Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

鎌倉文学館のバラ 

食事のあとは、少し歩いて「鎌倉文学館」へ。
食べたら歩く。これ、鉄則!

横浜にある神奈川近代文学館は、ものすごい坂を登らなければならないが、鎌倉文学館へは平坦に行ける。しかも今はバラの季節!
このために週末いっぱい痛めた足を休ませ、20キロ歩けるという触れ込みのパンプスを履いてきたのだ!(←普通で大丈夫です)


さて、この鎌倉文学館は入園料も安く雰囲気もあるので、おデートにも最適!
夏でも木立で涼しく、フィトンチッドでリラックス、
自然に手だって繋げるというものだ。
Z3SBLWCjhwKYpbq1496112782_1496112816.png 
若いっていいね・・・


これまた洋館。旧前田侯爵家の別邸だそう。
OI000228.jpg 
夏目漱石生誕150周年ということで、「漱石からの手紙、漱石への手紙」という特別展をやっていた。
なかには達筆すぎて読めないものもあり(笑)
漱石といえば、まず早稲田界隈のイメージだが、鎌倉にもゆかりがあったらしい。

しかし、字が綺麗というのはいいなぁ。
すっかりPC慣れしてしまって、今では漢字も怪しいワタクシ・・・(汗)



強い日差しにも負けず、色鮮やかに咲いていた薔薇たちを、しばしご鑑賞あれ。
OI000273.jpg 

OI000257.jpg 

OI000288.jpg 


鎌倉小町という品種の可愛らしいバラ
OI000236.jpg 

OI000293.jpg 

温暖化のせいか、最近の季節は夏と冬しかなくなっており、花にも厳しい環境になりつつある。
桜もあと少ししたら、九州では咲かなくなる可能性もあるのだとか。
なんでも桜は一旦寒さを経験しないと開花しないそうで、暖冬問題は深刻なのだそうだ。

OI000287.jpg 

OI000289.jpg 

GWにNHKで、「バラのささやき〜創られた美の物語」というのをやっていた。

今の花屋で売っているのは全てモダン・ローズ。

そのモダン・ローズの誕生に貢献したのは、かのナポレオン妃・ジョゼフィーヌだった。
時に夫が戦争をしている敵国からもバラを集めた。ヨーロッパのみならず中国や日本のバラも取り寄せ、マルメゾン城に植栽させたが、そこで、出会うはずのない東西のバラが交配されたことがモダン・ローズの礎となったのだ。
la france rose 
そして、究極のバラ、「ラ・フランス」が誕生する。
剣弁高芯咲き。花弁が幾重にも重なる様はまさに究極の美。しかし、この究極の美は、自然界ではあり得ない、人の手によって創られたものなのだ。
このラ・フランス以前のバラをオールド・ローズ、以降モダン・ローズと称するようになったという。

この「バラのささやき〜創られた美の物語」は、なかなか良くできたドキュメンタリーなので、再再放送の機会がもしあれば、ぜひともご覧ください。


ゴージャスなモダン・ローズもいいけど、一重のバラも可憐で素敵。
OI000263.jpg 


OI000295_12.jpg 


バラも堪能したことだし、そろそろ帰りましょう。
OI000307_3.jpg 



 バラと森林浴の仕上げには、、、、
今年初のかき氷!!!
OI000337.jpg 

ということで、鎌倉散策はおしまい。
Mさん、ありがとうございました!
関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/05/31 Wed. 11:58 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

洋館でランチを@鎌倉 

鎌倉駅近くの築100年の洋館レストランで友人とランチ。

平日でもおばちゃんたちで賑わう小町通りとは駅の逆側を、お散歩気分で歩いていくと、
住宅街に突如としてステキングな洋館が!
OI000013.jpg 
アプローチの芝部分や背後の山も含めてすべて古我邸の敷地だそうだ。


お天気にも恵まれ、新緑もまぶしい。緑がわっさわっさ。
しかし、今年は暑いね・・・

入り口にはセコム
OI000001.jpg 


洋館はナチュラルガーデン風に草花が排してあり写生をしている人もいる。
カフェのみの利用もできるみたいなので、お茶をしにくれば写生もOKなのかな?
OI000061.jpg 


