Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

横浜読書会の忘年会 今年もお疲れ様でした〜! 

文字色急に寒くなったわ。

気温もフトコロも・・・(泣)

これも全部、◯ムラが空売りしたりするからじゃ〜〜〜〜!
まったくどうしてくれよう。

でも、今日は横浜読書会の忘年会。
クリスマス会も兼ねているし気を取り直して楽しむのだ。

場所はね、元町のおされなお店。
ワンフロア貸し切りよ。
ちょっと照明暗めかもだけど、BBAにはこれくらいがちょうどいい。
今日は昼からお化粧直してないし。

しかも、デジカメのバッテリーを切らしていたので、もつさんに写真を撮っていただいた。
もつさん、ありがとね〜!

    imageotemoto.jpg
去年はサンタとトナカイだったおてもと氏ダイスケさん
今年のは・・・これ何なの?
仮面ライダーの新しいヤツか何か?
おばさんにはさっぱり・・・(汗)

まあいいや。
今年も恒例の【文庫交換会】スタート!
  
私は今年は『ピルグリム三部作』にしてみた。
綿密な計画を練るテロリストと、それに肉薄していくスパイの追跡劇だ。
好みはあるだろうが、よくも悪くもハリウッド的。
癖のない読みやすい訳で三冊などあっと言う間に読めると思いマスわよ。

なっちゃんさんから、
マイクル・コーニィーのハローサマー、グッドバイ (河出文庫)をいただいた。
あま〜〜〜いSFミステリ青春小説だということで、
現在しょっぱ〜い思いを噛み締めている私には
ぴったりじゃないですか!


なっちゃんさん、ありがとう。読んだらレビューしますね。

私ね、いっつも凄いエゲつないのばっかり読んでるじゃないですか?
でも、割とスイートな路線、嫌いじゃないんですのよ。こう見えて。

   imagekcake.jpg
   2014120601.jpg

そして、2014のヨコミス・オブ・ザ・イヤーTop3は・・・

1位 その女アレックス (文春文庫)
ピエール ルメートル (著),橘 明美 (翻訳)

『アレックス』強し。もうぶっちぎり。「このミス」でも1位間違いなしだと思ってた。聞くところによると、今、もんのすごい勢いで増刷しているんだとか。密林書店にも人気マークがついてる!
すごいな。文藝春秋一人勝ちじゃないのよ。



2位 ハリー・クバート事件 上
ジョエル・ディケール (著), 橘 明美 (翻訳)

これ、私大好きなんですよ!この主人公も、この作家の感性も。これを冗長だとかいうのなら、そんなアンタはもう絵本でも読んでればいいさ。
ただ、先日東京創元の方にうかがったところ、ジョエルさん、全然推敲とかしなかったらしくて、原文はヒドくて、翻訳者と編集さんは相当苦労されたのだとか。




2位 ゴーストマン 時限紙幣
ロジャー ホッブズ (著), 田口 俊樹 (翻訳)

文藝春秋の永嶋氏の今年のイチオシ。久々のダークヒーローもの。
最近アメリカミステリ界は枯れてきていたが、ようやく大型新人が登場した感あり。確かにもう北欧ものとか読みたくないもんねぇ…。

余談になるけど、『ゴーストマン』と少し似てるというので、
先日Kameさんから、懸賞首の男 掃除屋クィン1 (ランダムハウス講談社文庫 ハ 10-1)をいただいた。うん。確かに原題は『The Cleaner』で、どちらも「消す」ことがオシゴト。ゴーストマンは銀行強盗だけど、『懸賞首の男』のクィンは政府の機関に雇われてるフリーランス。Kame訳はテンポがあって読みやすい。この手のアクションものはこのテンポが一番大事だったりする。
Amazon.comをみると、シリーズ2作目、3作目はレビュー数が3ケタで☆もほぼ5つ。版元が倒産しちゃったのは不幸だったかも。

Top3中、なんと二冊が文藝春秋!
京都の連続夫毒殺事件とそっくりなシチュエーションの『後妻業』も確か文藝春秋社。
このあいだ報道ステーションでも紹介されてたし。
来年の夏のボーナス、よさそうね。
いいなぁ〜〜〜・・・

あとなんだか最近横浜読書会には”腐女子”なるものが増殖中なのだそうだ。
ところでいまさらだけど、
腐女子って、ゲイに萌える女性ってことでいいんだよね???
というか、翻訳ミステリにその手のものは殆ど出てこないんだけど。
というか、そういうのを私は読んだことないんだけど。

何をどう妄想なさっていらっしゃるのか……は聞かないことにしました。


ということで、皆さん今年もお疲れさまでした〜!
来年、また新年会でお会いしましょう!


追記:私はてっきりゴーストマンは3位だと思っていたのですが、2位の間違いだったようで・・・
修正いたしました。






関連記事

category: 読書会

thread: 本に関すること - janre: 本・雑誌

tag: 読書会  このミス  海外ミステリ 
2014/12/07 Sun. 00:04 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/421-70711a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top