Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

謀略の都 1919年三部作1 / ロバート・ゴダード 

「地中の記憶 」は2週間もかかったというのに(笑)、本書「謀略の都1919年三部作 1」は1日で読み終えられる。年々集中力はなくなってきているが、興味には如実に比例する。それくらいのゴダード・ファン。

Montmartre.jpg 

ただ、惜しむらくは、講談社さんが電子版を出してくれないこと…
全く、何回アマゾンの「Kindle化リクエスト」のボタンを押したことか。
しかし一向にそれらしき気配はない。もうじき完結編も発売されるというのに。

ともあれ、電子版がない本なぞ、余程のことがない限り買うものかと堅く心に誓っているが、ゴダードはその余程のことだ。ゴダード作品には、基本ハズレがない。ややウェットなところも、それが美しい日本語で翻訳されているところも好きで、新刊がでればパブロフの犬のよろしく条件反射で買ってしまう。
しかも、本作はスパイ小説であり、トリロジー(三部作)仕立てだというではないか。これが"余程のこと"でなくしてなんだというのだ。
短い本ばかりが持て囃される昨今であるが、誰がなんと言おうと、わたしは堂々たる長編小説が好きなのだ。これは単品料理よりも、コース料理にありがたみを感じるのと似ている(ラーメンや焼き鳥とかも好きだけどね…笑)

というわけで、久々に紙の本を手にしたのだが、前述のとおりあっという間に読んでしまい、即座に第二部の「灰色の密命」をポチり、5月半ばに出るという第三部の「宿命の地」を予約注文までしてしまった!

eiffel1.jpg 

さて、本書の舞台は1919年のパリ。
パリは今もアブない旅行先となったが、1919年もそうだった。
第一次世界大戦が終わり、米、英、仏、伊、日の連合国の代表団がドイツに対し講和条約締結に向けた協議を行っていたが、この締結がなされるまでは、まだ戦時下だったのだ。

主人公は元英国陸軍航空隊のパイロット、ジェイムズ・マクステッド(マックス)。これが絵に書いたようなかっこいい主人公なのだ(笑)彼は、父親の地所を利用して軍時代の部下サムとともに航空学校を作ろうとしていた。
そんな折、マックスの父サー・ヘンリーがパリで急死する。
サー・ヘンリーは日本やロシアへの外交経験を持つ外交官で、英国代表団としてパリに派遣されていた。しかし、彼は宿舎から離れたモンマルトルのアパートの屋根の上から転落するという不審な死を遂げた。そのアパートには、美しい未亡人マダム・ドンブルーが住んでおり、彼女と男女の関係にあったサー・ヘンリーは足繁く通っていたらしい。
地元警察は事故として処理し、英国代表団やマックスの兄も体裁を考え、事を荒立てず、穏便に済ませようとする。しかし、マックスはそんな彼らの意向に逆らい、一人パリに残り真相を突き止めようと決心する。
そして、サー・ヘンリーが大金を集めるために外交上知り得た秘密を売ろうとしていたことを突き止めるのだが…

British_Air_Section_at_the_1919_Paris_Peace_Conference.jpg 

帯には「第一次世界大戦の混沌を生きる スパイ小説」とあるが、はっきりってスパイ感はまだ薄い。
第一部ではまだマックスはスパイではないのだ。

翻訳者の方もおっしゃっていたが、物語自体の雰囲気は「ダウントン・アビー」に似ている。
「ダウントン・アビー」は第一次世界大戦前後の時代に翻弄される英国貴族を描いたテレビドラマであるが、時代設定もドンピシャ!
家柄はグランサム伯爵家ほどではないが、マックスの母、レディ・ウィニフレッド・マクステッドは、グランサム伯爵家の長女メアリーそのもの。マックス自身もサムとは今だ上官と部下の関係だ。当然、家柄の良いマックスが中尉で、5歳年長のサムが軍曹なのだが、それは二人の体格差でも歴然としている。英国人は体格とその話し言葉で属している階級がわかる。
もっとも、ジョン・ル・カレの詐欺師の父親は、あえて自分の田舎訛りを上流階級風のアクセントになおしたというが…
また、飛行機乗りがスパイとして活躍するというのは、フォーサイスの自伝「アウトサイダー 陰謀の中の人生」を思い出させる。言われてみれば、マックスの性格は"アウトサイダー"のフォーサイスそのものだ。

