Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

コナラーへの道 

今月の読書会の課題本は、マイクル・コナリーの『リンカーン弁護士』なのである。
さすが人気作家の作品というだけあり、総勢14名もの大人数になった。
なんと、これまでのスピンオフ読書会で最多!!!

これくらいの人数で、しかも金曜日の夕方に居酒屋でやるとなると、読書会というよりは宴会の様を呈してくるのは仕方ない。
読書会自体は、「面白かった!」ということで終わってしまった(笑)
ぶっちゃけ、この種のエンタメはそう話しあうこともないというか…
これには、コナリーを多く読んでいる人と、初めて読む人との温度差も影響したのではないかと思う。


翻訳については、日本語としてやや美しくはないという意見も聞かれた。
気がつかなかったが、細かな翻訳ミスもあったようだ。
私が特に気になったのは、「Your honor」 が「閣下」と訳されていたことで、間違いではないのだろうけど、これには少々違和感を感じてしまった。
英国ならいざ知らず、舞台は現代のアメリカが舞台なのだ…
シカゴを舞台にしているリーガルドラマ「グッド・ワイフ」の日本語吹き替えでは、アリシアたちは法廷で「裁判官!」と言っているのだが、実際のロスの裁判では裁判官のことを、「閣下」というニュアンスで呼んでいるのだろうか???


また、本書のテーマは、「無罪を主張する依頼人」であり、そのことでO・J・シンプソンの裁判を思い出した人もいたようだ。
限りなく黒に近い被告だったシンプソンは、著名弁護士による大弁護団のおかげで無罪となったが、その弁護手法はハリーのそれに似ているのだ。「ハラーにとって法とは、真実ではなく交渉と改善と改竄を扱うもの」らしいが、シンプソンの弁護団にとっては、もっとそれに忠実だったのだ。
ちなみに、シンプソンは刑事事件では無罪を勝ち取ったものの、民事では有罪判決を受けている。


さて、問題は、あまりにも数が多いコナリーをいかに読むべきかなのである。
コナリーをこよなく愛する上級者に聞くと、やはりボッシュシリーズを可能な限り発行された順番に読むべし、ということだった。
それも、時間をかけて読むことで、ボッシュの人生をあたかも自分の人生と重ねて読んでほしいとのこと。
しかし、ボッシュ・シリーズの一作目は、20年前のものである。一年に1作品などというペースで読めば、読み終わるのに20年かかるってことじゃ…?それに、コナリーは毎年じゃんじゃん新刊も出し続けているのだ。
ほとんどライフワークになってしまうが、そこまで惚れ込めるかどうか…

ええ、わたしには無理です!!!


コナリー作品のなかで、コナラーからも評価が高かったのは、以前アラフォーおやじさんが推薦されていた『ザ・ポエット』で、確かにこれは私も『リンカーン〜』より好みだったかな?


ちなみに、横浜翻訳ミステリー読書会の”チーム・コナリー”によれば、コナリー読者は次のようにレベル分けがなされているらしい。

少し読んだだけでファンを名乗ることなかれ。
コナラーへの道はかな〜〜り厳しいのである。


FunPhotoBoxface130632s1twllqw.jpg
初心者レベル  コナっぱ
今回の『リンカーン弁護士』でその魅力に取り憑かれし者
さあ、これから修行の始まり、始まり。




FunPhotoBoxface130629s1ddnzpe.jpg
上級レベル コナラー
全部とまではいかないが、ほとんどの作品を読了した者。
もはや不死身の身体を手に。




FunPhotoBoxface130325s1xyqztx.jpg
レベルMAX 測定不能 コナリオン
原書を含む全作品を15回以上再読しており、セリフを空で言えるほどのマニア。
これくらいなると、人間を超え...



画像は冗談なので、コナラーの皆さんは、どうか怒らないでね<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
関連記事

category: クライム・警察・探偵・リーガル

tag: 海外ミステリ  コナリー  ハリー・ボッシュ 
2012/10/13 Sat. 17:13 [edit]   TB: 0 | CM: 6

go page top

この記事に対するコメント

こんにちは、お返事が遅くなってすみません。
いや、シュレック画像も力作ですので大丈夫でしょう笑

どうも最近の創元はカーの復刊&新訳に力を入れているようなので、『三つの棺』も時間の問題かもしれませんね。

おてもと #- | URL | 2012/10/18 Thu. 12:26 * edit *

Re: タイトルなし

おかもとさん、コナリー読書会、お疲れ様でした。
御大のシュレック画像はやっぱりヤバイかな(笑)

『曲がった蝶番』ですか。
カーらしさ炸裂のオカルト趣味で、これそこ最高傑作という方も多いですよね。
確か、『帽子収集狂』の新訳も三角さんだったかな?
『三つの棺』はいつなんでしょうね?

