Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

2015NewYear横浜読書会チキチキクイズ&クルーガー読書会 

新年一発目の横浜ミステリー読書会!
ここ2年くらい”読書地図”をやっていたのだけど、今年は趣向を変えてみた。
じゃ〜〜ん読書会クイズ大会
   2015011002.jpg
ところでおてもとさん、
チキチキって何よ?


   2015011005.jpg
   Zq1hK9p0tPoubW11420940016_1420940095.png
   201511001.jpg


2015011004.png読書会クイズは全10問で三択形式。昨年一年横浜読書会でとりあげた課題本からの出題とした。

クイズ→ 横浜読書会クイズ

3名×3チームでの対抗戦で、おてもと氏は司会、私はアシスタント姉ちゃんならぬアシスタントBBAをやらせていただいた。
得点は1問につき1点。
が、、、ちょっと簡単すぎたかな…?

結局勝負はつかず、第11問目に突入。
各チーム、タイトルに色のつくミステリ小説を思いつくまま書いてもらう。その数だけ得点ゲットというボーナス問題なので、ここでいくらでも挽回可能だ。
しっかし、やってみると結構出てこないものなのよ。コレ…。
優勝は「なっちゃんさんチーム」のみなさんだった。
景品は図書カード。
他に、年末に東京創元社さまからいただいた文庫も景品の一部としてさせていただいた。
東京創元社さま、有り難うございました!




さて、第二部は読書会。課題本は2014年度エドガー賞受賞作、ウィリアム・K・クルーガーの『ありふれた祈り』

本書の横浜読書会の平均得点はなんと6.8点

去年の『夜に生きる』 に引き続き、評価ひっくぅうううう〜〜〜〜
予想はしていたが…。
そして思うのだ。

もしかして、エドガー賞は横浜読書会向けではないのではないか・・・と。

どんな感想があったかというと、、、

・ミステリとして物足りない
・障害者が多く出てきすぎて、しらじらしい
・物語として意外性がない、特筆すべき美点が見当たらない
・序盤、物語がなかなか進展しないのに辟易した
・エピソード盛り込みすぎ
・人が死に過ぎ


まあ、いわゆるひとつの酷評ってやつですね…(汗)
逆に良かった点は

・自然描写などの文章が美しい
・60年代の時代設定がノスタルジーを感じさせる


いいとこ、それだけかよ〜〜〜〜〜!
ちなみに私は、クルーガーはもともと好きな作家であり、10点満点中10点!

死の喪失感をいかに癒していったかという自分自身のその過程を想い出し、本当にささやかな喜びを見出すことの大切さに胸を熱くした一冊だった。
また、この小説にはいわゆる悪人というのが登場しないのだが、それについても否定的な意見が多かった。フランク一家は勿論、ガスもいわゆる”いい人”であるし、ドイルにしたって悪意があるわけではない。しかし、そういう根は善良な人々でも、彼らの固定概念や後先のことを考えない行動が誰かを深く傷つけてしまうことはある。
カールは死ななくてもよかったのではないかという声もあったが、カールの死はまさにそれに起因しているといっていい。
実は、身のまわりでもそういったことは多いのではないだろうか。先入観や差別なども、どちらかといえば、ごく平凡で普通の人たちから発せられることのほうが多かったりもする。
ほら、それに私たち自身の身のまわりにだって、いうほど悪い人っていないのではないか。それでも、日々色々なことは起こるものではないか。
わかりやすい「敵」である悪人を出さずに、小説を書くのは逆にかえって難しいのではないかとも思うが、それをさりげなくやってのけるのも、クルーガーの良さかなとも思ったのだった。

平均点は、たぶん私が一人で得点を引き上げているんだろうなぁ…(汗)
やっぱり、私がどこか変なのだろうか?
はっ!!!!もしかして年齢差の問題とか??!!
トシとると、「死」はより身近になってくるからなぁ・・・



続いて、場所を移動して懇親会へ突入。
    rle5I_BMAl5Lxr_1420939862_1420939954.png

ご覧ください。この女性率の高さ!
最近は腐女子軍団に席巻されつつもあり……


そこで、マイノリティな趣味の私の味方になってくれそうな方の新たなご参加を切に求めている今日この頃・・・



そこで、2月7日(土曜)に、ごくごく少人数で読書会を開催したいと考えております。
課題本は『黒い瞳のブロンド』、時間は17:30〜です。


お酒でも飲みながら、ゆんるりとやりたいと思っておりますので、ご興味のある方はサイドバーのメールフォームもしくは fc2reading4pleasure☆gmail.com(☆→@)にてお問い合わせください。
折り返し、詳細をメールいたします。
なにもとって喰ったりはしませんのでご安心を。
特にハードボイルド、冒険小説、スパイ小説がお好きな方の応募をお待ちしております。


と、簡単に告知もしたところで、皆様今年もどうぞよろしくお願いします。






関連記事

category: 読書会

thread: 本に関すること - janre: 本・雑誌

tag: 読書会 
2015/01/11 Sun. 12:21 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/434-a0b4002d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top