Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

闇に香る嘘 / 下村 敦史 

本書は、今年の江戸川乱歩賞受賞作である。

『脳男』 くらいまでは毎年買って読んでいたのだが、長らく遠ざかっており、最近は国内ミステリでさえも読まなくなってしまったが、なんでも乱歩賞60年を迎える記念となる作品だというし、Kindle化もされていたのでポチっとしてみたのだ。

が、、、、、
う〜ん、、、、

ちょっと私は期待しすぎだったのかも…





主人公は全盲の男性。村上和久は40を超えた頃に失明し、今は都内で一人暮らしをしている。
妻は既に他界し、一人娘の由香里との関係は芳しくない。
失明後の和久の傲慢な態度に、彼女は家を出て行ってしまったのだが、由香里の娘、和久の孫にあたる夏帆に腎移植が必要となり、自分の腎臓を提供することで再び関係が取り戻せるのではないかと期待していた。
だが、検査の結果和久の腎臓は移植に適さないと判断されてしまう。女で一つで夏帆を育てている由香里は、既に片方の腎臓を由香里にやっていた。そのため和久だけが頼りだったのだ。
失望する和久だったが、ふと岩手に住む兄の竜彦のことを思い出す。
さっそく岩手に赴き、ドナーになることを頼み込む和久だったが、兄は取りつく島もなく検査さえ拒否するのだった。
そんな兄の頑な態度に、和久は違和感を覚える。
兄の竜彦は中国残留孤児だった。彼の永住帰国の時は和久は既に失明しており、竜彦を確認したのは老いた母だけだ。兄が検査を拒むのは理由があるのではないか?兄は、本当に兄なのだろうか?和久の中で次第に疑惑は膨らんでいく。
そんな時、和久に差出人不明の点字で書かれた短歌が送られてくるようになり…。


この作品、なんでも「有栖川有栖氏が「絶対評価でA」と絶賛し、選考会では満場一致で受賞が決定」したそうなのである。なんでもご家族に支えられて執筆一本10年というから、ご本人もご家族も感無量に違いない。

でも…ゴメンナサイ。
私は色々と引っかかって物語に没頭することができなかった。


そもそも70過ぎた老人の腎臓をくれとっていうのはどうなんだろうとか、90歳近い(であろう)主人公のお母さんの手は、"渋柿"ではなく”干し柿”の感触なのじゃないだろうかとか、岩手の貧しい農家の財産目当てに成り済ましまでするだろうかとか、点字短歌の暗号にする必要性があったのかとか、読んでて「おや???」を連発してしまうのだ。

また、Amazonで「ロバート・ゴダードの『闇に浮かぶ絵』のパクリだ!」というレビューを目にしたが、あちらはティチボーン裁判を下敷きにしており、設定もストーリー展開も異なるので「パクリ」といってしまうのは少々気の毒かなという気はする。
(パクリは●ナリーの『ナ●インドラ●ン』!!!!)

この作品の後に続けて『闇に浮かぶ絵』を読んだのだが、案の定、比べ物にならないのだ。
でも、この本が『闇絵』を読むきっかけになったのは良かったかな。

オリジナリティ云々よりも、私にとっては登場人物に感情移入できなかったことのほう大きかった。"老人だから"というのではなく、キャラに魅力がないのだ。他方、盲人の描写や中国残留孤児のことなどはよく調べてあるとは思ったが、どうもパッチワーク的印象が拭えない。
プロットでぐいぐい読ませることができないのなら、せめて登場人物に魅力を持たせてくれないとなかなか読むのは辛かったりする。


この小説のスバラシサが理解できない私がおかしいのだ、ということで、どうぞ許してください。

彼、髪型は面白いのにね…
関連記事

category: ミステリ/エンタメ(国内)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2014/09/08 Mon. 22:52 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/401-f5e107dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top