Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

HHhH プラハ、1942年 / ローラン・ビネ 

hhhh.jpg本書は、フランスで最も権威のある文学賞であるゴンクール賞も受賞している作品だ。白水社的なのに、東京創元社からでているのはちょっと意外?

もうきっと色々な人がレビューや感想で触れていることだろうが、まずタイトルにやられる。『HHhH』とは一体なんだろうと思うが、見返し部分にある内容紹介を読めば、このタイトルの意味がわかる。

それは、「Himmlers Hirn heißt Heydrich」というドイツ語の略語なのだ。
意味は「ヒムラーの頭脳は ハイドリヒと呼ばれる。」ナチ親衛隊のラインハルト・ハイドリヒのことだろう。
これは、どうも…「ナチもの」ということらしい。

ハイドリヒは、英国諜報部のトップがMと呼ばれるように、"H"と呼ばれたがったのだという。
だが定着したのはご存知「金髪の野獣」のほうだった。彼の人となりや行いもさることながら、ハイドリヒ、ヒムラー、ヒトラー、みんな"H"なのだ。そりゃ、混乱してしまう。
そして、皮肉にも"H"はホロコーストのHでもあるのだ。三人のHとホロコースト、『HHhH』というタイトルのなんと重いことだろうか。

ところで、日本語版の装丁はシンプルにHHhHの文字のみのデザインだが、4つのHを異なるフォントで並べ、"H"の肖像の顔部分を決してある英米版の装丁は、雰囲気があってすごくいいなと思う。

laurent binet読み始めるとすぐに気づくが、これは伝記や歴史小説の類いの本ではない。ものすごく、ものすごく独特なのだ。

最初はとまどう。一体いつになったら作者は私の目の前から消えて、物語だけ浸らせてくれるんだろうかと。けれど、ビネは消えない。だって、これは彼の本だから。作者本人が小説のなかでも言及している通り、本書は「ハイドリヒについてのローラン・ビネの本」なのだ。

ハイドリヒは、彼は、"H”は、主役ではない。
なぜなら、描かれているのは、「エンスラポイド作戦」なのだから、彼はの暗殺のターゲットでありはしても主役ではないのだ。
主役は、"僕"ことローラン・ビネと読者、それにこの作戦の実行部隊の二人の英雄、チェコ人のヨゼフ・ガプチークとスロバキア人のヤン・クビシュ、それから彼らを支えてくれた多くの名もなきチェコスロバキアの人々なのである。

ビネは、いわゆる伝記や歴史小説ではない、「エンスラポイド作戦」についての小説を書こうとしている。
少し書いては悩み、敢えて小説家の創造によるフィクションの部分を作らないように努め、でもある部分では逆にそれを楽しみもする。私も、きっとあなたも、共にビネの執筆の苦悩と楽しみを味わうことになるのだ。
Karlův mostそして、気がつけば、ベネが生きる現代と、遠い昔のプラハで起こった事件の中とを行き来している。
私たちは共に、ハイドリヒが貴族出身の妻リナと出会うシーンを目撃する。「野獣と蔑まれる彼でも、若い頃には普通の人と同じように恋のひとつもしたんだね」などと私は、あなたは、ベネとひそひそ話を交わしたりするかもしれない。だが、彼はナチでの地位が上がるごとに、「金髪の野獣」としか形容できない存在となっていく。そして、その時は近づいてくる…

観光地として申し分のない美しいプラハの街にいるベネと私は、あなたは、再び歴史の中に入っていく。
カレル広場で路面電車の車輪の音を聞き、そのすぐ先のレッスロヴァ通りに目を向ける。そして、そこで起こることをやきもきしながら顛末を見守るのだ。

この小説が他の歴史小説と絶対的に違うのは、読者が自分の脳内スクリーンで一方向から歴史を見るのではなく、これを生み出す作家と体験を同じくすること、歴史とはどういうものなのかを考えさせることなのじゃないかと思う。


HHhH (プラハ、1942年) (海外文学セレクション)
ローラン・ビネ (著), 高橋 啓 (翻訳)
東京創元社 (2013/6/28)


詳細をみる




関連記事

category: 文芸

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 東京創元社  ナチ  プラハ  ゴンクール賞 
2013/09/26 Thu. 21:10 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: 白水社がんばれ!(意味不明‥)

naoさん、おはようございます。

そうそう、ほんとにこれ白水社的なんですよ!
まさに白水社の領分。『このハクスイがすごいに』入れたい感じ(笑)
ここ数年『このハク』をみなくなってるけど、是非あの企画も復活してもらたいものですワ。

これから読もうと思ってるnaoさんとなっちゃんさんおススメのマッカーシーの『チャイルド・オブ・ゴッド』もよさそうで、今年のベストは本書とどっちになるかなぁと楽しみ。

> こちらの図書館は所蔵せず(要購入注文)‥田舎町だから仕方ない?

司書さんの好みで購入が決まるのかな?
でも、図書館が購入してくれた本を借りようと思えばそれほど待つことなく、借りられるじゃありませんか!
その環境が私はうやらましい。

本も積み重ねれば、じわじわと財布に痛いお値段ですしねぇ...。
『特捜部Q』のジャーナル64は、実はもう手元にあります。
でも読むのは、他の本が先になっちゃうかな。
そろそろ、あのシリーズも新しい展開が欲しいところですが、さて今回はどうでしょうか?
『ジェイコブ〜』はもっと先、読書会ギリギリになりそう。
そういえば、あの本、意外なことにAmaの星が控えめ
なんかそっちも気になるな。これは大きく意見が割れる読書会になったりして?(期待)

インドリダソンの『緑衣の女』も、一応読んでおきたいけど、きっと前作と同じような感想を持つだろうから、
できれば図書館で借りたいと思ってるのですが、横浜だと恐ろしい順番待ち...。あきらめてAmaの中古を狙おうと思ってます。

では、では〜

Spenth@ #- | URL | 2013/09/27 Fri. 09:43 * edit *

白水社がんばれ!(意味不明‥)


五日連続して記事を読むことができるとはちょっと贅沢な気分。
で、まず本作について「ものすごく白水社的」(!)‥お見事です!
(これを誰かに言って、相手の反応を見てみたい)。

この話題作‥周りから悪い評が聞こえてきませんが、
やはりSpenth@も「傑作!」太鼓判でありますか。
こちらの図書館は所蔵せず(要購入注文)‥田舎町だから仕方ない?
なんか自分の読みたい本をみんな先取りして
読破されている感じなのでした。

「ジェイコブを守るため」・・まだ途中(序盤)‥ん?
オールスンの特捜部Q‥もう4作目刊行されてるのですなぁ。
では!

nao #6gL8X1vM | URL | 2013/09/27 Fri. 00:37 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/305-0e8e5413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top