Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

07« 2016 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ハードボイルドミニ読書会 

なんと3回目をむかえた「ハードボイルドミニ読書会」!(という名の飲み会)

今回はギャビン・ライアンの名作「深夜プラス1」が課題本。
とはいえ、ほぼ飲み会なのであんまり関係なかったりもするけども(笑)

  


場所は、またまたお言葉に甘えさせていただいて、カメさん宅。
お昼をご馳走になってしまった。
奥様、いつもありがとうございます!
P8271652.jpg 



まずは、甘口スパークリングでカンパイ!
P8271649.jpg 


これね、去年ベローナかどっかで買ったやつを持っていったんだけど、
ほとんどジュースでした・・・
P8271648.jpg 


通なTさんは日本酒を。
ザ・日本酒といったお味でした。
P8271646.jpg 


デザートはMさんの葉山土産マーロウのチーズケーキ
P8271655.jpg 

P8271654.jpg 
なぜマーロウかって?
そりゃ、一応ハードボイルド読書会だからなのです。
今回はチャンドラーではないけども。




さて本題。
私はキクチストなので、前から持っていた菊池光さん訳ものをそのまま再読したのだけど、新訳版が結構良いのだとか。
特に女性のセリフとかがなめらかでいいらしい。
菊池さんのは独特だからなぁ・・・(キクチストからすると、そこが良いのだけど)


ギャビン・ライアルの男のこだわりが詰まっている「深夜プラス1」だが、カントンが特にこだわっているのがモーゼル銃。
なんとカメさんがそのモデルガンを持ってた。
じゃ〜〜〜ん!
P8271653.jpg 
もちろん、弾はでませんよ。

箒の柄とも言われれるので、もっと長いかと思ってたわ。
カントンは銃の腕がイマイチなので、銃身が長いこの銃のほうが命中しやすいらしい。


ところで、Mさんは、この小説の冒頭の3行が好きなのだそうだ。
再読したばかりなのに「どんな出だしだったっけ?」と思ってしまった無粋な私・・・(汗)
どうだったかといえば、このようなのである。

パリは4月である。雨もひと月まえほど冷たくはない。といって、たかがファッション・ショーを見るために濡れていくのは寒すぎる。雨がやむまでタクシーはつかまらないし、やめば用はない。数百ヤードの距離だ。いずれにしてもぐあいがわるい。

確かに、印象的でぐっと「深夜プラス1」の世界に引き込む出だしである。二度目に読んだほうが、わかりやすいだろう。再読すればするほど良さがわかるといわれるだけあるのだ。

私は逆にラスト3行が好きかな。
で、よくみると冒頭とラストが対になっていたりするのだ。

静かに雪が降っていた。山を途中まで下りて、約束の金の残額、四千フランを受け取っていないことに気がついた。そのまま進んだ。時計を見た。真夜中を1分すぎていた。前面の山道は果てしない暗いトンネルのようであった。



なんて、内容の話をしたのはほんの少しだけで、あとはただの雑談(笑)
映画「シン・ゴジラ」の話とか、ウィンズロウの「ザ・カルテル」が良かったとか、エルロイは長すぎでイマイチだったとか(笑)

お昼に伺ったのに、気がつけば夕方になっていた。
居心地がよすぎてつい長居してしまった。







関連記事

category: 読書会

thread: フォト日記 - janre: ブログ

tag: 読書会 
2016/08/28 Sun. 15:33 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

人工知能と経済の未来 2013年雇用大崩壊 / 井上智洋 

リオ・オリンピックもついに終わってしまった。
閉会式の阿倍マリオも小池都知事の和服姿もよかったですね(*^_^*)
都知事の着付けに物言いもついているようだけど、お着物自体も自前らしいし、品もいい私はよく似合ってたと思うけどな。着付けも自分でやったらしいし、ちょっとくらいはご愛嬌。
私なんか自分でやったら目もあてられないもん(笑)
呉服屋さんたちも喜んでいるのでは?