ただ、それだけではないのがゴダードなのである。
ゴダードといえば、過去の秘密。
第一部では、マックスはその扉の前に立ったばかりだが、今後、実際に起こった歴史的事件とサー・ヘンリーの本当の秘密は交錯していくはずだ。歴史の裏に蠢く多彩な登場人物も魅力のひとつ。マックスが生まれた土地「日本」も必ず登場するだろう。ゴダードは日本をどう描くのだろう?
そして、そこには、サー・ヘンリーだけではなくマックスの母の秘密や、思いもかけない形での「愛と裏切り」が待っているにちがいない。
マックスの冒険が今から楽しみだ。


 

    


    

   
関連記事

category: スパイ・冒険・ハードボイルド

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  文庫  英国 
2017/04/28 Fri. 11:54 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

地中の記憶 / ローリー・ロイ 

先日の「翻訳ミステリー大賞コンベンション」にて、書評家の川出さんが昨年のベスト1にあげていたのがローリー・ロイ「彼女が家に帰るまで」

この小説もエドガー賞にノミネートされていたらしいが、この時はウィリアム・K・クルーガー「ありふれた祈り」が受賞した。その翌年はS・キングの「ミスター・メルセデス 」

そして、ようやくローリー・ロイの番がやってきた。本書「地中の記憶」である。

lavender.jpg 

物語は20世紀半ばのアメリカ南部ケンタッキー州のヘイデン郡。
1952年のアニー・ホールラン、1936年のサラ・の視点から、章ごとに交互に語られていく。

アニーは15歳と半年のハーフバースデーを迎えようとしている。アニーの住む地域ではそれは「成女の日」と言われており、その日の真夜中に井戸を覗き込めば、将来の伴侶の顔が見えるといわれている。この10年、ほとんどの娘は成女の日に幼馴染のライス・ファルカーソンの家の井戸にいった。しかしアニーは、幼馴染への照れと反発心から、自分の家族が長年避けてきたベイン家の土地に忍び込む。
ベイン家との長年にわたる反目はジュナ叔母さんに端を発している。彼女は去ったが、両家の間の憎しみは消えることはない。
だが、アニーは、一緒にきた妹のキャロラインに自分の将来の夫を盗まれてしまう。キャロラインが見たのはアニーの将来の夫んい違いない。アニーには誰も見えなかったのだ。
アニーとキャロラインの間柄は常にすべからくこうだ。可愛らしいキャロラインがいつも上に立つ。ただ、アニーにはキャロラインにはない”霊感”がある。
そして、ベインの地所から帰る道すがら、アニーは偶然コーラ・ベインの死体を発見してしまうのだった。コーラ老夫人はこの土地に暮らす最後のベイン家の人間だった。
これで、ジュナ叔母さんは家に帰ってくるにちがいない。アニーはジュナ叔母さんの”帰郷”を感じるようになる。

一方、サラには母親がいない。妹のジュナが生まれたとき、母は霊感のある女性メアリーから「この子に気をつけなさい」と言われ、父は自分がジュナに呪われていると信じ込んだ。
ジュナのような金髪なら、薄い青いか榛色の瞳なのが普通だ。しかし、ジュナの目はほとんど真っ黒だ。父はそこに魔物がいると信じたのだ。
実際、ジュナは全ての災いのもととなった。弟のデイルの出産で母は命を落とし、不作や凶作が何年も続いた。
そんなジュナは異性にも奔放だった。成女の日、ジュナはエイブラハムを見たと公言し、その気になった彼の気を弄んでいた。
そんなある日、弟のデイルが姿を消してしまう…

a well 

アニーが発見した死体と、かつてヘイデン郡で起こった悲劇…"ベイン家とサラの家族を襲った悲劇”の真相"が物語のコア。予想通りでもあり、予想外でもある。

解説は、これまた「翻訳ミステリー大賞コンベンション」などでおなじみの杉江松恋さん
彼は、本書をして「心に棘が突き刺さる」と評する。そして、その棘は決して大きいわけでもないと。
そうなのだ。この物語にはいわゆる"大いなる悪"は存在しない。
誰しもが自分の立場を守るためについてしまいがちな小さな言い訳が、少しづつ重なり生まれた大いなる悲劇というのが適当だろう。聖人君子でもない限り、そういう「魔」は、誰にでも経験があるのではないか。そのため余計心地悪く感じさせるのだ。

