Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

サイコパス  秘められた能力 / ケヴィン・ダットン 

psychopath.jpgサイコパスといえば何を思い浮かべるだろうか?

ドラマ『クリミナル・マインド』に登場するシリアルキラーか、はたまた『羊たちの沈黙 』レクター博士だろうか。
しかし、厳密に言えば、サイコパス=反社会的人格障害ではないのだという。

本書に登場するサイコパスは犯罪者にとどまらない。英国屈指の神経外科医、高名な法廷弁護士、特殊部隊隊員、億万長者の元トレーダーなどなど。本書には多くの「成功したサイコパス」が登場するのだ。JFLやビル・Cクリントンを筆頭に歴代の米国大統領もサイコパス度が高いと言われているし、かのジェームズ・ボンドも典型的サイコパスなのだそうだ。
サイコパスは社会の頂きに多くいるのだという。
それが証拠に、サイコパス度の高い職業のトップは企業のCEOであるし、先ほど出て来た弁護士、外科医がそこにランクインしている。そして、なんと聖職者もランクインしている!
サイコパスに関する本は多くあるが、本書がユニークなのは、サイコパスの謎に踏み込むと同時に、彼らをただ異質なものと恐れるのではなく、”そうでない我々”も、彼らから学べるものがあるのじゃないか、という視点を持っていることである。

jobs.jpgサイコパスの特徴は、カリスマ的魅力があり自信にあふれ、自己中心的で、冷淡で破滅的でさえあるが、非常に優れた一点集中力をもち、プレッシャーのもと冷静でいられることだ。とりわけ、このプレッシャーの元の冷静さというのは、社会で成功するのに役立つ。彼らは基本的に”恐怖”を感じないのだという。

あるトップクラスの神経外科医は「執刀する患者に思いやりなんて抱かない」という。オペのときは冷静無比な機械になり、手にしたメスやドリルと一体化する。脳という雪山に挑んでいるときは、感情の出る幕はないのだ。つまり、失敗したらどうしようなどということは捨て置いて、目の前の問題だけに集中できるのだ。
また、元トップトレーダーは「トップにいる連中は一日の終わりに出口にむかっているとき、何を考えているのか、わからない。すっからかんになったのか、大儲けしたのか。」と言っている。つまり、トレーダーは、いちいち大喜びしたり落ち込んだりはしていられないということなのだ。
精神的に弱いと身の破滅になりかねないし、感情を排せなければ到底生き残れないというわけなのだ。

感情を排して一点集中できることと、恐怖心の欠如は今の社会では間違いなく有利な能力だ。
失敗したらどうしようと皆が躊躇するシーンでも、勝負に挑めるので、チャンスが多い。また、失敗しても引きずらないためまた挑むこともできる。そして、他人のように感情に振り回されることなく、目の前の目標だけに集中できる。

CatchMe ifYouCan映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 』でディカプリオが扮した実在の天才詐欺師フランク・W・アバグネイルはこう言っている。
「二匹のネズミがクリームの入ったバケツに落ちた。一匹はすぐにあきらめて溺れ死んだ。もう一匹はあきらめずにあがき、あまりジタバタするもんでクリームがバターに変わり、それをかきわけて脱出した。おれはその二匹目なのさ。」
ちなみに詐欺師もサイコパス度の高い職業である。

しかし、このセリフのなんと説得力のあることか。サイコパスの特徴のいくつかは、非常に魅力的だ。目の前の問題だけに一点集中する能力は、得られるものならば是非欲しい。そう思ってしまう私はサイコパス的なのだろうか?いや、株や為替であれだけビビるのだから、それはないかな(笑)
但し、サイコパシーは高性能なスポーツカーのようなもので、運転の仕方によっては死も招きかねないことを忘れるべきではない。サイコパスには恐怖心がないがために、早死する可能性も非常に高いのだという。

