Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

11« 2016 / 12 »01
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

一陽来復 

慌ただしい中を縫うようにして、金銀融通の穴八幡宮に一陽来復の御守りをいただきに行った。
昨年友人からわけていただいてお祀りし、今年一年無事に過ごせたので、今回は自分でいただきにきたのだ。

yue9AHampP9C6C81483086077_1483086173.png 


OI000828.jpg 

場所は早稲田の文学部キャンパスのすぐ前!

この近辺にくるのは卒業以来で、、、
スロープこそ同じだったけど、文キャンも様変わりしており記念会堂は立て直し中。
そりゃ、20年以上経っているもんなぁ…
なんでも完成は2019年なのだそうだ。
でも、懐かしい…
この日は人と一緒だったので、ブラブラできなかったけど、今度は一人で来て馬場まで歩いてみよう。


この穴八幡宮も私が学生だったときは、もっと「ひっそり」とした神社だった気がするが、鳥居も鮮やかに塗られ、多くの人で賑わっていた。
zsXtcLxWdPhZN0d1483086204_1483086300.png 

OI000826.jpg 

友人からは「ここは、融通の神様なのよ」と聞いていた。
彼女はもう何十年も毎年末に御守りを授かりにきているというが、一度たりともそれを面倒に思ったことはないという。そして、いつも晴れていたそうだ。
これ(非常に高価なものなど)が欲しいなぁ・・・とかあそこ(海外)に行きたいなぁ・・・と思っていたら、不思議と、すっかり忘れていた定期が満期になっていたり、株価が上がったりで、それが叶ったのだという。

いや、いや、定期預金とか普通の人は忘れないと思うけど…(汗)

ともかく、彼女にとっては「やりくりの神様」だったらしい。
やりくりという言葉には、全く縁のなさそうなお方なんだけども・・・(笑)

調べてみると、蟲封じ、商売繁盛、出世い、開運、にご利益があるらしい。俗に金運アップの神社として知られている。

いただいてきたのは、懐中御守りと御札。

穴八幡宮の一陽来復の御守りと御札がいただけるのは、冬至の日から節分までで、御札を貼れるのは、冬至、大晦日、節分の夜の24時ぴったりと決められている。


OI000483.jpg 

神様にも皆様にも、今年一年お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

良い年の瀬をお過ごしくださいませ。




関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2016/12/30 Fri. 18:26 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

文庫X 

盛岡の書店が、あえてカバーをかけて売り出したのがこの本。
7月下旬に売り出してから、誰が書いた本なのか、どういう内容なのかがあかされないことが反響をよび、ニュースサイトでも取り上げられていた。

それを、暮れも押し迫って、遅ればせながら読んだわけだ。
まだ、レンジフードの掃除もやってないというのに…

既にこの正体は明かされてしまっているので、わたしもちょっとネタバレで感想を書こうと思う。
いや、あくまで「文庫X」として読みたい!という方は、ここまで。

以下、ネタばれあります。










まず、「文庫X」は推理小説でも、文学作品でもない。一人の熱意あるジャーナリストが書いた ノンフィクションだ。
事実は小説よりも奇なりとはよく言うが、これがそこらのフィクションなど比べものにならないくらい面白い。普段、フィクションしか読まない人であっても引き込まれるはずだ。
と思う…世の中色々な人がいるので、悲しいかな、絶対とは言えないけど(笑)

なにせ、一介の記者が一旦解決されたとされる連続殺人事件の事件の真相に迫っていくのだ。
「それ、フィクションにはありがち〜〜〜」という冷たいエンタメファンの声が聞こえてきそうだが、これは正真正銘、実話なのである。
実話であるだけに、無実なのに逮捕された方、被害者遺族たち、そして著者自身の怒りと悲しみが肌で感じられる。

