Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

ブラック・フライデー 、秘密資産 / マイクル・シアーズ  

全米オープンテニスがはじまった!
が、まさかのナダル欠場…

本当に引退とか言い出したらどうしよう…
残された楽しみはもうジョコビッチが負けることだけです



さて、今日は二冊続けていってみよう。

『ブラック・フライデー』と『秘密資産』はともにウォール街を舞台にした続きものの金融サスペンスである。
『ブラック・フライデー』はシェイマス賞受賞作で、他にも各ミステリ賞の新人賞にノミネートされた。
日本では話題になっていないのだが、もったいないなぁと思う。
今やテレビドラマの原作は池井戸潤ばかりだが、ああいう小説がブームなら、こういうのももっと人気がでてもいいのじゃないかと思うなぁ。
ただ、主人公は正義のヒーローではないが…



ブラック・フライデー (ハヤカワ文庫NV)

マイクル・シアーズ (著), 北野 寿美枝 (翻訳)
早川書房 (2014/1/24)





『ブラック・フライデー』の物語は、主人公ジェイスン・スタフォードが出所するところから始まる。
ジェイスンはMBAクラスの卒業生のなかで最も早くマネージング・ディレクターになった花形トレーダーだった。だが瑣細な事務処理ミスに端を発した不正会計処理のため、連邦刑務所で二年服役を余儀なくされたのだ。
この手の犯罪は罰金を払って終わりということが多いが、彼は見せしめにされてしまったのだ。財産の保全のために偽装離婚した妻は彼の元に戻ってくることはなかった。
Wall Streetジェイスンに残されたのは、出所前に父親に託した現金が少しばかりとコンドミニアムだけ。金は必要だが、彼が「金を扱う業務」に就くことは裁判所命令で禁止されている。
そんな折、彼の元に中規模の投資証券会社ウェルド証券のCFOストックマンからある調査の依頼が舞い込む。先にヨットの事故で死亡した若手トレーダーの取引に不審なところがないか調べてほしいというのだ。
死亡したそのトレーダー、サンダースの取引に、証券取引委員会(SEC)が強い関心を示しているという。ウェルド証券は現在大掛かりな合併を控えており、ストックマン自身の保身のためにも、問題があるのならば把握しておきたいというものだった。
高額な報酬にジェイスンは二つ返事で引き受けることにする。
元妻アンジーから息子を取り戻し生活を立て直すには、まず金が必要だからだ。自閉症を患うキッド(息子)は医者、ヘルパー、特別支援学校etc,etc...何かと手がかかる。
早速サンダースの調査にとりかかるジェイスンだったが、その過程である小規模ファンドの存在が浮上し…




著者は20年間ウォール街で働いていたという経歴の持ち主で、まさに「餅は餅屋」を地でいっている。門外漢の人気ミステリ作家のリーガルものより、グリシャムやトゥローのリーガルスリラーのほうがより面白いのと同じ。

自閉症児キッドが存在も大きく、ジェイスンの物語に温かみを添えている。
著者の親戚に自閉症とアスペルガー症候群の子供がいるとのことで、キッドの日常もきめ細かく描かれているのだがこれ大変なことといったら!曜日ごとに着る洋服の色は決まっているし、他にもたくさんの決まり事がある。すぐそばにいてもあたかも異世界にいるかのようで、意思の疎通もままならない。本書の中で元妻アンジーはお世辞にもいい母親とは言えないが、ちょっと気持もわからなくもないかなぁと思ってしまう。自閉症のメカニズムを理解していなければ、いや理解していてもキッドのような子供のいい親になることは難しいだろうと思ってしまう。

だが、ウォール街のエリートの座から前科持ちへと転落したジェイスンにとっては、そんな風変わりなキッドはかけがえのない存在だ。ある意味、キッドのためだけにジェイスンは存在している。ジェイスンがいなければ、キッドは教育も支援も受けることなく、錠のかかった部屋に動物のように閉じ込められる生活に逆戻りなのだから。それがジェイスンの原動力になっているのに心動かされる人も多いだろう。

この『ブラック・フライデー』が高評価だったせいか、続編も出ている。それが『秘密資産』である。私もつい連続して読んでしまった。こちらは『ブラック・フライデー』の事件の解決から8ヶ月後の設定だ。





秘密資産 (ハヤカワ文庫NV)

マイクル・シアーズ (著), 北野 寿美枝 (翻訳)
早川書房 (2014/7/24)





今回、ジェイスンは目下、最も悪名高い銀行家の一族フォン・ベッカー家から依頼を受ける。
一族の長だったウィリアム・フォン・ベッカーは、北米最大の規模を誇る投資ファンドを運営していた。が、ファンドはある日突如として崩壊してしまう。
フタをあけてみると、ウィリアム・フォン・ベッカーがやっていたのは典型的なポンジ詐欺だったのだ。集めた資金で高利の配当をまかなっていたに過ぎなかったのだ。
フォン・ベッカーは逮捕されるが、拘置所内で自殺してしまう。だが、家族はどこかに父親の隠し資産があるのではないかと思っており、ジェイスンにその資産探しを頼むのだ。

果たして、隠し資産は存在するのか?ジェイスンはそれを見つけることができるのか?
こちらはより大掛かりでスリリングな展開になっている。

第三作も予定されているそうだが、こちらも楽しみ。
関連記事

category: ミステリ/エンタメ(海外)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 早川書房  文庫  金融  ウォール街 
2014/08/26 Tue. 17:52 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/398-c79087b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top