Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

あの夏、エデン・ロードで / グラント・ジャーキンス 

後味が悪い、イヤな気分になるミステリーを「イヤミス」というが、これは、湊かなえが『告白 』でブレークしたあたりから徐々に支持されだしたのではないだろうか。今ではひとつのジャンルとして確立した感もある。

来月の読書会は、そのイヤミスなのだ。なんたって、この本の帯には、「本年度のイヤミスNo.1!」というキャッチが踊っているのだ。
実はこれね、課題本に決める際には反対もあったのだ。横浜読書会は女性が多いので、心温まるハッピーエンドなお話の方が支持されるわけなのだ。
私もそういう類いは嫌いではないが、人間の負の部分には、怖いもの見たさ的な抗いがたい魅力があるの。厭なお話でしか得られないカタルシスがあるのもまた事実だ。
それに、やっぱり流行は押さえておきたい。ということで、半ば強引に決定してしまったのが本書だった。
やるなら、今でしょ!
at the end of road1

本書の舞台はアトランタ郊外の田舎町である。作者グラント・ジャーキンスのデビュー作でもある『いたって明解な殺人』 も、このアメリカ南部の街が舞台になっている。
物語は、ヤク中の37歳の女性が、自殺を遂げようとしているシーンから始まる。死の間際、彼女はある男の子のことを思い、自分の中にある固く醜いものと対決するのだった。
一転、時は1976年の夏に遡る。アメリカが建国200年を祝った年だ。
10歳の少年カイル・エドワーズは、エデン・ロード沿いの家に両親と二人の兄と三歳下の妹のグレースと暮らしていた。エデン・ロードは当時まだ未舗装で、車が通るたび赤い土埃が舞うくねくねとした道だったが、この道が少年カイルの世界の全てだった。それなりに幸福な毎日だった。
だが、あの夏、ここで起こったことが、後のカイルとグレースの人生を一変させてしまうことになるのだ。

その日、カイルはエデン・ロードを自転車で快走していたが、見通しの悪いカーブで危うく車と衝突しそうになる。車はカイルをよけようとして横転してしまう。
運転していた女性は、なんとか自力で車から這い出てきたものの、その顔には血で顔に網目模様ができるほどの怪我を負っていた。血がしたたる手をゾンビのように突き出して、彼女はカイルに助けを求めるのだが、怖くなったカイルはその場から逃げ出してしまうのだった。
あの女の人はどうなったのだろう?翌日、事故現場にいってみると、事故の痕跡はまったくなかった。横転した車も、大怪我をした女の人も消えていた。たぶん神様が彼を助けてくれたのだとカイルは思ったが、それは黒人の女性保安官補デイルが聞き込みにやってくるまでのことだった。デイルは、行方不明になった若い女性メロディを探していた。だが、カイル何も言えなかった。
一方、彼女は、メロディは生きていた。左足を鎖でポールにつながれて…
lynda-carter-wonder-woman.jpg

序盤部分だけでも、「イヤミスNo.1」のキャッチの所以がわかるだろう。しかもこの「イヤ度」は、目におぞましく、生理的に嫌悪感を抱かせるのだ。
実は、カイルとグレースの世界が一変してしまう前から、それらの「目におぞましいもの」たちは存在していた。彼らの周囲には、配管洗浄剤の誤飲で顔の下半分が爛れてしまった子供や、子供を四肢麻痺にしてしまった気性の荒い「牡牛のバディ」がおり、教会では牧師が目を血走らせよだれを垂らして地獄の業火の凄まじさを説いていた。そして、エデン・ロードのそばには右半身麻痺の「マヒ男」が住んでいたのだ。

子供からみた世界ということで、一瞬、マキャモンの『少年時代』を連想させるが、カイルの世界はコーリーみたいにはキラキラとしてはいない。そもそもカイルのエデン・ロードは、楽園の道ではなかったのだ。

1976年に流行したイーグルスのHotel Californiaを聞くことで、後にカイルはkの一連の事件を回想する。
この歌の主人公は、礼拝の鐘の音によって、トワイライトゾーンへと入り込んでしまったことを悟るのだが、カイルとグレースもまた、楽園と名のつくエデン・ロードによって、絶対的邪悪が存在する世界へと足を踏み入れることになるのだ。
作中、ジャーキンスはカイルの目を通じてかなり辛辣に教会での様子を風刺してもいる。
You can check out any time you like, but you can never leave
そしてHotel Californiaの歌詞のように、彼らはそこから逃れられなくなるのだ。

嫌厭感はここからが本番で、ページをめくるごとにいや増していく。
ただ、帯にあるように「最悪の結末」というわけでもないと思う。
でなければ、どうしてエピローグに「マーキュロ(赤チン)」とつけたりするだろう?


あの夏、エデン・ロードで (新潮文庫)あの夏、エデン・ロードで (新潮文庫)
(2013/01/28)
グラント ジャーキンス

商品詳細を見る

いたって明解な殺人 (新潮文庫)
いたって明解な殺人 (新潮文庫)
(2011/03/29)
グラント ジャーキンス


関連記事

category: クライム・警察・探偵・リーガル

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  イヤミス  読書会 
2013/03/27 Wed. 18:03 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/260-d1695cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

RSSリンクの表示

リンク