2007年、著者は新企画のため、未解決事件を調査していた。そこで、狭い地域で17年の間に5人もの幼女が連れ去られているという事実に突き当たる。そのうち、1件を除いては皆、遺体で発見されている。
そして、その5件のうちの1件で、無実の男性が逮捕され死刑判決を受けた。それでこの事件は「決着」とされていた。
この1件については、犯人が刑務所にいるのだから、当然のこととして警察は連続事件として扱わない。
だが、著者は、その手口や地域性、被害者の共通性から、一連の事件はすべて同じ犯人によるものなのではないかという疑念を抱いた。加えて、「決着」したとされる後にも、また同様の手口で幼女連れ去り事件が起きているのだ。
あの逮捕は誤りであり、本当の犯人は今も野放しなのではないか。

彼が調べてみれば、逮捕された男性を有罪にした証拠はかなり曖昧だった。彼は「証拠として怪しい証拠」をタテに、死刑判決を受けたのだ。
とにかく、彼を事件から「排除」し、再審で無実を確定させないことには、連続殺人ということを立証できないし、真犯人にたどり着くことはできない。

そのあやふやな証拠が、科学捜査の代名詞ともなっているDNA鑑定であったことは衝撃的だ。
当時の鑑定精度はあやふやであり、かなり曖昧なものだったが、驚くべきなのは、その「あやふやさ」を検察も、科警研も、裁判所さえも重要視しなかったということだった。

「それは、あの事件のことでしょう?そんなことくらい知っているよ」、とおっしゃるアナタ。
でも、この本には、短い新聞記事には決して収まらないドラマがあるのだ。それもとても残酷な・・・ここには悲しみ、絶望、希望等々の生の感情がある。
そして、自分がいかに一方的な報道を鵜呑みにしていたのかということに驚かされる。

今は時代も違う、警察だってもっと慎重なはず・・・と思いたいが、実際問題として、警察が一旦クロと断定すれば、覆すことはかなり困難だろう。有罪率99パーセントは、悪い意味においても伊達ではないのだ。

何度も繰り返された無実の男性の再審の過程で、警察関係者は彼を「犯人ではない」とどこかの時点でわかったはず。しかし、面子を押し通そうとする。警察のみならず、検察、科警研もそうだった。人一人の命がかかっていたのにである。
しかも、その事件を担当した検事も、証拠をでっちあげた科警研の担当者も、その後出世までしているときた。
この科警研の担当者の著書は本書内で引用されており、出典を明らかにするために書名が記されているのだが、案の定、その本のアマゾンレビューは荒れている(苦笑)
しかし、それも致し方なしかな、と思えるほどに彼女の罪は大きい。それに比べれば、あのオボちゃんなど可愛いものだと思えるくらいだ。(といってもオボちゃんの件でも、人は亡くなっているが)
科警研の女は沢口靖子のようには正義の味方でもなければ、科学的でもなかったらしい。

人にあんな仕打ちをしておいて、よく毎晩眠れるものだなぁと思うが、やった方というのは忘れてしまうものなのだろう。人間は都合の悪いことを忘れるようにできているから。
ただ、やられた方は覚えているが…

件の男性は、様々な人々の尽力と、何よりご自身の強い精神力によって無実を勝ち取ることができた。
そして、著者自身も、気の遠くなるような地道な調査で真犯人をほぼ特定に至る。
だが、犯人は今も野放しのまま。「犯人はそこにいる」のだ。
それもこれも、ひとえに警察の面子を保つため。自分たちは無実の人を死刑にしようとした挙句、一介の記者のおかげで真犯人を逮捕できたとなれば、面子は丸潰れ。失態が改めてクローズアップされる。ならば、これらの事件にはフタをし、時が過ぎ人々が忘れてくれるのを待とうということなのだろう。

人のエゴというものは、醜くやっかいなものだ。相手が個人ならば、もうその人とは関わらなければいい。しかし、それが絶大な権力を持った組織となるとそうはいかない。
しかも、マスコミが報じたのは、警察に都合のよいように作為的に作られた人物像だ。男性の部屋にあったアダルトビデオは、ロリコンものに変更されていた。そのイメージはマスコミによって浸透し、「ああ、ロリコンなら、犯人に間違いない」ということになる。一般の人までが敵にまわり、四面楚歌になってしまう。
日本は確かに法治国家ではあるけれど、必ずしもその「法」の使われ方は正しいわけではないのかも。
かもというか、そういうことが現実に事実として起こっている。

本当に他人事じゃないわ・・・と思った年の瀬なのだった。




関連記事

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2016/12/28 Wed. 21:11 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

甘々でメリクリ! 

