Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

うめ*ウメ*梅 

関東は空梅雨?
湿度が高く気圧の変化の激しいこんな時期は、体調も崩しがち。
かといって、梅雨明けするとバカみたいに暑くなるし、、、(´;ω;`)

今年も猛暑予報がでているけれど、暑さにとんと弱い私。
果たして乗り切れるのか不安…

そんな時は「梅」!
クエン酸で疲労回復、ピルビン酸で血液サラサラ、豊富なミネラルとカルシウムでアンチエイジング!
ならば、是非とも梅酒を作らなくては!

ということで、「梅の教室」なるものにいってきた。
梅についての基礎知識、梅酒はもちろん、梅干し、梅シロップ、梅味噌、梅醤油といった調味料の作り方を習うのだ。

この教室で使用するのは、完熟の「杉田梅」。この「杉田梅」は、もともと横浜市磯子区の杉田で栽培されていた品種だという。原種に近い品種で、南高梅などもこの杉田梅から酸味を抜いて作られたものなのだそうだ。

原種に近いといいつつ、その実は大ぶりでフルーティーな香りが強い。
IMG_1213-2.jpg 
左から、南高梅、"杉田梅"、白加賀の青梅。

磯子の梅林はその後廃れてしまい、今は小田原でつくられているそう。
いろいろな梅からできた梅干しを食べ比べてみると、なるほど杉田梅は酸味も香りも強い。
でも、このすっぱさ好き〜!
抗酸化力も強く旨味も強い。

わたしも貴重な完熟「杉田梅」を2Kgほど分けていただいた。
早速帰宅後に、1水洗い、2ヘタ取り、3ホワイトリカーで洗うところまで済ませ、ジップロックに入れてあとは冷凍。
IMG_1247.jpg 
ここまでやっておけば、いつでも好きな時に梅酒にしたり、梅シロップ、梅醤油、梅味噌にもなんでもできる。(梅干しは冷凍してはダメ)

でもなにはともあれ、梅酒だ〜〜!
梅干しは来年頑張ることにして、今年は買おう(笑)

日本酒とホワイトリカー半分づつで作るつもり。
完熟の梅なので2週間くらいで飲めるようになるそうだ。


梅シロップも、梅とお砂糖の種類が変えると味も全く違う。
IMG_1224.jpg 
わたしはすっきりとした氷砂糖が一番だったかな?
はちみつや、国産さとうきび糖の喜美良おすすめ。

  



教室でのランチは"梅づくし"のお弁当
IMG_1230.jpg 
*梅とお豆のご飯
*絹揚げとズッキーニ、プチトマトの梅醤油炒め
*鶏胸肉とレンコン、まいたけの梅味噌焼き
*ルッコラの梅醤油の実とマヨネーズ和え
*セロリとミョウガの梅シロップ即席漬け

デザートは梅シロップを使った甘酒のゼリー
飲み物は梅酒のソーダ割りで(笑)

どれも美味しいけど、梅豆ご飯超うま〜〜!
梅干しを一緒に炊くことで、ご飯に適度な塩味がつくほか、抗菌効果が生まれるのだそう。
この季節のお弁当にぴったり。

このご飯に入っているのは、梅干しのほかに雑穀米。
いい梅干しをいれるとまさにい塩梅。
おにぎりにしてもGood!

    
 




関連記事

category: 料理

thread:  - janre: ブログ

2017/06/30 Fri. 13:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

世界の[宗教と戦争]講座 / 井沢元彦 

旅行前にDLして、ちびちびと読んでいた本。 

ところで、井沢元彦って、『猿丸幻視行』江戸川乱歩賞受賞した井沢元彦?(←古い!!!) 
って、私の知っている著者はエンタメ系の小説家だったが、近年は歴史研究家としてのほうが有名らしい。

本書もお値段は安かったが、良書だった。
世界で起こっている出来事がなぜ起こったのか、その根本を理解することができる。

いまさら言うまでもないが、宗教はいつの時代も争いの元だ。
最近でも、英国でイスラム教スンニ派のリビア系の若者がマンチェスターのコンサート会場で自爆テロを起こしたばかりだし、今度は、ロンドン中心部でイスラム教徒を狙ったテロ事件が起きている。

