Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

グリシャム「法律事務所」と「The Firm」 

週末の読書会の課題本は、ジョン・グリシャムの『法律事務所』なのだ。
カオスな本棚から探し当ててみると、これが結構分厚い(私が持っているのは小学館文庫)週末に一生懸命読んで、ついでに映画も観た。
たぶん、読書会では半分以上映画の話になるのじゃないかなと思って。

the firm tom cruise
thefirm.jpg


映画を観て思ったのは、
トッム、若っ!!!!

20年前の映画なので、若いは若いのだが、実はトム・クルーズは今も若い。なにせMIPの最新作でもアクション全開、離陸する飛行機にしがみついちゃうくらいなのだ。
だが、今ほど垢抜けてないトム・クルーズがとてもいい。背が高くないため、ロングコートが似合ってないのさえいい(笑)
トム・クルーズ作品で好きなのは悪役に挑戦した「コラテラル」だが、こういう役も意外といいなぁと思う。



ところで、小説と映画はストーリーが変えてあり、主にその結末が大きく異なっている。
小説はその長さも手伝って、明後日の読書会ではおそらく「冗長すぎる!」と言われるのだろうなと思うが、私は小説の結末こそが、グリシャムなのだと思う。
映画では、ミッチとアビー(と犬のハーシー)は、FBIからせしめた75万ドルはすべて兄のレイに譲り、二人と一匹でボストンで再出発を決意して終わっている。FBIとベンディニ事務所の双方を騙し、マフィアに自分を手だしさせないようにして、ミッチは弁護士であり続ける。そしてボストンでささやかな法律事務所を開くために旅立つのだ。
ところが、小説ではFBIから100万ドル、ベンディニ事務所からは1000万ドルを盗み、事務所の連中をFBIに逮捕させ、自分たち夫婦とレイはケイマン諸島へと逃避行するのだ。
せしめる金額の多寡もさることながら、決定的に違うのは、小説ではミッチが「弁護士なんてこりごりさ」と言っていることだろう。
裕福ではない家庭に育ち、低賃金のアルバイトをし、ハイスクールでクォーターバックとして活躍したという若き日のグリシャムは、ミッチそのものだ。そして、そんなグリシャムには映画のミッチにみられる「清貧さ」は似合わない(笑)
「ありていにいって、僕は弁護士なんかなりたくもなかった」というのも、グリシャム自身の声のような気がする。
ただ、ミッチとは違い、グリシャムは小さな事務所で、貧しい依頼人のための公費弁護士としてのキャリアを積んでいて、そのときの経験が以降の小説のネタになっているのだそうだ。
映画もとてもよく出来ているとは思うが、私は小説にみられる「実直な現金さ」のほうを買いたいかな。

ただ、唯一小説にもの申したいのは、「犬のハーシーはどうなったんだ?!」ということである。
置いてけぼりは仕方ないにしても、犬好きとしては、せめて隣のおじさんが飼うことになったとかの一文が欲しかったなぁ…
ハーシーの件もそうだが、映画ではレイとタミーの間にも幸福が訪れそうな予感があり、全体としてハッピーエンドで締めくくられている。


また、本書はいわゆるリーガルミステリ、リーガルサスペンスとは全くその趣が異なっている。
何が違うって、法廷シーンが全くないのだ。そのかわりに、法律事務所という世界の内幕や、弁護士という人種の拝金主義的傾向が重点をおかれて描かれている。おまけにアクションシーンも満載、タミーとアビーがケイマン諸島の事務所のコンドミニアムで、エイヴァリーが眠っている隙に書類をコピーするシーンなどは、スパイもののようなスリルもある。
しかし、本書で特筆すべきはやはり「拝金主義」、主人公のハングリーさといったものだろう。バブルのころはまだ躊躇もあっただろうが、日本も90年代はじめのこのころは、もう大手を振って「清貧より金儲け」と言える時代になっていたと思う。だから、いい子ぶらない正直なミッチに人は共感したのではないか。
そうした意味でも、時代にマッチした小説だったのだろうなぁと思うのだった。
 2015102001

余談だが、映画でミッチが就職を決めた夜のお祝いのディナーに、彼は中華料理と「高級ワイン」を用意している。
この「高級ワイン」は、ケンウッドで、たぶんブリュットだと思う。
ケンウッドといっても、音響メーカーではない。カリフォルニアのソノマ・ヴァレーの老舗ワイナリーだ。「高級」とはいえ、白なら2,000円程度のワインなので、買ってみようと思って探したのだが(←懲りてない!)、高島屋さんでも楽天でも買えなかった。
もともと、日本にはそう多く入ってこないらしいが、10年くらい前にペルノに買収されてしまったのだという。
これをやりながら、もう一回「ザ・ファーム」を観たかったなぁ!