メリークリスマス!

この年末は留守にすることが多かったので、クリスマスくらいはと頑張った。

じゃ〜〜ん!!!
なんと、ケーキを作ったのよん。
20161223.jpg 
わたしは甘いのが得意ではなく、どちらかというとケーキよりお酒派なんだけど、
ないのは寂しいので、作ったのだ。
というか、バタバタしてて予約をし忘れてしまったので・・・


ただ、このケーキ、、、

スポンジが全然膨らまなかった!!!

だから、中にフルーツと生クリームをうんと挟んで高さをだした(汗)
家だからできる生クリーム豪華てんこ盛り。

卵の共立てではなく、まず卵白をツノが立つまで泡立てて、黄身を混ぜていく方法で作ったのだけど、小麦粉を混ぜる際に混ぜすぎてしまったのかも。
レシピ本には「さっくり混ぜる」と書いてあるけど、どれくらい「さっくり」なのかが謎。

しかも、勝手に砂糖も減らしたしなぁ・・・


「ふわふわ」が売りのレシピだったのに、カットしてみると、案の定生地が詰んでる!
201712232.jpg 

「しっかりしたケーキだね・・・」とオットからは言われたけど
「こういうレシピなの!」と答えておいた(^-^)/

ま、ふわふわとはいかなかったけど、お味はよかったということで・・・



クリスマス当日お呼ばれしてるお宅へのお土産ケーキは成功した。
OI000377.jpg 

OI000347.jpg 

材料を全部ハンドミキサーで混ぜて焼くだけなので、わたしでも失敗しない。
適当でもなんとかなる(笑)
「わたし、失敗しないので!」という米倉涼子ばりのレシピなのだ。


しかし、お菓子を作るときのお砂糖の量ときたら!
イブのイブの朝から3つもケーキを作ったけど、見るだけで血糖値が上がった〜〜〜

・・・クリスマスは、砂糖で出来ている!



ケーキだけで、てんてこ舞いだったので、
料理は、焼くだけー&切るだけーのカンタンなもの(笑)
お酒もスーパーで買ったお手軽なやつで。
OI000501-COLLAGE1225.jpg 



今宵、クリスマスにも乾杯!
OI000331.jpg 
いいことありますように!
今、弱ってるので、祈ってばっかり(笑)
もう僕疲れたよ、パトラッシュ・・・

この際、どの神様でも祈っておく。。。



冷蔵庫にいいワインを隠しておいたんだけど、留守中に飲まれてしまっていた!!!
ので、今回は近くのコンビニで売ってたアルパカ・スパークリングをば。
アルパカは、ご存知、安旨の代名詞のようなチリワインのブランド。


さすがに高級シャンパンとは比べられないけど、超ドライでそこそこ美味しいのでコスパいいかも。




↓ お値段がお値段なのでガラスではなくアクリルだけど、これが意外によかった。
ステムが取り外せるのでケーキを乗せたまま冷蔵庫に入るし、何より割る心配がない!(笑)



関連記事

category: 料理

thread: フォト日記 - janre: ブログ

2016/12/25 Sun. 22:39 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

玉造&島根ワイナリーに行ってきた! 

今回の出雲への旅の宿は、せっかくなので玉造温泉にとった。
KIMG0165.jpg 

玉造は、出雲空港から少し入ったところにある鄙びた風情の温泉街。
美肌の湯として有名だそうで、なるほど化粧水のような感じでスベスベ〜!!!
街には足湯なんかもある。
人の気配は全くなかったけども(笑)


温泉街の真ん中を流れる玉作川
KIMG0158.jpg
この川の水は、横浜市の水道水より綺麗だと思うわ(笑)


川沿いには桜の古木がずらり。
KIMG0155.jpg 
桜の季節はさぞ綺麗だろうなぁ。
もそうだったけど、いつもこういうところには、季節はずれに来てしまうわたし・・・


暖かい日があったせいか、たんぽぽが咲いていた!
KIMG0168.jpg 
今、ちょっと落ち込んでいるせいか、なんか、こういう光景って心が洗われるわ・・・
一眼レフならもっと綺麗だったのになぁ・・・(カメラ忘れたので!)


