Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

ユー・アー・マイン / サマンサ・ヘイズ 

用事があり東京に出たついでに、シャングリラで友人とお茶をした。

エレベーターのシャンデリアがキラキラリーン
エレベーターの手すりまでキラキラ〜 フレグランスが香ってゴージャス!

さすが、香港系お高級ホテル。securedownload2.jpeg

で、3時間近く(!)おしゃべりしてきたのだが、なんとね、卵子の凍結保存をしようかとか言い出した。
ちなみに友人は私と同じ歳。今は出産年齢も上がったとはいえ、さすがにもう出産は難しい(と思う)。
というか、独身なんだけども。それに確か今フリーなんだけども…。
見た目も行動も若い彼女だが、なんというポジティブさ。

ただ、ひとつ問題があるそうで、それは年齢からくる卵子の質劣化…!!!

やっぱり、自分自身のためだけに生きることにするそうだ。ちゃん、ちゃん。


さて、さて、今日は子供繋がり。本書は何が何でも「子供を生みたい」という女性の物語である。

舞台はイギリスの中西部バーミンガム。三人の女性の視点で物語は語られていく。
一人は出産を目前にしたクローディア。夫ジェームズは海軍の少佐で、任務のため一年の殆どを留守にしている。双子の男の子がいるが、彼らはクローディアの子ではなく、ジェームズの亡き前妻の子供だ。ジェームズは前妻の莫大な遺産を相続したので、クローディアが働く必要はないのだが、妊娠後もソーシャルワーカーの仕事を続けている。
そのクローディアの出したベビーシッターの募集広告を見て応募してきたのが、ゾーイだった。まだ30代前半と若いながらも、シッターとしての経験は申し分ない。しかもゾーイの印象はとてもよく、双子たちもすぐになついたことから、クローディアはゾーイを雇うことに決める。
しかし、彼女には何が何でも住み込みのこの仕事を得なければならない事情が隠されていた。
短い休暇がすぎ、ジェームズが任務へと戻っていった。過去に何度も流産を繰り返したせいで、いささか過敏になっていたからか、クローディアは、ゾーイの言動に次第に疑問を抱き始める。
その頃、バーミンガムは、妊婦が腹を切り裂かれて殺害されるという事件が起きていた。むりやり胎児を引っ張り出れており、現場は堪え難い惨状だった。捜査の担当は、ロレイン・フィッシャーとアダム・スコット警部補。名字は違うが二人は夫婦であり、このロレインこそが物語の三人目の導き手だ。
ただ、かつての夫の過ちが原因で、夫婦仲はうまくいっておらず捜査も噛み合ない。
そこにまた新たな妊婦殺害事件が起こるのだった…。


samantha hayes後半には「あっ!」と言わせるどんでん返しあり。

クローディアとゾーイの語りは一人称の「私」で、ロレインは三人称で語られるのだが、それにもちゃんと理由があるのだ。
章が変わって数行ほどは、クローディアなんだかゾーイなのだかわからないのだが、それが不穏さを増長させている。

予想外の展開でも読ませるが、サイコロジカルスリラーとしてもよくできていると思う。
物語には、「何が何でも子供が欲しい」女性が複数登場するのだが、その執念の恐ろしいことといったら。もう精神疾患の域に入ると思うのだが、それがもたらす異常で残虐な行為よりも、「どうしてそこまで執着するのか」ということのほうが私には怖かった。

本書に登場する人物ほどではないにしろ、現実にもこの手の強迫観念に取り憑かれている人は大勢いる。それはそれで、非常に悲しい生き方だと思うが…。
男も大変だが、女もまた大変なのだ。

余談だが、ロレインとアダムの夫婦関係は、私にはよくわからなかった。もうかなり崖っぷちだったような…。
ま、夫婦喧嘩は犬の食わないというから、そういうものか。
著者の次作は彼ら夫婦が主人公なのだそうである。





ユー・アー・マイン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

サマンサ ヘイズ (著), 奥村 章子 (翻訳)
早川書房 (2015/5/22)


Kindle版はこちら→ ユー・アー・マイン




関連記事

category: ミステリ/エンタメ(海外)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 早川書房 
2015/06/26 Fri. 21:07 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

naoさん、こんばんは!

ほんっとギリシャうざいですよね。
GDPなんか埼玉県並みしかないくせに、すごい迷惑なんですけど!!!
もうギリシャはライフラインも港湾も神殿も売って借金返済しなさい!

後場は日銀EFT買いが入って回復するかと思いきや、なんじゃこれはぁぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!
しかし、私も今日は買い増ししましたよ…。現物でチマチマと。
今回は1552でヘッジもしときました。

ただ、先物あげてるし、今日大幅に下げたから明日は少し上げてくるのじゃないかしら?
ベストは今晩ダウ爆下げで、明日は日経ちゃん爆上げなんですけど、世の中、そんなうまくはいかないんだよなぁ〜

相場の合間にミネット・ウォルターズの『悪魔の羽根』を読んでます。(←現実逃避…)
私は昨年の『養鶏場の死/火口箱』はあまり好きじゃないかったのですが、これは今のとこいい感じ!

Spenth@ #- | URL | 2015/06/29 Mon. 22:45 * edit *

Spenthさん!・・ギリシャ危機がぁ。
ガッツリ信用枠目いっぱい使って買いで挑むも・・玉砕💀
もうダメかも・・何かボク悪いことしましたか?
いまさらながら自分探し(逃避)の旅に出たい気分です。

では、いつかまた!

nao #6gL8X1vM | URL | 2015/06/29 Mon. 21:17 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/485-e896917f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top