アニーがサラの娘だというのは作中すぐにわかる。ただし、そこには公然の秘密があるのだが。
さらに、そのサラ、アニー共に、姉妹の確執に悩まされてもいる。男性には分かりにくいかもしれないが、微妙な姉妹関係を自分に当てはめ、共感する方も多いのではないだろうか。

地味で淡々とした物語であり、しかもだいたい予想はついてしまうので、好みは分かれるかも。
しかし特筆すべきは、この「地中の記憶 Let Me Die in His Footsteps」というタイトルだと思う。
読み終わってみると、これ以上ないタイトルのつけ方だなぁと思うはず…

 

 

 
関連記事

category: ミステリ/エンタメ(海外)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  早川書房  エドガー賞 
2017/04/27 Thu. 12:58 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

翻訳ミステリー大賞コンベンション@蒲田 その2 

今回の特別ゲストは、小説家であり翻訳家の西崎憲氏。西崎氏は、「たべるのがおそい」 という文学ムックの編集者でもある。

西崎氏が主催の「日本翻訳大賞」は翌日が受賞式だそうで、直前公開インタビューが行われた。
聞き手は杉江松恋さん。
OI000232.jpg 

「日本翻訳大賞」は、12月1日〜翌年の12月末までに出版された翻訳作品のなかから、最も賞賛すべき作品に送られる賞だそうだ。選考委員は、金原瑞人・岸本佐知子・柴田元幸・西崎憲・松永美穂の各氏。

   

堆塵館 (アイアマンガー三部作1) 読みたいんだけど、この手のものは何如せんお値段が・・・
3000円×3=9000円!ーーー諭吉さんサヨナラ…
この手のものはちょっとお高め。
どれも文庫にはならない類の本なので仕方ないとは思うけど、Kindle版をもう少しお安くしていただけると有り難いです…




休憩を挟んで、お次は「読者賞の発表&授賞式」
先ほどの「大賞」はプロが選ぶ賞だが、「読者賞」は読み手が選ぶ賞である。

今年は「その雪と血を」「大賞」とのダブル受賞!
おめでとうございます!!!
ネスボつよーーーーーーー


毎年、何百冊も発売される翻訳ミステリー。
読者による投票は当然のことながらかなり割れるのは必然。1票しか投じられてなかった作品のなかにも「これ、絶対面白いのに」というのはたくさんある。
わたしのおすすめは、「パードレはそこにいる」
といっても、この1票を投じたのはわたしではないけど(汗)
七福神でも取り上げられなかったけれど、"ザッツエンタメ"がお好きな方は読んで損はなし。
少々エグめです。

 




〆のイベントは出版社対抗イチオシバトル!
各出版社の担当編集者の方々が、これから出版予定のイチオシ本の宣伝をするというコーナー。
読者にとっては、いち早く話題の新刊を知るチャンスでもある。
各社のイチオシ本は次のとおり。

・小学館=「怒り(仮)」ジグムント・ミウォシェフスキ
・東京創元社=「フロスト始末」 R・D・ウイングフィールド
・ハーパーコリンズ・ジャパン=「ブラック・ウィドウ」ダニエル・シルヴァ
・早川書房=「晩夏の墜落(仮)」ノア・ホーリー
・文藝春秋=「その犬の歩むところ」ボストン・テラン

各々、決められた時間のなかで、いかに面白そうかを語るというバトルで、「チャンプ本」は会場の挙手の数で決まる。

さて、今年の一冊は???
OI000237.jpg 

わたしは、ハーパーコリンズジャパンから出る予定の、ダニエル・シルヴァの「ブラック・ウィドゥ」に挙手した(犬と迷ったけど)
だって、イスラエルのスパイにして、絵画修復士のガブリエル・アロンのシリーズ最新作なのだ。

それに、
ダニエル・シルヴァがハーパー文庫で出るようになって、
超ウレシー!!!