メイ首相も「もう、たくさん」と言っていたが、宗教嫌いなR・ドーキンスはさぞウンザリしていることだろう。ドーキンスのいうように「神は妄想である」と私も思う。それか、古代宇宙人だったとか(笑)しかし、今更だが多くの人の共通した妄想というのは莫大な力を持つ。

こうも争いが続けば、もう宗教いらなくね?とも思うが、人々にとって精神的にあまりに重要になりすぎているがゆえに、簡単にはいかない。

例えば、イスラム教徒に豚肉は美味しいから食べてみなよ?というのはイスラム教徒の人にとって冒涜以外の何物でもない。著者によれば豚がタブーなのは明確な理由がないそうだが、決まりは決まりだ。
とはいえ、タブーは魅力であるのもまた事実で、牛が食べられないヒンズー教徒の間では決して美味しいとはいえない水牛のステーキが流行っているのだという。実は牛肉を食べてみたいけれども、宗教に反するので食べられない。でも水牛はではないから食べてもOKだというわけだ。
ならば、酒が禁忌のイスラム教徒にノンアルコール飲料が「売れる」のではないか、と著者は提案しているのだが、どうだろうか。ノンアルコールといえども実はちょっとアルコールが入っているのだけれども。

ところで、今も激しい宗教戦争の中心にあるイスラエルは、ご存知のとおりユダヤ人の国だ。長年に渡る迫害や追放されてきたユダヤ人が、自分たちの「国」を作ろうといって作ったのがイスラエルという国である。そして、ユダヤ人というのは、人種や住まう地域、国家的なくくりを指すのではなく「ユダヤ教を信仰している人々」のことだという。
宗教が人間にとっていかに重要なものであるか、の一例だろう。

イスラエル問題や昨今のイスラム過激派によるテロを例にあげるまでもなく、宗教問題は根が深く厄介だ。
私たち日本人からすると、お互いの宗教をお互いに尊重し平和を目指せばいいじゃないかと思うが、そうは問屋がおろさない。キリスト教、イスラム教、ユダヤ教のそれぞれが「一神教」だからだ。つまり、神様は自分たちの神様だけだとお互いが主張して譲らない。しかも、他教を否定し改宗させようとするのだから始末が悪い。だいたいにおいて、彼らの神様が狭量で排他的なのがいけないのだ。

私たち日本人が他人の宗教に寛容なのは、元来「八百万の神」を信仰しているからだという。(※ただし、日本人は「八百万の神」と「仏教」の混合らしい)
日本人が、クリスマスだといって大騒ぎし、大晦日には神妙に百八つの鐘をきき、正月には神社に詣で、盆彼岸には先祖の墓参りをするのにもちゃんと理由がある。
中国を経由し入ってきた「仏教」が日本で独自の信仰をいかしつつ、ガラパゴス的進化(?)を遂げていったという考察も面白い。

それとともに、なぜ日本は韓国、中国と仲が悪いのも「宗教的背景の違い」によるものが大きいという。言われてみれば納得のオンパレードだった。


  

category: 宗教・思想

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2017/06/29 Thu. 17:12 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

冬のニュージーランドに行ってきた! その6〜ちょっとだけオークランド&お土産編 

クライストチャーチからオークランドに移動し、一泊してすぐ翌朝の便で帰国。
残念ながらオークランドの滞在時間はすごく短い…

他の日は全てお天気に恵まれたが、ここではいまひとつ。
スカイタワーもガスっていたので、タワーにも登らず港のほうへ行くのもやめにした。
IMG_0823.jpg 


ホテルはオークランドの中心部のメルキュール
スーパーにもスタバにも歩いていける立地が取り柄。
IMG_1135.jpg 


テカポに比べるとオークランドは大都会すぎて、その落差には笑ってしまうほど(笑)
といっても人口は150万くらい。
明るくて星は全く見えないし、ブランド・ストリートもあり、超高級車もブンブン走っている。

スタバだってある。
IMG_1155.jpg 
コーヒーはだいたい日本と同じくらいのお値段。
日本では高いけど、物価の高い海外では安く感じてしまう…
スカイタワーは、クイーンズ・ストリートのスタバあたりから見ると、最も大きくみえる。

