Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

解錠師 / スティーヴ・ハミルトン 

本書は、タイトルからも推測されるように彼は解錠師、つまりは金庫破りの少年の物語だ。

彼マイクルは声を発することができない。身体的に問題があるのではない。彼が8歳のとき起こった大事件によるトラウマが原因だ。その事件は当時ローカルニュースを賑わし、彼は”奇跡の少年”と呼ばれた。"奇跡の少年"はやがて”ミルフォードの声なし”となり、金庫破り、あるいは解錠師となる。
マイクルには、絵を描くことと解錠することという二つの才能があった。絵を描く才能は彼と恋人アメリアとの結びつきを強くし、後者のために今20代後半の彼は刑務所にいる。そして”その日を待ちながら”、マイクは自分のことを語り始める。
初めて関わった本格的な仕事の顛末、”奇跡の少年”として育った気持ち。なにもかもがいっぺんに訪れた夏のこと。アメリアとの出会い。自分の許されざる才能に気づいたいきさつ。どうして道を踏み外すことになってしまったか。

話は時系列には語られない。物語はふたつの時間を行ったり来たりしつつ進んでいく。
8歳のときの大事件の後、叔父に引き取られてから若き解錠師になるまでと、ポケベルがなれば全米どこにでも馳せ参じ忙しく”仕事”をしている日々...
私たちが一番に知りたいのは、マイクルがどうして声を失うことになったのか、についてだろう。8歳のとき何が起こったのか。しかしそれが明かされるのはずっと後になってからだ。

クライマックスはサスペンスフル。しかしラスト、アメリアと交わされる絵手紙はロマンチックでほんのりと温かな気持ちがひろがる。
最初はなぜ金庫破りBox-manではなく、解錠師The Lock Artistなのかと思っていた。
だけどやっぱりこの物語のタイトルはartistでなければならない。解錠することは、マイクルにとって金庫を破ることだけではなく、もうひとつの意味も持っているからだ。

ハミルトンは、本書でエドガー賞と英国推理作家協会賞をW受賞している。他にも著名な賞をずらりと受賞している作品だが、それもさもありなんの名作だと思う。
ありていに言えば、マイクルは、不遇な環境に生まれて道を踏み外し今は刑務所にいる青年だ。アメリカに限らず、犯罪と生育環境は深く結びついている。が、それをことさらに強調して何になるというのか。ハミルトンには、それがよく分かっている。

本書は大人向けミステリの著名な賞に加えアレックス賞も受賞している。これはジュブナイル(14~21歳の読者)に是非読んでもらいたいという趣旨の賞だが、決して子供向けではないと思う。それだけ対象の幅が広いということだろう。
エドガーアワード受賞時のインタビューで、ハミルトンは10代の気持ちを取り戻すのは大変だったのではないか、と訪ねられ、こう答えている。「全然。確かに僕は50歳を超ているけれど、今の僕のなかにもハイスクールの頃の僕はいるんだよ。」
大御所の面目躍如というべき作品だと思う。


解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2011/12/08)
スティーヴ・ハミルトン

商品詳細を見る
上下二段組み422ページ。けれどボリュームを感じさせません。このミス上位は必至かと。

 
関連記事

category: クライム・警察・探偵・リーガル

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  スティーヴ・ハミルトン  エドガー賞   
2012/02/26 Sun. 11:23 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: 秋の収穫!

しみじみといいですよね。この本は。
ハミルトンの最高傑作じゃないのかな。

ところで、総スカン(欠席だったけど)の例の『アイアン・ハウス』は、
naoさんもスカン組でしたか?(笑)

Spenth@ #- | URL | 2012/10/07 Sun. 22:56 * edit *

秋の収穫!


クライム・サスペンス小説として、青春小説としても愉しめる小説でした。
ポケミス・・『アイ・コレクター』に次いで読んだのが本作。
まさしくこの両作、収穫の秋とよぶに相応しい作品でありましたよ。
(教えていただき、アリガトウゴザイマス)。

ん!?・・コナリー『ポエット』、僕向きでありますか。
ならば、さっそく読むことにします(字・・小さいなぁ)。
横浜読書会、頑張ってください!
(頑張る?・・過去に『アイアン・ハウス』での総スカンがありましたからなぁ。
 しかし今回の『リンカーン弁護士』では孤立は避けられましょう)。
愉しい読書会レポートなど期待しております・・では。

nao #6gL8X1vM | URL | 2012/10/07 Sun. 19:45 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/163-1fd48fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top