Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

偽りの楽園 / トム・ロブ スミス 

台風で横浜も外は大雨、そんななか、
日経ちゃん、1343円のあげ〜〜〜〜

絶望のあとのこの爆アゲは、空売りさんの買い戻しかな。
暴落時の空売り比率40パーセント近くもあったもんなぁ…。
私も含み損減ったわーーーー!!!!
ここらであげとかないとアベちゃんも増税しにくいのだろうけど、問題はこれが維持できるか…
まさに『偽りの楽園』とならなきゃいいけど…。



ということで、トム・ロブ・スミスの待ちに待った新刊なのである。
『エージェント6(シックス)』刊行の時に来日からはや4年。あの来日イベントには私も行ったのだが(我ながらミーハーだわ!)、あの時「次作は私小説的なものにとりかかっている」と言っていた本を、ようやく、ようやく読むことができた。
前作レオ・デミドフの物語とはかなり毛色が異なるが、やはりトム・ロブ・スミスはさすがなのだ。
tom rob smith with heis parents

さて、本書の主人公はダニエルという青年だ。大学の学位は取得したものの、フリーランスでガーデン・デザイナーをやっている。仕事はあったりなかったり。不況ということもあって経済的には安定していない。住まいも弁護士をしている年上のパートナー、マークに頼っている。
ダニエルの両親も夫婦でロンドンでガーデン業を営んでいたが、数年前に店を処分し、母ティルデの故郷であるスウェーデンの田舎で農場暮らしをしていた。
ダニエルは、マークのことを両親に紹介したいと考えてはいたものの、ゲイであることを告げることにためらいを感じてもいた。そのせいで、スウェーデンにいる両親の訪問を何年も訪問を先延ばしにしてきたのだった。
そんな時、スウェーデンの父からマークに電話がかかってくる。
母が心の病にかかってしまい、具合がよくないというのだ。
涙ながらの父の訴えに、取るものも取り敢えず、空港に向かったマークだったが、その母親のティルデから電話が。「お父さんのいうことは全部嘘で、自分は精神疾患なんかじゃない。必要なのは警察よ。ロンドンに行くから、ヒースローで待っていてほしい。」電話の母は毅然としており、ダニエルに伝えようとすることも明快だった。
だが、父曰く、母ティルデは医者を説き伏せて精神病院を退院してしまったのだという。そして、母が警察に訴えようとしている人物には自分も含まれており、自分にはもう彼女を助けられなというのだった。
ダニエルは父と母の言い分が全く違うことに戸惑う。どちらのいうことを信じればいいのだろう?
父は母がおかしくなっているというが、仮に母が精神を患っているのなら、なぜ医者は退院を許可したのだろうか?
久しぶりにあう母は、驚くほど痩せて老け込んでいた。毒を盛られたという母の舌の先は、真っ黒だった。しかし仮にそれが毒のせいだとしても、誰が何のために母に毒を盛ったというのだろうか?
そして、ダニエルの家につくなり、長い長い話をはじめる。犯罪の証拠が入っているというショルダーバックを握りしめて…
potato salads




トムのいう「私小説」を私は"ゲイ小説"なのかなと思っていた
のだが(失礼!)、全く違う。
とはいえ、主人公のダニエルは、まさしくトム・ロブ・スミスを連想させるような人物で、同性愛者であることもこの物語の一部ではある。個人的には、もっとマークとの関係も踏み込んで描いてほしかったところではあるが、本書は家族の物語であり、同時に社会的問題を取り扱った小説である。

物語の大半はダニエルとティルデの会話、とりわけティルデの独白によって占められている。
読み手はダニエル同様に中立な立場で、ティルデの話を虚心に聞こうと思うのだが、これが聞けば聞くほどわからなくなるのだ。ティルデの言葉は筋が通っているようにも思えるし、彼女が「犯罪の証拠」として挙げる品々は首を傾げざるを得ないものもある。そして、ティルデが"敵”と見なしている人間たちも、信用はできないかもしれないが、悪人というわけでもなさそうな気もする。
一体、人の正気とはなんなのだろうか?その見極めはなになのだろうかと不安にさせられるのだが、まさにそこに引き込まれる。心理的に最も不安定な場所に置いておかれる気分にさせられるのだ。

