Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

シャンタラム / グレゴリー・デイビッド・ロバーツ 

この本は、どんなカテゴリーに入れるべきなんだろうか・・・
冒険小説であり、哲学について語る本であり、またある部分ミステリーであり、人によっては「愛の物語」だというかもしれない。とにかく型にはまってはいないのだ。そして、面白い!

本書の舞台はインドのボンベイ(旧ムンバイ)である。主人公のリンは、オーストラリアの刑務所を脱走した逃亡犯だ。
彼は、自分で偽造したお粗末なパスポートでムンバイに逃げ延びるのだが、そこで輝く笑顔の観光ガイド、プラバカルに出会う。そして、プラカバルの案内でボンベイ町の隅々をまわり、これからの生活に大きくかかわる人々に出会うのだった。
一目惚れしたスイス人女性カーラ、カフェにたむろするフランス人のディディエ、後にリンの父親のような存在となるマフィアのボス、カーデル・ハーンとその配下の者たち…

ボンベイでのリンの生活は、医者(もちろん無資格)として働いたり、何者かの策略で刑務所に投獄されて拷問されたり、ヘロインに溺れたりマフィアの組織の一員になったりと、波瀾万丈だ。
プラバカルの存在がリンにとって陽ならば、カーラの存在は陰だといえるだろう。プラバカルはリンと読者をふっと微笑ませてくれる存在だが、私は最後までカーラを好きにはなれなかった。
一方、マフィアのボス、カーデルはもっと複雑な存在だ。彼の、”善悪の定義と宇宙”についてのレクチャーは興味深かった。
カーデルはこうリンに言うのだ。「宇宙は約150億年前にこれ以上ないほど単純な形で誕生し、以来どんどん複雑になっている。単純なものから複雑なものへという動きは、宇宙を織りなす糸に組み込まれていて、”複雑さへ向かう傾向”と呼ばれている。我々は皆その複雑化の産物だ。最後に到達する究極の複雑さが神と呼ばれる存在だ。神へと向かう動きを促したり、押し進めたりするのが善であり、止めたり、妨げたりするのが悪だ。」
善が悪かをはっきりさせるには、誰もがそれをしたらどうなるか、を考えればよいと彼はいう。例えば、誰もが人を殺したらどうなるか?
このシンプルさには、ちょっと感動しないだろうか。

「シャンタラム」というのは、”平和を愛するもの”という意味で、プラバカルの母親がリンに与えた名前だ。平和や愛は、間違いなく”複雑化を促すもの”だろう。
リンは決して清廉潔白な人物ではない。それどころか脱獄犯であり、ボンベイでも犯罪に手を染めている。しかし、それでも彼には善があり、愛があり、”赦す”ということを知っている。愛することができるのは赦せるからだ。
その素晴らしさが伝わってくるからこそ、人はこの本に夢中になるのだろう。

インドに嵌る人は、よく「インドには行くのではなく、インドに呼ばれるのだ」という。私自身には、おそらく一生”お呼び”がかかることはないだろう。でも、本書を通じてインド的なものに触れる機会を持つことができた気がする。それは、インドのスラムの風景や人々の生き方、考え方、その大きさと強さといったものだ。
「学ぶ用意ができたときに、教えるものが現れる」とカーデルは言ったが、私にも少しはその用意ができたと思いたい。


シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)
(2011/10/28)
グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ

商品詳細を見る


シャンタラム〈中〉 (新潮文庫)シャンタラム〈中〉 (新潮文庫)
(2011/10/28)
グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ

商品詳細を見る


シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)
(2011/10/28)
グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ

商品詳細を見る

本書の映画化権は、ワーナーブラザーズが獲得しており、ジョニー・デップ主演で計画があったみたいだが、ずいぶん前から頓挫してるらしい。
ジョニデのシャンタラム、観てみたいけど、もう無理かな…

ちなみに本書の続編『Mountain Shadow 』は、今年10月に刊行される予定らしいです。
日本語版はもっとずっと後だろうなぁ…
関連記事

category: ミステリ/エンタメ(海外)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  インド  新潮文庫 
2012/06/28 Thu. 21:26 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
ちょっと、さぼっちゃってました・・・

Spenth@ #- | URL | 2012/06/30 Sat. 18:50 * edit *

貴殿のブログをいつも楽しみに拝見しております。
最近、更新されてないので心配して降りましたが
安心しました。
これからも、面白い本の紹介楽しみにしております

アラフォーおやじ #- | URL | 2012/06/29 Fri. 11:06 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/179-7da61324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top