IMG_0819.jpg 

IMG_0821.jpg 

NZは概して物価が高いが、オークランドの家賃は特に高いそうで、最低の部屋でも18〜20万くらいはするという。昔は、若い人たちは一軒の家や、何部屋かあるアパートを複数でシェアしていたらしいが、家賃高騰のため、ワンルームをシェアせざるを得なくなり、プライベート空間が全く持てないことが社会問題になっているそうだ。


クイーンズ・ストリート沿いにあるNew World Metro
IMG_1154.jpg 
チェーン店のスーパーマーケット。
15パーセントの消費税も全て内税表示なので、買い物はしやすい。

よく海外は物価が高いというと、「そんなことないよ!」という方がいらっしゃるのだが、実際、先進国で日本より物価が安いところはほとんどない気がする
テカポでも、このオークランドのNew World Metroでも、卵は1パック8〜9ドルくらいだし、農業大国なのに生鮮食品も乳製品さえも安くない。原発がないので電気代も高い。その分、収入もそれなりなのだろうけど。
持ち込み禁制のキューピー・マヨネーズはここでは高級品。8ドルくらいするそうだ。


バラ撒き土産ならスーパーで十分。もちろんオークランドのスーパーはカードも使える。
New World Metroは夜10時までだが、24時間営業のスーパーも歩いていける。


ワインも買った。このためプチプチとガムテとゴミ袋を持ってきた(*^_^*)
IMG_1161.jpg 
賞をたくさんとってるワイン。
NZのソーヴィニヨン・ブランは香りが華やかで美味しいのだ。日本で買うと4,000円くらい、レストランで飲めば1万円以上する。
赤も美味しいので、ピノ・ノワールも買えばよかった・・・


Cookie Timeというメーカーのクッキー。
下は、大判×9個入り。
IMG_1160.jpg 


チョコレートやお菓子はスーパーのほうが断然お得。運がよければセールもやっている。
キャドバリーの板チョコも2.99ドルだった!
IMG_1189.jpg 


Cookie Timeは、バラ撒きに便利な個別包装のミニサイズ×7個入りのものもあり。

IMG_1250.jpg 

IMG_1158.jpg 
↑真ん中のマヌカ・ハニーと手前のハチミツ2個は、テカポのお土産屋で買ったもの。ちゃんとしたマヌカ・ハニーはスーパーでは扱っていない。

このマヌカ・ハニー、急激に高騰しているらしい。
3年前にも来たという方によると、その時は90ドルだったのに、今回200ドル超えていて驚いたと言っていた(一番薬効成分があるやつのことね)
3年でほぼ3倍!!!

お土産にはできないお値段なので、、、、我が家用に一個だけ。
「お土産にはマヌカ・ハニーをお願いね❤️」などと気軽に言ってはイケマセンね。


バターは缶詰入りを買った。これもお土産屋さんオススメのもの。
(※缶詰とはいえ液体扱いになるので、機内持ち込みはNG)
IMG_1186.jpg 
これは12ドルくらいしたけど、普通のやつならスーパーで6ドルくらいで買える。
100均とかで売ってる保冷バッグを持ってきていたら、それで持って帰れたかも…

ニュージーは乳製品の持ち込みはNGだけど、バターもチーズも持って帰る分はOK。
機内ではカメラをしまいこんでいたため写真はないが、サービスされた機内食もワインもチーズもとても美味しかった。


本物のマヌカ・ハニーはお高いけど、それを使った美容グッズにはお手軽なものもアリ。
女友達のお土産にぴったり。
↓パック
IMG_1159.jpg 

↓リップクリーム
IMG_1188.jpg 

ところで、NZで使える現金はNZ$オンリー。
ホテルや空港、スーパーではカードも使えるが、南島の田舎では使えないお店もまだ多くあるし、手数料が加算されるところもあるそうだ。余裕をもって両替していったほうが無難かも。
長滞在者ならNZの銀行で両替という手もあるが、ホテルの両替は成田でやっていくよりも高くつく。
両替は、みず⚪︎や三井⚪︎友などのBK系より、成田空港がやっている両替(南ウイングH)が一番レートがよかった。

