Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

六本木フレンチと「至高のマティーニ」 

関東は積雪〜〜〜!
横浜は2cm積もったらしい。

日経平均も下げ〜〜〜〜
持ち株はもはや死に体だけど…下手すると往復ビンタをくらってしまう。
素人は被害を大きくするよりじっとしているのが一番!



雪の前日は、リューズさんで新年ランチをした。
P1171487.jpg 

ここはミッドタウンのそばにあるミシュラン二つ星のフレンチ。

工事中の道を挟んだお向かいさんは、警察署の新庁舎になるみたい。
なんという坪単価の警察や…
P1171488.jpg


P1171491.jpg



友人到着で、まずはシャン。
シャン、シャン、シャン。
銘柄は英国王室御用達のボランジェ。
P1171492.jpg
P1171493.jpg



ボリュームが〜といいつつも、お魚とお肉両方がつくコースにした。


アミューズ・ブッシュ
P1171496.jpg
何かの野菜のすり流し。一皿ごとに丁寧に説明してくれるのだけど、忘れてしまった…
添えてあるのは野菜のマドレーヌ。パプリカだったかな?


甘エビとホタテのタルタルの蕪のラヴィオリ仕立て
春菊のソースが鮮やか〜
P1171500.jpg


次の前菜は、八把椎茸のタルトと、フランス産の鴨のフォアグラの二種類から選べる。
このお店の椎茸も美味しいのだけど、ここはフォアグラでしょう!
P1171504.jpg
フォアグラに、グレフルと林檎のコンフィチュールの甘酸っぱさがあう〜
おいひ〜〜〜〜



お魚は徳島県産の鰆。
皮はぱりぱり、身はふっくら。
生姜の風味で、賽の目の赤紫のはビーツ
P1171510.jpg



お肉は妻有ポークのしっとりロースト
季節の野菜もトリュフの風味
P1171512.jpg
ペットの豚をみると、「こんなに可愛い動物を食べてるなんて!」と思うが、でもやっぱりポークって美味しいのだ…



お口直しの金柑のコンポートとジュレ
P1171516.jpg



デザートは苺のソルベと、ホワイトチョコに包まれたピスタチオのムース
登場したとたん「わ〜〜」という声が出たくらい綺麗。
ここはデザートも素敵なのだ。甘さの加減もちょうどいい。
P1171517.jpg
P1171519.jpg



ホワイトチョコのムースの中は、ピスタチオと真ん中には苺のジャム。
食べかけ失礼!
P1171520.jpg
ここで照明が変わったせいで、黄色ぽくうつってしまった。


お腹いっぱいだったので、プチフールはお持ち帰りにしていただいた。
P1171522.jpg


飲み物は、フレッシュのハーブティー。
コーヒー党でも、ここのハーブティーは是非試してみるべき。
フレッシュならではの香りで美味しいのだ。
P1171521.jpg


店内はこんな感じでこじんまり。
グランメゾンのようにゴージャスすぎず、でも美味しくて、サービスが行き届いていてくつろげるところが好き。
野菜の使い方も好きだし、コスパも抜群。

P1171525.jpg
居心地がよすぎて、ついつい、いつも長居してしまう。
この日も最後のお客さんになってしまった(笑)



リューズさんのあとは、リッツのロビーラウンジに移動してお茶をするのがお約束。
レストランではハーブティーなので、ここでコーヒーを飲みつつまたおしゃべりするのです。


ホテル内はまだお正月の雰囲気。
P1171527.jpg


なんと、なんと、メニューにこんなのを発見したのですよ!
P1171529.jpg

ひゃ、ひゃくはちじゅうまんのマティーニ!?

1,800,000って…
ジンバブエドルとかウォンとかじゃないよね?
ダイヤモンドのお値段なんだろうけど、指輪とかネックレスとかへの加工代はついてるのかな?(←下々の思考)

庶民な自分とあまりにかけ離れすぎな「至高のマティーニ」
まさに007の世界だわ〜〜〜〜




オーダーする人いるのかな?

いるんでしょうねぇ…
裏山C


 [2009] ボランジェ
007 スペクター リミテッド・エディション 750ml 1本
【並行品】【専用手提げ袋付き】


007スペクター関連では、ボランジェもこういうのをだしてるみたい。

かっこいいなぁ
しかし、私には手がでませぬ。








関連記事

category: 横浜&東京レストラン

thread: ブログ - janre: ブログ

2016/01/18 Mon. 14:03 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/561-7af0c16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top