Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

千鳥ヶ淵 de イタリアンを・・・ 

ダ・ヴィンチの講演のあとは、近くに住んでいる友人と夕食。

予約したのはイタリア文化会館からほど近くのイタリアン。
「九段下近辺に行くから、軽く一杯どうか」と誘った時は、お蕎麦とかそういうものをイメージしてたんだけど、、、レスは「フレンチとイタリアン、どっちがいい?」だったにょ…
「軽く」という言葉は軽く吹っ飛んだ
こうなりゃ、もうイタリアンしかないでしょう。
ダ・ヴィンチの話を聞いて、そのあとイタリアンディナー。なんてイタリアンな夕べ。

なので、このイタリアンのために私は朝ジムへ行き、昼食はごく軽〜く済ませてきた。
ここ、食べログの評価もいいみたいだし、期待まんまん食べる気もまんまん。
準備万端!
お腹すいた〜〜〜!!!


ということで、「シェフのおすすめコース」をオーダーし、
フランチャコルタで乾杯!
P7271591.jpg 
一気飲みですよ(笑)


カプレーゼ
・・・しかし、ち、ちっちゃくない?(汗)
ハーフポーションとは言ってませんが???
P7271594.jpg 


前菜は、コチのカルパッチョにカラスミ
ウイキョウのオレンジサラダ添え
P7271598.jpg 


パスタは手打ちで、目の前で実演してくれた。
穴のあいた鋳型に生地をいれて、押し出してつくるのだ。
P7271599.jpg 

こうしてできたのが、コレ。
ルヴィタというパスタ。
表面がザラザラしているためにソースがよく馴染むんだそうだ。
P7271601.jpg 


これをフレッシュポルチーニのパスタに。
これは美味しかった!
こんなに太麺なのに、味が入ってる。
それに私はポルチーニが大好きなのであります!
P7271602.jpg 


肉料理は和牛のロースト
極薄のトリュフも一応かけてはくれてるんだけど、
なぜか香らないんだな…
P7271605.jpg 


一皿の量も少ないし、もともと大食いだしで、、、
いつもは手をつけないパンも完食しちゃった( ノД`)
P7271595.jpg 


デザートも、、、
いや、まぁ美味しかったけども。
P7271607.jpg 


まあ、場所が場所だから、、、
イベント帰りの一見のお登りさん向けのお店だったのかな…
って、それはまんま私か…!

ここだって決してまずいわけではないんだけど、Salone2007カンブーザはもっと全然美味しいので…。この2店のほかにも、横浜駅周辺には美味しいお店がいくつかあり、イタリアンのレベルが高いのですわ。しかも、もっとコスパもいい。

お店を決めたのは私なので、全てわたしの責任です・・・

本選びも難しいけど、お店選びも難しいよね。
他人の評価は当てにならないということですかね。

そうそう、ダ・ヴィンチの謎に迫る講演の話をしたら、友人は「ダ・ヴィンチってそれほどすごい画家だという印象がないという」のだ。
え、ええっ!?
私はイタリアの画家で好きなのは、レオナルド・ダ・ヴィンチとカラヴァッジョなんだよなぁ…。彼らの人生やその謎も含めて興味をそそられる。
絵も人それぞれ好みがあるよね。

ああ、ウフィッツィ美術館、また行きたいなぁ!



関連記事

category: 横浜&東京レストラン

thread:  - janre: ブログ

2016/07/30 Sat. 00:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/654-d4441a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top