Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 / 伊藤祐靖 

ナダルさんがダブルスで決勝進出(嬉)!!!
さすがにミックスダブルスは棄権したみたいだけど、そもそも無茶しすぎ。
きっと全米とかもう捨ててるんだな(笑)

シングルスは、、、
もし順当にいけたとしても、今のナダルはデルポに勝つのは無理な気がするし、錦織君はマレーに分が悪いかな。となると、3位決定戦でナダルと錦織君が当たることになってしまうのだが、ごめんなさい。もしもそうなったら、ナダルを応援してしまうわ。
だって、ナダラーなんだもん!

そういうと、皆から「そんなのダメよ〜!」と怒られるのだが、私にだって多少の愛国心はある。他の競技はもちろん日本を応援しているのよ。それに正直、ナダルがデルポにたどり着けるかもわからないし…(←弱気)

しかし、「国のために死ねるか」と本書のタイトルのようなことを言われたら、スミマセン、無理です。死ねない…

時代錯誤感漂う強烈なタイトルに惹かれてDLしてみたら、これが驚愕の内容だった。
著者の伊藤祐靖氏は、私よりは上だが、まぁ同世代と言ってよい1964年生まれの元自衛隊の特殊部隊の創始者。
同じ時代に青春を過ごしたとは思えない内容に、ただただ驚かされた。
おっちゃん凄すぎです・・・

P2161831.jpg 

そもそも、自衛隊に特殊部隊があること自体、私は知らなかった。
特殊部隊といえば、アメリカ海軍のネイビーシールズや、陸軍のグリーンベレー、英国特殊部隊SASなどが有名。映画やドラマの中の彼らはまさに無敵の存在だ。それに相当するものが自衛隊の中にあるなんて!!!ええ?という感じ。
しかし、その映画で活躍するアメリカの特殊部隊の実態は、著者曰く、「だらしない兄ちゃんたちの集まり」にすぎないという。米軍特殊部隊の技量は異様に低いが、そこに米軍が強い秘密があるという。米軍は、各自個人の負担を最小にし簡単な業務のみを与え、それを確実にこなすことで組織として動かすことで強大な力を生み出しているのだという。
日本はどうかというと、そもそも日本の自衛隊は軍隊でもないし、自衛官は命を失う覚悟もない。そこだけに着眼するなら、取るに値しないが、日本人にはそれを覆すだけの特異な点があるという。それは、何にせよ、トップレベルの人間は少ないが、ボトムのレベルが高いのだ。要するに、優秀ではない人間が極端に少ないのだという。
著者曰く、詰まるところ戦争とは、その国の底辺と底辺の勝負なのだから、日本は優位なのだという。
目からウロコのような説明だったが、その後の復興を思えば納得できるかな。

ところで、この日本の特殊部隊構想の発端は、99年に起きた能登半島沖不審船事件であったらしい。著者は当時の護衛艦「みょうこう」の航海長だったのだ。
そのとき、北朝鮮の工作船と思しき船は停止し、上から立ち入り検査を命じられたのだが、それはすなわち死を意味したのだ。銃撃戦になれば犠牲者はでる。海上自衛官は射撃訓練こそ受けているものの、防弾チョッキすらなかった。おまけに工作船には必ず自爆装置が装備されている。
工作船内を立ち入り検査しろという命令は、すなわち、海上自衛官に「国のために死ね」ということに等しかった。
著者は、彼ら自衛官にそれを強いるのは酷だし、それができる特殊な人間というのはいる、と強く思ったという。
以降どのような決意で特殊部隊を作り上げたのかは一読に値する。
スパイなど特殊任務に就く人が、肉体や能力はもちろん、その精神の強さが私たちとは全く異なるように、特殊部隊の人間もまた全く違うのだ。
話は逸れるが、以前読んだ「サイコパス 秘められた能力」を思い出した。普段、ただただ悪く恐ろしいものとして扱われがちなサイコパスだが、実はそうでなく、「恐怖心のなさ」が必要とされる仕事だってあるのだという内容だった。
mountains-of-camiguin.jpg 
後半、自衛隊を辞め、フィリピンのミンダナオ島で知り合った海南民族の弟子(というか師匠)とのエピソードには、驚愕することだろう。真実は小説よりもとよくいうが、まさしく下手な小説よりも読み応えがある。忘れてはいけないのが、その海南民族の弟子が持つ、常に殺すか殺されるかという人生観は、彼女(なんと女性なのだ!)の体験から培われたものであるということだ。

著者自身がこのような道を歩むことになったのは、父親の影響によるものが大きい。親子の会話やその根底にある思想には唖然としてしまうほどだ。
何しろ、彼の父は陸軍中野学校時代の時に蒋介石暗殺を命じられ、75年に彼が台湾で死ぬまでの30年間、射撃訓練を欠かさなかったのだというのだ。戦争は終わったが、命令は取り消されなかったからだという。
私の亡き祖父も戦争にいき、当時小学生の私にその当時のことを話してくれることがあったが、祖父は、今の時代の大多数の人々同様、非常に冷静に日本の立ち位置を見ていたので、そのギャップにとにかく驚いてしまった。

著者の父も著者自身も、ある意味、生まれながらの職業軍人だ。一般人の私個人とは思想も価値観も全く異なる。全面的に賛成とはいかない。
ただ、例えば先の能登半島沖不審船事件のような有事の際に、犠牲になるのはこういう人々だ。いや、彼らのような人は特殊ケースなのではないか。内心は、そもそもが自衛隊は、軍隊ではないという立場だから入隊したのだという人もいるだろう。彼らにも家族はいるし、仕事なんだから死んで当然などとは私には言えない。
それには、ただやみくもに戦争反対!を叫ぶのではなく、「戦争を回避するためにはどうすればよいのか、そして、万が一、戦争に巻き込まれたら日本はどうすべきなのか」を国民が真面目に考えなくてはならないのだろう。


関連記事

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 自衛隊  特殊部隊  文春新書 
2016/08/12 Fri. 19:58 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/660-8ad6aed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top