Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

2015翻訳ミステリ大賞コンベンションに行ってきた! 

翻訳ミステリシンジケート主催のコンベンションに行ってきた!

今年の会場は京急蒲田駅そばのコンベンション施設。
横浜からは急行で2駅とぐっと近くなり、"畳にザブトン"の去年までに比べると、ほら式典感が!!!
   IMG_1294.jpg


まずは、"「七福神」でふりかえる翻訳ミステリーの1年"からスタート。
司会はおなじみ杉江松恋さん。
   IMG_1287.jpg
   IMG_1422.jpg
今日もインパクト抜群のファッションでご登場。実はこの上着がず〜っと気になっており、お背中撮らせていただいた。なんでもね、新宿二丁目で職質されたこともあるのだそうで…#$%%&’
   
   IMG_1292.jpg
ファッションチェックはさておき、杉江さんをはじめ、北上次郎さん、吉野仁さん、川出正樹さんと共に昨年度のイチオシ作品を振り返る。それぞれの2014のベスト作品は以下のとおり。
北上さん 表のベスト『ハリー・クバート事件 』、裏ベスト『暗殺者の復讐 』
吉野さん 『その女アレックス』
川出さん 『探偵ブロディの事件ファイル』 
杉江さん 『世界が終わってしまったあとの世界で』

お〜〜〜〜!私の昨年のベストオブベストも北上さん同様『ハリ・クバ』!「このミス」でももっと上位でもいいと思ってた。北上さん曰く、『ハリ・クバ』の欠点はただひとつ。作中に挿入されている"世界で何千万部と売れた小説"というのが、ショボすぎたのだそう。
ウラのベストはもう説明不要(笑)北上さんはマーク・グリーニーから離れられない運命なの。仕方ないの。

杉江さんのイチオシは、ル・カレの息子ニック・ハーカウェイの『世界が終わってしまったあとの世界で』。実に素晴らしい青春恋愛SF小説なのだが、アマゾンレビューが☆2つという低評価のせいか全く評判にならなかったのだとか。曰く、全部あいつのせい(笑)
アマレビューの影響力は意外に侮れないのだが、読書会をやるとよくわかるように本の面白さって人によって全然感じ方が違う。難しいのだ。それが証拠に、私も杉江さんと同じくウィリアム・K・クルーガーの『ありふれた祈り』 は、もんのすご〜〜〜く良いと思ったけど、横浜読書会ではボロカスだったのよ…(苦笑)
ニック・ハーカウェイの新刊も6月にでるというし、これもGWにでも読んでみようかな。

しかし昨年はなんといってもその女アレックス』 の大躍進で、フレンチミステリが盛り返した年でもあった。(今年も『悪意の波紋』がとてもいい)
ところで、日本で馬鹿受けした『その女、アレックス』、ドイツではどういう風思われてるの?!ドイツ人翻訳家のマライ・メントラインさんがドイツのアマゾンレビューを元に分析してくれた。
ドイツ語版のタイトルは『私があなたが死ぬのをみたい』という意味で、割といい出版社から出ており、ルメートル自体も割と読まれている作家なのだそうだ。
ただ、本書のレビューは平均☆三つ、コメントは「淡々としていて研究所を読んでいるみたいで味気ない」「感情移入できない」「描写が説明っぽい」など、かなり冷ややか。
これは、神視点というのにドイツ人が慣れていないというのと、ドイツ人は頭が堅い人が多くウィットが汲み取れなかったのではないかということらしい。
翻訳の善し悪しもあるだろうけど、お国柄によっても反応は様々だということだ。
 


そして、本日のメインイベント、
翻訳ミステリー大賞リアルタイム開票&授賞式!
最終候補作は、『ゴーストマン 時限紙幣』ロジャー・ホッブス/田口俊樹/文藝春秋社、『その女アレックス』 ピエール・ルメートル/橘明美/文春文庫、『秘密 』ケイト・モートン/青木純子/東京創元社、『もう年はとれない』 ダニエル・フリードマン/野口百合子/創元推理文庫、『容疑者 』ロバート・クレイス/高橋恭美子/創元推理文庫 の5作品。

今年は接戦で、最後の1票までわからなかったのだけど、大賞は…
じゃ〜ん、ケイト・モートンの『秘密』!
   IMG_1331.jpg
翻訳の青木純子さんは、『忘れられた花園』でも受賞経験アリ。なんとV2達成!
おめでとうございます!
わずか2票差で及ばなかったのは『もう年はとれない』
残念、惜しかった。でも、全国のバック・シャッツ ファンの皆さん、続編は8月刊行らしいですよ!