今回とまった「佳翠苑 皆美」さんも、実は以前来たことがある。
20年前もちょうどここに泊まって、出雲や松江を観光したのだ。あれからもう20年か・・・
多少、見た目的には古くなってはいたけど、なかはリニューアルされていた。
日本庭園と露天風呂が自慢の親切ないいお宿だ。お湯もよく、食事も美味しかった。



あいにくとお天気には恵まれなかったが、最終日はかろうじて晴れたので、島根ワイナリーへいってみた。
KIMG0116.jpg 


工場内を無料で見学できる。
KIMG0114.jpg 

KIMG0111.jpg 

KIMG0110.jpg 


お次は、ワインの試飲!
といっても、なめる程度に味見するだけだけども。
KIMG0140.jpg 

何種類もあるんだけど、、、
KIMG0134.jpg 

KIMG0128.jpg 

KIMG0133.jpg 

年末年始用にと思っていたのだけど、どれも、わたしには甘すぎて・・・
ちょっと好みとは違うんだな・・・


ワインの代わりに購入したのは、ワインケーキ
OI000103.jpg 
試食させてもらったけど、これは美味しかった!
オススメ。

オンラインでも買えるらしいですよ。


帰りの飛行機からは富士山が見えた。
ああ、こんな時に限ってカメラを忘れるとは・・・(涙)
せっかくの富士山なのに、わたしの安いスマホちゃんでは、これが精一杯・・・
KIMG0179.jpg 
最近祈ってばかりだけど、、、
何でもいいから、いいことありますように。


帰宅してみたら、冬至だというのにこの暖かさ!
今年は寒暖の差が激しくて、かえって身体にこたえる〜(笑)



関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2016/12/23 Fri. 17:03 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

出雲大社で色々考えた。 

ちょこっと、出雲にいってきた。

uCtd8QDgjGtpoZA1482375659_1482375677.png 

目的は母の知人のお見舞いで、観光はそのついで。
バタバタと出かけたこともあり、カメラ忘れた…。
カメラだけじゃなく、色々忘れてしまってた…。

宿に送ってもらおうかとも思ったけど、壊れると嫌なので断念。
写真も全てスマホ・・・
しかもわたしのは安いやつなので、一眼レフとは画像が全然違うのだ。
ブログに残すだけでなく、後で見て思い出すのが目的なので、綺麗な写真のほうがよかったなぁ。



さて、JRの出雲市駅も、お社みたいなつくりだった。
神々のお国だもんね〜
KIMG0143.jpg 

ここの大学病院に入院していた母の知人は、顔色も良く、術後の経過も良さそうで安心した。
年齢も年齢だし、実は出発前はかなり心配していたのだ。
これも出雲大社のパワーかな?
縁結びで有名な出雲大社だが、長寿のご利益もあるのだとか。


出雲大社へは20年位前に一度詣でたことがあり、うっすらと覚えていたが、、、
なんと、門前にはスタバができているじゃないの!?
KIMG0046.jpg 

さすがはスタバ!
商魂たくましいというか、なんというか。
行列もできていた・・・
儲かってますなぁ!


