Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

おいでました!津和野・萩(津和野編) 

この度の熊本地震の被害にあわれた皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

どうか、これ以上何も起こりませんように…
どうか、一日もはやく元の生活に戻れますように…





タイトルの通り、津和野と萩へちょっと旅行をしてきた。
熊本地震のちょうど一回目のときは津和野のホテルにおり、テレビを観て肝をつぶし、その翌日の深夜は萩の宿でもっと大きな揺れにあった。この二度目の地震が本震ということらしいが、萩では震度4を観測し、このときはスマホの緊急地震速報も鳴った
眠れない夜を過ごし、朝テレビを見るとその被害は言葉もでないほどだった。

被災者のことを慮り、浮き足だったことは当然自粛すべきだという意見ももっともだと思うが、ホリエモンがいうように、「被害を受けてない私たちは、普段通りの生活をしつつ、粛々と支援だけをすべきなのだ」というのもまた一理。
もし皆が皆自粛したら、日本は丸ごと潰れちゃうし…
そうしたら、支援もできないし…

すでに宿も飛行機も変更不可能だったこともあり、旅行は続行したのだが、結果それで良かったのだと思う。
母(と母の友人1名)と一緒の旅行ということもあり、シブシブシブという感じだったが、津和野も萩も、土地の人々も素晴らしくて、行って良かったなぁと思ったし、また「孝行したいときに親はおらず」という言葉も噛み締めた旅でもあった…


さて、まずは津和野から。
津和野町は島根県西部の山間部に位置する城下町で、山陰の小京都といわれているそうだ。
私の脳内イメージは浅見光彦シリーズだったのだが(笑)、 確かに内田康夫のような大物作家がおこもりして執筆するのにはふさわしいかも。
津和野駅を通る山口線は、D51が走ることでも有名だ。
今年の11月20日までは、土日に1便のみ走っているそうだ。 残念ながら私たちが行ったのは平日だったため、見ることはできなかった。ま、もしも走っていたとしても、私の腕とカメラでは、走行しているD51を撮るなんて芸当はとても無理なわけだけども…(苦笑)
人口密度の少なそうな田舎町だけど、土日は"撮鉄さん"たちで賑わうのかな?
P4150360.jpg 
↑これは駅に展示してある(野ざらし!)のD51



鄙びた雰囲気の津和野の駅。
P4150317.jpg 



町の水路には鯉が泳いでいるのだが、これまた残念ながら水が濁ってた…
なんでも、2013年に水害に見舞われており、今なお続く護岸工事の影響らしい。
もし水が澄んでいたら、この何倍も素敵なのだろうなぁ。
鯉は思ったよりもずっと巨大で、まるまるとよく肥えていた!
梅雨の時期にはこのあやめも咲くそうだ。
P4150336.jpg 


風情のある殿町通り。
P4150331.jpg 
P4150330.jpg 


ホテルの前の水路には、なんとアヒルもいた!
おもちゃみたいだけど本物。
P4150372.jpg 


中庭を一般公開しているお米屋さん。
P4150319.jpg 

ここも水路と同じ錦川の水を引いているのか、濁っていてちょっと残念…
P4150321.jpg 




こじんまりとしているので、ぶらっと歩いて観光できる。
古くて雰囲気のある酒屋さんが多い。
P4150325.jpg 
P4150327.jpg 


骨董屋さんの軒先
しつらえがおしゃれ〜!
P4150357.jpg


津和野カトリック教会
P4150334.jpg 

中はこんな感じ。
P4150354.jpg 

内部は畳敷きで、ステンドグラスが美しい。
靴を脱いで上がることもできる。
P4150353.jpg 
ただ、この教会は幕末から明治にかけて起こった隠れキリシタンの迫害の悲しい歴史を背負ってもいる。
長崎のキリシタンたちは、改宗のため幕府によって様々な藩に預けられることになったのだが、津和野藩に割り当てられた信徒は153名だったという。彼らは厳しい拷問を受け、うち37名が命を落としたのだそうだ。
この教会に隣接する乙女峠展示室には、殉教に関する歴史資料が展示してある。 その反対側は幼稚園だった。




錦川のそばにある鷺舞の像。
P4150342.jpg 
舞は、毎年祇園祭りのときに見られるのだそうで、この津和野の鷺舞は、国の重要無形民族文化財に指定されているそうだ。


桜よりも紅葉のほうが多く植えられていたような…
紅葉の時期はもっと美しいかも。
P4150346.jpg 



もうひとつ有名なのが、この太鼓谷稲成神社
ここのお稲荷さんには、本物の油揚げでお供えをする
お供え用の油揚げは150円で売っている。
P4150379.jpg 



奉納された1000本の鳥居。
P4150382.jpg 


この鳥居は、山の麓から山頂の神社までずっと続いている。
登りきったところにはこんな立派な門が。
P4150380.jpg 

といっても、麓から歩いて登ったわけではなく、別ルートで車で登ってきたのだけども(笑)
歩いて登ると10分くらいと聞いたけど、もっとかかりそう…
P4150373.jpg 



この太鼓谷稲成神社に向かう山道の途中には、津和野城跡にむかうハイキングコースがあるのだが、リフトも用意されている。
母と母友は「私たちは待ってるから〜」というので、私一人で乗った。
バカとなんとかは・・・
P4150374.jpg 


頂上からは町が一望できる!
だが、行きはよいよい帰りは、、、、 ひ、ひぃ〜〜〜〜
P4150375.jpg 
これが、怖いの何のって!!!
😱😱😱


・・・(萩編)に続く。





今回の旅のお供は、以下の本をDLして持参した。

殺戮者のウイルス は、軽く読めるアクションもの。

イスラムのテロVS正義のアメリカンヒーローという構図。
アメリカ人はこういうの好きだよね〜という感じだけど、あまりにも善悪がはっきりしすぎていて…(笑)


確かにイスラム国がやってることは酷いし、自爆テロは許せないけど、あまりにも一方向から描かれすぎてて、イスラム側の事情ももうちょっと書いてやっても良いのでは?な〜んて思ってしまった。


ミック・ヘロン (著), 田村 義進 (翻訳) 
出版社: 早川書房 (2016/4/7) Kindle版 

死んだライオン 窓際のスパイの続編で、英国推理作家規会賞ゴールドダガー賞受賞作品!Kindle化されるのを待ってたの〜〜〜〜!!!


ミック・ヘロン (著), 田村 義進 (翻訳) 
出版社: 早川書房 (2014/10/10) 

category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 旅行   
2016/04/18 Mon. 20:06 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/598-98633cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top