テラス席も素敵だけど、、、
もう今の時期は暑い?
OI000187.jpg 


OI000066.jpg 
平日にもかかわらず、レストランはほぼ満席。
常連っぽいザ・鎌倉マダ〜ムという方々も、優雅にランチしてらっしゃる。

ということで、我々もまずは泡でもいただきましょう。
OI000085.jpg 


ランチのコースは3種類。
今回は真ん中のコースをオーダー。


前菜はさより
ホワイトアスパラガスのソルベに、トマト、
カリカリにしたカマンベールでサラダ仕立てに
OI000090-2.jpg 



スープは、ポテトのポタージュ
上に乗っているのは生ハム、中にはジェノバソースが隠されていた。
ポタージュの甘みと、生ハムの塩気、バジルの香りが絶妙〜〜
OI000095.jpg 


お魚はヒラメ
ホタルイカに、グリーンピースとソラマメと色鮮やか
黒いのはイカスミのソースで、ピンクのがアンチョビのソース
OI000126.jpg 
け、結構、ボリュームが・・・


次はお肉なので、赤でも行っておきませう。
ナダル優勝まで飲まないっていったくせに、、、、
舌の根も乾かないうちに(汗)
でも、ナダルは私の飲酒に関係なく、自分のベストを尽くすからいいの。

全仏でもラ・デシマを達成してほしいなぁ。。。


さて、選んだのはコート・デュ・ローヌ
ドメーヌ・サンガヤンのジコンダス
OI000132.jpg 


なんでもカパカパ飲む派(笑)
OI000149.jpg 


お肉は鴨のラケ。
やや堅めだったけど、マンゴーの甘酸っぱさがマッチ。
OI000159.jpg 

鴨にもよくあってたけど、子羊ちゃんのローストとかとも相性よさそう。
というか、南仏産の高級ラムちゃんと南仏産ワインが合わないわけがない。

惜しむらくは、ラムの産地を味わいわけるほどの舌を持ってないことだが、
逆に、なんでも美味しくいただけるというのは幸せなことだ。
駅前の肉屋でも売ってるニュージー産でも十二分に美味しくいただける。

今、「バッタを倒しにアフリカへ」 と、「文藝春秋SPECIAL 2017年夏号 脳と心の正体」いう本を読んでいるのだが、バッタ博士も橘玲氏も言っている。
幸福のハードルが低いほど、幸福を感じやすくなると。。。

  

塩胡椒したラムチョップをフライパンでソテーし、バルサミコ、醤油、ベリージャムなんかを投入して作ったソースなどにも合いそう。前菜にサーモンのサラダなんかを作れば、あら、おされ、素敵ディナーのできあがり!ではないか。

ツマのランチ代がどうとかこうとか言われる昨今だが、、、
言い訳させてもらうと、自分で出しているのよんわたしは(`∀´)


    



デザートはルバーブとヨールグトのタルト風にライチのジェラート
OI000169.jpg 
ルバーブは赤に限る!

赤いルバーブ、そろそろフレッシュが出回る頃かな?


ミニャルディーズとハーブティー
OI000171.jpg 

というわけで、大変楽しいランチでした。
関連記事

category: 横浜&東京レストラン

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/05/30 Tue. 11:17 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

無限の書 / G・ウィロー・ウィルソン 

Kindle版でも2800円もするので購入に躊躇した(*゚ェ゚*)

打ち身で足が腫れているので慰めも必要。
どこでぶつけたのかは覚えていないが、こんなに痛い時でも涙がでないドライアイって辛いなぁと思ったことは覚えている(笑)ドライアイ、辛いわ…
今では痛みが下に降りてきて歩くと足首のあたりが痛む。週末でなんとか治したいなぁ。