ところで、反社会的で服役している"法医学的サイコパス”と、エリートで"成功しているサイコパス”の違いだが、これはまだ完全には明らかになってはないないようだ。
これには反社会的サイコパスのほうが、" 衝動性”や"攻撃性”の調整つまみが高い位置にあるという研究者もいるし、逆にエリートで成功しているサイコパスが"一点集中”のスイッチを自在にオフとオンにできるのではないかという意見もある。
光には陰がつきものなように、英雄と悪党は紙一重なのかもしれない。

専門的でありながらも、誰もが興味を持つ内容や逸話を盛り込んでいるので非常に読みやすい。いたずらに恐怖心を煽るわけでなく、かといってサイコパスを賞賛するでもなく、多面的な視点で描かれているところも良いと思った。


サイコパス 秘められた能力

ケヴィン・ダットン (著), 小林 由香利 (翻訳)
NHK出版 (2013/4/23)


詳細をみる

関連記事

category: ポピュラーサイエンス

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: サイコパス 
2014/01/10 Fri. 19:07 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

naoさん、おはようございます。

それにしても寒いですね。

確かに、サイコパスの適用が過大に広げられているのは事実ですね。
ちょっとした殺人犯なんかも昨今ではみんなサイコパスになってしまう...。
この本でサイコパス的人格といっているのは、PPIというサイコパス度をはかるテストで高得点を示す人のこと。
反面、反社会的で犯罪を犯し服役しており、法医学的見地からサイコパスと言われているサイコパスもいます。それこそテッド・バンディやチカチーロなんかがその代表。
反社会的人格障害と、サイコパスは同義のように使われることが多いけれど、実はそうではないというところもミソなんです。また、サイコパスはスペクトラム上にある障害(障害という定義は当てはまらないかも)なのか否かも、まだはっきりしていないらしく...

>最もそうした態度は、患者側(傍目)から見ると異様に映るのものではありましょうが。
本当ですよね。でも医者ってそもそも変わった人が多いからで片付けられるというか...(笑)
感情豊かでチャーミングな医者もいるのかもしれませんが、殊、オペに関してはサイコパスの医者のほうが私は安心かなぁ。

>女性≒サイコパス
いや、これはないですよ。ものすご〜く感情的な生き物だから。
集中力もないし、自己中心なとこしか類似点はなくないですか?(笑)

>(「ジョットの鐘楼」は尖塔とい風な記述ありましたが、
>四角柱のてっぺんに小さな屋根があって尖っているから
>あれは尖塔であっているのか・・な)。

本当ですね。四角でも尖塔なのかな????
それにしても、naoさん、細かいとこまでよくよんでますねぇ!

では、では〜

Spenth@ #- | URL | 2014/01/11 Sat. 09:33 * edit *

怖そうな本・・?。
自分は怪談関係本よりもこちら関係の方が怖い。
(幽霊よりも人間の方がおっかないとはよく耳にしますが)

しかし本書についての記事を読むと、
サイコパスの認識がえらく広範に拡げられている様子。
例えば"医学的サイコパス”について、
やはり外科医などは、前の手術(例えば失敗)を引きずると、
次に控える手術にあ確実に悪影響を及ぼすわけで、
そうした切り替えの速さ
<"一点集中”のスイッチを自在にオフとオン>は
必要とされる心的の技巧(?)のような
最もそうした態度は、患者側(傍目)から見ると異様に映るのものではありましょうが。
(オン・オフ意味、使われ方違ったかな)。

記事にあるSpenth@の願うサイコパス化(?)は、
誰もが持つ感情(願望)でありましょう。
(あと株は損切の徹底を・・恐怖は慣れるしかありませんなぁ)。

話がとびますが、サイコパスの定義(?)を広げて言うなら、
女性全般・・わからなさ(謎)はほとんどサイコパスですぜ。
女性≒サイコパス(怒られる)。

ところで昨日ヴェニスの浸水について書きましたが、
「インフェルノ」㊤読んでいたら、同様の文章を見つけ笑いました。
(「ジョットの鐘楼」は尖塔とい風な記述ありましたが、
四角柱のてっぺんに小さな屋根があって尖っているから
あれは尖塔であっているのか・・な)。

では!

nao #6gL8X1vM | URL | 2014/01/10 Fri. 22:07 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/342-350d0373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top