Reading For Pleasure

読書日記、ときどき食日記

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

トランプ / ワシントン・ポスト取材班 

先日の明け方の地震に引き続き、降雪の予報にびっくり。
まだ11月なのに・・・(゚д゚)

びっくりの連続だが、最近一番驚いたのは、やはりトランプが次期大統領に選ばれたことかな。

マスコミや識者は皆、「なんだかんだいってもやはりヒラリーだろう」と言っていたし、わたしも全くそれを疑いもしなかった。しかし蓋を開けてみたらトランプ大勝利…

阿倍首相は、そのコミュ力を駆使して、他国に先駆けトランプ氏と会談を行い、「信頼できる指導者だ」と評したが、どうなんだろうか…?
経済は今までのところ、強気一辺倒でダウ最高値を記録したが、日本経済への影響はどうなんだろうか…?
日経株もつられたおかげで、低迷していたメガバンクが上がったのはうれしい誤算だったが(でも、まだまだ・・・)

trumptower.jpg 

ということで、今一番ホットなトランプ本を読んでみた。

本書は、共和党大会でトランプが大統領候補に選ばれた直後に、まずアメリカで発売され、話題になった。
ワシントン・ポストの記者20名からなるチームが、総力をあげて調査し、トランプ氏本人、またはその周囲の人間にインタビューを行って、まとめあげたものだ。様々なエピソードを交えることで、多面的にトランプ氏の人物像に迫っている。
トランプ大統領になると、どうなるのかを解説してくれる本ではなく、自分で考えるための本。
全部で400ページを超えるが、ボリュームは感じさせない。ちょっとした小説より面白いかも。


つい今日も、アンチ・トランプの急先鋒と言われたニューヨーク・タイムズにトランプ本人が訪れ関係修復を図ろうとしているということがニュースになっていたが、ワシントン・ポストもまた、終始アンチトランプの姿勢をとってきた新聞社。(というか、トランプにとっては、全マスコミが敵だったのだが)
トランプ自身は、本書に即座に反応をしめし、「奴らの不正確な記事を混ぜ込んだ退屈な本だ。買うな!」と言ったそうだが、ソースは全て明らかにされている。

不動産王として知られるトランプは、確かに不動産を売って名をあげたが、彼が売りたいと思っていたのは、「ドナルド・トランプ」そのものだったという。しかも彼はそれを売る才能を持ち合わせていた。トランプは、常にどうすれば注目を集められるかに執心し、またマスコミが興味を示すのは、富、セックス、喧嘩であり、それは自分の得意分野だと自覚してもいた。
周知のとおり金持ちの生まれなのに、タクシーの運転手のような喋り方をし、大衆の気持ちを読むことに長けてもいる。
とりわけこだわっていたのは、「素晴らしい成功を収めた経営者」という作り上げられたイメージだ。一方で、自分で宣伝するほど大金持ちではなく、一時期は借金漬けで、金ピカ生活を送っていたくせに、40歳を過ぎても、父親から金を融通してもらっていたりもしたのだ。
金融機関から「殺すより生かしておいたほうが金になるから」という理由で危機を乗り切ってきたのだ。

好人物か否かは別として、これほどキャラが立ち、話題になる人もそういない。彼は、「アプレンティス」というビジネス・リアリティ番組に出演し、人気を博したことをきっかけに窮地を脱する。
この番組は一時期Wowowでも放映されていたのだが、トランプをホストに据え、参加者が与えられた課題を勝ち抜き方式で闘っていくという内容だった。
決めセリフは、「君はクビだ!」で、それを参加者に言い渡すボードルームには、イヴァンカ・トランプや、ドナルド・ジュニアなどのお馴染みの顔が並んだ。

AmFlag1.jpg 

トランプ当選後、日本の、識者と名乗る人々が口々に「よい大統領になるのではないか」「日本にとってもよかったのではないか」と持ち上げ始めたが、私にはどうも信じられない。
毒気が抜けたら抜けたで、大きな変化を望むトランプの支持層は受け入れるのだろうか?

ビジネスの初期、ニューヨークのホテルプロジェクトの時に、彼のビジネスは窮地に陥る。トランプ自身は尊大で自信満々だったが、その指示は素人くさく、見当違いなものだったという。それでも経験豊かな設計者や下請け業者は異を唱える勇気がなかった。
その結果、全てを仕切る人物が攻撃的で絶大な権力を握っていて、しかも経験不足という救いようのない状況が生まれたのだという。

結局、このプロジェクトでトランプは、莫大な負債を負う。そして、失敗は全て他人のせいにした。
・・・これを米国大統領という職で繰り返されなければいいけど。

また、トランプは、三度結婚しているが、現在のメラニア夫人は、"大人しく従順"なところが気にいられたのだという。
彼の年長の子供たちは、彼女のことを「肖像画」ポートレートと呼ぶという。なぜなら、ほとんどしゃべらないからだそうだ。
トランプの妻たちは皆一様に、一流ではないモデル、女優出身であり、一人として特権階級の女性はいないという点も興味深い。
しかし、、、、次期ファーストレディはポートレートなのか…
これもまた、印象的なエピソードだった。








関連記事

category: ノンフィクション・新書

thread: 最近読んだ本 - janre: 本・雑誌

2016/11/23 Wed. 20:15 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://spenth.blog111.fc2.com/tb.php/700-acf7f0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top