 



でも、会場の人気はいまひとつで、、、
今年のチャンプ本は、、、文藝春秋の「その犬の歩むところ」
OI000237.jpg 
やっぱり、犬ですよ、犬!
犬には勝てませんから。


他にも、今年も各社、面白そうな本がたくさんで楽しみ楽しみ。
OI000273.jpg 



お隣の部屋に移動して懇親会に突入。
今年はブッフェ形式の立食パーティー。
OI000267.jpg 
今年は餃子屋ではないことは知っていたので、
こんなこともあろうかと、お昼は"ぶり大根定食"にしておいて正解。


ところで、懇親会では毎年?加賀山センセと、なぜか海外ドラマ談義をしている・・・
今年の目玉はなんといっても、「ゲーム・オブ・スローンズ」
ジョージ・R・R・マーティン著の ファンタジー小説『氷と炎の歌』を原作としたHBO製作のドラマシリーズである。
49951-game-of-thrones-khaleesi.jpg 

壮大なスケール、この人をここで殺しちゃうの?!的予測不能な展開。
CG万歳!で、滅茶苦茶お金がかかっているし、お子様は見てはいけないシーンもたくさん(笑)
GWに見ようなどと思ったら、やめられないとまらないで廃人化確実!

レンタルDVDも出ているみたいだけど、Huluでシーズン6まで公開しているので、一ケ月だけHuluに入って見たほうがおトクかも。
Huluついでに、「ウエストワールド」もオススメ。
ずっとウエスタンワールドだと思ってたけど、ごめんなさい。ウエストワールドだった・・・(苦笑)


最後になりますが、横山啓明氏と、遅ればせながら「ゴーストマン 時限紙幣」 のロジャー・ホッブス氏のご冥福をお祈り申し上げます。
横山先生はつい最近まで「無実」「弁護士の血」でご活躍でした。

一方のロジャーは28歳、いくらなんでも早すぎる。
ポッチャリだったのでその種の死因なのかと思いきや、オーバードーズ…
それ、一番駄目なやつでしょ…
アメリカでも凄腕の編集者がついていたというし、永嶋さん曰く、婚約者と一緒に暮らしていたので、荒れた生活を送っていたわけでもなかったというが、「好事魔多し」かな…
遺作となってしまった「Vanishing Games」(ゴーストマン 消滅遊戯)は、文藝春秋からこの秋刊行予定だそうです。

  
関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/04/25 Tue. 13:22 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

翻訳ミステリー大賞コンベンション@蒲田 その1 

今年も「翻訳ミステリー大賞コンベンション」に行ってきた!
本関係のイベントは久しぶり。
OI0000952.jpg 



翻訳ミステリー好きには恒例のこのイベントは、毎年この時期に開催される。
その前年出版された翻訳ミステリーのなかから、翻訳家の方々の投票によって「大賞」が選ばれ、その授賞式が行われるのだ。あらかじめ候補作品が4作品に絞り込まれ、当日、リアルタイムに開票される。

メインイベントはこの大賞の発表だが、他にも「翻訳ミステリーシンジケート」でおなじみの「書評家七福神」選出作品の振り返りトークや、読者賞、各出版社対抗の今後刊行されるイチオシ作品のビブリオバトルなど、盛りだくさん。

はっきりいって、翻訳のお仕事に携わっている方以外にとっては、オタクでマニアなイベントなのである。

「・・・。」


まずは、大会運営事務局を代表して田口先生が開会のご挨拶。
OI000098.jpg 



続いて、フレンチミステリー翻訳家の高野優さん主催フランスミステリ未訳短編翻訳コンテストの結果報告。
今年の1位は、カリーヌ・ジュベルの「ポスト・モルテル」 吉野さやか訳

最近飛ぶ鳥を落とす勢いのフレンチミステリー界。5位にはフランク・ティリエの「よそ者」が!
「シンドロームE」「GATACA」のシャルコとルーシーのシリーズかめちゃくちゃ面白かったのに、続編がでない・・・
ハヤカワさーーん!待ってる読者がここにいまぁーす!!!

