Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

「拾った女」読書会 

昨夜は翻訳ミステリーシンジケートの「書評七福神」でも大絶賛されていたチャールズ・ウィルフォードの「拾った女」の読書会だったのです。


場所はいつものお店。
参加者は超常連さん中心の9名で、まずはカンパイ〜!
P9101682.jpg 

飲みながらダラダラ語りの読書会(笑)
P9101686.jpg 

食事は相変わらずイマイチ
P9101684.jpg 

アマゾンレビューでも、翻訳ミステリーシンジケートの「書評七福神」でも概して高評価な本書だが、
横浜読書会の平均点は10点満点で5.8点!

意外と見るべきか、はたまた想像以上に高評価とみるべきか・・・
いや、この間のキングの「ジョイランド」が6.1点だったからなぁ・・・
キングファンとしてはフクザツ。

ちなみに最高点は9点で、最低点は4点だった。



以下、ネタバレあります。
P9101689.jpg 


まず、これは"恋愛小説"なのか?
ハリーとヘレンの関係を、沢田研二の「時の過ぎゆくままに」ではないが「堕ちていくのも幸せだよと〜」(←古い!)的な”破滅の美学”に魅力を見いだせるかが一つ目のポイントだろうか。

ええ。私は全くそう思えませんでした(笑)
絶賛している書評家の方や今回評価の高かった人は、その"絶望"の闇に魅力を感じたのかもしれない。

いつも厳しい評価のM嬢が、カッコイイ!と思った箇所は、P38のはじめての夜のあるシーンなのだそうだ。(ちょっと意外・・・)
「俺は掛け値なしの人生の落伍者だ。それはどうでもいのか?」
「ええ。あたしにはすべてがどうでもいいんだから。」

もっとも評価が低かったうちの一人、Kさんは「将来のことを考えられない男がズルズルと堕ちていくだけの話」で、「全く感情移入できなかった」という。
私もハリーにもヘレンにも全然共感できなかったばかりか、「心地の悪さ」を感じてしまい、それが「不信感」を強めてしまった。最近のゴシップでいうと、高畑事件が不起訴になったことに感じたのとにてる。「ふうん。そうなんだ。でもな〜んかね・・・」的な。
兎にも角にも、全体的にハリーの感情がフラットすぎる気がするのだ。
二人は心中を決意し、結局ヘレン一人が死に、ハリーが生き残ってしまうのだが、破滅型の愛というのなら、ハリーのその時の絶望をもっと描いてほしかった。
そこがキッチリ描かれていたとしたら、もっと感想は違っていた、か、な???


もう一つの大きな争点は、ラストで明かされる「ジョーダンは黒人だった」という事実
白人の女をPick-upしたのは、黒人の男だったのだ。
ただ、1950年代ならば衝撃的なことだったのかもしれないが、21世紀の黒人大統領を経験している我々からすれば、そのインパクトもさしてない。
そもそも一体なぜ、今、このタイミングでこの小説が復活したのか?
ラストの2行は、今の読者にとってみれば効果的といえないばかりか、「蛇足じゃね?」という意見さえあった。


その他の主だった感想としては、、、
*ストーリー性がない。
*ノワールでもなく、クライムでもなく、ミステリーでさえなくどっちつかず。

*50年代のサンフランシスコの雰囲気が素敵。
「郵便配達は二度ベルを鳴らす」と似た雰囲気があってそこが良い。
*平坦な文章で普通の男と女が描かれているところが良い。

などがあがった。
そうか、「郵便配達〜」は映画しか知らずエロいイメージしかなかったけど、機会をみつけて読んでみよう。何年か前、翻訳者の田口俊樹氏が「今年の私の自信作」とおっしゃってもいた。

個人的には、この小説で一番良かったのは、装丁と邦題だったかな・・・
章題もよかったけど。





関連記事

category: 読書会

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 文庫  読書会 
2016/09/11 Sun. 15:06 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/669-07bff298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top