ここは二の鳥居、勢溜と呼ばれるところ。
ここから先が出雲大社の敷地になるため、車はここまで。
KIMG0056.jpg 

一の鳥居、「宇迦橋の大鳥居」までは神門通りといって、両脇にお土産もの屋が連なっている。
この大鳥居は、橋にかかっているし、白くて巨大で絵になるのでちょっとした撮影スポットになっているらしい。
わたしも行きたかったけど、膝の心配がある母と一緒だったので車でスルーした。
この一の鳥居のすぐそばには、一畑電鉄というローカルな路面電車の駅があるので、足腰の心配のない元気な方は、出雲駅からここまでローカル電車で来て、この一の鳥居から、ぶらぶらと正門まで歩いてみるのもいいかも〜。


KIMG0062.jpg 
二の鳥居をくぐると、鈍感なわたしでも「空気が違う!」とわかる。
なんというか説明できないのだが、強いて言えば、浄化されている感じ。
マイナスイオンもたくさんありそう。
さすがはパワースポットと呼ばれるだけのことはあるなぁ。


わたしは神様は信じてなかったけど、最近、本当にいるのかもしれないなぁなどと思うようになった。
トシのせいもあるのかしらん?(笑)
特定の宗教に肩入れするのは相変わらず好きにはなれないけれども。

日本の八百万の神というのは理にかなっているし、これだけの長きに渡って、人々がお祀りしてきたというのには、きっとそれなりの理由がある。

日本の神話もそうだし、古代エジプトの壁画などをみていると神様とは、宇宙人なのかもしれないなぁとも思ってしまう。
全くもってお馬鹿SFみたいだけど、大昔に宇宙から地球へやってくるだけの技術があるなら、それは当時の人間からすれば、「何でもできる万能な神様」以外の何ものでもない。

この場所の空気が全然違うのも、何か特別なものが祀られているからに違いない。
な〜んてね。。。


日々努力しているつもりでも、不条理なことは起きる。
良かれと思って骨を折っても、それは所詮独り相撲だったりするし、他人には伝わらない。努力も一瞬にして無に帰すことも日常茶飯事。

なんだかなぁ・・・ということが最近のわたしには多すぎて、、、、、
んなときに、頼れるのはもう神様しかいなかったりする(笑)

いずれにせよ、信じるものは救われると、そう思いたい。
でも、今日のこの日は、自分のことよりもここの病院に入院している知人のために祈ろう。



出雲大社に祀られているのは「大国主大神」。
俗にいう縁結びの神様だ。縁結びだけあって、参拝者には女性や若いカップルが目についた。

しかし、縁結びだけではなく、長寿や家内安全、安産なども守備範囲らしい。
なので、今回は両親をはじめ周囲の方々の長寿を祈願して、お守りをいただいてきた。


大国主大神
KIMG0070.jpg 

KIMG0066.jpg 

KIMG0069.jpg 



↓拝殿
uCtd8QDgjGtpoZA1482375659_1482375677.png 
出雲大社は二礼四拍手。

見よう見まねで参拝したが、参拝の帰りに団体客を率いているガイドさんが、
「参拝のときは、まず、神様に、住所と名前を告げるようにしてくださ〜い!」と言っているのが聞こえた。
「神様はどこの誰がお願いしているのか、わかりませんから」だって。

あ〜〜〜、わたし、言ってないじゃん!!!
というか、今まで言ったことなんてないじゃん!!!

住所なし名前なしでも、わたしがどこの誰で、誰と誰と誰の長寿を願ったのかちゃんとわかってもらえますように…




↓有名な大しめ縄
KIMG0090.jpg 
通常は8年に一度付け替えられるのだそうだが、平成の大遷宮の際に取り替えられたそうだ。
昔みたときはもっともっと大きかった気が・・・
圧倒された記憶があるんだけど・・・
気のせい???


↓本殿手前の八足門
KIMG0078.jpg 


斜め後ろからの本殿
KIMG0087.jpg 

このブログをご覧になっているあなたにも、どうぞご利益がありますように。
よいご縁に恵まれ、幸福で長生きできますように。


名物の出雲そばで、遅めのお昼
KIMG0049.jpg 
名物に旨いものなし、とはよく言うが、ここのお蕎麦は美味しかった!

二の鳥居、バス停「正門前」のすぐそばにある「田中屋」さん
KIMG0055.jpg 

あまりに美味しかったので、お土産も買った〜!!!
OI000095.jpg 
生蕎麦なのに、賞味期限も2月末までと長いのん。
年越しそばにしようっと。


関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 神社  パワースポット  旅行 
2016/12/22 Thu. 20:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

RSSリンクの表示

リンク