Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

悪の教典/貴志 祐介 【 Vo.1 サイコパスの恐怖】 

2011このミス国内1位
著者はあの
黒い家の貴志 祐介氏。売れてますな。映画化もされるんだってね。
ところで、これまで貴志さんといえば角川だったけれど、あれ、これは文芸春秋だね。

ミステリというよりもホラーとして私は読んだ。

本書は、サイコパスの男性高校教師が主人公の現代リアルホラーだ。
恐ろしさの質は、五十嵐貴久のストーカーの恐怖を描いた
リカ と同質のものだと思う。「リカ」は、圧倒的に怖いです。しかも臭い(笑)

本書はホラーではなく一応ミステリだし、「黒い家」や「リカ」ほどダイレクトな怖さはないけれど、本質的にはこちらのほうが”やっかい”だ。

私がちょうどこの本を読んでいるとき、小学校教師が生徒にサイコパステストのようなクイズを出したとニュースで話題になっていた。
確かこんなクイズだったと思う。

「3人姉妹の長女が自殺して、その葬式が行われた。葬儀に参列した男子を次女と三女が好きになってしまいました。 葬式後、次女がこの男子に会うにはどうしたらいいですか?」

正解は「妹を殺しちゃう」

もう一回葬式をすることになり、くだんの男子はまた来るかもしれないし、ライバルの三女もいなくなるから。

これを冗談でなく、本当に正解だと思う人は、先天的に「良心が欠如」しているかもしれない。
サイコパスの特徴はずばりこの「良心の欠如」。
冗談だったのかもしれないが、これを小学生に出すってどんな先生なのよ?


良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖によると、アメリカではこの手のサイコパスは25人に1人とも言われている。

この小説の怖いところはいつ我が身に降り掛かってもおかしくないということだ。
タイプは違えど、「黒い家」の主婦と本書の蓮実は同じサイコパスだ。

サイコパス研究の権威 ロバートヘアによると、

サイコパスは社会の捕食者(プレデター)であり、生涯を通じて他人を魅了し、操り、情け容赦なく我が道だけをいき、心を引き裂かれた人や期待を打ち砕かれた人、財産を奪われ尽くした人を後に残して行く。
良心とか他人に対する思いやりに全く欠けており、罪悪感も後悔の念もなく社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手に欲しいものを取り、好きなように振る舞う(ウィキより引用)

蓮実は一見普通で生徒に人気のある知性の高い高校教師。
アメリカのテッド・バンディを彷彿とさせる。
サイコパスにも様々なタイプがあり、テッドや蓮実は知能が高くカリスマ的魅力を備えている。

何かをなすにあたり、良心が欠如しているために、その手段の選択肢が普通の人よりも多い。
Dr.ヘアのいう「プレデター」というのは、後半の蓮実の行動をこれ以上ないほどあらわしている。

といっても、サイコパスは皆が皆、犯罪者というわけではない。
中には社会的に大成功している人だっている。
彼らは善悪の感情に支配されることなく、合理的に物事を決断できるから例えば戦時下などといった特殊な局面では非常にその優秀さを発揮できるという。
大部分は私やあなたのそばにもいるかもしれない。

ただ良心が欠如しており、他人に共感するということがないから、そばにいることで堪え難い苦痛を感じている人も多いだろう。
こういう人の対処法はというととにかく逃げるしかない

学校の先生じゃ逃げようにもなかなか難しいよね。

前半は一見熱血教師が主人公の平和な学園物語にみえる。
でも、何かがおかしい。
次第にこの人気教師の過去が恐ろしい明らかになり、化けの皮がはがれていく。
後半は、まさに血みどろの惨劇。
BGMはモタリート。
鼻歌を歌いながら、生徒を一人また一人と始末していく。
蓮実にとっては殺人で他人の命を奪うというタブーではなく、目的をなすための手段、作業でしかない。
まさに悪夢だ。

いやいや、「後半のハチャメチャぶりはやっぱりフィクションでしょ」という人もいるだろうが、サイコパスについて書かれた本をいくつか読んでいる人は、それが決して大げさではないことが分かるだろう。

蓮実をはじめ、一見普通で魅力的に見えても、敏感な人は「何か変だな」と感じることもあるらしい。
蓮実のクラスの片桐怜花もその一人で、一人蓮実に不信感を抱いていた。

生き残るためにはその勘はなにより大切。
一番恐ろしいのは、呪いや幽霊ではなく現実の人間だなぁとつくづく思う。

次回は「サイコパスは更生が可能かどうか」について
small business home business

悪の教典 上悪の教典 上
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る


悪の教典 下悪の教典 下
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る


関連記事

category: ミステリ/エンタメ(国内)

thread: 売れてる本 - janre: 本・雑誌

tag: サイコパス 
2011/01/15 Sat. 23:06 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

治療、可能なんでしょうかねぇ..?
「てんかん」みたいに薬でコントロールする、といった対処療法くらいしかなさそうな気も...。
オバマが今後10年で脳の機能解明をめざすというプロジェクトをはじめたらしいですが、
治療法云々もまずは脳機能の解明をしてからですよね。

Spenth@ #- | URL | 2013/11/01 Fri. 06:30 * edit *

ジョジョの奇妙な冒険に出てくるディオがまさにサイコパスそのものだなぁ。
脳機能の異常が原因なんだから、しっかりとした治療法さえ確立できれば
この世から悪を根絶できるのではと思うんだけど。

#- | URL | 2013/11/01 Fri. 00:19 * edit *

村八分

サイコパスが村社会を構築する存在である以上、アメリカ人にとって異常な人格が必ずしも日本人にとって異常な人格では無い。アメリカや中国は国の中に村がある為、サイコパスが異常者に映る。日本は村が肥大化したものであり、厳密には国では無く世界一大きな村なのである。そこでは村社会の構成員であるサイコパスこそ正常な人格なのであり、理性的で良心的な人間は邪悪な異常者に他ならない。それこそアメリカ人と日本人に診断項目を見せた場合、180゜違った人物像を思い描いてしまうのでは?

ムラクエ #- | URL | 2011/01/26 Wed. 13:42 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/14-fc0ff552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top