日をかけて調査研究を行っており、且つ、登場人物もほぼ実在の人物で、残された文献に沿ったキャラクターとして描かれているため、ノンフィクション的雰囲気が濃く漂う。
訳者の方の解説によると、スペイン人は無類の歴史好きで、デビューから一貫して歴史ミステリを書いているハビエル・シビラはスペインNo.1のミステリ作家だという。
ただ、我々日本人は、一部を除き、それほどキリスト教美術や歴史に親しんでいるわけではない。ある程度の常識ありきで描かれている部分もあるので、万人向けというわけにはいかないように思う。

「ダ・ヴィンチ・コード」も「岩窟の聖母」の謎に言及していたが、本書にもなぜ「岩窟の聖母」が2ヴァージョンあるのかという謎解きに迫っている。
この2枚の絵は、いずれも砂漠の洞窟に身を隠したマリアと幼子イエスが、大天使ウリエルに守られた幼い洗礼者ヨハネに出会う場面を描いたものとされるが、細部が微妙に異なっているのだ。
ちなみに、「岩窟の聖母」はパリのルーブル美術館と、ロンドンのナショナルギャラリーにある。
なぜ、2ヴァージョンの絵が存在するのか、この理由は「最後の晩餐」の多くの謎にダ・ヴィンチが託したことにそのまま繋がっている。

著者の提示した物語は、筋が通っており信憑性はあったが、「最期の晩餐」の不自然な点の謎を全て解明したというわけではなく、個人的には疑問もいくつか残った。
こればかりはダ・ヴィンチ本人に聞かないかぎりは、永遠にわからないのかもしれない。
ただ、もし「岩窟の聖母」や「最後の晩餐」を目にする機会に恵まれるなら、この物語に思いを馳せつつ鑑賞したいなぁ。。



最後の晩餐の暗号

ハビエル・シエラ (著), 宮﨑真紀 (翻訳)
出版社: イースト・プレス (2015/3/15)







関連記事

category: 歴史・大河・ドラマ

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  歴史  ダ・ヴィンチ  最後の晩餐 
2016/01/22 Fri. 15:51 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

「007 スペクター」をやっと観た! 

くさくさするので、たまには映画でもみようかと「007 スペクター」を観てきた。

なんで気分がよくないかといえば、株もエライことになってるんだけどね…
それより、何より、ナダルが初戦敗退したからですよ!!!

私の鎌倉詣ではなんだったんだ〜〜〜!?

確かに全豪は相性の悪い大会だし、ベスダスコが苦手なのは知ってる。
しかし、粘れなくなってきているというか、なんというか。
身体も心も満身創痍なんだろうなぁ。

お伊勢さんにでも行ってこないとダメかなぁ…(←神頼み)


Spectre_007.jpg
Cattura-imm-ev-jpeg.jpg

と、それはさておき、いやスペクターは良かった。
大いに気分転換できた。

『サイコパス・インサイド』を読んだときに、「ボンドってサイコパシー高そうだな」と思ったけど、サイコパスそのものだったわ(笑)

トム・フォードに変なシワが寄ってたのは残念だったけど、ボンドもボンドカーもかっこよかった。ダニエル・クレイグ路線の集大成というか、これまでで一番良かった気がする。


ところで、ダニエル・クレイグのストイックなボンドって、ストイックすぎて色気が足りないんだよなぁ、と思ってたのだが、今回はモニカ・ヴェルッチ投入でバッチリ。
Spectre-Monica-Bellucci.jpg
さすがはイタリアの宝石、モニカさまや!
ごくわずかでも、エロさ濃厚〜〜〜

本当に「え?」というくらいしか出番がないのだが、あれくらいでちょうどいいのかも。
レア・セドゥと同じくらい出てしまうと、別の映画になってしまうし(笑)

今回で最後という噂もあるダニエル・クレイグのボンド。
あと一回くらいはあるかもしれないが、年齢的にもその限界がきているのは確かだろう。
次のボンド役の俳優さんは大変だろうなぁ…

ダニエル・クレイグといえば、「ドラゴン・タトゥーの女」 のミカエルだが、映画の続編ではルーシー・マーラちゃんとともにダニエルも降板が決定しているのだとか。
なんでも「ドラゴンタトゥーの女」の興行収入がイマイチだったらしいけど・・・
ルーシーのリスベットはみたかったけど、ダニエル・クレイグはミカエルみたいな優柔不断な役よりも、ボンドのような役柄ほうが嵌ると思うな。


 [2009] ボランジェ
007 スペクター リミテッド・エディション 750ml 1本
【並行品】【専用手提げ袋付き】



あ〜、もしもナダルが優勝できたら、買ったのに〜〜〜
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜












関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: ブログ - janre: ブログ

tag: 007  ボンド  サイコパス  ミニレアム 
2016/01/21 Thu. 17:44 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

RSSリンクの表示

リンク