それにしても、Kindleには単行本も文庫もないので、Kindle版はもう少し値引きしてくれてもいいのに…

本書は一言でいうと、サイバーパンク版のアラビアンナイト。
といっても、よくある肉体的機械との結合的なモノではなく、思考的サイバーとでもいうべきか。
しかし、物語は素直で楽しく十分な慰めになる。

舞台は中東の架空の国。
ペルシャ湾岸のイスラム教の戒律が厳しい世界だ。
主人公は、そんなイスラム圏の砂漠に囲まれた専制都市”シティ"に生きるハッカーの若者アリフ。

アリフというのはハンドルネームで、英語でいうアルファベットのAに該当する。
父親は資産家だが、母はインド人の第二夫人だ。純粋なアラブ人ですらない彼に明るい将来はないが、ハッカーとしてはネット上で評価されている。料金さえ払ってくれれば、誰であろうと彼のプロテクションを受けられる。

油田の恩恵で銀メッキのメルセデスを乗り回す王子がいる一方で、水道設備すらない地区が混在しているこの国では、あらゆるブログ、チャット、フォーラム上で不平不満や困窮の言葉が検閲されているのだ。
数年前からその規制と検閲は異様なほどに強化され、<ハンド>と呼ばれて恐れられるようになった。

アリフは、貴族の令嬢インティサルと隠れて付き合ってたが、彼女に突然別れを告げられる。彼女は釣り合いのとれる家柄の男との結婚が決まったのだ。
失望したアリフは、彼女特有のパターンを認識するプログラムを開発してしまう。それをブロックさせれば、一切、インティサルがネット上でアリフを探すことのできぬようになるのだ。

そんな時、アリフは突然、<ハンド>にハッキングされる。
自分の追われる身となったアリフは、幼馴染のダイナを通じてインティサルからある本を受け取る。「千一日物語ーアルフ・イェオム」と金の文字で冠されたその古い写本は、幽精(ジン)によって語られたものだったのだ。
そして<ハンド>は、その人間が本来知るべきでない知識が隠されているという写本を狙っていた。
追っ手から逃れるため、アリフとダイナは異世界へ足を踏み入れるのだが…

tumblr_n94e2aZNQ31sy9gheo1_500.jpg 


本書は、2013年の「世界幻想文学大賞」を受賞しているというが、それには「アラブの春」が大いに関連しているのだろう。
アラブ世界に波及した現政権に対する抗議・デモ活動の発端は、ネットだったという。この物語でも、主人公のアリフはそれらの活動家たちをプロテクトするハッカーだし、アリフ自身も体制側の<ハンド>に狩られる身となる。

abu-dhabi.jpg 

また、アラブ世界といえば、アラビアン・ナイト、ランプの精などの幽精(ジン)だが、その「人ならざるもの」が微妙にネット社会とリンクしている。
別次元にいるジンたちは、通常人間には見えないということになっているのだが、主人公アリフもまた、アラビア語のAという記号に隠れ「見えざるもの」として活動しているというのも面白い。原題は、「見えざるものアリフ (Arif the Unseen)」なのだそうだ。

ジンや彼らの世界に関していえば、ブライアン・グリーンの「隠れていた宇宙 」の多元宇宙論を思い出したりもした。三次元の世界で進化をしてきた我々は、それより高次元のものを見ることはおろか、イメージすることもできない。
物語の中で、老師様が「人の心はなんらかの形で存在するものしか想像することはできない」と言っているがまさにそれだ。我々が見ることのできない次元に神もジンたちも生きているのかもしれない。

アラビアン・ナイト的な素敵さあり、多元宇宙的な広がりもあり、政治観、宗教観も織り交ぜてあってある。善悪がはっきりしているエンタメでありながら、そう単純でもない。なかなか有意義でイケてる小説だと思う。

 


 

category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: SF  中東  イスラム  単行本   
2017/05/27 Sat. 21:31 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

2年目 

先週末は、お料理教室。
伺いはじめて2年目に突入した!


