Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師 インテリジェンス畸人伝 / 手嶋龍一 

桜は思いの外持っている。そろそろ葉桜になってきた。  
sak0078-049.jpg 
葉桜も好きだが、八重桜も好き。
でもやっぱりソメイヨシノでしょう?という方も多いだろう。確かにソメイヨシノは綺麗だけど、あまりに綺麗すぎて、梶井基次郎の「桜の樹の下には」を思い出してしまうのだ。



 さて、東芝のあとは(って、東芝はまだ終わってないけど)、気軽に読めるエスピオナージ・エッセイをば。
いや、ある意味ノンフィクションに近いのかな?

スパイ小説といえば、なにはともあれジョン・ル・カレ。
先ごろ待望の回想録を出したばかりだが、そのル・カレファンが楽しめる内容になっている。
特に詐欺師だった彼の父ロニー・コーンウェルのことや、そんな父を持つル・カレが諜報の世界に足を踏み入れたのかなどが、著者の考察とともに綴られている。

もちろん、ル・カレのことはル・カレに聞け。「地下道の鳩」の前座としても楽しめると思うし、スパイ小説にあまり縁のない人には、巻末に手嶋龍一お薦めのスパイ小説が紹介されている。
ただ、、、「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」は、私は古い菊池訳版をお薦めします…(笑)

著者は熱心なル・カレのファンと思われるが、本書では、ル・カレの話だけではない。
伝説スパイであるリヒャルト・ゾルゲ、英国のダブルエージェントキム・フィルビーといった懐かしい時代のスパイから、ウィキリークスのアサンジやエドワード・スノーデンまでが語られている。

ゾルゲの章では、あたかも映像をみているがごとくゾルゲの銀座の華やかな生活がノルタルジックに描かれ、美しい伯爵令嬢山本満喜子と逢瀬はそのシーンが目に浮かぶよう。
著者が一度だけ会ったことのある彼女は、海軍大臣や総理大臣を歴任した山本権兵衛の孫娘だ。
激動の時代を生きた彼女は、エキゾチックな容姿に奔放な性格でドイツ人将校と駆け落ちし、晩年はアカプルコで過ごしたという。

ノスタルジアに浸ったかと思えば、一転、現代のサイバー・インテリジェンスにも踏み込む。最も印象的だったのは、スノーデンその人の顛末だ。
国家が個人の暮らしの領域に介入するのを何より嫌がるサイバー・リバタリアンの彼は、国家権力をどの国よりも重んじ、時に強権を持って介入するロシアという国に逃げこんでしまった皮肉に悲劇を感じざるを得ない。
エスピオナージにハッピーエンドはないのだろう…


    

    

    


関連記事

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/04/14 Fri. 10:42 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

東芝消滅 / 今沢 真  

真央ちゃんの引退発表の裏で、あの東芝が、スゴいことになってる!


東芝は昨日、監査法人の承認のないままに期限ギリギリになって四半期決算を発表した。
しかもこの決算は、二度も延期された挙句のことだった。
rtr2jbu9toshiba-011211.jpg 

「意見不表明」
耳慣れないこの言葉は、会計監査法人が監査報告書に意見を表明しないことをいう。財務諸表に対する意見を表明できないほど、会計記録が不十分だったり、監査証拠が足りないということだ。
当然ながら、この決算書は「信用に値しない」ということになる。
あるメディアは、白紙答案を提出したようなものだとたとえていた。
そんなスゴイ決算書を、一部上場の名門企業の東芝は提出した。
しかも、この行為は東京証券取引所の上場廃止基準に抵触する。

このセンセーショナルな出来事に、メディアはこぞって東芝の「上場廃止リスク」をぶち上げている。
昨晩はクローズアップ現代プラスでも東芝ネタが取り上げられていた。時間の都合上、その内容は消化不良で物足りない部分も多分にあったが、よくまとまっていたと思う。
本当に、真山仁氏のいうとおり、そもそも東芝は本来メーカーなのだから、物作りに専念していればよかったのに…
なんか、また小説のネタになりそ。


さすがに今日はナイアガラだろうなぁと思っていたが、、、、
なぜか、今現在、東芝株はヨコヨコ一時プラ転してもいるが、日経爆下げ。

こういう摩訶不思議なことが起こるのが市場というものだ。
こんな鉄火場をくぐるようなお金も度胸もないので、私は傍観しているのみ(苦笑)

ただ、銀行株が大打撃を受けているのは痛い。
東芝ほどの巨大企業ともなれば、メガバンクをはじめとして地銀、信金、信用組合にJA系とあらゆるところと繋がりがある。東芝が死亡すれば、融資額の大きいメガバンクだけでなく、体力のない小さいところはモロにその波をかぶる。
巨大企業ゆえに、雇用も利害関係者も多い…

それとともに、東芝の暴挙と東証の不甲斐なさに呆れた外国人投資家が東証から資金を引き上げれば、これ、、、、かなりやばいやつのような・・・
ニホン、ダイジュブカ?


