Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

英国大使館のレシピで作ってみよう! 

今年GWの横浜読書会の"お料理会"は、「英国大使館のレシピで作ってみよう!」という企画。
読書会だけど、今日は本は読まずに「お料理」をするのです。
去年の「お料理会」の様子はこちら

今年のメニューは、クックパッドの英国大使館のレシピから2品と、他にサーモンのカルパッチョサラダ!


調理前にみんなでパチリ。
_7XPby4TDgcOuMJ1462280214_1462280361.png 
実は、お醤油を買い忘れたので、Fさんに買ってもらいに行ってる間手持ち無沙汰だったのです…



さて、お料理は、どれも想像以上に美味しくできてびっくり。
試作したときは、まさかこんなにうまくいくとは夢にも思わなかった…

Cpicon シェパーズパイ by 英国大使館
P5030773.jpg 
チェダーチーズは使ったけど、ポロ葱は省略した…


付け合わせも一緒に作った。
Cpicon *グリーンピースと人参の付け合せ* by Lapinounou
P5030774.jpg 


盛り付けはこんな感じ。
美味しそうでしょう?
P5030780.jpg 



Cpicon サーモンのカルパッチョ風サラダ by Spenth
P5030781.jpg 
コストコのアトランティックサーモン使用。
これが、超美味しい〜〜〜〜!


1.2キロもある半身だったので、残りはお刺身で。
このために、お醤油は必須だったのです。
nf8cILlaDf7TPIX1462283653_1462283915.png 
これが一番美味しかったりして
サーモンを買ってきてくれたカメさん、
お醤油を買いに走ってくれたFさん、他にもいろいろとありがとう〜〜〜



試作段階で激甘だで、最も懸念されたレシピ
P5030789.jpg 
結論として、お砂糖はやや控えめくらいでちょうどよかったです。

ルバーブのジャムの甘酸っぱさと、ホワイトチョコの入ったカスタードが相性ぴったり!
3つの班に分かれて、調理実習みたいな感じで作ったのだけど、「うちの班のがきっと一番美味しいにちがいない!」と自画自賛(笑)


「茶色いルバーブ」ではなく、どうしても「赤いルバーブ」を使いたかったので、3月くらいから富士見町ルバーブ生産組合の方にお願いして冷凍のものをキープしてもらっていたのです…
ちょっとバタバタしていて冷凍ルバーブの写真を撮り忘れたけど、富士見町ルバーブ生産組合さん、ありがとうございました!
5月末くらいからはフレッシュのルバーブも出回るとのことなので、皆さんも是非是非!


富士見町ルバーブ生産組合の「赤いルバーブ」はジャムにしても色がきれい。
P5040801.jpg 
多めに作ったルバーブジャムは、お土産にしてお持ち帰り。
紅茶やヨーグルトに入れたりのほか、カレーの隠し味にも!



Jさんが作ってきてくれたチョコレートブラウニー
フランスの本格的なレシピで作られたそうで、濃厚で超美味しい。
中にはピスタチオが入ってた!!!
P5030785.jpg 
ちなみにJさんは男性なのです!

P5030790.jpg 
高級フレンチのデセールの味。
たぶん、私は一生こんなの作れない!


キャスのエプロン姿の彼は、2年連続ベストドレッサー賞決定!
もはや、誰もかないません
slJFCBGXdjIc1HU1462280541_1462280581.png 

皆さんのおかげで大成功の「お料理会」でした!
買い物を手伝ってださった方々、差し入れくださった皆さん、ありがとうございました。

ふうぅぅぅぅぅぅぅ〜〜〜〜無事終わってよかった。
大変お疲れ様でした。


来月の横浜読書会の課題本は、ウエストレイクの『ホット・ロック』
だそうです。



関連記事

category: 読書会

thread: フォト日記 - janre: ブログ

tag: 読書会  英国  英国大使館  レシピ 
2016/05/03 Tue. 23:19 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/610-b2d75a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top