もし、両替したお金が余ったら、オークランド空港内の「Kiwi Discovery」というお店なら、日本円やカードと混ぜて使い切ることができる。日本円で出せば日本円でおつりももらえるのでありがたい。出国前のところと出国後の両方にお店があるけど、出国してからのお店ほうがちょっとお得だし品揃えもいい。
ということで、ご参考までに〜


さよならニュージーランド。またいつか!
IMG_0838.jpg 
ニュージーネタは、これでおしまい。

関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/06/28 Wed. 13:48 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

冬のニュージーランドに行ってきた! その5〜食事編 

旅行で食事は重要な要素。でも、、、
ニュージーランドは美味しい!!!

そりゃお肉もブランド和牛には及ぶべくもないけが、オーガニックな感じがGood!
何を食べても美味しかった。
危険をおかして「どん兵衛」を持ち込む必要はナシ(笑)


まずは、テカポの「ペッパーズ・ブルー・フィールズ・リゾート」のディナーは、スープ、メイン(お肉)、デザートの3コース。

カボチャのスープ。
IMG_1001.jpg 
カボチャは旬なのか、クライストチャーチでも出てきた。

メインはNZビーフのステーキに巨大なベイクド・ポテトが添えられたものだったけど
クライスト・チャーチから来たというおじさんとおしゃべりしてて撮り忘れ・・・
サワークリームのかかった巨大なお芋は半分残してしまったが、ドイツよりも美味しかった。

おじさん作の「蓮の花」
IMG_1002.jpg 
発音よすぎて英語が聞き取れなくて…(汗)
単語も結構忘れちゃってた…



デザートは焼き林檎、クリームチーズのアイス添え
IMG_0463.jpg 
ワインも飲みたかったが、星空ツアーを控えていたので我慢。


朝食はブッフェ形式
普段朝はコーヒーだけ派だけど、せっかくなのでヨーグルトとフルーツを。
IMG_1004.jpg 


その次の日は少しボリューミーに。
緑のは100%キウイのジュース
IMG_0954.jpg 



ザ・ハーミテージホテルのThe Alpine Restaurantもブッフェ・スタイル。
IMG_1049.jpg 

山盛り(笑)
IMG_1047.jpg 


眺め抜群!
IMG_0592.jpg 



そうそう、テカポといえば、
湖のほとりの和食処の「Kohan Restaurant」が有名。
全く期待してなかったのだが、、、

これが予想に反し、超美味しかった!!!
IMG_1084.jpg 
ここは、絶対行くべき。
NZ産のサーモンもとても美味しかったし、お米は酢飯でなんと日本米!
中には厚焼き玉子とサーモンの角切りが隠れていて、わさびも粉わさびをといたものではなく、すりおろし。香りいい。

ありがちだが、このあたりでも昔は「いくら」は捨てていたそうだ。
モッタイナイ・・・




テカポからクライストチャーチまでの途中では、名物だというアイスクリームも食べた。
"Hokey Pokey"というキャラメルが入りが一番ポピュラー
IMG_0995.jpg 

せっかくだからと頼んでみたが、
私にはちょっと甘すぎた・・・
IMG_0998.jpg 
アイスにキャラメル、甘くないわけがないけど。




クライストチャーチでは、
英国風パブレストラン「Cranford Ale House」に行った。
MSIez0d4auXgonv1498012106_1498012140.png 
お酒はバーで買うのだが、生ビールは溢れるまで入れてくれるので、少し飲んでからじゃないと席まで運べない(笑)


↓ほとんどジュースなジンジャー・ビール
IMG_1128.jpg 


IMG_1129.jpg 


お魚のフライwith マッシュポテト
IMG_1131.jpg 
ホキというタラの仲間の白身魚。
ホキは、マックのフィレオフィッシュに使われている魚なのだとか。




そして、オークランドの「Daikoku Restaurant」
IMG_1153.jpg 
日本人観光客御用達の鉄板焼きのお店。
店内には日本人だけでなく外人さんもたくさんいた。