さて、そんな東芝危機のこれまでの経緯を俯瞰して説明してくれているのが、本書「東芝消滅」である。消滅とは、なんともすさまじいが、今となってはさもありなん。
今問われているのは、東芝という会社の存在意義なのだから。

本書のいいところはその鮮度。
本書は、毎日新聞の運営する「経済プレミア」で連載されている「東芝レポート」を出版したものだという。
この「東芝レポートシリーズ」はこれまで2冊出版されていて、本書は3冊目。


東芝危機が決着をみるまでどのくらいかかるかはわからないが、もしも目処がつき始めたら、もっと踏み込んだ内容の本が出版されることだろう。検証も進むだろうし、後付けだからこそ言えることは多い。

でも、私は、今、疑問を解消したかった。
バレンタイン会見でなぜ突如として7000億もの損失が出てきたのか?
東芝は1年前に危機に陥った時、メディカル部門をキャノンに高く買ってもらうことで、それを乗り切ったのではなかったのか?
そう熱心に新聞を読まないせいか、全く事情がわからなかったが、著者によれば取材の最前線にいる方たちにしてもそれは同様だったという。なぜなら、東芝からそれらしい説明は全くなかったからだ。

この本を読み、昨日の出来事と照らすことで、だんだんと東芝がなぜこんな自体に陥ってしまったのかがわかってきた。

一言でいえば、ウェッチングハウスという名門出身の青い目の嫁を貰ったこと、それ自体が間違いだった。
WHの買収を争った三菱重工の当時の会長は、「あの買収額では採算はとれない。そういうところと組むと我々が危うくなりかねない」と言ったという。当初いわれていた金額の2倍を超える買収額だった。
しかも、身の丈にあわない婚約指輪と莫大な結納金を積み苦労して手に入れたWHは、実は老いた借金まみれの女だった。
地球温暖化が叫ばれていた当時、海外での原発を今後30基見込む。著者曰く「バラ色の未来」を夢見た東芝だったが、東日本大震災の福島原発事故を境に状況は一気に悪化していく。
そして、技術は錆び付いているくせにプライドだけは高かったWHを、東芝は全く制御できなかった。
チャプター11を申請したWHだが、その親会社としての東芝の負債はまだまだ膨らむ可能性さえあるという。

東芝の一番の敗因は、この著者のいうように「引き際の悪さ」だ。原発の「バラ色の未来」という夢を捨てられなかった。
いまさら遅きに失した感もあるが、早期に失敗を認め、原発事業から撤退していれば、ここまでのことにはならなかったのかも。
なんだか身にしみるなぁ…
規模は全然違うが、人間だれしもここを踏ん張れば…というシーンは日常よくある。頑張るという行為は一見素晴らしいが、撤退する時期を誤ってしまうと取り返しのつかないことになる。


経緯をみるに、経産省とかも絡んでいたらしいし、アメリカさんにハメられたんじゃ…?というフシもなくもない。


といことで、真央ちゃんはお疲れ様でした!
次は熱愛報道、期待してます(笑)

東芝ちゃんの次の報道ははてはて・・・?

    
関連記事

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/04/12 Wed. 11:50 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

4月ディナー@サローネ2007 

寒さで足踏みしていた桜もようやく満開!

でも、週末はあいにくの悪天続きで、、、、
ちょっと残念なお花見になってしまった。

明日あたりまた雨らしいから、それでサヨナラかな・・・?
OI001601.jpg 



マリンタワーもpink!
OI001535.jpg 

お祝い事なので張り込んでサローネさんにやってきた。
衣食住、それに趣味・・・人それぞれにお金を使うポイントは違うけど、私は食にもかけたい派。
全方位的に贅沢ができるならそれに越したことはないけど、そうもいかない庶民の悲しさよ…
なので、たまに行ける範囲でいいお店に行く。


早い時間帯の予約だったのにもかかわらず、店内は当然満席。
横浜でダントツの人気店だもんなぁ・・・
いつものおデートカップルだけでなく、時節柄か息子さんとおしゃれしたお母様という組み合わせの方々も。どうも息子さんのほうからのご招待といった感じ。この春から就職して独り立ちし、今までのお礼に…という感じ?