   



続いては、これが目的の方も多い「七福神による翻訳ミステリーこの1年」
OI000110.jpg 
書評七福神のなかから、今年は(右から)北上次郎さん、吉野仁さん、川出正樹さん、杉江松恋さんがいらっしゃった。
毎年、もっとも楽しみにしているのが北上トーク(笑)
この話題についていくために読まなきゃ!という妙なモチベーションにもなっていたり。

 20170422myth1.png
こちらをクリックで拡大

書評家7人の方々が、その月に読んだ本のなかで一番良かったものを挙げ、その1年分まとめたものが上記の表。
それぞれ個性を反映していて面白い。
吉野さんの昨年のベスト1は、「マプチェの女」、川出さんは「彼女が家に帰るまで 」
杉江さんは「プラハの墓地」 だそうです。

めちゃくちゃ高評価な「マプチェの女」。わたしも読んでレビューもしてるはずなのにあまり覚えてない(笑)前半悲惨で、後半無難な感じだったという記憶しかない…アルゼンチンものは、「ブエノスアイレス食堂」が凄すぎたし、フィリップ・カーの「静かなる炎」の イメージが鮮烈すぎたのかな?

「プラハの墓地」 は、文書偽造を生業しているちょっとやばい男シモニーニの物語。
なにがやばいって、このシモニーニ、ある朝起きるとふと自分のものではない聖職者の服を着、曜日を勘違いしていることに気づいたりするのだ。しかし、めちゃくちゃ性格が悪いので同情はしない(笑)
テーマは「憎しみと陰謀」。人間がもつ負の感情のパワーは驚くばかりだが、そこはエーコなので万人向けではないかも。お値段もなかなか(汗)

  


そして、北上さんは、、、
OI000231.jpg 
C・J・ボックス「狼の領域」 は、なんと、5年に一度の大作だという絶賛ぶり。
ちなみに、10年は「グレイマン・シリーズ」!

に手をつけられなかったのは、ひとえにKindle版がなかったから…
電子版も出してください…

ロバート・ゴダードの新作「謀略の都 1919年三部作」も、「Kindle化リクエスト」をクリックしまくっていたのに、待てど暮らせどKindle化されない(泣)
絶対読みたかったので、しびれを切らして紙の本を買ってしまった。
ただ、わたくしは清く正しいオタクであるので、基本アマゾンプライムで買うことにしている。紙の本だと、ヤマトのお兄さんの仕事を増やしてしまうぢゃないの…

さて、今回一瞬しか話題に上らなかったが、北上さんといえばグレイマン、グレイマンといえば北上さん。彼が声を裏返らせて「暗殺者グレイマン」を絶賛したのは、いまを遡ること6年前?のコンベンションだった。すきま風の入る寒い旅館の大広間で、それはそれは熱く語ったものだった。
その影響で私も「暗殺者グレイマン」を買ったし(笑)横浜読書会のメンバーにも買った人がいた(笑)きっと他にもたくさんいらしたはず(笑)

ところで、グレイマンシリーズって何?という方はこちらをどうぞ。(だいたいあってると思う)

第5作にあたる「暗殺者の反撃」は、グレイマンがなぜ古巣のCIAに命を狙われているかが明らかになり(今頃?!)、なんとそれが解決する。普通ならそこで物語は終わってしまうのだが、これがなぜだか終わらない。
ここから第二のグレイマンの人生が始まることになる、、らしいが、何をするつもり?
くれぐれも「あの時、終わっておけば・・・」ということになりませんように。

    

 



休憩を挟んで、「翻訳ミステリー大賞のリアルタイム開票&授賞式」。
今年の候補作品は、
アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ(著)、ヘレンハルメ 美穂&羽根 由 (翻訳) 

ジョー・ネスボ (著)、鈴木 恵 (翻訳)

マプチェの女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
カリル フェレ (著)、加藤 かおり&川口 明百美 (翻訳)

ミスター・メルセデス ミスター・メルセデス
スティーヴン・キング  (著), 白石 朗 (翻訳)

話題作揃いなので、4作品皆読んでいるという方も多いのでは?
かくいうわたしもそう。
で、個人的にはキング&白石コンビで決まり!と思っていた。
だって、キングのミステリよ?
エドガー賞受賞作で、すごくすごく良くできていたのよ?
受賞作中もっとも仕事量が多かった(?)白石さんが表彰されるとこが見たいじゃないの。