インタビューによると、彼自身の家族に実際に起こったことをもとにしているとのことだが、そのせいだろうか、手にとって触れられるようなリアリティがある。家族間だからこその打ち明けられない秘密もそうだし、著者自身を思わせるダニエルの繊細さについてもしかり。
ただし、『チャイルド44』 の、あの鳥肌の立つプロローグを書いた彼の実力からすれば、実話であるなしは関係ないかもしれないが。

そして、全く先が読めないその不安な状況から、一転して全てが無理なく解き明かされる
もう、この構成にはお見事!としか言いようがない。
実はテーマそのものは北欧ミステリーにありがちで、「もう、それいい加減飽きたから!」というものなのだ。しかし、料理法によってここまで変えられるとは、驚いた。
小説というのはテーマの問題じゃないんだと思った。こういうところが、やっぱりトム・ロブ・スミスのすごいところなんだろうなぁ。
バカにしていた平凡なジャガイモ料理も、トリュフオイルをひと垂らしすれば高級レストランの味に化けたりもする。なんかそんな感じ。




偽りの楽園(上) (新潮文庫)
偽りの楽園(下) (新潮文庫)


トム・ロブ スミス (著), 田口 俊樹 (翻訳)
出版社: 新潮社 (2015/8/28)








関連記事

category: ミステリ/エンタメ(海外)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  映画化    新潮社  文庫  トム・ロブ・スミス 
2015/09/09 Wed. 18:18 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

naoさん、こんばんは〜!

そうなんですよ、史上6番目の爆上げらしいです。
しかし、このジェットコースター相場で、爆益の人もいれば往復ビンタを食らった人もいるわけで…
素人に手が出せる相場じゃないです。

私の持株ちゃんたちの決算は、かな〜り良いはずなので期待したいところですが、ま、アテにしないでいます。
ボーナスもさぞいいんだろうなぁ…株主にも増配して還元してほしいなぁ…。


naoさんは『チャイルド44』ダメでしたか?ソビエトものなので、少々過激ですしねぇ…
しかし、おしゃるように、これは大丈夫。トムの巧さに唸っちゃうかも。北欧が舞台と聞いて、「トムよ、お前もか!」と思ったのですが、いや、はや、さすがでした。
こういうのってセンスなんでしょうかねぇ。どうにも敵わないなぁと思わせました。


>そろそろ各社のイチオシが出揃う頃・・

そうなんですよね〜これから10月末にむけてじゃんじゃんでてくる。
『もう過去はいらない』『カルヴィニア3』などを買いました。
インドリダソンはなんだか気分じゃなくて、考え中です。ただ、ただ、暗いんだもん…。
あとは今年はなんしょうかね???
キングのエドガー受賞作『ミスター・メルセデス』も非常に楽しみにしているのですが、年内は無理なのかな?





Spenth@ #- | URL | 2015/09/09 Wed. 21:23 * edit *

日経、終値でそんなに上昇したのですか・・気がつきませんでした。
株価は先行する日経(平均株価であるにしても)の急騰にはなかなかついていけないもので、
Spenthさんの保有株も時間を置いて(少し遅れて)値を戻していくのでしょう(祈願!)

ロブ スミスの新作、もう読了されましたか・・さすが!
例の抜群に評価も評判もよい三部作、
自分は実は最初の44で凍りつき、以降のものは読んでおりませんが、
これは大丈夫そう。
そろそろ各社のイチオシが出揃う頃・・
もうそんな季節となったのですなぁ(月日の経つのは速い)。

「『ジャガイモ料理にはトリュフオイル』だぞワトニー!」
ジャガイモ嫌いに陥っているであろう帰還した火星の人に教えてあげたい。
もっとも、地球(自宅)にいながらザラ場の嵐に吹き飛ばされ半死半生、
年に数度も遭難に遭う自分には有効(貴重)な情報かと思われます。

では!

nao #6gL8X1vM | URL | 2015/09/09 Wed. 20:52 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/508-02adb48f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top