Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

最初の刑事~ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件/ケイト・サマースケイル 

19世紀半ば、ヴィクトリア朝の英国で起こった実在の事件に関するノンフィクションである。
このロード・ヒル・ハウスの殺人事件は、そのセンセーショナルな事件の性格から、英国中の人を"探偵熱”にうかれさせ、この事件以降の小説に大きな影響を及ぼしたのだという。人々はあれやこれやと推理して、警察に手紙を送るといったようなことも多々あったようだ。
この時代から、英国人はミステリ好きだったのだなぁ!

    Road Hill House


1860年の6月のある日、田舎の村にあるカントリーハウス、”ロード・ヒル・ハウス”の敷地内で、この屋敷の主サミュエル・ケントの3歳になる息子サヴィルの遺体が発見された。サヴィルは切断寸前まで深く首を切られた上に、外便所の汚水だめに糞便にまみれ捨てられていた。屋敷は厳重に施錠がなされていたため、いわば密室状態で、疑われたのは家族とその使用人だ。
このロード・ヒル・ハウス事件は、幼い子供への残虐な殺人で、しかも容疑者は家族ということもあって、発生当初から世間の注目を集めるが、地元警察の初期捜査の不手際もあり事件は暗礁に乗り上げてしまう。
そこで、スコットランド・ヤードから派遣されたのが、ジョナサン・ウィッチャー警部だった。彼は、1842年にスコットランド・ヤード刑事課が創設された際、最初に刑事になった8人のうちの一人で、ずばぬけた技量を持っていたのだ。
ウィッチャーは、犯人は屋敷内部の人間だと確信していた。彼はロード・ヒル・ハウスの住人たちの癖や声の抑揚、身体や顔の表情を観察し、その人柄を推理する。
この事件は、捜査する者がある人物を探し出さなければならないのではなく、その人物の隠された秘密を探り出さなければならないと考えていたからだ。

この事件が、その後の探偵小説の祖であったといわれる所以はここにある。古典的ミステリの容疑者たちは皆秘密を抱え、その秘密を守るために嘘をつき、しらばくれ、捜査する者の質問をはぐらかす。誰もが隠しごとをしているために、誰もが犯人に見えるのだが、ほとんどの者の秘密は殺人ではないのだ。

屋敷の主人のサミュエル・ケントは官吏で、一家は当時の典型的な中流家庭(日本では上流に該当)だった。
だが、家族間の関係は、この屋敷ほどに美しくはなかったようだ。ケントには、サヴィルを含め7人の子供がいたが、上の4人の子供は亡き先妻(一代目のミセス ケント)の子供で、彼らは使用人と寝室や食事をともにしていたのだ。先妻の子供たちは、二代目ミセス ケントの子供たちと比べ、明らかに家庭内における地位は低かったが、それは二代目ミセス ケントの意向だった。そして、殺されたサヴェルは、二代目ミセス ケントの最愛の息子だったのだ。
先妻の子と妻の不仲に加え、当主のサミュエルには子守りとの不適切な関係も噂されてもいた。
ウィッチャーは、家族のなかのある人物を犯人であると断定するが、探偵小説のようにすんなりと解決というわけにはいかなかった。世論が犯人の味方となったのだ。

昔も今も司法は世論に影響されるものだ。
光市母子殺害事件も、あれほど加熱報道されることがなかったら、犯人の元少年は”死刑”にならなかったかもしれない。

さて、ウィッチャー敗北のその主な原因は、当時の階級差別にあった。立派な中流階級の家庭に、殺人犯がいるということなどあってはないらないのだ。しかも、その中流の家庭に、労働者階級である警官が、土足でずかずかと踏み込むことなど言語道断だったのだ。
ウィッチャーの名誉は一旦地に落ちたものの、後に犯人の告白により、その名誉は取り戻されることになるのだが…

この事件は、確かに探偵小説の”始まりの書”となりはしたが、しかし、探偵小説と現実の事件は全く異なるものなのだ。現実の殺人事件では、事件を解決しそこなうばかりか、収集のつかない泥沼に陥ってしまうこともあるのだから。


最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件
(2011/05/20)
ケイト・サマースケイル

商品詳細を見る


関連記事

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 英国  カントリーハウス  ノンフィクション  ミステリ  刑事 
2011/08/03 Wed. 17:30 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: 涼しくなってから

naoさん、こんにちは。是非、涼しくなってからどうぞ。
ちょっと読みやすいとはいいかねる本ですので...。そうでもないのかな?

このロード・ヒル・ハウス事件は、英国ではジャック・ザ・リッパーと並ぶ有名な事件だそう。
ディケンズもこの事件の推理をしてますが、ウィッチャーとは見解が異なったようです(笑)

密室状態の邸宅、幼い子供の残虐死、家族が被疑者という点から、ちょっとジョンベネちゃん事件を思い出しました。

> ところで、タイトル「最初の刑事」・・最初(?)。
> 紹介の記事に、1842年スコットランド刑事課創設とありますが、
> 創設以前に当時活躍してた警察のヒト・・彼らは刑事ではなかったのカナ?

「最初の刑事」の原題はThe Suspicions of Mr.Whicher or the Murder at Road Hill Houseなんです。
このタイトルは訳者(出版社)の意図的なものでしょう。
刑事として(というよりも探偵として)名を馳せた”最初の刑事”とという意味と、この事件が英国中にもたらした"探偵熱”のはじまり、という意味を含ませているのかな...。

刑事課創設以前のスコットランドヤードの刑事の前身ともいえる人たちは、秘密の存在の私服の”凄腕係官”と表現されてますね。
正式にはまだ"刑事”という名称ではなかったということなのかな?
まぁ、これがそのまま刑事課になるのですが。そのなかにウィッチャーも含まれます。

まぁ、とにかく細かい本なので、「そこまで必要?」というような情報もたくさん。著者の性格が偲ばれます。
私は割といい加減に読んでるので、気にしませんでした(笑)
でも、細かく細かく読み込むと、もっと違うものが見えてくるかも!

Spenth@ #- | URL | 2011/08/04 Thu. 19:46 * edit *

8人の侍(刑事)


コレは!・・かなり興味惹かれる一冊であります。
英国は過去、切り裂きジャックという殺人鬼を霧の中に隠しておりましたが、
こういう未決事件もありましたか・・ジャック徘徊の時よりも20年ほど昔・・か。
ここまで古い時代(歴史)に起きた殺人事件を扱ったものだと、
娯楽ノンフィクション(ディーヴァー風ノンフィクション・ミステリー?)、
として暗黒の文化史(?)に浸れそう。

ところで、タイトル「最初の刑事」・・最初(?)。
紹介の記事に、1842年スコットランド刑事課創設とありますが、
創設以前に当時活躍してた警察のヒト・・彼らは刑事ではなかったのカナ?
ディケンズが、警察の設立と同時に抜擢され、訓練された刑事班の働きは見事
・・などとホメていたいたようですが、
管轄・所属(?)が、この本のものとは異なる?・・気になるなぁ
読みたいです!(でも涼しくなってから)。

nao #6gL8X1vM | URL | 2011/08/03 Wed. 23:44 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/119-e11c46b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

RSSリンクの表示

リンク