Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

パンドラの少女 / M・R・ケアリー 

前エントリでも触れたとおり、Kindleのサンプルダウンロードから、そのまま購入した本。
というか、たいていサンプルをDLすると買ってしまうのだけど…

2000円もしたのはどうかなぁとも思ったけど、この物語自体は結構お気に入り。今年のベスト10には入るかな?
この作品からだと意外に思うが、著者のM・R・ケアリーはアメコミの原作を手がけていたのだそうだ。

t81jhugpwk6dkl3ugqyy.jpg 

さて、物語の主人公は、メラニーという10歳の少女。
彼女が暮らしているのは、軍の施設内の独房で、教室にいくために部屋からでるときは、武装した軍曹に、特製の車椅子に手足と首をストラップでしっかりと固定される。
子供達はみな、そうやって月曜から金曜までの週5日みっちりと授業を受ける。土曜は独房に閉じ込められるが、日曜はシャワーと食事の日だ。車椅子に固定されたまま肌にも目も真っ赤に腫れ上がる薬剤を浴び、ボウルに入れられた地虫を食べる。メラニーたちの身体は、蛋白質を効率よく代謝するため、普通の食品も水分すらも摂取する必要がなく、地虫だけで十分なのだそうだ。

メラニーの一番の楽しみは、ミス・ジャスティーノの授業だ。メラニーは彼女が大好きだ。詩を朗読してくれたり、フルートを演奏してくれたりするが、なかでも嬉しいのは、挿絵つきの本を読んでくれることだ。それは、ギリシャ神話の、この世のすべての災いをいれた匣の中身がいっぺんに飛び出してしまう物語だった。ミスJは、パンドラは好奇心が強すぎたというが、メラニーは匣をあけたパンドラを責めるのは間違っていると思っている。そもそも人間を罠にかけようとしたのはゼウスだし、パンドラを好奇心旺盛に作ったのも彼だからだ。

時々軍曹子供たちをどこかに連れていくが、彼らは二度と戻ってくることはない。
そして、ついにメラニーの番がやってくるのだが…

198zq3lu3sktdjpg.jpg 


世界がどういう状況にあるか、メラニーたちの正体が何なのかは、読み始めてすぐにわかる。
アメリカ人が大好きな◯◯モノで、いわば、英国版ウォーキング・デッドともいえるが、大きな違いはメラニーの存在だ。ああ、またあのパターンね、というように落胆することはない。
メラニーがどういう存在でどういう役割を果たすのかは読んでのお楽しみだが、彼女のおかげで、よくある小説や映画のように◯◯VS人間という単純な構図にはなっていない。
舞台は近未来だし設定もSF的だが、ウエットで文学的な仕上がり。
メラニーとミスJとの間の愛情(師弟愛というよりは母娘的なイメージを受けたが)、ミスJと軍曹に芽生える愛情にも少しほだされた。

最後に、なぜ、「パンドラの少女」なのかについては、原題が「The Girl With All Gift」だからなのだそうだ。と言われても意味はわからないと思うけど、パンドラという名は「あらゆる贈り物を受け取った娘」という意味を持つのだという。


関連記事

category: SF ファンタジー

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  東京創元社  SF  終末 
2016/05/30 Mon. 22:38 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/623-7b8290fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top