Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

02« 2017 / 03 »04
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

果鋭 / 黒川博行 

あっという間に3月も下旬!
世の中は連日、森友学園問題やら、雪崩事故やら、旅行会社の倒産やらと賑わしい。

旅行会社の件は、客からしてみれば詐欺と言われても仕方ない。まだ多少なりとも余力が残っているうちに、会社をたたむという決断ができなかったのだろうか?

そうこうしているうちに、楽しみにしていた新刊がでた。
奇しくも、この「果鋭」という言葉には、"決断する"という意味があるらしいが、特に企業経営者には、腹をくくって決断することが求められる。そして、もちろんその責任をとることもね・・・。


さて、黒川博行の代表作は、建設コンサルタントの二宮と、イケイケ極道の桑原のバディもの「疫病神」シリーズだが、もう一つ人気のバディものがある。堀口と伊達の元マル暴担刑事コンビのシリーズものだ。
本書「果鋭」は、「悪果」「繚乱」に続く第三作目。シリーズものといっても、これ単独でも楽しめるように書かれているのでご安心を。

ただ、「悪果」「繚乱」も一旦、読み始めたらとまらない。
翻訳ものな気分じゃなかったここ数日ほど、「疫病神」シリーズとこの「堀やん誠やん」シリーズばかり読んでいた。黒川にまみれていた。
「日本の作家なんてね〜==」とおっしゃる、翻訳もの通のあなたにこそ、是非この面白さを知ってもらいたい。
なにも「疫病神」から読めとはいわない。どちらかといえば、関西系面白要素の増えている「破門」くらいからのほうがいいと思う。ちなみに「破門」は著者の直木賞受賞作だったりする。たいていの直木賞受賞作は面白くもなんともないが、これは例外中の例外だ。
どちらのシリーズも新刊がでたばかりだが、もう次が待ち遠し〜い。

IMG_5075_2osaka.jpg 

ところで、このシリーズの主役の堀口と相棒の伊達誠一(通称、誠やん)は、大阪府警の元マル暴担の刑事。伊達は柔道の有段者で、身体も大きくみるからに極道面だが、女房にはてんで頭があがらない。
堀口は恐喝がばれて依願退職を余儀なくされ、伊達は伊達で懲戒解雇されている(悪果」)。

マル暴担と極道は見た目も似ているが、やることも似ている。桜の代紋がある分、マル暴担のほうがタチが悪いくらい。塀の向こう側に落ちるのが極道で、こちら側にいるのが刑事だということだけで、本質は同じなのだ。堀やん誠やんも例外ではない。

さて、競売屋に拾われた二人は元マル暴刑事の経験をいかし金になるシノギをしていたが、それが首尾よくいった矢先に堀口は刺されてしまう(「繚乱」)。
実は私はこの「堀やん、誠やん(伊達のこと)」コンビのシリーズは、「繚乱」で終わると思っていた。堀口は死んだと思ってしまったのだ。
極道に腹と尻を刺された堀口は、命は助かったものの下半身に麻痺が残り、杖がなければ歩けない身体に。シノギはできず、女にも逃げられてしまう。
怪我から回復し鬱々とした日々から堀口を救い出してくれたのは、またしても相棒の伊達。
競売屋の仕事をしている伊達は、一緒に仕事をしようと誘う。パチンコホールのオーナー新井が、ゴト師から、玉の計数機の不正改造をネタに脅迫を受けているという。この脅迫者を"なんとかすれば"、悪くないシノギになる・・・

今度の二人のターゲットは、20兆円にものぼるパチンコ業界だ。
出玉は遠隔で不正に操作され、玉の計数機でも誤魔化しが横行している。だが、業界は積極的に警察OBを採用することで摘発を逃れているのだ。みかじめ料を払うなら桜の代紋にまさるものはないのだ。
季節ごとの贈り物はもちろん、管轄の署長が退職する際には、少なくない額の退職金まで支払われるというから恐れ入る。「警察の米櫃」と言われる所以である。
このあたりの裏事情は、世の中そういう風になっているのねと、わりとお勉強になる。そりゃ、まあ、こういうシステムだとカジノなんかできないわな。
大阪が舞台なのでそのノリではあるが、今回の堀やん誠やんのシノギも一筋縄ではいかず、かなりハードボイルドだ。

裏事情もさることながら、本書の醍醐味はやはり、堀やん誠やんコンビの妙だろう。バディものの例にもれず、堀口と伊達の性格はまるで違うのに、息はぴったり。
「一人でやれば、全部誠やんのシノギやぞ?」
「わしは、堀やんと一緒にやりたいんや」
「悪果」ではまだそれほどでもなかったが二人の仲は、いまやお互いがなくてはならない存在へと変化した。女性の私からみれば、こういうのっていいなぁと思うのだ。

ほら、女性同士は色々とあるから…
つい先日も、親友同士だとお互い常に口にしていた方達が、実はそうではないことを知って唖然としたばかり。意味わからんですよ。お互い嫌いなら「親友」でもないし、そもそもが「友人」でもなくない?「忖度」というのは最近の流行りだが、その件の「忖度」は超難度でしょうよ(笑)

また、伊達(誠やん)のキャラに、著者が透けてみえたりするのも楽しい。
「わしは顔は怖いけど身体は弱いねん」
「わしは嫁はんが死ぬほど怖い」
という黒川氏お決まりのセリフにもニヤリ。「大阪ばかぼんど ハードボイルド作家のぐうたら日記」というエッセイを読む限り、伊達は黒川さんそのものだ(笑)
本筋には全然関係ないが、「堀やん、わし腹減った。何か喰いにいこ」と、きちんきちんと食事風景が描かれているところも好き。
この二人は結構贅沢なものばかり食べているのだが、食べるということは大事だ。ただ、誠やんは尿酸値に気をつけたほうがいいと思うけども。


     

   

  

 

 
関連記事

category: ミステリ/エンタメ(国内)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/03/28 Tue. 16:10 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top