でも、、、わたしの予想は毎年はずれるのが常…


開票とともに、ポーちゃんの顔が貼られていく。
大きいポー=ポー10個分
OI000261.jpg 

初っ端から、「その雪と血を」がぶっちぎり。
勢いが違ったわ・・・


翻訳家の鈴木恵さん、早川書房の担当者さま、
おめでとうございます!
20170425012.jpg 
大人気の撮影シーンだったので、人の頭ばかりがうつってしまっていて、
ピントがボケてるのしか撮れなんだ。
右が鈴木恵さん。男性だとは今の今まで知らなかった・・・

その映像的な美しさへの賞賛と、クリスマス前に読みたかった〜!というコメント多し。
確かに、クリスマスの時季に読むとグッとくるかも・・・

なんとこの続編(当然主役は変わる🐡)も刊行予定なのだそうだ。
次はコミカルな仕上がりらしい。
ネスボもマメだなぁ。


その2につづく・・・
関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 海外ミステリ    コンベンション 
2017/04/24 Mon. 12:29 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

アソな夜@銀座 

前から行ってみたかった銀座のアルジェントASOさん。
OI000032.jpg 

ここは、ひらまつさん系列のイタリアンのお店。
ひらまつ系唯一のミシュラン三ツ星は、代官山のリストランテASO
その姉妹店が銀座のこのお店。
ひらまつ系ならではのソツのない接客とサービスに安心感が持てる。

ひらまつさんは最近ホテル業界にも進出していて、熱海仙石原賢島に温泉付きのオーベルジュをオープンさせた。インバウンドで景気もいいのかな。
お写真みるとかなり豪華!そして、結構なお値段・・・
一応一口とはいえ株主なので、今度ご優待を使って行ってみようかな。

一休とかでも予約できます。


さて、今日のお酒は飲兵衛さんにお任せ!
シャンパンにはじまってロゼ、白と強くもないのに調子に乗っていささか飲み過ぎた・・・
年々回復が遅くなってきていて翌日まで残ってしまうので、事前に「ヘパリーゼドリンク」を飲もうと思っていたのだが、待ち合わせに遅れそうだったので飲めなかったのだ。あれを事前に飲んでおくと、二日酔いが多少は軽減される。
少々遅刻しても飲んでおけばよかったなぁ〜

ちなみにめちゃくちゃ強い友人曰く、
「ヘパリーゼなんか飲んだりすると、余計に飲み代がかかっちゃう!」だって(笑)


1皿目は前菜の盛り合わせ
兎のフリットと茸、蛍烏賊の煮込み、鰆とキャビア
OI000024.jpg 

1492656744498.jpg 
兎ちゃんは、春の味。
というか、言われなければチキンだと思ったかも。



2皿目は、ホタテ貝のグリルのサラダ仕立て
OI000039.jpg 

甲殻類と貝類にアレルギーのあるグルメな友人は、多くのメニューが変更してもらっていた。
この春からは、なんと苺のアレルギーも追加になったそうだ。
苺のアレルギーって!!!
大のスイーツ好きなのに・・・
彼女よりも、私のほうがずっと不健全な生活を送っている自信がある!
運動はしているけどもお酒も飲むし、食事も結構偏っているというのに。
グルメな彼女が嫌いなわけではないのに食べられないって、辛すぎる〜(´;ω;`)


パスタは真鯛と桜エビ、は玉ねぎ
旬の桜エビが香ばしい春らしいパスタ。
OI000045.jpg 


お魚料理は、小ぶりなオマール。
OI000051.jpg 



お肉は花悠豚(カシューぶた)
OI000059.jpg 
イベリコ豚はどんぐりだが、花悠豚はカシューナッツを食べてそだった豚さんなのだそうだ。
ルイビ豚やら、花悠豚やら、豚界のブランド化すごいな。
花悠豚は、甘みと旨みの強い豚さんでした。


デザートは日向夏のサヴァラン
OI000070.jpg 

プチフール
OI000071.jpg 
とても楽しい夜でした!
関連記事

category: 横浜&東京レストラン

thread:  - janre: ブログ

2017/04/20 Thu. 11:57 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top