Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

2013 横浜読書会の忘年会&ヨコミス発表! 

今年の横浜読書会の忘年会は盛りだくさん。
年ごとにメンバーも増え、企画も豪華になった。



まず、スパークリングワインで乾杯!
ワインのエチケットに注目!
お店につくってもらったのだ。
wine.jpg



続いて、今年のメインイベントである「文庫交換会」
これは、各自プレゼント用に文庫を持ちよって交換するというもので、誰の本が誰の手に渡るのかは、籤引きで決める。
ワクワクでもあり、怖くもあり…

司会はクリスマスの仮装のお二人!
VPeW4miizVXZgAX1386390321_1386390846.png




私がプレゼントに選んだのは…
J.アーチャーのクリフトン年代記(の今現在でてるモノ)
時のみぞ知る(上): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)
時のみぞ知る(下): クリフトン年代記 第1部 (新潮文庫)

死もまた我等なり(上): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)
死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)

これが当たってしまったふみこさん、ごめんなさい、ちょっとボリューミーだったかも(笑)
でも、アーチャーは好みが割れる作家なんですが、私は大好きな作家です。

mybook.jpg
私がいただいたのは、『燃える男 』
ミーハーゆえに、近刊ばかりに追われ読み損なっていた冒険小説の巨匠の作品
Kameさん、有り難うございます〜〜〜





続いては、クリスマスってことで
クリスマスケーキのサプラ〜〜〜〜〜〜〜イズ!
cake2.jpg
持ち込みさせていただいた。
持ち込みOKといういいお店なのだ。


このお写真だとそれほどでもないけど、これが実は大きい!
グラマシーニューヨークのチョコレートケーキで、16名用の特注サイズなのだ。
でも、ちょっと大きすぎたかな?


寄りで撮るとこんな感じ
cake1.jpg
実は切り分け用のナイフをめぐり、密かな攻防が...。
お店側としては当然といえば、当然の対応というか、当初「刃物をお客様にお貸しするわけには...」と言われてしまい、
では、私が持参しなくては!と自宅の包丁を研いでいたのだ(←怖い)

銃刀法違反とか大丈夫なんだろうか?!とチラリと不安がよぎっていたのだが、
幸いなことに、「パンきり用のナイフならば大丈夫でしょう」と貸してくださることになったのだった。
横浜読書会初の逮捕者になるトコだった...(汗)あぶなかった。

しかし、このケーキ濃厚すぎ
一切れも大きめだった…
みんな食べ切れた?


続いては、「ヨコミス」の発表!
ヨコミスは、ミスと名はついているけれどジャンルは問わず、H12.11.1〜H13.10.31までに読んだ中でのBest5を挙げるというものである
今回は、当ブログでいつも名コメントをくださっているnaoさんも参戦
横浜読書会にもnaoさんファンがいますよ!naoさん、ありがとうございました〜〜〜〜




そして、じゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!
今年のヨコミス・オブ・ザ・イヤーは...
ymoy.jpg
↑クリックで拡大

「このミス」「文春10」もそうだけど、S.キング強しだな。JFK暗殺から50年というのと、その娘のキャロラインさんが駐日大使としてやってきたという話題性も後押ししたのだろうか。

これは、スティーブン・ハンターの『第三の銃弾 』や、撮りだめしているNHKのJFK特集なんかもみた上で読まないと!


しかし、ちょっと、私は今年はいい線いってた?(←自画自賛!)
自分のミステリベスト10と比べても、ほら?


ちなみに私のヨコミスBest5は、こんなかんじだった。
spebest.jpg
↑クリックで拡大

ミステリの分野では、『三秒間の死角』 がヨコミスに間に合わなかったのが悔やまれる!
この作品は、発売が10月末だったので、「このミス」「文春10」ともにサラっとスルーされてしまっているが、傑作なのである。

それから、あまり話題にならなかったが、個人的には「南アのコナリー」こと、デオン・メイヤーも良かった!
こんなことを言うと、またコナラー(マイクル・コナリー教の信者)に命を狙われそうだけど、本家よりもずっといいと思う。


ということで、
今年も一年、横浜読書会を引っ張ってくれたおてもと氏に感謝をこめて、
有志から横浜読書会のお名刺のプレゼント。
ま、来年もしっかり働け!ということです(笑)
namecard.jpg



関連記事

category: 読書会

tag: 海外ミステリ  読書会   
2013/12/07 Sat. 15:17 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: ヨコミス・・・おそるべし

naoさん、こんばんは!

私は、naoさんの今年のBestは、パワーズの「舞踏会に向かう三人の農夫」が入っているかな?とか思ってました。あとは『チャイルド・オブ・ゴッド」、「終わりの感覚」と予想していましたが、予想の斜め上でしたよ(笑)

>もし発表で「夜に生きる」の上位に「スケアクロウ」が入っていたら、
>そのときはブチ切れたSpenth@さん、
>準備していたそれは凶器にかわっていたはず。

いえ、いえ、そんなことはありませんよ。
もしも刃傷沙汰があったとしたら、刺されるのはグレイマン並みのお尋ね者の私でしょう(笑)
ただ、横浜読書会は品行方正なので大丈夫。
それに、「スケアクロウ」は傑作ですからね〜==(棒読み)

ということで、また!

Spenth@ #- | URL | 2013/12/07 Sat. 21:46 * edit *

ヨコミス・・・おそるべし


『チャイルド・オブ・ゴッド』の2位には驚きました。
で、Spenth@さんはベスト1(!)・・そう来ましたかぁ。
著者の旧作『ブラッド・メリディアン』、遅く今年読んだのですが、
本作が今年読んだ小説のベスト1なのでした。
もちろん『チャイルド・・』も好きな作品。

「燃える男」・・Spenth@さんの好きなタイプの作品!
と思うけれど違ったらご容赦・・きかなかったことに(弱気)。

しかし包丁、使われなくてよかったよ。
もし発表で「夜に生きる」の上位に「スケアクロウ」が入っていたら、
そのときはブチ切れたSpenth@さん、
準備していたそれは凶器にかわっていたはず。
(中略)
取調室の事情聴取
「なぜ包丁を?」
「これはケーキを切るために準備をしたもので・・」
こんな言い訳、絶対認められませんぜ。
でも、そんな事態になったら、本の差し入れどっさりしますね。
では!

nao #L3vo542U | URL | 2013/12/07 Sat. 19:40 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/332-33345d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top