Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

最後の晩餐の暗号 / ハビエル・シエラ 

「あなたがたのうちの一人が、わたしを裏切ろうとしている。」
UCLYVJwU__5fkdD1453340389_1453340413.png
いや、このグループのゴタゴタのことじゃなくて、、、




これは、ヨハネによる福音書13章にあるイエスの言葉なのだ。
イエスが弟子たちにこの言葉を告げるこのシーンを描いたのが、ダ・ヴィンチの傑作「最後の晩餐」だと言われている。

この絵は、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にあるのだが、昨年の旅行では残念ながら見ることができなかった。ドォモからそれほど遠くない場所なのだが、見学時間にちょっとだけ間に合わなかったのだ。残念…
次は南を中心に回りたいと思ってるけど、ミラノも行きたいなぁ。

a cena secreta

さて、本書はこの「最後の晩餐」にレオナルドが託した謎に迫る歴史ミステリなのである。

物語の舞台は、悪名高いボルジア家出身の教皇、アレクサンデル6世の治世のミラノ。
1497年、ミラノ大公の若き妃が急死する。その頃、ローマにはミラノの「予言者」と名乗る匿名の者から、頻繁に手紙が届けられていた。「予言者」を名乗る者からの手紙には、どれも最後に謎の7行詩が添えられていた。
だが、大公妃急逝の直後に届いた手紙に、ローマは驚愕する。

これまでその手紙は、終始一貫、異端思想に傾倒してているミラノ大公が何やら不穏な計画を進めており、その阻止のため異端審問官をよこしてほしいと訴えていた。
問題の手紙には、大公妃亡くなったことで、ミラノ公はますます異端思想にのめり込むに違いないと書かれていたのだが、その手紙の日付は大公妃が亡くなる3日前のものだったのだ。
「予言者」とは誰なのか?かねてからミラノ大公の奔放さは懸念されていたが、もはや無視はできぬ事態判断し、アゴスティーノ神父がミラノに派遣されるのだった。

アゴスティーノ神父が逗留するサンタ・マリア・デッレ・グラッツェ修道院では、大公の命を受けたレオナルド・ダ・ヴィンチが「最後の晩餐」を完成させようとしていた。
まさに血肉を持った現実の人間がそこにいるかのような壁画にアゴスティーノは息を飲んだが、隻眼の修道院長秘書はそれを「悪魔の作品」と蔑む。この絵には聖書との相違点や、曖昧なほのめかしがあまりにも多すぎるのだ。

そんな時、忌まわしい事件が起きてしまう。折しも大公妃の葬儀の当日に、なにかとアゴスティーノの世話を焼いてくれた修道院司書アレッサンドロの遺体が発見されたのだ。遺体は首を吊られていた。
その司書は「最後の晩餐」のユダのモデルを引き受けていたのだ。まさにユダと同じような最期だ。
司書の死は自殺なのか、それとも…
そして、ダ・ヴィンチは「最期の晩餐」に何を託そうとしているのか…


ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、謎の多い絵画としても有名だ。
まず、この絵は、宗教画でありながら、イエスや使徒たちの頭上に光輪が描かれていない。これまでのキリスト教美術ではあり得ないことだ。
また、「最後の晩餐」のシーンを描いているにかかわらず、聖別をするためのパンも葡萄酒もない。そればかりか、聖杯すら描かれていないのだ。
これまでのキリスト教美術では、裏切り者のユダだけが孤立した構図れ描かれることが常であったのに、レオナルドの絵では他の弟子と同列に座している。おまけに聖ペテロはナイフを隠しもち、ヨハネは女性にしか見えない。何よりイエスとユダは同じ皿に手を伸ばそうとしており、この絵ではユダが裏切り者ではないようにさえ見えるのだ。


javier sierra
ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」も本書同様、「最期の晩餐」の謎をテーマにしたエンタメで、トム・ハンクス主演で映画化され、世界的に大ヒットした。
本書の裏表紙でも、"「ダ・ヴィンチ・コード」の知的スリルと、ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』の重厚さを持つ"と紹介されてもいる。
読んだ感じでは、ダン・ブラウンほどエンタメ寄りではないかな。その分、万人受けはしないかもしれない。例えば主人公が命を狙われつつ謎解きに挑むといったような趣向はなく、ごくごくストレートに絵画の謎に挑んでいるのだ。
かといって、エーコほどの格調高さとまではいかないかな?という感じも。
限りなく真実に近いかもしれない歴史ミステリというのが一番しっくりとくるだろうか。

著者ハビエル・シエラは3年の月日をかけて調査研究を行っており、且つ、登場人物もほぼ実在の人物で、残された文献に沿ったキャラクターとして描かれているため、ノンフィクション的雰囲気が濃く漂う。
訳者の方の解説によると、スペイン人は無類の歴史好きで、デビューから一貫して歴史ミステリを書いているハビエル・シビラはスペインNo.1のミステリ作家だという。
ただ、我々日本人は、一部を除き、それほどキリスト教美術や歴史に親しんでいるわけではない。ある程度の常識ありきで描かれている部分もあるので、万人向けというわけにはいかないように思う。

「ダ・ヴィンチ・コード」も「岩窟の聖母」の謎に言及していたが、本書にもなぜ「岩窟の聖母」が2ヴァージョンあるのかという謎解きに迫っている。
この2枚の絵は、いずれも砂漠の洞窟に身を隠したマリアと幼子イエスが、大天使ウリエルに守られた幼い洗礼者ヨハネに出会う場面を描いたものとされるが、細部が微妙に異なっているのだ。
ちなみに、「岩窟の聖母」はパリのルーブル美術館と、ロンドンのナショナルギャラリーにある。
なぜ、2ヴァージョンの絵が存在するのか、この理由は「最後の晩餐」の多くの謎にダ・ヴィンチが託したことにそのまま繋がっている。

著者の提示した物語は、筋が通っており信憑性はあったが、「最期の晩餐」の不自然な点の謎を全て解明したというわけではなく、個人的には疑問もいくつか残った。
こればかりはダ・ヴィンチ本人に聞かないかぎりは、永遠にわからないのかもしれない。
ただ、もし「岩窟の聖母」や「最後の晩餐」を目にする機会に恵まれるなら、この物語に思いを馳せつつ鑑賞したいなぁ。。



最後の晩餐の暗号

ハビエル・シエラ (著), 宮﨑真紀 (翻訳)
出版社: イースト・プレス (2015/3/15)







関連記事

category: 歴史・大河・ドラマ

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  歴史  ダ・ヴィンチ  最後の晩餐 
2016/01/22 Fri. 15:51 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/562-f2f95fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top