そして、そして、なんと読者賞も『秘密 』が獲得!
ダブル受賞、おめでとうございます〜〜〜〜!!!

   IMG_1369.jpg

2015042500.png← ※クリックで拡大します。
毎年票が割れまくる読者賞の10位以下はこんな感じに。
しかし、ケイト・モートン強いな。実は私、『秘密』だけ読んでないんだけど…読むべきなの?翻訳ミステリ大賞もそうだったけど、女性票をしっかり集めたんだろうなぁ。

私が票を投じたのは、『ハリ・クバ』『火星の人』 窓際のスパイの三冊。
ええ、ものの見事にトップ3を外しております。
あら〜、『窓際のスパイ』にいたっては35位か〜。
超オモシロいスパイ小説なのに。
続編もCWAなのに…。






続いては、出版社対抗ビブリオバトル!
出場したのは、文藝春秋、集英社、小学館、東京創元の編集者の方々。
あのシャイニングの続編、S.キングの『ドクター・スリープ』、
ドイツの新鋭作家の歴史ミステリ『ゲルマニア』、 
北欧のサイコサスペンスの女王が描く『バタフライ・エフェクト』
マカヴィティ賞最優秀長篇賞受賞の女性探偵小説『探偵は壊れた街で』 と魅力的な作品がズラリ。
※早川の方は仕事の都合で欠席となり、代わりに杉江さんが紹介してくださった。なのでバトルには含まれず。
  2015042502.png2015042501.png
2015042505.png2015042504.png2015042503.png

白熱のビブリオバトルを制したのは…

集英社の『ゲルマニア』!
おめでとうございます!賞状の贈呈は田口俊樹さんから。
   IMG_1410.jpg

みんな、ナチもの好きだなぁ。
私が気になったのは、『探偵は壊れた街で』とニック・ハーカウェイの『エンジェルメイカー』かな。
キングは私はどうせ自動的に購入するので。
『エンジェルメイカー』は、なんでも"レンガ並みの厚さ"のポケミスなんだそうだけど、えーと、それって、おいくら万円になるので???(恐)




休憩を挟んで、翻訳ミステリーにかかる小部屋企画へ。

この日の企画は、「フランス・ミステリの小部屋」「ネオ・ハードボイルド作家・探偵の月旦」「マライがいく!世界ミステリ見聞録」の三つ。

私は、「ネオ・ハードボイルド部屋」へ行ったのだが、これが超超ディープなレクチャーで(笑)
ネオ・ハードボイルドとは、ハメット、チャンドラー、マクドナルドの御三家ではない系譜のハード・ボイルド、つまりマイク・ハマーを生み出したミッキー・スピレインの系譜のことなんだそう。
これについては非常に長くなるので、今日のところは割愛させていただこうかな。すでにかなり長いし。

   IMG_1441.jpg
そのネオ・ハードボイルドの系譜に連なるローレンス・ブロックの『獣たちの墓』 を原作にした映画『誘拐の掟』は5月30日公開だそうです。
珍しくジャンケンに勝って、田口俊樹さんからのプレゼント本をゲット!
ありがとうございました〜!




秘密 上
秘密 下
ケイト・モートン (著), 青木 純子 (翻訳)
東京創元社 (2013/12/21)

Kindle版はこちら→
秘密 上
秘密 下








ハリー・クバート事件 上
ハリー・クバート事件 下
ジョエル・ディケール (著), 橘 明美 (翻訳)
東京創元社 (2014/7/30)

Kindle版はこちら→ 
ハリー・クバート事件(上下合本版)
ハリー・クバート事件 上
ハリー・クバート事件 下







その女アレックス (文春文庫)


ピエール ルメートル (著), 橘 明美 (翻訳)
文藝春秋 (2014/9/2)


Kindle版はこちら → その女アレックス (文春文庫)







世界が終わってしまったあとの世界で(上) (ハヤカワ文庫NV)
世界が終わってしまったあとの世界で(下) (ハヤカワ文庫NV)
ニック・ハーカウェイ (著), 黒原 敏行 (翻訳)
早川書房 (2014/4/24)

Kindle版はこちら→ 
世界が終わってしまったあとの世界で(上)
世界が終わってしまったあとの世界で(下)







窓際のスパイ (ハヤカワ文庫NV)

ミック・ヘロン (著), 田村 義進 (翻訳)
早川書房 (2014/10/10)

Kindle版はこちら→ 窓際のスパイ











 
関連記事

category: 雑談その他

thread: 本に関すること - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ   
2015/04/27 Mon. 17:42 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

naoさん、こんばんは!