さて、本書はベストセラーになっている文春新書。
「人口知能」というワードに惹かれて購入してみた。


内容は、アマゾンなどの紹介そのままで、
「AI(汎用性AI)の開発がすすめば、2030年頃には人間の仕事はAIに奪われてしまう。雇用が確保されるのは1割程度しかなくなるだろう。だから、失われた収入はBI(ベーシックインカム)の導入によって賄えばよいのだ。」というもの。

artificial-intelligence.jpg 
私の頭が悪いせいなのか、この著者の論理にはどうも納得がいかなかった。
考慮すべき要因がスポっと抜けている気がする。

AIの進化とともに、雇用が奪われるというのはわかる。
ところで、「でも、今のロボットの限界なんてさー、二足歩行がやっとなんだよ!」とかおっしゃる方もいるのだが、ここで言っているAIというのは、今世の中に存在している「◯◯ができるロボット」というような特化型人工知能のことではなく、人間のように様々な知的作業をこなす汎用型人工知能のことである。
お掃除ロボとか空港にいるマスコット的なやつじゃなく、グーグルとかが躍起になって開発しようとしているやつね。
P4140297.jpg 

この汎用型AIについては、本書では軽く流されているだけだが、この説明は『人工知能 人類最悪にして最後の発明』に詳しい。
その登場はだいたい2030年頃だといわれているのだそうだ。
その雇用破壊は、ホワイトカラーに起こるだろうという。オフィスで必要とされる事務作業などは、AIがやったほうが間違いがなくはるかに早いからだ。

AIのほうが能力が高くミスもないのだから、人間が生き残れる職業は極めて少ない。詳細は割愛するが、1割しか生き残れないだろうという。
となると、その1割を除く9割が生活の糧を失うわけで、著者はそれをBI(ベーシックインカム)で賄えばよいと提唱しているのだ。

BIの財源は国の財源なわけで、それは税収しかない。1割の裕福な人から税金を徴収し、残り9割の人を養うということになるのだが、1割の人はそれを受け入れられるのだろうか。そこが私には疑問だった。
著者の案は性善説に立って展開されているのだろうけど、9割失業状態でBI導入となると、1割の裕福な人の税負担は今の比ではなくなるだろう。言い換えれば、1割の人(とAI)が、9割を養うということだ。

ちょうどこの本の後に読んだのが、『税金亡命』という脱税を目論む富裕層と国税とのバトルを描いた本だったので、余計にそう思ってしまった。
今の税水準ですら脱税に躍起になっているというのに、稼ぎのほとんどを持っていかれるとなると…
間違いなくタックスヘイヴンに逃げたり、あらゆる手段を使って納税額を減らそうとするだろうと思う。
AIは経済を根本から変えてしまうというが、資本主義自体も変わらざるを得ないのではないか。とすると、1割(とAI)が9割を支えるよりも、国(とAI)が国民全員を支えるほうが現実味があると思うのだけど…?

加えて、著者の論理は終始一貫「AIは人間の統制下にある」ということを前提としているのだが、これも私は疑問に思う。この問題は『人工知能 人類最悪にして最後の発明』に詳しいが、AIにシンギュラリティが訪れ、知能爆発が起きれば、合理性を追求するAIは「人間は不要」とみなしてしまうのは必然だと思うからだ。
実際、グーグル社はAIが人間のコントロールを拒否し、害をなすのを抑止するための「非常ボタン」を開発した。必要だからこそ、そのボタンは開発されたのだ。
ただ、シンギュラリティの時点で、AIは大抵の人間よりも賢くなっており、それが加速化されていくわけだから、そんなボタンを回避することなんてAIにとっては簡単かもしれない。


もしも、それら2点の問題をクリアできたとしても、BIという概念は特に、「働かざるもの食うべからず」という働き蜂な日本人には馴染みにくい気もする。
これに関して著者は最後に、「人間の価値というものは、人の役に立っているか、お金を稼いでいるか、社会貢献できているかはどうでもよいことで、人間の生そのものに価値が有るのです。」と言っている。
私のようなダメ人間にとっては、大変にありがたい言葉ではある(笑)
著者が提唱するAIとBIの社会の実現には、我々の意識は変わることもまた前提条件なのだ。



  
関連記事

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2016/08/24 Wed. 18:15 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

8月のお料理教室 

この日の横浜は台風の影響で前夜から暴風雨。
これは、、、中止かな?と思いきや、なんと決行!
先生も材料を買って準備されていることだし、覚悟して長靴で外に出たら、
すぐタクシーがつかまったので、ほとんど濡れずに先生宅に到着できた。