Spenth@ #- | URL | 2012/10/16 Tue. 14:26 * edit *

こんばんは、岡本です。金曜日はお疲れさまでした。
レポートのコナリー画像が素敵すぎる笑
リンクを貼らせていただきました。どうぞよろしくお願いします。
さて、12月に創元推理文庫からカー『曲がった蝶番』が出るようです。
三角和代さんによる新訳だそうですよ。

おてもと #- | URL | 2012/10/15 Mon. 20:12 * edit *

Re: タイトルなし

naoさん、
いや、モテるというのは冗談ですって(汗)...
でも、女性ばっかりというのもなんなんで、男性もっと多いと話題も深まり面白いんじゃないかなぁと思うんですよね。

しかし、コナラーの敷居がこんなに高いとは。コナリーチームの認定は厳しいす!

> 正直言うと、巧く(手堅く)まとまった「リンカーン弁護士」よりも、
> あのすこぶる評判の悪い「アイアン・ハウス」の方を自分は好むから。

私もどちらかというと、そういうタイプかも(笑)
ただ、エンタメ系の『リンカーン』よりボッシュは読み応えはありそうな気もします。
oさんがシンドイけどやめられないとおっしゃるパルクの『雪』は、政治小説なんですね。
これ、面白そうですね。そのうちチャレンジしたいです。
『ダークサイド』は読み終えましたが、『ブラックランズ』の時ほどのわくわくはなかったかなぁ。

アラフォーおやじさん、
翻訳は、敢えてああいうふうに訳しているのではないかという気もします。
ま、コナリーは文学ではないので、影響はないですけど。

一気読みかぁ...。
同じもの連続食べは、私はちょっと避けたいかな(笑)

『カダラの豚』は、来てたでしょう?私もこの一冊で、完全に中島らもの評価が変わりました。『アイ・コレクター』は、好みの問題もあると思うけど、これまたやられる作品だと思いますよ!

Spenth@ #- | URL | 2012/10/14 Sun. 19:33 * edit *

容姿はコナリオン、実力はコナラーのアラフォーおやじです。どうも
確かにね、訳者は田口俊樹もしくは加賀山さんだとよかったのに
と思う事もありますがでもおもしろい。

私は一気読みをお奨めしますね
コナリーは主人公のキャラ、ストーリが妙に被るから
時間を置くと、頭の中でミキシングされる恐れ在りですから

今、現在『ガダラの豚』読み終えたところで『アイコレクター』
に本日着手です。
これまで中島らもを大麻好きの変なおっちゃんと誤解してたけど
こんなすごい人だとは知らなかったよ
間違いなく今年読んだ本の中では一番ですは
またamazonで中島らもをポチってしまいました。

アラフォーおやじ #- | URL | 2012/10/14 Sun. 11:54 * edit *

自分は「コナっぱ」止まり・・だろうなぁ


読書会参加すると・・・・モ、モテルのですかぁ!・・ん!?
(ヘンな妄想を抱いてしまいました・・スミマセン)。

翻訳(文章)については、ほとんど自分は気にしたことないのでした。
自分がヘンな日本語しか(日本人なのに)使えないせいもあり、
気にならないのかも・・鈍感なのですな。
けれど、そんな自分でも、さすがにこの文章は××という作品がありました。
オルハン・パムク作品の『雪』他がそれで、かなり読むのに手間取りました。
つまらない小説なら読むのをやめればいいのですが、
これがおもしろい作品で・・シンドイ読書でした。
(パムク作品、近く新訳で刊行されるそうなので愉しみ)。

コナリー作品全作読破(!?)・・・・自分は無理。
正直言うと、巧く(手堅く)まとまった「リンカーン弁護士」よりも、
あのすこぶる評判の悪い「アイアン・ハウス」の方を自分は好むから。
(ひねくれ者を気取るつもりはないのだけれど・・)。

『ザ・ポエット』は貸出期間切れで一旦返却、現在予約待ちの状態で、これから読むのが愉しみです。
ただ『わが心臓の痛み』は、イーストウッド監督・主演作をもう観てしまいましたし・・。

以前Spenth@さんの興味を持たれている作品を幾つか教えていただきましたが、
その中のひとつ、『ダークサイド』B・バウアーを今日から読み始めした。
タイトルは強面の印象ながら、本作はユーモアが多量に含まれていて愉しめそうです。
(教えて頂いた作品は全部読むつもりでいます。ですがすべて500頁越えのボリュームとは・・ふう)。
ついでに『マクロプロス事件』チャペック戯曲の図書も借りました・・自分は著者の大ファン。

愉しい読書会レポート(!)・・アリガトウゴザイマス。
(でも掲載画像の件で、特にコナリオンたちから睨まれやしないか心配)。
・・では。

nao #6gL8X1vM | URL | 2012/10/13 Sat. 22:51 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/208-cca1fbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top