Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

モロッコに行ってきた!その⑥ 〜サハラ砂漠で朝日を ラクダ体験編 

さあ、準備は万端。
昨夜の夕食では、おじさんがウード(リュートみたいな楽器)も奏でてくれた。
PA121959.jpg 


ラクダちゃんたちのいるポイントまでは4WDに乗り込んで向かう。
ホテルすら真っ暗なのに、街灯などという気の利いたものがあるはずもなく、暗闇をひたすら疾走すること小一時間。ようやく、ラクダポイントに到着。
砂漠にはいると車も結構揺れるので、酔いやすい人はアネロンを飲んでおいたほうがいいかも。

実は、当初ツアーの予定では、ここからは「徒歩」で、朝日を見にいくことになっていた。MARSの影響のせいか、ラクダはオプションすらなかったのだ。
でも、添乗員さん曰く、モロッコではMARSは未だ一例の報告もないんだとか。
モロッコに関して言えば問題なしとのことで、添乗員さんが手配してくれてラクダにも乗れることになった。
ラッキー!!!

ラクダのお値段は、300ディルハム(3,000円くらい)。
これにベルベル人のラクダ遣いのチップ20ディルハム(目安)が加わるが、それにしてもリーズナブル。
日本から手配していたら、もっとかかっていたんだろうなぁ…
仕事のできる添乗員さんに感謝!
実際、往復すると結構な距離で、エジプトで乗るラクダに比べれば、非常にお得感があるそうだ。

ちなみに、ドルやユーロだとかなり割高になるみたい。カードも使えない。
現地通貨が一番お得。
ベルベル人のラクダ遣いさんたちは、銀行口座を持っていないからだそうだ。


スタンばってるラクダちゃんたち
PA121965.jpg 

こうして足を折って座っている状態で乗るんだけど、ここからラクダが立ち上がるときが怖い。
事故が起きるのは、たいていこのときなのだそうだ。
立ち上がると、予想以上に高い!


ラクダ隊出発!
PA121973.jpg 

ところで、絶対臭いに違いない!と思っていたけど、これが全然臭くない。
毛布を重ねた鞍からも、ほんのりラクダの体温も感じられ、
ちょっと手を伸ばして毛をなでてみるとゴワゴワの毛布の感触。
慣れてくると調子に乗って両手を離して写真を撮ってみたくなるけど、くだり坂では危険なので注意注意。


すったか♪ すったか♪
なかなか快適
PA122191.jpg 


そうこうしているうちに、朝日スポットに到着。

皆で眺めていると、、、
PA122093.jpg 



太陽が顔を出した!
PA122105.jpg 


いいことありますように。
PA122121.jpg 


PA122151.jpg 



フンコロガシ、発見!
足跡がかわいい。
PA122158.jpg 

もう少し寄ってみよう
PA122161.jpg 


ベルベル人のラクダ遣いのお兄さんたち
絨毯をソリみたいにして遊ぶ、ベルベルスキーをやってくれた。
PA122166.jpg 



白ラクダちゃん❤️
ラクダ隊で一番フォトジェニックな子。
PA122172.jpg


せっかくなので、ドアップも。
PA122178.jpg 
や〜ん、かわいい〜(=゚ω゚)ノ



一方、こちら私を乗せてくれたラクダさん・・・
PA122181.jpg 

は、鼻輪してるし・・・

PA122180.jpg 


このラクダたちは、朝、観光客相手の仕事をすませると、勝手に草地にいってお腹を満たし、
夕方には自分たちで帰ってくるのだそうだ。(なんていい子!)

ラクダ遣いのお兄さんたちは、ベルベル人の遊牧民(ノマド)
こうして家畜(ラクダやヤギ)を国有地で放牧させ暮らしている。
ノマドの子供たちは学校にはいかないそうだ。教育がないので生まれたときからノマドとして生きる道しかない。
ガイドさんいわく、今のモロッコ国王は現代的な考えの方で、国民にもっと教育の機会を与えたいと考えているそうだが、なかなか難しいらしい。


風紋
PA122232.jpg 


さて、ふたたびラッパーラクダの背中に乗せてもらって帰るとしましょうか。
PA122201.jpg 


PA122224.jpg 

PA122218.jpg 

PA122215.jpg 

ということで、「サハラ砂漠で朝日を」はおしまい。



関連記事

category: 旅行&行ってきた他

thread: いってきました^^ - janre: ブログ

tag: 海外旅行  モロッコ 
2016/10/22 Sat. 19:18 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/681-dac72fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top