我々も辛口のスプマンテで乾杯!
OI001546.jpg 
お店の方オススメのスプマンテは、シャンパーニュと同じ製法で作られているそうで、
蜂蜜の香りがする。


ここのメニューは変わっていて、それぞれの料理に、序章、調和、哲学、追憶、組み合わせ、味覚の凝縮、提案、郷土、再構築という名称がついている。
昼、夜ともにコースは一種類のみ。


「序章」はここのスペシャリテ。
白トリュフで香りをつけたメインクイーンのペーストをA5のサーロインで包んだもの
OI001543.jpg 


「調和」は、アオリイカと卵、グリーンピースのペーストの前菜
OI001547.jpg 

卵を切って、黄身を絡めていただくとより美味しい。
OI001548-2.jpg 
卵は、ほのかにイタリアの甘酢で味付けがしてある。
一見、ポーチドエッグのようにみえるけど、ラップにお酢を垂らしておいて、その上から卵を割りいれ、湯煎してつくるのだそうだ。
水っぽくならないし適度に甘酢の味もつくので、家でもシーザーサラダなどに応用できそう。



「哲学」は、鱸をハマグリとタコのスープ仕立てで。
OI001550.jpg 



続く「追憶」は、肉料理。
今日はホロホロ鳥の旨味の強いモモ肉をヘーゼルナッツのソースで。
上に乗っかってるのはアスパラとグラナパダーノチーズの泡のソース。
OI001553.jpg 
絶妙のマッチング!



「組み合わせ」は、一つ目のパスタ。
海苔とトリュフのタリオリーニ。
ちょこっとみえる緑はトリュフと相性のいい芽キャベツ。
OI001554.jpg 
海苔とトリュフががお互いの香りを引き立てあっていて、想像以上に合う〜〜〜〜
全ての食事が終わった後、シェフがテーブルにやってきてどの料理が一番印象に残ったかを聞くのだけど、私は今日はダントツでこのパスタ!

うろ覚えだけど、海のものと山のものの組み合わせは、イタリアではタブーと聞いたことがある。日本人って魚介系のパスタにじゃんじゃかチーズをかけるけど、あれをイタリア人は「げげっ」と思っているのだそうだ。(チーズは山のものというカテゴリ)
でも、あえてタブーに挑戦するのもアリ。



「味覚の凝縮」のワンスプーン料理は、
牛ハツ、オレンジソース、マスタードジェラート、ルッコラにナッツ
OI001557.jpg 



「提案」は二つ目のパスタ。
ファッゴティーニというラビオリに似たパスタ、兎のラグー、タンポポ(タラサッコ)
OI001560.jpg 
兎ちゃんとタンポポというSpring has sprung!なメニュー
ちょっと複雑だけど、美味しい・・・


「郷土」は肉料理
その前に、おなじみのナイフが静々と登場。
OI001562.jpg 


トスカーナのチンタセネーゼという脂身の美味しい豚肉に、パプリカ、蜂蜜唐辛子ソース
結構お酒が入っていたせいか、写真ボケボケ・・・
OI001564.jpg 
ちなみに、チンタセネーゼという豚さんは、白黒の可愛い豚さん。
豚といい兎といい、人間は殺生な生き物です・・・

昔、NHKか何かで酪農家の特集をやっていたのを思い出した。
農家の方は、文字通り手塩にかけて仔牛を可愛がり育てる。子供達にとってはまるで兄弟のよう。
でも、その日はやってくる。
「藁にまみれてよ〜♪」という歌と同じシチュエーション。
出荷の時、悲しくないですか?と聞く番組スタッフの方に、農家の方がこう言うのだ。
「これまで可愛がっていた恩に、今度は報いてもらう時なんだ」と…

可愛いペットのミニ豚をみるにつけ「ああ〜〜〜」と思うけど、次の日にはトンカツの誘惑に負けてしまう私…
でも、どんなに飢えても犬だけは絶対に食べられないと思う。


さて、「再構築」はデセール
お祝いごとなので、メッセージ付きプレートに。
QorehkUcfWDLsH41491803060_1491803121.png 
竹炭のブリオッシュ、レモンクリーム、サフランのジェラート、
パンチのきいたダークラムのゼリー。

OI001570.jpg 
本日も大変、おいしゅうございました!


夜桜見物と消化を兼ねて、山下公園から、みなとみらい方面へぶらぶら。
春の雨もまた良きものかな。
OI001583.jpg 

OI001591.jpg 



お花見パーチーの手土産に!
関連記事

category: 横浜&東京レストラン

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/04/10 Mon. 15:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top