さて、この日のテーブルフラワーは爽やかなグリーンのバラ。
花器にしているのは、なんと昔のカレー皿!
P8221612.jpg 


今日のメニューは
*General Tao's Chiken
*卵と青梗菜の炒め物
*きゅうりの中華風ピクルス
*あんかけ焼きそば


メインのお料理は、General Tao's Chiken  
これは、アメリカン中華のメニューで、アメリカのケータリング中華とかの人気メニューなのだそうだ。よく海外ドラマの主人公たちが、テイクアウトして食べているようなやつ。

普通はモモ肉でつくられることが多いのだけど、この日はあっさりと胸肉で。
下味をつけた肉を、片栗粉にベーキングパウダーの衣で揚げて、お酢、砂糖、醤油、紹興酒、オイスターソースの合わせ調味料を絡めたもの。
みじん切りのニンニク、生姜と、赤唐辛子で香りとパンチをきかせて。
お酒に良し!ご飯に良し!
冷めても美味しいのでお弁当にもいいかも。
P8221615.jpg 


卵と青梗菜の炒め物
P8221623.jpg 


きゅうりの中華風ピクルス。
叩いたきゅうりを、塩、砂糖、お酢、にんにく、赤唐辛子、ごま油に漬け込んだもの。
箸休めにGood!
お酒がすすみます。
P8221625.jpg 


あんかけ焼きそば
P8221632.jpg 


他にもたくさん美味しいものをいただいた。
先生お手製の絶品チャーシュー
P8221633.jpg


湯葉と水菜の前菜
P8221629.jpg 


薬膳スープ
P8221635.jpg 


この日はまったりとおしゃべりしつつ、飲んで飲んで飲んだ。
飲めるメンバーだったので、白ワイン以外にも、4人でなんと赤ワインを3本とチューハイ3本、ビール2本を開けてしまった!!!
P8221634.jpg 

外にいる間は「しっかりしなくては!」と思っているせいか、酔いは感じなかったけど、
家に帰ってからは目が回る〜〜状態(笑)
私のキャパは完全に超えてた。

しばらく控えようかな…

関連記事

category: 料理

thread:  - janre: ブログ

2016/08/24 Wed. 09:22 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

暑気払い 

お盆ホリデー、いかがお過ごし?
私は夫がキャンプにいったので、今週は思い切りダラダラ過ごそうと決めていた。
朝は寝坊して、昼はHulu廃人、夜はワインにオリンピック三昧!
・・・をしたら、なんだかかえって疲れてしまった…
しかし、金メダルラッシュの女子レスリングは凄いな。


ちょうどタイミングよくお誘いがあったので、ウッキウキるんるんで元町のお店へ。
SIMOMURAさんは、これで二度目。
メニューはその日の仕入れで決まるという完全予約制のお店。
個室で落ち着けるしリーズナブル。気兼ねなくタクシーで帰れる近さも魅力!
この日も器の空のコースで。


一杯目はスパークリングで乾杯。
前菜のハマグリは撮り忘れ〜〜〜
暗めの室内はやっぱり明るい単焦点レンズのほうが綺麗だな。
これは付属でついていたキットレンズなので、ちょっと残念な感じ。
P8171587-2.jpg 


二杯目からは白ワイン。
P8171590.jpg 


お造り
P8171588.jpg 


ミル貝と冬瓜のスープ仕立て、胡麻豆腐、
ピュアホワイトの天婦羅、鮎、イチジクのフライ、鯛の西京焼き
P8171592.jpg 


和牛盛り合わせは、大根おろしとワサビ、スダチを絞って。
P8171594.jpg 



ここでアワビちゃん登場
キモと味噌のソース焼き。
友人は「私はお刺身で食べたかったわ〜」と言っていたけど、ワインがすすむ〜
P8171595.jpg 

P8171596.jpg 



酢の物は鱧の南蛮風
P8171597.jpg 


定番の土鍋ご飯は初サンマにスダチ。
軽く一杯づついただいて、あとはオニギリにしてお土産にしてくれる。
P8171599.jpg 

P8171605.jpg 


デザートはスイカ、西京味噌をつかったSIMOMURAロールに抹茶豆腐
P8171608.jpg 



楽しすぎてあっという間に時間が過ぎてしまって、
18時にお店に入ったのに、お会計は22時半をまわっていた!