>『その女アレックス』以外は却下なのですが、

ええ?そうなの? !
ニック・ハーカウェイの『世界が終わって〜』は、私は読もうかなと思ってます。
実は買うだけ買って読んでなかった本なんですよ。
杉江松恋さんは…ファッションは別としても、実は案外乙女だったりして?(笑)


>『アレックス』の上位に『秘密』が来ますか・・憮然。
読んでいないので、何にも言えない。

私も同じです。 ただ、前作の『忘れられた花園』よりいいらしいですね。
ただ、翻訳者が投票権を持つ「翻訳ミステリ大賞」もそうですが、 「読者賞」もまた女性票が多いのかなぁと。
だって読書会特に横浜なんかは女性ばっかりですもんね(笑)


>ブロック原作のこれ、ようやく映画化されたのですなぁ。

ちょうどいただいた『獣たちの墓』を読み終わりました。
映画は本とはかなり筋が違うらしいのですが、これ、かなりエグいですよね…
ただ、ブロックはやっぱりうまいですよね!ディテールもいいし、高級娼婦のエレインの、少し冗長なきらいさえするセリフもすごくいい。何より、読ませます。
講義によれば、ネオ・ハードボイルドでは「探偵の自信の喪失」というのが特徴のひとつなのだそうですが、本書の解決の仕方にもそれが垣間見えている感じ。 依頼人のために最大限の努力はするけれど、正義の鉄槌を自分で下そうとははしないし、それをやる役割を担っているとも思っていない。個人にできることの限界を知っており、ある種の諦観してもいる。
そのことも含め、私は陰のあるリーアム・ニーソンはハマリ役と思いますが、いかがでしょう?


あと新刊情報としては、東京創元から5月29日に出る『夏の沈黙』が面白そうかな。
東京創元の編集の方のイチオシなのですが、この方、株だけでなく、本の趣味も似ているようなので、まず間違いないかと(笑)なんでも2015年度最大の大型新人のデビュー作で、世界25カ国で出版が決定しているそうですよ。

とうことで、ではまた!

Spenth@ #- | URL | 2015/04/29 Wed. 21:51 * edit *

盛りだくさんで読み応えのあるレポート!
愉しく、興味深く読ませていただきました。

●2015翻訳ミステリ大賞コンベンション
イカツイおっさんが司会されているのですなぁ(失礼)。
『その女アレックス』以外は却下なのですが、
このヒトににらまれたら、よくわからん長いタイトルの本も、
読んでいないのにホメてしまいそう。
それは別にして、黒原敏行の訳なのでしたか。
(自分の中ではかなりこの本関心高くなったかも)。

『アレックス』の上位に『秘密』が来ますか・・憮然。
読んでいないので、何にも言えない。
Spenthさん投票の『窓際のスパイ』(!)・・自分も好きな小説。
35位でも凄いと思いましたよ。

●出版社対抗ビブリオバトル・・最も注目しました。
何といってもキングのシャイニングの続編・・刊行されますか!
たいへんよい情報をいただきました(感謝)。

しかし各出版社が売り込みに凌ぎ削ったところで、
キングは何もしなくても売れるだろうし、
他は当然に苦戦・・残酷な明暗。
(文春はキングを出したところで反則負け決定!?)。
『ゲルマニア』はコワモテのタイトルでおもしろそう
(『将軍たちの夜』みたいなミステリなのかな?)。

●ネオ・ハードボイルド作家・探偵の月旦
ブロック原作のこれ、ようやく映画化されたのですなぁ。
もう十年近くまえから映画化の話はあった(耳にしていた)ような。
ブロックはこの本作含む倒錯三部作までが、自分は大好きなのでした。
スカダーは二―ソン(『96時間』)かぁ・・ナルホド。
(クルーニーだと甘い感じになってダメなのかな?)。

愉しい記事がたっぷり・・堪能できました!
ではまた!

nao #6gL8X1vM | URL | 2015/04/29 Wed. 20:04 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/466-51c16926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top