法律事務所 (小学館文庫)


ジョン グリシャム (著), 白石 朗 (翻訳)
文庫: 856ページ
出版社: 小学館 (2003/02)







関連記事

category: クライム・警察・探偵・リーガル

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  映画化  リーガル  グリシャム  トム・クルーズ   
2015/10/21 Wed. 09:18 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

naoさん、おはようございます!

> トム・クルーズの出演作はよく観ます。
> 先月三本観ました・・『コラテラル』『宇宙戦争』『マイノリティ・リポート』。
> 特に『コラテラル』は主演作で最も好きな作なのでした。

お、もしやトッムのファン?
「コラテラル」のトム・クルーズは良かったですよね〜!


> 『ザ・ファーム』(洗濯屋さんの話)・・若い頃、
> 確か試写会で観たのでした・・凡作の印象でしたが、いま観ると少し見方も変わるかも。

確かに凡作といえば、凡作な映画なんですよね〜
トム・クルーズの代表作ではない。
「卒業白書」とか「トップガン」「7月4日に生まれて」やMIPがありますもんね。
でも、やっぱりあの役はまだ垢抜けない彼じゃなきゃダメなんですよ。


> (いまふと思ったのですが、なんでいまグリシャム?『法律事務所』なん?
> ヘンな読書会・・怒られる)。

これ、私が言い出したんですよ・・・
変ですよね、確かに。
でも、またにはいいじゃん!

> ”Spenth in ベネチア”写真展も期待しているのでした。
はい!頑張ります!
でもベネツィア観光は1日くらいなのです…


> 『もう過去はいらない』読みました。
いいですよね、私もこう生きたいものです(笑)

> Spenthさんもしかし80近くもなると、さすがにあきらめてラクなユニクロを着るのではないだろうか?

ユニクロ、実は今もすでに持ってます!(笑)
でも、やっぱりあまり好きじゃないですね・・・

私はちょうどルメートルの「哀しみのイレーヌ」を読み終わりました。
こ、れ、は、naoさん好みだと思いますよ!
「アレックス」より前の作品なのですが、このころから仕掛けというか企てに長けた人なんですねぇ…
後半も後半になって、「えっ?!」ということ間違い無し。

かの谷崎は、対象と絶妙な距離を保つのがうまく、何を書くかより「いかに」書くかこだわった小説家でしたが、ちょっとそれを思い出しました。

まだインドリダソンが残っているのですが、次はディーバーに行きたい気分!

Spenth@ #- | URL | 2015/10/22 Thu. 10:38 * edit *

トム・クルーズの出演作はよく観ます。
先月三本観ました・・『コラテラル』『宇宙戦争』『マイノリティ・リポート』。
特に『コラテラル』は主演作で最も好きな作なのでした。
(映画も傑作!・・夜の都市の空気感をこの作ほど魅力的に捉えた作品はなし)。

『ザ・ファーム』(洗濯屋さんの話)・・若い頃、
確か試写会で観たのでした・・凡作の印象でしたが、いま観ると少し見方も変わるかも。
しかし肝心の(?)小説は未読なのでした。
読書会のレポート期待しております!
(いまふと思ったのですが、なんでいまグリシャム?『法律事務所』なん?
ヘンな読書会・・怒られる)。

”Spenth in ベネチア”写真展も期待しているのでした。
あまり写真を撮ることにばかり気を向けていると、
よく旅が愉しめないという報告もあり。

『もう過去はいらない』読みました。
前作よりも本作の方がよく物語が練られていて愉しめました。
Spenthさんもしかし80近くもなると、さすがにあきらめてラクなユニクロを着るのではないだろうか?
その姿、自分はしぶとく100をこえても生きながらえて見てみたい。
ではまた!

#6gL8X1vM | URL | 2015/10/22 Thu. 10:19 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/520-05f07675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top