食事は何を食べるかよりも、誰と食べるかが大切。
楽しい時間をくれた友人に感謝感謝♪

関連記事

category: 料理

thread:  - janre: ブログ

2016/08/18 Thu. 11:36 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

キング「ジョイランド」読書会 

久々に読書会に参加した。
課題本はキングの「ジョイランド」なのだ。
場所はいつものお店。

まずは、カンパ〜〜〜イ!
P8131608.jpg 

P8131611.jpg 
いつもの飲み放題付きのコースなのです。

正直食事は美味しくない…
完全個室という環境優先なのですわ。
P8131609.jpg 

P8131614.jpg 

以下、「ジョイランド」の内容に触れておりますので、未読の方はご注意ください。






今回の平均得点は、、、、6.1点
思ったよりも得点伸びず。
最高点は9点、最低点は3点。
キングは比較的万人向けだと思っていたけど、全然そうじゃなかった!!!(笑)
ちなみに私は8点でした。

感想も、良い点よりも悪い点のほうが目立ったかな?
*読みやすく、どんどん読み進められる
*うまくまとまっている
*70年代のノスタルジーを感じる

という反面、
*キングのベストではない
*主人公にイライラしてノレなかった
*漫画のように主人公補正がかけられた主人公が嫌い
*無用な登場人物が多すぎる
*予想通りで驚きや意外性がない
*遊園地の説明が長すぎて退屈した
*「キャリー」のようにグっとくるものがなく、物足りなかった

いいところ、少なっ!
キングの特徴は、プロットよりも人物描写に重きを置いており、エピソードを積み上げていくことでキャラを構築していくことにあると思うのだけど、それが性に合わないという人が多かったのかな?
というか、デヴが嫌われたというべきか…(汗)
また、ミステリとしての感想も、一部にはボロクソでした(笑)

あとは、読者の年齢も多少影響があるのかも。自分自身が若いと、この「若かりし頃を振り返るキング自身のフィクション」も楽しめないのかも。振り返って懐かしむということ自体が難しいのかな。
毎度毎度30代のメンバーとの感覚のギャップを感じるのだが、この日も改めて感じてしまったわ(笑)
私も若い日本人作家のものは、本当にもうとことんダメだもんなぁ…


また、今回はなぜだか「作中に◯◯がでてきた」から、加点したという人が多かった。
(いつからフィギュアスケートのGEO形式になったんだ?!)
結構面白かったので、加点ポイントをちょっと紹介してみると、、、、

加点ポイントその1:マイクの母アニーが銃でレインを打ったシーンが好きだから
加点:4点
なんという高い加点!このシーンがなければ、なんと3点だったのだそうだ!(驚)
"アニーよ、銃をとれ"???
私はキングの駄洒落かなと思ってしまった(笑)

その2:ピンクフロイドがでてきたから
加点:4点
これは単に懐かしかったかららしい。しかし郷愁は強し。
ピンクフロイド様様です。

その3:ブルックスブラザーズがでてきたから
加点:不明
えと、出てきたっけ???と思ったら245ページに出てた。
遊園地をやめたエリンが、調査結果をもってデヴに会いにシーン。
ま、確かにメンズは素敵かな…


え、そこっ?!!という感じだけど、、、
アニーが射撃が得意で、デヴが失恋をピンクフロイドを聞くことで癒し、ブルックスブラザーズのスーツが出てきて本当によかったです(笑)


その他では、エディの幽霊がマイクのもとを訪れてデヴの危機を訴えるというのは、出来過ぎ、やりすぎの声多数。他方、マイクの遺灰を凧であげて空に流すシーンは好感度が高かった

私個人がやや疑問に思ったのは、もしもレインの射殺事件担当の刑事が、もっと真面目に仕事をしていたら、デヴの下宿からアニー宅に電話をかけた履歴がないことに気がついていただろうということかな。

いま一つは、文春編集部による本書の解説が、「ミスター・メルセデス」の宣伝のようになっていたこと(笑)大丈夫、キングファンは出れば必ず買います!

ただ、キングは読んだことがないという方には、本書は試金石としてオススメ。なんといっても文庫一冊という手軽さだし、万一趣味に合わなくても1000円の出費で済む。
本書を読んで面白いと思ったなら、新刊の「ミスター・メルセデス」はもちろん、「11/22/63」も是非読むべき。2014年度の「このミス1位」にも輝いた「11/22/63」は、本当に良かった。
本書が気にいった方なら、こちらの良さも絶対にわかるはず。
「11/22/63」は10月に文庫化されるらしいです(笑)


      


 

  


最後にこそっと・・・
ナダル頑張れ!!!!


関連記事

category: 読書会

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  読書会 
2016/08/14 Sun. 07:24 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

RSSリンクの表示

リンク