Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

モロッコに行ってきた! その④ 〜閑話休題 ホテルと靴の話。 

モロッコ旅行最大のイベントの前に、しばし閑話休題。

今回私が参加したのは、しつこいけども「激安ツアー」
激安ツアーとはいえ、調べてみると一応ホテルは4つ星だったりするんです。でも、モロッコ基準の4つ星なので、先進国のそれに比べれば著しく劣るので、全く別物だと思うべき。
モロッコにいらっしゃる方は、ちょっとご覚悟あれ。
豪華に5つ星ホテルが約束されている方は別だけど、一般的なツアーならばこれに毛の生えた程度と思っていたほうが、衝撃は少ないと思う(笑)

ドライヤーもテレビも壊れていて、普通に「ただのインテリア」だったりするし、アトラス山脈の向こう側では、お湯もぬるかったり、熱かったりで調節不能。しかも鍵すら開けられない…。

砂漠でお湯が出ないというのは脅されていたので、想像よりはマシだったけど、この鍵が超〜曲者で。
ムカつくことに、私は最後まで自力では開けられなかった!
どうしたかというと、ホテルの人に開けてもらったり、添乗員さんに開けてもらったり。我ながら迷惑な客だけど、開けられないものは仕方ない。開けられない鍵を使ってるホテルが悪いのよ!

その鍵は、もちろんカードキーなんかじゃなくて、倉庫の鍵みたいなヤツで、お決まりのように馬鹿でかい胡椒入れみたいな木のキーホルダーがついている。
もう、ビジュアルからしてヤバイ。

差し込んで回すとぐるぐると何回転もするし、開かないうえに鍵穴から抜けもしない!!!
日本人はこの鍵が苦手らしく (当たり前じゃ!)、ドアの開く方向とは逆に回りきるまで、ドアを力まかせに押したり(引いたり)しつつ、引き抜くというコツがいるそう。
私はもうどうやったって開かなかった・・・
難易度が高すぎ。トイレの次に衝撃だった(笑)


どのホテルにもリヤドという中庭がついていて、ちょっと見、素敵ではあるんだけど…
如何せん、鍵がね…
PA111697.jpg 

PA132368.jpg 

アメニティも全く期待できないので、とりあえず必要なものは一通り持っていかなきゃダメ。
シャンプー、トリートメント、ボディソープ、洗顔フォームにハミガキセット、ドライヤー、ヘアブラシは必須。女性の方はこれに、化粧品も加わるかな。

海外用にもかかわらず、ドライヤーが壊れた!という方も結構いらしたみたい。電圧も安定していないのかも?

WiFiは、どのホテルでもロビーやレストラン付近でつながるようになっているけど、とにかく遅いのでLineで写真を送るのにすごく時間がかかってムカついた。

お部屋には、サービスウォーターも湯沸かし器もナッシング。ないない尽くし(笑)
実は「どん兵衛」を持っていこうかすごく迷ったけど、持っていっても食べられなかった。だって、お湯も沸かせないもん。
代わりに伊右衛門を3本ほどスーツケースに入れていったのだけど、これが大正解。日本のお茶は売ってないから。カタールは、エコノミーでも30キロまでOKなので、これはもっとたくさん持っていけばよかった!

そうそう、モロッコはお酒も夜は売れないなどの制限があるので、ワインを持参された方もいたみたい。だいたいランチのレストランでは飲めるけど、ディナーの時間は、時間が遅いとダメなところも。何しろイスラム教のお国ですから…
「ノーライフ、ノーアルコール」な方は、ご参考までに。
PA132375.jpg 

ミネラル・ウォーターは、レストランで、2リットルサイズが25ディラハム、スーパーや売店などでは4〜6ディラハムなので、現地で購入するほうが安上がり。
どこだったか忘れたけど(砂漠側)、シャワーのお湯が「しょっぱい」ところもあった。ミネラル・ウォーターで歯磨きも済ませたという方も。私はそのしょっぱいお水で歯磨きしましたけども。
そもそもアトラス山脈の向こう側は土に塩分が多いので、そのせいだと思うけど、横浜のインスパのお湯とちょっと似てた気がする(=゚ω゚)ノ

それはさておき、我々のツアーは10月初旬だったので、まさしくモロッコのベストシーズン。暑すぎず、寒すぎることもない。
砂漠の朝日ツアーを除けば、半袖のカットーに、薄手のカーディガン、シーンズで観光は大体OK。朝晩は少し冷えるので、これにフリースかなにかがあればもう完璧。砂漠用には、10月上旬ならライトダウンがあれば大丈夫かな。冬だとかなり冷え込むらしい。砂漠の冷え込みは、くれぐれもナメないほうがいいです。

あと、ツアーならば観光したらその後はバスで長距離移動というパターンなので、足元は絶対に歩きやすい靴で。
どのスポットもかなり歩くし、後でまた書くけど、アイト・ベン・ハッドゥなんて、軽い山登りです。

PA132442.jpg 

おしゃれより機能性のほうが絶対大切!
無理してヒールなんか履いてると、怪我しかねない。出発前から、書面や電話で「歩きやすい靴で」と繰り返し言われるにはちゃんとそれなりのワケがある。

私もお出かけのときは、年甲斐もなく9cmヒールを履くバカ女なので、いついかなるときも「素敵なワタシ」でありたい気持ちはよぉぉ〜〜くわかる。足も長く見えるし(^∇^)

でも、ブラピとおデートするわけじゃないし、出会うのはせいぜい、"ベルベル人のラクダつかい"くらいなもんよ?
PA122166.jpg 

砂漠なんてどうせ砂が入るし裸足で歩けばいいや、と思ってる方、サソリとかマジでいるみたいですよ…そのほか得体の知れないものも…
万一、サソリに刺されたら死にはしないにしてもかなり痛いらしいし、何より添乗員さんをはじめ、ツアーの他の方々の迷惑になることもお忘れなく。


それでもエレ系を貫きたい方は、タウンではアキレスのオールディウォークのシリーズがオススメ。
熱海や箱根など近場に行く時に私もよく履くけど、「20キロ歩けるパンプス」とうたっているだけあって、ソールにクッションが入っているので歩きやすい。
デニムでもスカートでもかわいい。


履き口がかなりタイトなので、取り扱いのあるお店で実際に試してから買ってね。
素材は合皮より皮のほうが伸びるので、後々Good。
(お値段は、店舗よりもアマゾンさんのほうが安いですよ)

ただ、砂漠やアイト・ベン・ハッドゥにはおすすめしないけど(笑)

私は、これとワンピースを持っていくべきか迷ったけど、結局スニーカーオンリーで通した。
どうせワンピなんて着る機会なかったし、こういう旅行にはスニーカーが最強!







関連記事

category: 行ってきた&旅行その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 海外旅行  モロッコ 
2016/10/20 Thu. 00:00 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/679-f1a346c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

RSSリンクの表示

リンク