Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

モロッコに行ってきた! その⑤ 〜サハラ砂漠で朝日を!準備編 

さあ、いよいよ今回の旅行のメインイベント!
サハラ砂漠で朝日が昇るところをみるのです!
絵的には、夕日もほぼ同じで、アテンドする添乗員さんたちからすれば、夕日のほうが楽だけど、日本人は夕日よりも朝日のほうが断然好きなんだって。

されはさておき、前日から砂漠の街エルフード入りをして、起床は4時。
こちらは日の出も日の入りも遅いのでまだ真っ暗。というか、ほぼ夜やん!

だいたい電気が貴重なモロッコでは、ホテルもめちゃくちゃ節電している。ラバトのホテルなどもロビーすらもかなり薄暗くて「911」の時をちょっと思い出した…
いわんや、砂漠の街をや。
身支度して自分の部屋をでると廊下は真っ暗!
小さいのでいいから懐中電灯はあったほうがいいです。

寒暖の差が激しいので防寒も必要だし、カメラも防砂対策が必要。
冬用の表側がシャカシャカで裏がフリースになってるジャケットをTシャツの上に着て、足元はここに捨てていってもいい古いスニーカー。
朝日をみたら一旦ホテルに帰るんだけど、シャワーを浴びる時間まではないとのことなので、髪も大判スカーフで覆った。このスカーフはホテルの売店で50ディラハム(500円くらい)で買った。
もうね、、、変な格好でも気にしてられないし、そもそもみんな変なので大丈夫。
PA182817.jpg 


最も気を使ったのがカメラ。
私のオリンパスペンは防水防塵仕様ではないので、このためにケースを買っていった。一応、コンデジも持っていったけど、どうせならペンで撮りたい。


いろいろ調べると、サハラ砂漠の砂は、片栗粉みたいに粒子が細く、それが入り込んでカメラが壊れてしまうという。一眼レフのブロガーさんなどは、皆、対策をしていたので、私もこれはちゃんとやらなきゃ!と思っていた。備えあれば憂いなし、だもんね。

「ミラーレス一眼くらい壊れてもいいじゃん!」という人もいるけど、私にとってはこちらが一軍のカメラなのだ。それに、もし壊れちゃったら、それ以降の旅行の写真がなくなってしまうじゃない?!
それに、そもそも防塵じゃないカメラを砂漠で使って壊れたら、保険もきかないと思う。


それで、上のケースを買ったんだけど、、、、小さからぬ問題がひとつありまして。
それは、私のカメラにはストラップがついていることなのです。
このケースはカメラのストラップがついていないという前提になりたっているんだけど、私のオリンパスにはついている。そして、ストラップはおいそれとは外せない…

なので、ストラップごとケースに収納しちゃった。
そのせいというわけないんだけど、操作性はめちゃくちゃ悪い!!!

あえてオススメはしません…
しかも、家で事前に収納の練習をそている時、ケースがちょこっと破れたりなんかもしたのよ、これが。そこはセロテープで補強しました(笑)

しかし、私の出かけた10月上旬は、砂嵐の起こる時期ではなかったらしく、スマホやカメラが壊れたという人は一人もいなかった。。。
一番いい季節だったのかも。昼間も暑くもなく寒くもなくで、観光もしやすかったし。
スマホやカメラを普通に裸で持ち歩いていた人もたくさんいたし、しかも誰のも壊れなかったし、私もそこまで用心する必要もなかったのかも?

ちなみに、私、小心者なので実は腕時計も外していきました。いくら戦力外通告のオメガちゃんでも、砂のせいで壊れたら嫌だもん。

防寒のほうも、カイロも用意していたんだけど、実際そこまでは必要なかった。
ただ、冬に近づくとかなり冷え込むらしいので、用心に越したことはないと思う。

関連記事

category: 雑談その他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 海外旅行  モロッコ 
2016/10/21 Fri. 17:25 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/680-eb2b5810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top