Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ラブちゃん&アルファオメガ 

うはー、レンズがきたーーーーー!

ので、おくつろぎ中の野良ネコ、ラブちゃんにモデルになってもらってパシャリ。
PA300175.jpg
ラブちゃんはたぶん野良生活5年目くらい。
とても人なっっこくて、通りかかかる人皆に甘えてすり寄ってくる。
「ラ〜ブちゃん」と呼びかけると、「にゃ〜〜〜〜〜」と返事もしてくれる愛想のいいこ。

ただ、なでなでしてもらいたがりなのでモデル向きじゃないな(笑)
「なによ?なでてくれないの?!」とちょっと不満顔。
PA300154.jpg
PA300179.jpg
ふむふむ、さすがF1.8
ボケもいい感じ

あとは腕だな…





ところで、ようやく『アルファ/オメガ』 を読み終わった。
SFというよりYAかな。表紙はイラストだもんなぁ…
有隣堂で見かけて気になり、なんとな〜くポチってしまった本だが、結局ダラダラしつつも全部読んでしまった。

設定はかなりユニーク。
核による”爆発”から400年後、自然もテクノロジーも破壊された世界では、人間は必ず男女の双子として生まれてくる。双子のうち一人は正常だが、もう一人はどこかしらに異常を抱えて生まれてくるのだ。正常な方は「アルファ」として支配階級を構成し、異常のある方は「オメガ」として額に烙印を押されて隔離される。
「オメガ」は皆、片腕がなかったりと目に見える明らかな異常を抱えていて、生殖能力もない。だが、双子のうちの片方が死ねば、もう片方も死にいたってしまうため「アルファ」は、「オメガ」を生かさず殺さず支配しているのだ。
そんな「オメガ」のなかに、外見上は「アルファ」と何も変わらないが、未来を予知できる特殊な能力を持つ少女が生まれる。
それが本書の主人公キャス(カサンドラ)だ。
そして、彼女はこの歪な世界に変革をもたらそうとするのだが…



YAなのだが、よく書けているせいかワシントン・ポストなどの高級紙の書評にも取り上げられているらしい。
訳者の方は「あとがき」で、ギリシャ神話との関係性を述べているが、「アルファ」が「オメガ」を支配するその世界は、今の世の中に通じるところも多々あるのだ。
ちょっとマイケル・サンデル教授の白熱教室的な面白さを感じる。というか、まさにそのものか。
日本語版の想定は漫画そのものだが、意外に深かったりもする。

ただし、案の定三部作なのだ。それくらいのボリュームが必要な壮大な物語とも言える。
それにしても、三部作って多いなぁ…。

映画化権利は発売前にドリーム・ワークスが獲得したそうで、映画化される予定なのだとか。
ま、かなり予算がかかりそうなので、予定は未定な感じではあるけれども…



アルファ/オメガ (ハヤカワ文庫 SF ヘ 11-1)

フランチェスカ ヘイグ (著), 水越 真麻 (翻訳)
出版社: 早川書房 (2015/9/8)


Kindle版はこちら
アルファ/オメガ (ハヤカワ文庫SF)





ラブちゃん撮影なんかしつつも、実は風邪ひいちゃって微熱もあり(苦笑)
明日は朝はやいし、葛根湯と養命酒飲んで、もう寝ますわ…


関連記事

category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 早川書房  映画化  文庫  SF 
2015/10/30 Fri. 15:14 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

naoさん、こんばんは〜

ラブちゃん、品がいい?
実はかなりお顔とか汚れてます。
ストリートにゃんこだしね(笑)

写真は足で撮るともいいますしね、
これからに期待してください!(どこまで続くやら・・・)

ということで、しばらく留守にいたします。
では、では〜

Spenth@ #- | URL | 2015/10/30 Fri. 21:39 * edit *

最初の写真、野良さんにしてはエラクきれいなにゃんこ。
さすが横浜は野良であっても育ちがよさそう
品格を感じさせますなぁ・・ちとイカツイ感じはありますが。
こちら関西では飼い猫でさえ薄汚れてガツガツしております。
生活圏で接する(周りの)人間に似るのでしょう。

真ん中の落葉の写真はいちばん好きかも。
石の上の落ち葉は、そのままでは汚く映ってしまうような
印象がありますが、
写真は石の薄紫色(淡麗な寒色?)と落葉の色彩がよい諧調。

腕(感覚)をみがくには、相当枚数撮って、
とにかく多くのヒトにみてもらうことだって。
だれかがそんなコト言ってたような。
なかなか自分のスタイルはでない(つかめない)ようですなぁ。
自分は観て愉しむだけのヒト・・
プロと素人の撮った写真を見比べてもその違いはよく判らず。

ばんばん撮って愉しんでください。
ではまた!

nao #6gL8X1vM | URL | 2015/10/30 Fri. 18:46 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/524-03b6c4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

RSSリンクの表示

リンク