Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

バビロンの魔女 / D・J・マッキントッシュ 

月に一度のお料理教室。今月はイタリアンだった!
PA060011.jpg
PA060020.jpg
PA060025.jpg
PA060019.jpg
PA060028.jpg

クリスマスメニューはこれにしよう!!! (←本当に作るかどうかは疑わしい・・・)


この間撮った月の写真を自慢したら、先生がその場で同じカメラをポチってた(笑)
レンズも変えられるし、初心者にはコスパのいいカメラです。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 EZダブルズームキット ホワイト E-PL6 EZ DZKIT WHT

もう少し軽いといいのだけど、一眼だとこんなものなのかも。
まずは、取説をちゃんと読んで使い方を覚えよう…






カメラ楽しい〜!!!というのはさておき、本題はバビロンの秘宝にかかる歴史ミステリなのだ。
この本のキャッチは、「古代文明への知的な好奇心をかきたてる、第一級の考古学冒険ミステリー」なのだが、本当にその通り。
なんでもCWAのデビュー・ダガーにノミネートされたらしい。デビュー・ダガーというのは、未発表の作品に与えられる賞で、本書もこのノミネートとカナダのミステリ賞の受賞で出版の運びになったとのだという。



さて、さて、物語の舞台は2003年、アメリカ軍がイラクに侵攻した年のニューヨークに始まる。
主人公は、ジョン・マディソンというトルコ系の若き古美術商だ。彼は幼い時に両親を失い、異母兄のサミュエルに引き取られアメリカへやってきたのだ。40歳年上の兄サミュエルは中東が専門の考古学者だったが、先ごろジョンが運転する車の事故で亡くなったばかりだった。
そんな折、ジョンの幼なじみのハルが怪しげな女に殺害される。その女の狙いは、ジョンの亡き兄サミュエルがイラクから持ち帰った石板だった。
生前サミュエルは、イラク戦争のどさくさで美術品を狙う犯罪集団から、貴重な遺跡や考古学的遺物を守るために危険を顧みず奮闘していた。そして命がけでアメリカに持ち帰っていたのが「ナホムの石板」だったのだ。
アッシリア時代のくさび形文字で記されたその石板は、旧約聖書の原本とも言えるものだった。売れば途方もない値がつく。金に困っていたハルはそれをサミュエルの死後に盗んでいたのだ。そして売却しようとした矢先に、殺害されてしまったのだった。
しかし、自らの死を予感していたハルは、ジョンにゲームを仕掛けていた。幼なじみのジョンにしか解けない難問を順に解き、石板の在りかを探し出すというものだった。しかも、ハルを殺した女が属する組織に今度はジョンが命を狙われることになる。
そんな彼に、イラクでサミュエルの助手をしていたというトーマスという男が接触してくるのだが…

IMG020112.jpg


ハルの謎かけゲームが出てきたときは、「うっざ〜!!!」と思ったのだが、それはおまけのようなものだ。
読み終えてみると、タイトルの「バビロンの魔女」というのもよくできていてうまいなぁと思ってしまう。
ダン・ブラウンのメソポタミア版といった感じだが、ダン・ブラウンより楽しめたかもしれない。

メソポタミアとはチグリス川、ユーフラテス川に挟まれた地域をさし、現在でいえばイラクに当たるという。
この地域の三大文明が、シュメール文明、アッシリア文明、そしてバビロニア文明だ。ちなみに、この本とは関係ないが、私、シュメール人宇宙人説とかも大好き!
だが、このあたりの事情に詳しくなくても大丈夫なのが、エンタメのよいところ。読むことで学習できるし、読後は古代文明への好奇心がより掻き立てられることだろう。

物語の舞台はニューヨークからトルコのイスタンブール、バクダッドと移り変わる。
それぞれの街並みや遺跡の描写がビビッドなのも特筆すべきだろうだ。共に旅をしている気分にさせてくれるのだ。聞けば、著者は作家になる以前は観光冊子の広報をしていたのだという。
トルコやエジプト、マラケシュのあたりにもいつか行ってみたいなぁ…