ここでは地ビールをば。
IMG_1140.jpg 
あっさり〜〜

IMG_1142.jpg 


ここの売りは、鉄板焼きのパフォーマンス。
N.Y.とかの「BENIBANA」スタイルの真似っ子だけど、それに比べるとやや控えめ。
IMG_1145.jpg 


コースのセッティング。
IMG_1137.jpg 
お肉の「たれ」は、ピーナッツバターのマレーシア?風と、大根おろしの和風。


お肉はもちろんNZビーフ。
IMG_1148.jpg 
これはこれで旨味が強く美味しいのだけど、
あまり焼くとかたくなるのでレアでお願い。

でも、ミディアムレアになるんだな、これが(笑)
IMG_1150.jpg 

IMG_1152.jpg 
NZ産のマッシュルームとズッキーニが一番美味しかった(笑)

これに、ご飯、お味噌汁、お漬物がつくのだけど、ここのご飯はインディカ米。
やっぱり「Kohan Restaurant」はエライ!
でも、なかなかでした。



そういえば、羊の国なのにラムちゃん食べてない〜!
IMG_0778.jpg 


関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/06/27 Tue. 16:14 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

冬のニュージーランドに行ってきた! 〜その4 クライストチャーチ編 

クライストチャーチは、2011年2月に起きたカンタベリー地震の被害が特に大きかった街だ。
その約一月後、日本でも東日本大震災が起こってしまった。

街には、未だその影響が感じられる。
日本人を含む185名がこのカンタベリー地震で亡くなったそうだ。
IMG_0986.jpg 
その犠牲者たちを悼む広場に置かれた白い椅子は、185人それぞれの個性を表しており、
全てデザインが異なる。


耐震基準を満たしてないため、取り壊しされるビルも多い。
IMG_0936.jpg 
クライストチャーチと、東日本大震災の被害のあった地域の1日も早い復興をお祈り申し上げます。


街のシンボルだったクライストチャーチ大聖堂も、この地震で崩壊してしまったため、現在は「仮設の大聖堂」がその役割を果たしている。

それが、カーボン・カセドラル(紙の大聖堂)
IMG_0933.jpg 
スマホ用の超広角で撮ってみた。
かなり歪んでいる(笑)



こちらは標準レンズ
IMG_0991.jpg 

この大聖堂を手がけたのは、日本人建築家の板茂(ばん しげる)氏
紙管を建築に用いることでつとに有名だ。
IMG_1162.jpg 


なかは光が差し込み明るくモダンな雰囲気。
IMG_0993.jpg 


IMG_0994.jpg 

IMG_0989.jpg 

この仮設大聖堂の耐久年数は50年らしいが、2017年現在まだ大聖堂復興の目処は立たないのだとか。問題はお金。どこがその費用負担するのかがクリアできないらしい。



お次はモナヴェイル(Mona Vale)庭園へ。
個人の邸宅だった英国風建物と庭園で、今はクライストチャーチ市議会が管理し、建物はレストラン&カフェとして開業している。
IMG_0964.jpg 

IMG_0969.jpg 

クライストチャーチは世界に名だたるガーデンシティ。
冬で庭園は少々寂しいが、遅咲きのバラや椿が咲いていた。
IMG_0959.jpg 

IMG_0980.jpg 

IMG_0394.jpg 

IMG_0399.jpg 


庭園内にはエイヴォン川が流れて、水鳥もいる。
IMG_0388.jpg 

IMG_0381.jpg 


キミ、顔怖いよ・・・
IMG_0382.jpg 

IMG_0386.jpg 

IMG_0384.jpg 


庭園内のシダ園
IMG_0400.jpg 

IMG_0402.jpg 

IMG_0405.jpg 



IMG_1182.jpg 
料金は寄付制
ゆっくりみたかったのだけど時間がなくて残念…


IMG_0798.jpg 


広くて広くてはぐれちゃうハグレー公園に隣接しており、ここにはお写真ポイントの巨木がある。

まず、ドデカ松の木ちゃん。
IMG_1180.jpg 
人気撮影スポットなので、人が写らないようにするのに苦労した(苦笑)

お隣の巨大ヒノキちゃん
IMG_0802-2.jpg 

次の日はオークランドに移動して翌朝帰国・・・
あっと言う間だ〜〜
関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

2017/06/26 Mon. 16:57 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top