Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

サローネランチ&ノスタルジックな横浜 

友人たちとサローネ2007でランチ。
PB231099.jpg 

横浜の少量づつサーブされるスタイルの人気のリストランテ。
横浜に来たら中華より絶対絶対イタリアンですよ〜!!!
それか、もっと気軽に楽しむならラーメンとか。



さて、さて、まずは泡なのです。
飲める人と一緒なので、スプマンテはボトルでオーダー(笑)
P6161212.jpg 


そして、そして、このお店の定番からコースはスタートです。
トリュフポテトのピューレとA5ランクの牛肉
一口でパクリ!
ポテトとトリュフって合うよね〜〜〜!
P6161215.jpg 



ふた皿目は、鱒のタルタルとビーツ。
ヨーグルトとホースラディッシュのソースで。
ソース爽やか〜
クレソンとコリアンダー風味のパン粉が香りと食感のアクセント。
P6161218.jpg 



一つ目のパスタは、ニョケッティと烏賊。
ニョケッティはお芋の入らないニョッキのような小さなパスタらしい。
ソースは魚のラグー。
見た目、烏賊とパスタはほぼ同じに見えるけど、食べると全然違うんだな。
アスパラとマジョラム、ヘーゼルナッツで香りとアクセント。
P6161221.jpg 
P6161220.jpg 



ワンスプーン料理は、キャラメリゼした穴子。
タイムとピスタチオ、フランボワーズのゼリーと一緒に一口でいただくと、
口の中で、香りと食感、甘み、旨みが広がる〜
センスある組み合わせ。
P6161223.jpg 
「私はあまり穴子は好きじゃないんだけど、これは美味しいわ」と友人。


お酒もすすみます〜
すすみまくってスプマンテが空になったので、新たに白追加。
これもボトルで(笑)
トスカーナの白でしっかりボディ。
P6161232.jpg 




二つ目のパスタは、タンゴラーレというギザギザの三角形のパスタに、
豚すね肉のラグーとウイキョウのソース。
オレンジの皮で爽やかさ、シナモン風味のパン粉で食感を加えてある。
P6161226.jpg 

P6161224.jpg 




魚料理は鱈のフリット。
上にかかっているのはミルクの泡のソースで、付け合せとしてポレンタが敷いてある。
P6161230.jpg 



続いて肉料理。
子羊の煮込みなんだけど、すんごい柔らかで食べてもラムとは思えなかった!
ちょっとびっくり…
抹茶みたいに見えるのは、ズッキーニとリコッタチーズのソース。
これがお肉とぴったりで美味しい( ^ω^ )
手前のは付け合せのズッキーニのグリル。
P6161233.jpg 

P6161236.jpg
ここまでで白ワインも空っぽに。
たぶん飲んべえ二人がほぼ飲んでます(笑)


お腹具合に合わせて定番のポモドーロは、20gから10g単位でオーダーできる。
ちなみに、多くの方は70gくらいのオーダーらしいけど、、、
ま、私たちはよく食べるのでと、、、
3人とも欲張って120gオーダー!!!
P6161237.jpg 
さ、さすがにちょっと多かったかな…

でも、トマトソースはさすがプロの味です!
ジップロックに入れて持って帰りたい!!!


デザートはプリンに牛乳のジェラートマンゴーソース
ココナツのメレンゲ
P6161239.jpg 


ミニャルディーズ
P6161241.jpg 

本日も大変美味しゅうござました!!!
というか、おしゃべりに夢中になりすぎて、あっという間に時間が経ってしまった。
スタッフの方、長居してしまってごめんなさい。
P6161244.jpg 


ネタばらし・・・
どの料理にどんな素材が使われているのかは、説明を聞いていたわけではなく、
ちゃんとイラスト付きのカンペがあるのです❤️
P6161261.jpg 



その後は腹ごなし?にマリンタワーへ。
というか、すぐそばなので腹ごなしにもならないんだけど、、、(汗)

20年ぶりくらいに登ったわ…
ちょっと曇っていたけど、ベイブリッジも見えた!
P6161245.jpg 

この景色を見ながら、「昔はね〜」と昔話に花が咲く咲く(笑)

今はすっかり横浜のシンボルといえば、すっかりランドマークとインターコンチになってしまったけど、昔はここ、マリンタワーだったらしい。
私が横浜に来た頃は(どんな昔だ!?)、まだ「ザ・ヨコ」とかもあって(今はチェーン展開のホテルになった)みなとみらいよりもこのあたりの方が華やかだったなぁ…
「ザ・ヨコ」とか、もう若い人は知らないんだろうなぁ…( -_-)遠い目

ちょうど今読み始めたのが、「横浜1963」という本で、歴史小説家の伊東潤氏が描く社会派ミステリー。いつものごとく、サンプルダウンロードをして読み始めてそのまま購入に至った。

前回の東京オリンピック以前のハナシなので、「ザ・ヨコ」どころの昔ではないんだけど、、、、
なかなか切ないようなハナシでもあるんだけど、、、
今も昔もやっぱりこの街って魅力的だなぁ、と思ったりしたのでした。

おしまい。


     
関連記事

category: 横浜&東京レストラン

thread: フォト日記 - janre: ブログ

2016/06/16 Thu. 22:48 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/633-fecb3c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top