また、訳者の方も書いていらしたが、イラクを含む中東の歴史の血なまぐささには改めて驚かされる。バルカン半島をはじめとして「民族の対立こそが歴史」であった場所は他にもあるが、中東は群を抜いているような…
この本の舞台となった2003年のイラク戦争もそうだが、今もイスラム国の攻撃によって貴重なメソポタミアの遺跡や遺物が破壊されていることを思うといたたまれない。

ところで、本書はメソポタミア三部作の第一作目らしい。二作目は新バビロニア、三作目は私の好きなシュメール!!!らしいので、これも楽しみ。
しかし、三部作多いなぁ…


バビロンの魔女

D・J・マッキントッシュ (著), 宮崎 晴美 (翻訳)
出版社: 河出書房新社 (2012/9/15)


Kindle版はこちら
バビロンの魔女
¥ 648







関連記事

category: ミステリ/エンタメ(海外)

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2015/10/08 Thu. 13:05 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

naoさん、
腰、大丈夫ですか?!
急に気温が下がったからでしょうかね?
ぎっくり腰は、大変なんですよねー。
経験者なので、ご不便はよくわかります!
くれぐれも運動会ではご無理なさらないようにね。


レンズ、あれこれと欲しいのですが・・・高いんですよね。
カメラよりも高いとか何様?!
しかし、幸か不幸か、大幅な含み損状態なので「レンズ沼」にはまる余裕がなくて(笑)
いつになったら、私の「ゆうちょ関連銘柄ちゃん」はブレイクするのかな???
一生このままなような気もしてきました・・・


新刊、出ましたねー!
まだインドリダソンまで、まだまだたどり着けません。
カルヴィニア3の他に、「街への鍵」も積読状態・・・
でも、ディーヴァーと特捜部Qは読みたいんだけどなぁ!!!

そうこうしているうちに、じきに読書会なのですが、今月はグリシャムの「法律事務所」なのです。
これも読み返しとかなきゃなぁ・・・
思えば、以降のリーガルものにおいて、”ハングリーな出世欲と良心の間で揺れる弁護士”という主人公像を決定づけた気もしますね。
コナリーのアレなんかもそうですもんねぇ・・・サスペンスな部分は本家には遠く及ばないですが。
ロビイスト版の「The 500」などもそうですよね。

しかし、この時のトム・クルーズは若いですよね!


Spenth@ #- | URL | 2015/10/10 Sat. 21:12 * edit *

突然ですがただいま腰、痛めております・・数年に一度はあるというギックリ腰?
振り向くことができず、方向転換が難儀です。
明日はしかし地区の体育祭(運動会)があるのでした。
町内会仕事で朝早くから小学校にまで出向き、
運動場でのテント張りほか諸々の準備。
加えてお遊び程度の競技もいくつか出場予定・・大丈夫なのでしょうか?
雨降ってほしいです・・ホント(祈祷)。

Spenthさんのカメラ熱、やがては例のごとく(?)レンズへと関心と執着は向かうのでしょうか。
近くこのブログでの第一回写真展(作品展)の開催など期待しております。

ミステリはいよいよこの時期、目玉(新刊)でてきましたなぁ・・。
ディーヴァー『スキン・コレクター』、
ピェール・ルメートル『悲しみのエレーヌ』他、
ユッシ・エーズラ・オールスン『アルファベット・ハウス』(目玉かな?)
などなど・・シーラッハは来月だけど。

PCの壁紙を秋景色(紅葉)に模様がえ・・しみじみ。
歳はとりたくありませんなぁ・・ふう。
ではまた!

nao #6gL8X1vM | URL | 2015/10/10 Sat. 20:44 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/515-e1bd14e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

RSSリンクの表示

リンク