この日はチャイニーズのグリーンなテーブルに、
ヨセフ・ドラーテンのリースリング100パーセントのスパークリングをあわせて。
1495198997742.jpg 

このリースリング、カルディで安く売っていたので試しに買ってみたけど、大正解!
ドライなのにフルーティーで飲みやすい。清涼感があるのでこれからの季節いいかも。

高級シャンパンとのこの手のお安いスパークリングとの大きな違いは、思うに、後味のアルコールが尖っているか否か。それほど飲んでいるわけではないけど、高いものほどマイルドな気がする。
これも、気をつけて飲むと多少感じるけどそれは仕方ない。でも、ドイツものには大体はずれなし。

ミステリは、ちょっとエグみが際立っちゃってね…というところがあるが、ドイツワインはなかなか美味しい。

ただ、このヨセフ・ドラーテンのリースリングは、カルディの定番取り扱い商品ではないみたいで…
もし、実店舗で見つけたら、ぜひお試しあれ!



この日の料理は、、、
まずは、テーブルがこれひとつで華やかになる「海鮮のレタス包み」
1495199027822.jpg 
エビ、イカ、長ネギ、しいたけ、アスパラ、たけのこ入り。
味付けは、オイスター&醤油、酒、砂糖の合わせ調味料で。


「スナップえんどうの中華炒め」
スナップえんどう、今が旬で美味しいよね〜〜!
1495198989595.jpg 
お肉はヘルシーに鳥むね肉で。
たっぷりの油で溶き卵を炒めて一旦年だし、そこに醤油、酒、片栗を揉み込んだ鳥肉を入れて火を通し、スナップえんどうを入れ、卵を戻したらできあがり。



「蒸し五目豆腐」
1495198994268.jpg 
味は広東風のオイスターソース&塩系。
ご飯がススムのでデヴには危険…

教室のメンバーは年齢もバラバラだけど、一緒に旅行に行くほどの仲の良さ。
最近特に思うのは、健康と人の縁のありがたさ。
健康は言わずもがなだが、仲間の大切さもまたしかり。

私はわがままで人見知りもするので、基本的に自分のことをよく理解してくれている奇特な人間としか付き合おうとしなかったのだが、それはもったいないことだなぁと思うようになった。
良いご縁に恵まれて感謝!!!


  
関連記事

category: 料理

thread:  - janre: ブログ

2017/05/24 Wed. 18:13 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

灰色の密命、宿命の地 〜1919年三部作 / ロバート・ゴダード 

ゴダードの"スパイ小説"と銘打たれた「1919年三部作」
「謀略の都」を読んだ後、一気に行こうと思っていたので、第三弾が発売されるのを待っていたのだ。

  

      

で、読み終えたのだが、なんと言っていいのやら…
二日で一気に4冊読めるくらいなので、面白くないわけではない。

けれども、これはやはり「スパイ小説」というよりも、「カッコいいマックスの物語」というほうがふさわしい。

私は嫌いではないが、読書会なんてやろうものならボロクソだろうなぁ…(笑)
こんな長い小説は絶対に課題本に選ばれることはないので安泰だけども。


スペンサーも出来過ぎ感満載だが、マックスも同じ。
でも、女性受けするのは間違いなくマックス。
よほどのマニアでもないかぎり、恋人に夢中の中年の私立探偵より、28歳のカッコイイ英国貴族でパイロットのマックスのほうがいいに決まっていると思う。特に小説の主人公としてみるならば。


そのマックスの何が問題かといえば、、、、
とにかく、強運すぎるのだ(笑)

主人公なので、簡単に殺されたり半身不随になったりすると、ストーリーに支障をきたすのはわかってはいるのだけど、それにしてもラッキーすぎる…
「宿命の地」あたりになると、慣れてしまい逆に安定感さえあった(笑)


でも、なんだかんだ、私はゴダードファンなので、、、
ま、こういうのもアリかな・・・?

完結編といいつつ、完結していなくても許す。

それに、ゴダードでなければ、
いまどき電子版のない本など絶対に買いません。

関連記事

category: ミステリ/エンタメ(海外)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 文庫  英国 
2017/05/23 Tue. 15:56 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top