Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ミスター・メルセデス / スティーヴン・キング 

ようやく読んだ「ミスター・メルセデス」キングの初のエドガー賞(長篇部門)受賞作という話題作でもある。
キングの懐が深いのは知っていたが、エドガー賞受賞というのはさすが!としか言いようがない。
読んだ感想としても、個人的には「これなら歴代受賞作に引けをとらない」と満足するものだった。
アマゾン星三つの人・・・マジですか????
ただ、「ジョイランド」が散々だった横浜読書会向けではないことは確かかな?(笑)

しかし、高いよ…せめてKindle版はもう少し安くしてくれてもバチは当たらないと思う。だって、厚紙とか使ってないじゃない?!
Stephen-King3.jpg 
さて、物語はリーマンショックに端を発した経済危機にいまだ苦しむ2009年にさかのぼる。日が昇る前から市民センターで開催される就職支援フェアに人々が長い列をなしていたところに、突如、グレーのメルセデス・ベンツが突っ込む。ドイツの重工業のたまものであるその頑強な車は、求職者たちを次々と跳ね飛ばし、死者8名という大惨事をもたらした。
当然警察は捜査を行ったが、これといった有力な手がかりもなく、事件は迷宮入り…
そのメルセデス・キラー事件を担当した刑事ビル・ホッジスも定年退職を迎え、今では安楽椅子で日がなビール片手にテレビを観る毎日。そして父親の形見の銃を手にし、良からぬ考えを先延ばしするよう努めていた。仕事一筋、敏腕刑事だった彼は、そういう刑事の例にもれず、妻とは離婚、孤独で生きがいを失っていたのだ。
そんなある時、ホッッジスの元に一通の手紙が届く。「親愛なるホッジス刑事」で始まるその手紙は、こともあろうか、メルセデス・キラー事件の犯人からで今のホッジスを嘲笑うものだった。
ところがこの手紙がホッジスを変えてしまう。鬱に悩まされ、日、一日と死を遠ざけることに苦労したいたホッジスは、生きがいを取り戻すのだ。それというのも、メルセデス事件はホッジスが最も気にかけていた未解決事件だったから。
そして、一方のメルセデス・キラーこと、ブレイディは新しいゲームに取り掛かろうとしていた。

こうして、退職した元刑事と、サイコキラーの戦いは幕をあけるのだが…

Stephen-King-Mr-Mercedes-Flashmob.jpg 

IMG_6526-1024x684.jpg 

フーダニットとかホワイダニット系のミステリーではないし、いわゆる警察小説でもない。だって、主人公のホッジスはもう警察を定年退職しているのだから。
どちらかというと犯罪小説になるのだろうが、語りはソフトで柔らかい。
あとがきで翻訳者の白石氏は「キング流のハードボイルド」ともおっしゃっている。が、キングには悪いが、ハードボイルド的カッコ良さはほとんどない。でも、そこがいいのだ!

「ジョイランド」の語りは、なぜだか(というか想像通り)えらく先月の読書会では評判が悪かったのだが、それがダメな人には向かないと思う。たぶん若い人にも向かないのかな?
主人公ホッジスに同化できるくらいの年齢層には、逆にバチっとはまるのではないかと思うがどうだろうか?
そもそもこのホッジスはある種キングの投影なのだ。(またもや!)特に、デブな老人なのに、魅力たっぷりの40代の女性ジャネルにモーションをかけられるところなどは特に・・・(笑)ま、たまにはいい思いもしないとね。

感心したのは、ホッジスが対峙するメルセデス・キラーことブレイディが、心理学的医学的見地から見た正しいサイコパスとして描かれていたこと。
私もサイコパス関連の本を割とよく読むのだが、作家によっては読者の興味をひくためだけに、ありえないキャラに仕立てることもあって、時々辟易してしまう。だが、ブレイディはそこに正しく位置してる。しかも、理由もなくサイコというのではなく、そのサイコが育まれ、形成される過程をもきちんと描いてもいるのだ。
さすがのキング品質なんだなぁ・・・

キャラ造形のうまさは折り紙付き。だからこそ、筋やプロットオンリーではなく、登場人物との共感を楽しめる人向き。
ホッジス、黒人の少年ジェロームと「ぼそぼそ女」のホリーというトリオは、キング自身もお気に召したのだろう。なんと本書は三部作の第一作という位置付けなのだとか。
ああ、それでああいうラストにしたわけね・・・と大いに納得したのだった。


  

関連記事

category: クライム・警察・探偵・リーガル

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

tag: 海外ミステリ  エドガー賞  キング 
2016/09/27 Tue. 15:44 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/671-22eb48c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top